最短2時間で調達完了!積極的な買取りで利用者サポートするアクティブサポートとは?

ファクタリングアクティブサポート

ライター:のぼる

スピーディに資金調達を行えるのがファクタリングの魅力の1つだと言えますが、調達速度の速い二社間取引でも調達までに即日~3営業日の時間が必要なのが一般的です。

そんななかでオンラインでの簡易審査を活用した積極的な債権買取りで、最短2時間という圧倒的なスピード感を実現するファクタリング業者がアクティブサポートです。

理想的な資金調達を実現するためには、スピード感と共に換金率安全性など重視すべき点が複数存在するので、今回はスコアリングしながらアクティブサポートをご紹介いたします。

積極的な債権買取で利用者をサポート!アクティブサポートのファクタリングとは

積極的な債権買取で利用者をサポート!アクティブサポートのファクタリングとは
積極的や能動的という攻めの姿勢を意味するアクティブを掲げるアクティブサポートは、最短1~2時間という圧倒的なスピードでの資金調達を実現するファクタリング業者です。

調達速度が速いと言われる二社間取引でも実際の調達完了までに2~3営業日が必要になるのが実状なので、アクティブサポートのスピード感は非常に大きな魅力だと言えます。

融資を受ける方法や投資を募る方法より短期間で資金調達できるのも、ファクタリングが普及する理由の1つになってるんだよな?
で、実際どのくらい調達速度が速いの?
まぁ、利用申し込みから調達完了までの所要時間は業者によって違うし、取引方法によっても異なるからひと口には言い表せないけど二社間取引で即日~3営業日が目安だよな。
けど、ぶっちゃけ実際にはもっと時間が掛かるんじゃないの?
口コミ評価とか見てると「掲げてるとおり即日対応がされなかった!」って評価をよく目にするんだけど?
確かにファクタリング業者が掲げるスピード取引っていうのは、審査や登記手続きの関係で実現が難しいと言うのが残念ながら実状だと言えるだろうな。
ってことは資金調達速度が速いと言われるファクタリングでも、突発的な資金ショート対策なんかには対応できないってことか?
資金調達にはスピード感も必要じゃないの?
ところが最短2時間という圧倒的なスピードでの資金調達に対応するファクタリング業者も実在するんだな。
短時間での資金調達を実現するアクティブサポートを見ていこう。

スピード重視の資金調達サービス「QuQuMo」を提供するアクティブサポートとは?

アクティブサポートでは「オンライン完結でスピードを追求する新たな資金調達サービス」を掲げた「QuQuMo」で、圧倒的なスピード感のファクタリングを提供しています。

アクティブサポートの企業概要は次表のとおりです。

会社名株式会社アクティブサポート
所在地東京都豊島区東池袋3-9-12 ニットービル9階
電話番号03‐5957‐5950・フリーダイヤル0120-595-095
公式サイトhttps://ac-s.net/
設立年月2017年9月
取引方法2社間・3社間
取引速度最短2時間~
営業時間09:00〜19:00(平日)
資本金資本金
事業内容ファクタリング事業・各種コンサルティング事業

創業から5年足らずの会社ですが、ファクタリング以外に会社の信用調査業務である企業与信調査経営・財務コンサルティング、ビジネスマッチング業務などを行っています。

圧倒的なスピード感のファクタリングサービス「QuQuMo」を提供できるのは、自社で企業与信調査を行えるノウハウを持っていることが大きく影響していると考えられます。

また必要書類を大幅に簡略化した簡易審査を採用し取引速度を向上させ、1~2時間で見積もりを受け取り本契約に進めるので手続き開始から最短2時間での入金も可能です。

アクティブサポートのQuQuMoはファクタリングなので赤字決済・債務超過・リスケ中など、業績が芳しくない状態でも税金などの滞納がなければ資金調達可能です。

必要書類が大幅簡略化された簡易審査で取引速度を向上させるQuQuMoとは?

既述のとおりアクティブサポートのファクタリングサービス「QuQuMo」は、必要書類の大幅な簡略化を行うことで審査や見積もり作成速度を向上させています。

簡易審査の必要書類は以下の2つのみです。

  • 資金調達に使用する売掛金の請求書
  • 過去3ヶ月分の取引金融機関の通帳コピー

利用申し込みから資金調達完了までの流れは以下のようになります。

利用申し込みから資金調達完了までの流れ
  1. 公式サイト内の申し込み・相談ページか電話で利用申し込み
  2. 担当者による10分程度の簡易ヒアリング調査
  3. メールかFAXで必要書類を発信
  4. 提出書類を参考に審査及び見積もり作成
  5. 本契約締結
  6. 契約完了後に債権買取額の入金

本契約の際は、債権取引のために以下のものが必要になります。

  • 法人印鑑証明
  • 履歴事項全部証明書
  • 個人印鑑証明
  • 代表者様の住民票
  • 通帳の原本
  • 運転免許証等の身分証明書
  • 実印

本契約の必要書類の郵送に時間がかかる遠方からの利用でも2営業日直接来店し見積もり受取後に本契約を結べば最短2時間で資金調達が完了します。

また、遠方利用でスピーディーな資金繰りの希望に対しては担当者が出張し対応を行うなど、アクティブサポートは文字どおり積極的な買取りで資金調達をサポートしています。

(図解)アクティブサポートの申し込みから入金までの流れ

QuQuMoでスピーディーなファクタリングを提供するアクティブサポートのスコアは?

QuQuMoでスピーディーなファクタリングを提供するアクティブサポートのスコアは?
最短2時間で資金調達できるQuQuMoは魅力的なファクタリングサービスだと言えますが、理想的な資金調達を実現するのには他の要件も確認する必要があります。

ファクタリングで理想的な資金調達をするためには資金調達までの所要日数以外にも満たすべき要件が存在するのでこれらを確認しアクティブサポートをスコアリングします。

なるほど!アクティブサポートが提供するスピーディーな資金調達は、なかなか魅力的なサービスだな。
なんて言っても利用申し込みから最短2時間で完結するのはイイね!
いやいや、条件を満たせば最短2時間で資金調達が可能って言うだけで全ての利用者が2時間で資金調達できるわけじゃないから気を付ける必要はあるんだ。
まぁ、確かにそれはそうだろうけど。しかし必要書類到着まで時間がかかる遠方利用でも2営業日、スピード重視なら出張対応可能ってのもアクティブだよな。
それは言えるな。
積極的な買取りで利用者の資金調達をサポートするって気概は、アクティブサポートの社名に恥じないと言って良いだろう。
ってことは「アクティブサポートは利用価値の高い優良なファクタリング業者」って結論で良いってことだな。
今回は簡単に結論がでるほど優良なファクター(業者)だったな。
こらこら、まだ結論には全然至ってないぞ。
理想的な資金調達実現に求められる要件からアクティブサポートが本当に利用価値の高いファクターなのかを判断して行こう。

理想的な資金調達が可能なファクター(ファクタリング業者)に求められる要件とは?

理想的な資金調達が可能なファクター(ファクタリング業者)に求められる要件とは?
ファクターと呼ばれるファクタリング業者の選定がファクタリングでの資金調達を成功させられるかどうかに大きく影響するので、業者選定は非常に重要になります。

次に挙げる要件を満たしたファクターを見極め、利用するのが理想的な資金調達を実現するためのカギになると言っても過言ではありません。

ファクターに求められる要件

  1. 資金調達までの所要日数
  2. 業者手数料の妥当性
  3. 取引債権の上下限額
  4. ファクターの信頼性
  5. 契約内容の妥当性
  6. 個人事業主の利用の可否

業者手数料の妥当性(30点)

ファクタリングはファクター(業者)が自由に手数料を設定できるので手数料はファクターや三社間取引・二社間取引の取引方法でも異なります。

ファクタリングによる資金調達効率は手数料に大きく影響されファクターの手数料は非常に重要な要件となるので満点30点でスコアリングします。

ファクタリング手数料は業者が自由に設定できますが手数料相場は存在し、通常三社間取引は取引債権額の1~9%、二社間取引は10~30%が目安になります。

アクティブサポートの手数料

アクティブサポートの手数料表記は1.0~14.8%だけで、三社間取引と二社間取引取引の手数料が明確ではないものの、手数料は審査結果で変化するので妥当だと言えるでしょう。

調査の結果アクティブサポートの手数料三社間取引で0.1~5.0%、二社間取引では2.0~14.3%が目安になることが確認できました。

またQuQuMoでは手数料以外に利用者負担となるケースが珍しくない事務手数料が発生しないので、取引債権額から手数料を差し引いた金額が実質換金率になります。

最大手数料率の14.8%を差し引いても実質換金率は85.2%になるので、手数料の妥当性は高いと捉えることができます。

二社間取引の手数料相場の目安が取引債権額の10~30%であることを考慮すれば、2.0~14.8%のアクティブサポートの業者手数料の妥当性は満点の30点でスコアできます。

取引債権の上下限額(10点)

ファクタリングはファクターにとって不確定要素が多く負担するリスクが大きいことから、ファクターによっては少額の売掛債権の取引に対応していないケースも存在します。

しかしファクタリング手数料は決して少額ではなく、ファクタリングでの資金調達を繰り返すことは保有資産を目減りさせることを意味するので必要額を調達したいものです。

フレキシブルな取引の実現には欠かせない取引債権の上下限額のスコアは10点満点でスコアリングします。

アクティブサポートの上下限額

調査の結果アクティブサポートは最大1億円までの資金調達に対応していますが、300万円以下の小口債権取引を得意としていて取引最小額は30万円に設定されています。

30万円~1億円と非常に幅広く債権取引を行っているので、利用ニーズにマッチした債権額をファクタリングで現金に置き換えることができると言えるでしょう。

柔軟な取引に対応できるアクティブサポートの上下限額は満点の10点でスコアできます。

資金調達までの所要日数(5点)

必要額のスピーディーな調達は理想的な資金調達手段の条件として重要ですが、通常調達スピードに大差がないので資金調達までの所要日数は満点5点を設定しています。

一般的な資金調達までの所要日数の目安は、三社間取引は1~2週間、二社間取引は即日~3日間が目安で突発的な資金調達には二社間取引が適しています。

アクティブサポートの資金調達までの所要日数

今回の調査ではアクティブサポートは最短2時間での資金調達や即日入金が基本で、必要書類の到着に時間がかかる遠方利用でも2営業日が目安なのが確認できました。

資金調達速度は速いに越したことはなく、圧倒的なスピード感のファクタリングを提供するアクティブサポートの資金調達までの所要日数のスコアは文句なく満点の5点です。

ファクターの信頼性(30点)

ファクターの信頼性(30点)
融資のように金融庁の監督下にあるわけではないファクタリングは参入障壁が低く、債権取引を装った違法融資を持ちかける悪徳業者が存在するのも事実です。

悪徳業者を利用してしまうと理想的な資金調達の実現はおろか、トラブルに巻き込まれかねないのでファクターの信頼性は重要視する必要があり満点30点を設定しています。

アクティブサポートのファクターの信頼性

アクティブサポートの公式サイトでは企業概要などが詳しく公表されていないという声も存在しますが、調査の結果公式サイトの大幅更新が行われ詳しく情報公開されています。

公式サイト内では手数料の表示は1~14.8%ですが、既述のとおり手数料は審査結果で変化しますし調査で三社間取引0.1~5.0%、二社間取引2.0~14.3%が確認できています。

公式サイト内で公開していないのはアクティブサポートが比較的新しい成長過程のファクターで、より多くの利用者の見積もりを行いたいという意思の現れだと判断できます。

通信会社の審査を通過する必要があるフリーダイヤルの設定があることなどからも、アクティブサポートのファクターの信頼性は満点の30点でスコアできます。

契約内容の妥当性(20点)

ファクタリングは無担保・無保証人・無金利・無返済の取引で、万一譲渡債権が回収不能になっても買戻しが求められない償還請求権なしのノンリコースでの取引が一般的です。

また売掛債権は無形資産なので債権譲渡の事実が確認し難く、二社間取引では債権譲渡登記を行うのが一般的なファクタリングの契約内容です。

資産の1つである売掛債権の譲渡・売却で資金調達するファクタリングでは契約内容の妥当性は重視すべき要件なので満点20点に設定しています。

アクティブサポートの契約内容の妥当性

今回の調査でアクティブサポートではノンリコースでのファクタリングを行っていることが確認できました。

また原則債権譲渡登記を行う必要があるものの、利用者の取引先との関係や銀行融資審査などに悪影響を及ぼす場合は債権譲渡を行わない取引にも対応することが確認できました。

公式サイト内でも一部に「債権譲渡登記不要」という表記があり、表現の揺らぎを確認できたのも残念ながら事実です。

さらに全国対応のためか契約方法が「WEB完結で面談不要」の表示もあり、契約内容の妥当性に若干の違和感を覚えたと言わざるをえません。

債権譲渡登記不要の場合は手数料率が高くなる場合や留保金設定を行いファクタリングすることも考えられます。

留保金設定はデポジット(預かり保証金)となるもので、取引債権額から手数料ではなく債権額の20%程度の留保金を差し引いた額をベースにファクタリングを行います。

留保金設定に対しては「融資の担保に該当するのでは?」という見方もあり、ファクタリングではなく貸金業者しか扱えない担保融資ではないのかという声も存在します。

アクティブサポートの表現の揺らぎや債権譲渡登記不要の取引の詳細が公表されていない点はマイナス材料だと判断でき、残念ながら契約内容の妥当性は15点でスコアします。

個人事業主の利用の可否(5点)

ファクタリングは中小・零細規模の会社の倒産防止に効果がある資金調達手段として、経済産業省が推奨し普及を後押しする効率的な資金調達です。

しかし一般的に個人事業者が資金調達にファクタリングを利用するのは困難なのが実状で、ファクタリングは法人向けの資金調達手段に位置付けられているもの事実です。

個人事業主も売掛債権を保有するケースが存在しますが、法人と比べると個人事業主がファクタリングで債権譲渡し現金化するハードルは高い傾向にあると言えます。

個人事業主のファクタリング利用ハードルが高い理由として、主に以下が挙げられます。

個人事業主のファクタリング利用が困難な理由

【売掛債権の属性売掛先の事業規模の問題】

  • 債権規模が小さく取引額が少額な傾向にある
  • 継続的な安定取引が期待できない
  • 売掛債権の売掛先の信頼性が高くない
  • 売掛債権の支払いサイトが長い傾向にある

【個人事業者自身の問題】

  • 事業規模の問題
  • 会計士や税理士と契約していない
  • 税金や社会保険料滞納による債権差し押さえリスク

普及と共に利用者ニーズにマッチした個人事業主に対応するファクタリングも登場していますが、少数派なので個人事業主の利用の可否のスコアは5点満点を設定しています。

アクティブサポートの個人事業主の利用の可否

調査の結果300万円以下の小口債権ファクタリングを得意とするアクティブサポートは、個人事業主のファクタリングに対応していることが確認できました。

全体的なスコアが高いアクティブサポートのファクタリングサービス「QuQuMo」を個人事業主も利用できるのは高く評価できます。

アクティブサポートの個人事業主の利用の可否のスコアは満点の5点です。

圧倒的なスピード感のファクタリングを実現するアクティブサポートのスコア結果は?

圧倒的なスピード感のファクタリングを実現するアクティブサポートのスコア結果は?
数多いファクターのなかでも簡易審査を採用する「QuQuMo」で圧倒的なスピード感のファクタリングを実現するアクティブサポートをスコアリングしました。

スコアリングスコア95点となったアクティブサポートのスコアと、スコアの決め手となった判定要素は、次表で判りやすく確認頂けます。

評価基準(満点の点数)アクティブサポートの判定要素スコア
業者手数料の妥当性
(30点)
二社間取引の手数料相場の目安が取引債権額の10~30%であることを考慮すれば、2.0~14.8%のアクティブサポートの業者手数料は妥当30点
取引債権の上下限額
(10点)
30万円~1億円と非常に幅広く債権取引を行えるアクティブサポートの上下限額は魅力的10点
資金調達までの所要日数(5点)最短2時間での資金調達や即日入金が基本で、必要書類の到着に時間がかかる遠方利用でも2営業日が目安のアクティブサポートの資金調達までの所要日数に文句はない5点
ファクターの信頼性
(30点)
公式サイトの大幅更新が行われ詳しく情報公開し、通信会社の審査を通過する必要があるフリーダイヤルの設定があるアクティブサポートのファクターは信頼に足りる30点
契約内容の妥当性
(20点)
公式サイト内の表現の揺らぎや債権譲渡登記不要の取引の詳細が公表されていない点はアクティブサポートの契約内容の妥当性のマイナス材料だと判断できる15点
個人事業主の利用の可否(5点)300万円以下の小口債権ファクタリングを得意とし、個人事業主のファクタリングに対応しているアクティブサポートの個人事業主の利用対応は評価できる5点

アクティブサポートのファクタリングでの資金調達が向いている利用者とは?

アクティブサポートのファクタリングでの資金調達が向いている利用者とは?
アクティブサポートは積極的・能動的を示すアクティブな債権買取で文字どおり積極的に利用者の資金調達をサポートするファクターだと言えるでしょう。

しかし契約がオンラインで完結するクラウドサイン(電子契約サービス)を採用しているので、利用に抵抗を感じる利用者が存在するとも考えられます。

なるほど、アクティブサポートのファクタリングサービス「QuQuMo」は、なかなかスコアが高いな。
「利用価値の高い優良なファクタリング業者」って結論に達したな。
そうだな。
しかしなぜアクティブサポートの「QuQuMo」が利用価値の高い優良なファクタリングサービスなのかをシッカリ知ることは重要だからな。
ふぅ、疲れたよ。
お疲れ、お疲れ。
おかげでアクティブサポートの「QuQuMo」を詳しく知ることができたよ。
これで安心して利用できるってもんだ。
しかし、アクティブサポートが最先端を行き過ぎて利用に抵抗を感じる利用者も存在するかも知れないんだ。
えぇっ!
こんなに魅力的なファクターなのに利用しないって手はないと思うぞ!
だから最後にアクティブサポートのファクタリングでの資金調達が向いている利用者について確認しておこう。

アクティブサポートの「QuQuMo」はWEB完結のクラウドサインを採用している

アクティブサポートのファクタリングサービス「QuQuMo」はクラウドサイン(電子契約サービス)を採用していて手続きはオンライン上で完結します。

クラウドサインなのでパソコンやスマホで公式サイトにアクセスして手続きが行えますし、画像添付したLINEメッセージで手続きすることも可能です。

しかし、このクラウドサインのやり取りで保有資産である売掛債権を債権取引することに抵抗を感じる利用者が一定数存在するのではないかと考えられます。

アクティブサポートのファクタリングでの資金調達が向いていない利用者

資金調達の手続きをオンライン完結で行うことに抵抗がない場合は、アクティブサポートの「QuQuMo」は非常に便利ですが、抵抗がある場合はスピーディーさが劣るのも事実です。

アクティブサポートの「QuQuMo」はスピード社会である現在の利用者ニーズにマッチした資金調圧手段ではあるものの、オンライン手続きに抵抗があるとフル活用が難しいと言えます。

またアクティブサポートの利用者の多くは 建設業・運送業・製造業・IT関係ですが、「QuQuMo」はNPO法人・医療法人・一般社団法人の資金調達にも活用できます。

業種や業態を問わず圧倒的なスピード感のファクタリングで積極的に利用者の資金調達をサポートするアクティブサポートは利用価値の高い優良なファクターだと言えるでしょう。

理想的な資金調達を実現できるファクターの選定は俺LOVE現金化を参考に!

数多くの業者が参入するファクタリング市場で理想的な資金調達を実現できるファクターを探し当てるのは至難の技だと言えます。

現金化専門情報サイト「俺LOVE現金化」は何十社というファクタリング業者を徹底取材しながら、利用価値の高い信頼できるファクターの調査を進めています。

「俺LOVE現金化」で公開する利用価値の高いファクター調査結果を是非参考にして、ファクタリングで理想的な資金調達を実現してください。

アクティブサポート以外の業者も見てみたいという方は、まずは下記の記事で業者選ぶ方法なども見ておくと便利ですよ!

売掛債権現金化でキャッシュフロー健全化を実現するファクタリングとは?

ファクタリングは情報収集がカギになるので、あまり慌てず理解を深めてから利用するようにしてください。