Amazonギフト券は複数を同時に使える?現金やポイントの併用についても解説

amazonギフト券 海外

ライター:ひかる

Amazonギフト券は贈り物(ギフト用)やプレゼント、自分で利用する用などさまざまな場面で使用できます。

しかし、バラバラに贈られた、あるいは複数枚取得したAmazonギフト券があった場合、それらは同時に使えるのか、疑問に感じる方も多いでしょう。

そこで、今回はAmazonギフト券複数枚の可否や利用方法、メリット・デメリットをご紹介します。

このページで解る事

Amazonギフト券は複数を同時に使える?

Amazonギフト券は複数を同時に使える?
Amazonギフト券は複数枚を同時に使うことができます

ギフト券はお祝い事で贈られたり、ポイントサイトで引き換えたりできるなど、手持ちの枚数が増えていきがちです。
そんなギフト券はタイプの違いや枚数は問題なく、まとめて利用することができるのです。

Amazonギフト券が手元に2枚以上あるんだけど、まとめて使えるだろうか?
もちろん! 2枚以上を買い物でまとめて使うことができるんだ。
公式サイトでしか使えないんだよな?
その通り、Amazonギフト券はamazonの通販サイトを通じた決済にはなるけど、2枚以上使えるのはそもそも公式だけ。というよりも1枚でも使えるのは公式しか無いという特徴があるぞ。
実際に2枚使おうとしたらどうすればいいんだ?手続きとかあるのか?
難しい手続きなどは一切ないんだ。あるのは、ギフト券を所有アカウントに登録する作業だけだな。

2枚以上でも問題なく使える

2枚以上でも問題なく使える
Amazonギフト券は、1回の決済において、2枚以上使用することができます。

2枚以上のギフト券を使用するには、

  • 決済前にあらかじめ複数枚のギフト券番号をアカウントに登録しておく
  • 決済ページでギフト券を追加で登録する

上記の2種類の方法があります。

どちらの方法でも、複数枚のギフト券利用は問題なく可能です。

枚数に上限はない

ギフト券はアカウント登録にてギフト券番号を登録することで利用できますが、登録できる枚数に上限はありません

そのため、お手持ちのギフト券はすべてアカウントへ登録しておけます。
残高が少なくなったギフト券が複数枚あったとしても、忘れずに買い物で使い切ることができます。

金額にも上限なし

複数枚のAmazonギフト券利用には金額の上限が定められていません

そのため複数のAmazonギフト券をアカウントに登録していても、合算した金額は気にせずにギフト券の利用が可能です。
また、電化製品などの高価な商品を購入する際でも、Amazonギフト券のみで購入することができます。

枚数や金額に上限なく、複数枚使えるって本当か?
本当だぞ。Amazonギフト券はあくまでも券の発行に上限があるだけで、登録する枚数や登録金額に上限はないんだ。つまり、10枚のAmazonギフト券1万円分を連続で登録して、10万円分にして買い物をしてもOKということだな。

ギフト券の種類の複合もできる

ギフト券の種類の複合もできる
枚数や金額では、同じギフト券タイプを想定していますが、種類も関係なく複数使えます

Amazonギフト券には何種類かタイプがあり、

ギフト券の種類も多数!
  • Eメール
  • 商品券タイプ
  • カードタイプ(コンビニ)
  • グリーティングカードタイプ
  • Amazonが法人向けに発行した「法人向けタイプ」
  • オンデマンドサービス発行によるオンデマンドタイプ
  • コンビニ等の店舗に設置された端末から印刷し購入するシートタイプ

等、様々な種類があります。

タイプの違うギフト券であっても、枚数・金額の制限はなく1度の買い物で利用することができます

複数のAmazonギフト券を使う3つの方法

複数のAmazonギフト券を使う3つの方法

複数のAmazonギフト券は登録作業をするということだったが、複数枚を使うときも同じ方法なのだろうか?
未登録のAmazonギフト券が手元にあって、買い物に使う場合は2つの方法があるんだ。そこに、裏技として、注文後の方法が1つあって、全部で3つあるということになるな。

予め登録しておく

まずは、買い物をする前にAmazonギフト券を複数まとめて登録して、ギフト残高から使えるようにしておく方法がスタンダードです。

具体的には、Amazonアカウントサービスから「ギフト券残高」の項目を選択します。

ギフト券の種類によって、Amazonギフト券・Amazonギフト券(チャージタイプ)の2種類の登録方法があります。
通常のギフト券は、「ギフト券を登録する」よりギフト券番号を入力し、あらかじめアカウントに登録することで購入する際に利用します。

また、チャージタイプは直接アカウントに残高を追加することも可能です。
任意の金額を選択し、今すぐ購入をクリックすることで残高を追加もできます。

決済時(注文確認時)に追加登録できる

決済時(注文確認時)に追加登録できる
2つ目は、決済時に追加する方法です。
決済を行う際に、Amazonギフト券を利用する場合、その場で追加登録のコード打ち込みが可能です。

まずは商品をレジに追加し、注文内容の確認と変更のページに移行します。
次に決済ページの「ギフト券・種類別商品券、またはプロモーションコードを追加する」へギフト券番号を入力し適用することで、注文確認時に追加で登録することができます。

こうしてみると、2つの方法は、決済をする前にギフトを残高に買えるということだな?
そうなる。先に登録しておくか、決済直前に登録するかの違いはあっても、最終的にギフト残高にチャージのような形で金額を登録して合算するというスタンスなんだ。

注文完了後に、支払方法の変更ができる

最後の3つ目は裏技的な方法で、通常は他の決済で支払った後に変更することは殆どないため、おまけのような手段です。

まず、商品の注文が完了した後に、未発送の商品であれば支払い方法の変更ができます。

注文履歴を表示し、注文内容の表示を選択します。

次に注文の詳細ページから、支払い方法の変更が可能です。
ギフト券を使用するには、Amazonギフト券残高の使用欄にコードを入力することでAmazonギフト券での支払いが可能となります。

ただし、注文商品が「出荷準備中」または「発送済み」の場合は注文内容の変更ができないため、注意が必要です。

Amazonギフト券を複数使うメリット

Amazonギフト券を複数使うメリット

たまたま複数枚持っているという場合を除いたら、複数枚を使うメリットってなんだ?
単純に、細かい額を足し合わせて、1枚の金額では変えない商品をamazonで買えることだな。500円が2枚ある場合、501円以上の商品は通常変えないけど、2枚あれば1,000円までは買えるんだ。余ったギフト券をまとめて消費できるというメリットは大きいぞ。

2枚以上ある細かい金額のギフト券をまとめて使い切れる

細かい残高のギフト券が残っていても、使用したいギフト券をアカウント登録すれば、1回の決済において2枚以上利用することができます。

最終的には複数のギフト券残高を合算して同時使用するため、少額または残り少ない残高のギフト券をまとめて使い切ることができます。

アカウントでまとめて管理しやすい

アカウントでまとめて管理しやすい
アカウントサービスから「ギフト券残高」を選択すると、ギフト券の利用履歴を確認することができます。

登録・利用した日にちや金額を一目で確認することができるため、お手持ちのギフト券を簡単に管理することが可能です。
また、有効期限ごとのギフト券残高も表示されるため、有効期限があるギフト券を忘れずに使い切ることができます。

ようするに、一度登録しておけば、まとめて管理できるってこと?
その通りだ。買い物を必ずしも予定していなくても、アカウントで管理しておけば、残高がいくらあって、買い物でどこまでギフト残高で引けるのか一目瞭然だな。

高額商品をクレジットカードで決済する前に、ギフト残高分を引ける

Amazonプライムデーやタイムセール等で高額商品を購入される方もいるでしょう。

決済ではそのままクレジットカードで購入するよりも、Amazonギフト券を利用することで、購入金額からギフト券での残高を引いた金額で商品を購入することができるため、お支払いに便利となります。

ポイントも併用できる

パソコン・スマホアプリのどちらの利用でも、Amazonギフト券とAmazonポイントを併用し、商品を購入することができます。

あらかじめ登録してあるギフト券、またはその場で登録したギフト券を選択し、かつAmazonポイントの利用ポイントを任意で選択することで利用できます。

ポイントはギフト残高とは違うのか?
ポイントはAmazonで買い物をすると貯めて使えるポイントだ。普段から買い物をしている人は、ギフト券と併用してポイント分も引けるから、ギフト額面やギフト残高以上の買い物もその場でできてしまうんだ。

Amazonギフト券を複数併用するデメリット

Amazonギフト券を複数併用するデメリット

メリットはわかったけど、じゃあ、逆にデメリットは何かあるのか?
デメリットはAmazonギフト券が複数枚あると登録の手間がかかることだ。コード桁が多くて、たくさんあるほど入力作業が大変だ。

手順として同時登録できない(複数列の入力欄がなく、1枚ずつ入力)

Amazonギフト券は1つずつしか登録できず、同時登録ができません
ギフト券を登録するページには複数の入力欄がないため、1枚ずつ入力する必要があります。

チェック!
ただし、Eメールタイプのギフト券を利用すると、番号の入力をせずに登録することができます。

使用する際、Amazonにログインした状態で、Eメールに添付された画像の「アカウントに登録する」ボタンを押すと、Amazonギフト券登録ページに移行します。

その状態からアカウントへ登録すると、確認ページが表示されるため、あとはアカウントに登録するボタンを再度押すことで簡単に登録することができます。

16桁の英数字コードを1枚ずつ入力・登録する手間がある(まとめては無理)

16桁の英数字コードを1枚ずつ入力・登録する手間がある(まとめては無理)
ギフト券番号は16桁のアルファベットと数字と-(ハイフン)の組み合わせから構成されています。

ただ、「ギフト券登録」ページには入力欄が1つしかありません。
そのため、この複雑なギフト券番号を1枚ずつ入力・登録する必要があり、複数枚のギフト券を登録する場合はとても手間となります。

有効期限を複数管理する必要がある

Amazonギフト券は1枚1枚有効期限が設定されており、ギフト券のタイプや発行日によって異なります。

そのため、複数のギフト券を所有している場合は、それぞれの有効期限を確認する必要があります。
ただ、

有効期限を確認するためには、それぞれのギフト券をアカウントに登録する方法しかありません

また、2017年4月24日以降に発行されたギフト券の有効期限はタイプにかかわらず発行から10年です。
また、それ以前に発行されたギフト券では有効期限が変化します。

プラスチックカードタイプやオンデマンドタイプは1年、法人向けタイプは2年。
シートタイプは3年と、それぞれ異なるため、有効期限を管理し使用しましょう。

複数使うときの手順

複数使うときの手順

複数枚を一気に使うときの具体的な流れを教えてくれ。
手順の基本は、Amazonギフト券を登録して、残高に反映されたら、必要に応じてポイントなどを追加、決済するだけだ。タイミングがどの方法で登録するかで異なるが、基本的な操作は同じだぞ。

アカウントにログインする

Amazonギフト券を使用するためにはアカウントにログインが必要です。

Amazonページを表示し、Eメールまたは携帯電話番号、パスワードを入力し、ログインします。
もしAmazonアカウントがない場合は、Amazonアカウントを作成するボタンより新しくアカウントを作成し、ログインを行います。

ギフト券のところから、ギフトを登録する(あるいは、メールからギフト券登録)

アカウントサービスから「ギフト券残高」を選択します。

次に、Amazonギフト券を登録するページへ移行し、ギフト券番号を入力・登録します。

また、Eメールタイプのギフト券の場合は、Eメールに添付された画像から「アカウントに登録」ボタンを押すことで、すでにギフト券番号が入力されたページに移動するため、再度アカウントに追加することで登録することができます。

商品をカードに入れて会計に進むか、いますぐ購入を開始する

購入したい商品をカートに入れて会計、または今すぐ購入をします。

カートに入れて会計する場合は、会計画面にてAmazonギフト券を追加することができます。

ただ、今すぐ購入の場合はワンクリックにて会計が終了するため、

注意!
Amazonギフト券を使用したい場合はあらかじめAmazonギフト券を登録しないと、ギフト券を使用することができないため注意が必要です。

決済にギフト券が反映されていることを確認する

決済画面右側にある注文内容を確認します。

Amazonギフト券が適応されていれば、注文内容に「Amazonギフト券」という欄が表示されるため、ギフト券が反映されていることを確認することができます。

ポイントが有る場合は、ポイントにもチェックを入れる(金額入力などもする)

Amazonポイントがある場合は、Amazonポイントの欄にチェックを入れます。

ポイント利用には2種類あり、ポイントをすべて利用する、または一部のポイントを利用する項目にて利用するポイント数(金額)を入力することで利用することができます。

追加のギフト券があれば、注文画面の際のところで追加登録する

あらかじめギフト券をアカウント登録していても、他にお手持ちのギフト券があれば注文画面のページで追加登録をすることができます。

注文画面にて「ギフト券を追加登録する」を選択し、新しいギフト券番号入力することで追加登録することができるため、1回の決算にて複数のギフト券を利用できます。

決済を完了する

注文画面にて、購入する商品や配送料、支払い方法、届け先を確認します。

さらにAmazonギフト券やAmazonポイントを使用する場合はそれぞれの項目が注文に反映されているか、使用するポイントや金額が合っているかどうかを確認します。
確認後、注文内容が問題なければ決済を完了します。

注文履歴からギフト券利用を含めた注文の詳細を確認できる

「注文履歴」から購入した商品一つ一つ、注文の詳細が確認できます。

アカウントサービスから「注文履歴」、さらに「注文内容の詳細」のページへ移動すると、届け先や支払い方法を確認することができ、Amazonギフト券やAmazonポイント利用も合わせて確認することができます。

Amazonギフト券は複数を同時に使って買い物をしよう

Amazonギフト券は複数を同時に使って買い物をしよう
Amazonギフト券は有効期限があり、それを過ぎるとまったく使えなくなり、とても勿体ないことをしています。

ギフト券のタイプや枚数にかかわらず、制限無く利用することができるため、複数枚ギフト券をお持ちであれば、あらかじめアカウントにギフト券を登録しておくことが大切です。

そうすることで忘れずにギフト券の有効期限を確認することができます。
ぜひ複数枚のギフト券を有効活用し、Amazonでの買い物を楽しんでみましょう。