Amazonギフト券買取サービスとクレジットカード現金化の違いを解説

Amazonギフト券買取 クレジットカード現金化

ライター:ひかる

昨今は便利なサービスが増えており、代表例としてAmazonギフト券買取のサービスやクレジットカード現金化サービスが挙げられます。

不要になったAmazonギフト券やクレジットカードを現金化できる業者の姿をインターネット上では多く見かけますが、なかには両者の違いを詳しく知らない方も居るでしょう。

この記事では、買取業者の利用を検討している方に向けてAmazonギフト券買取サービスとクレジットカード現金化の違いをわかりやすく丁寧に解説させていただきます。

この機会に、お得なサービスに関する理解と知識を深めてみてはいかがでしょうか。

Amazonギフト券買取サービスとクレジットカード現金化の違いについて

Amazonギフト券買取サービスとクレジットカード現金化の違いについて

Amazonギフト券買取サービスとクレジットカード現金化は、どちらも不要になった物品を買い取ってくれるサービスだったはずだ。
利用したことはないが、具体的にはどう違いがあるんだ?
君の言った通り、換金対象が異なるのが一つ目のポイントだな。
また、業務の登録区分にも注目すべきだろう。
換金対象と登録区分?
聞いただけではあまり理解できない。
もう少し詳しく聞かせてくれ。
もちろんだ。
この機会にAmazonギフト券買取サービスとクレジットカード現金化サービスについて理解を深めよう。

理解と知識を深めるには、Amazonギフト券買取サービスとクレジットカード現金化に関する正しい知識を知らなければなりません。

まずはAmazonギフト券買取サービスとクレジットカード現金化の違いである「換金対象」と「登録区分」について解説します。

換金する対象が異なる

Amazonギフト券買取サービスの内容は予想がつくが、クレジットカード現金化はどうおこなっているんだ?
後者の場合、クレジットカード現金化を取り扱う業者から物品を購入する必要がある。
要はショッピング枠を使うんだ。
そうすることで、業者が商品と残りの現金を口座にキャッシュバックしてくれる。
Amazonギフト券買取もクレジットカード現金化も、手元に現金が残っていない人物にとって助かるサービスだよ。
なるほど、クレジットカード現金化の仕組みはそうなっているのか。
現金が振り込まれる共通点こそあれど、サービス内容は全くの別物というわけだ。

Amazonギフト券買取サービスとクレジットカード現金化サービスは、それぞれ全く異なる物品を買取の対象に定めています。

Amazonギフト券買取では、その名の通りAmazonギフト券の残高を換金・自分の口座に振り込んでもらうことができます。

クレジットカード現金化は前者とは全く異なるサービス内容で、カードのショッピング枠を利用して現金を得る仕組みになっています。

厳密には、クレジットカード現金化は買取方式とキャッシュバック方式に分かれています。
とはいえ、クレジットカード現金化を取り扱う業者から商品を購入する点は変わりません。

Amazonギフト券買取もクレジットカード現金化も、インターネット上で気軽に利用できるのがサービスの強みのひとつでしょう。

また、どちらもサービスの名称に含まれている物品(Amazonギフト券・クレジットカード)の買取額に応じて換金率が変動します。

業務の登録区分が異なる?

換金対象については理解したが、業務の登録区分というのは何なんだ?
どういう違いがあるのか教えてほしい。
疑問に思うのはもっともだね。
簡単に解説するよ。
業務登録区分とは、簡潔に言えば業務内容が一目で見てわかるように登録・他の業種と区別がつく類のことだ。
たとえば「飲食業」なら、調理した食べ物や飲み物を客に提供する業務を指しているんだ。
なるほど、Amazonギフト券買取やクレジットカード現金化にも登録区分があるわけか。
両者の登録区分は異なるのか?
どちらも物品を買い取る点では共通しているし、かなり類似したサービスに思えるが……
Amazonギフト券買取は古物商に該当するが、クレジットカード現金化に関しては登録区分が曖昧だと言われている。
その理由も解説するよ。

Amazonギフト券買取サービスの業務が古物商に該当するのに対し、クレジットカード現金化サービスの登録区分は非常に曖昧です。

クレジットカード現金化は古物商または貸金業に該当すると考えられていますが、どちらかといえば前者にのみ当てはまるでしょう。

なぜ業務登録区分が貸金業に該当すると考えるのか、その理由はクレジットカード現金化業者が貸金業法及び出資法違反で摘発された事件が過去にあるという点に詰まっています。

クレジットカード現金化は厳密には違法行為ではなく、また貸金業にも該当しない見方が多いのですが、警察が「事実上は貸金業にあたる」として逮捕した悪質業者の存在によって貸金業とみなされるケースもあるようです。

前述した業者は商品の購入・送付のステップを踏まずに顧客のクレジットカードを受け取り決済を進めていた事実もあり、通常の商取引を逸脱した金融取引と認定されています。

悪質でない業者は貸金業ではなく古物商の範囲に留まるため、違法にはなりません。

Amazonギフト券買取業者が明確に古物商として定められているなか、クレジットカード現金化業者が貸金業として考えられるケースがあるのは、悪質業者が関係しているのです。

本来はどちらも古物商に該当します。

古物商許可申請が通り、古物商許可番号を明確にホームページに記載している業者との取引は違法行為にならないためご安心ください。

Amazonギフト券買取サービス・クレジットカード現金化を比較

Amazonギフト券買取サービス・クレジットカード現金化を比較

Amazonギフト券買取もクレジットカード現金化も、両方ともかなり便利なサービスだと思う。
とはいえ、利用する前に二つのサービスの換金率や入金スピードを比較したいところだ。
なるべく充実したサービスを利用したいと考えるのは当然のことだね。
そういうわけで、今度はAmazonギフト券買取とクレジットカード現金化の換金率・入金スピード・対応の丁寧さを順に比較してみようか。

Amazonギフト券買取とクレジットカード現金化の相違点に関して、先の項目でわかりやすくシンプルに解説させていただきました。

続いては二つのサービスに共通する換金率・入金スピード・対応の三点を比較します。

Amazonギフト券買取やクレジットカード現金化を利用する前に、どちらのサービスを利用すればよりお得なのか知っておきましょう。

換金率

換金率

買取サービスを選ぶなら換金率は必ずチェックしておくべきだよな。
現金化できるキャッシュは多ければ多いほどお得だ。
そうだね、業者によって換金率は大きく変動するものだ。
Amazonギフト券買取とクレジットカード現金化に異なる点があるかどうかを確認しておこう。

インターネット上でみかける買取サービスは、どれも高い換金率を売りにしています。

換金率は高ければ高いほどAmazonギフト券残高・クレジットのキャッシュバックが多くなるわけですが、両者の換金率平均は具体的にどの程度の数字になっているのでしょうか。

インターネット上で「Amazonギフト券買取」や「クレジットカード現金化」と検索すれば、複数の業者を見つけることができます。

そのほとんどが80%〜90%程度の換金率をホームページ上に記載しており、単純に計算すれば、10000円分の買取で8000〜9000円程度の現金が得られる見込みとなります。

しかし、ホームページに記載してある換金率の表記は当てにすることができません。

多くの換金業者は買取サービスに手数料を設けている傾向にあり、換金率とは、還元される数値と決してイコールではないのです。

ホームページに換金率90%以上と書かれていても、手数料分が引かれた後には60〜70%程度しか残らないケースもあります。

換金率にはこういった思わぬ落とし穴が潜んでいますが、Amazonギフト券買取サービスやクレジットカード現金化サービスの換金率は果たしてどうなっているのでしょうか。

まずはAmazonギフト券買取サービスの換金率について解説させていただきます。

インターネット上で「Amazonギフト券買取」と検索すると、複数の業者が運営するホームページをチェックすることかできます。

平均はおよそ80%前後で、一回の買取額が一定値を超えていれば、換金率90%になるAmazonギフト券買取業者もあります。

振込手数料無料の買取業者も少なからず存在しており、Amazonギフト券の入手しやすさ、手数料無料という二つの点を加味すれば、非常に便利なサービスだと言えるでしょう。

反対に、クレジットカード現金化業者の仕組みは少々ややこしくなっており、単純に換金率を見るだけでは損する可能性があります。

その理由は、すべて「クレジットカード現金化サービスを利用するには商品を必ず購入しなければならない」という一点に尽きます。

カードのショッピング枠を利用して商品を購入する際、利用者には商品の消費税や送料、さらには振込手数料までかかることも。

実際の換金率はAmazonギフト券買取同様80%前後はありますが、前述した諸経費が利益を減少させてしまっています。

やや煩雑な手順も相まって、換金率に関してはAmazonギフト券買取サービスがより優れているものだと考えられるでしょう。

入金までの早さ

入金までの早さ

気になるのは換金率だけじゃなくて入金スピードもなんだ。
すぐに現金が欲しい時、万が一申し込みから入金までの流れが遅いと非常に困る。
そういうわけで、入金までの早さも確かめたいと考えてるんだが……
とても重要なことだ。
そういう時は業者のホームページを見れば、入金までの速度が記載されている場合が多いよ。
なかには最短10分もかからないケースもある。
業者の平均的な入金速度も知ってみようか。

Amazonギフト券買取サービス・クレジットカード現金化サービスの換金率に関しては、先の項目でご紹介したとおりになります。

続いて買取サービスで重要となるのは、換金してもらった現金の入金速度でしょう。
入金までの早さは、サービスがどの程度快適なものかを示す指標のひとつです。

Amazonギフト券買取サービスの入金速度を調査したところ、インターネット上にある業者はいずれも24時間対応を謳っています。
年中無休で対応する買取サービスは多く、場合によっては即日振込も実施されます。

Amazonギフト券買取サービスは「24時間365日対応」や「年中無休」といったキャッチコピーを掲げている業者を見かけやすく、オンラインならではの利点を発揮しています。

そのため入金スピードが非常に速く、なかには買取申し込みからわずか最短5分で入金まで流れが完了するケースもあるようです。

クレジットカード現金化サービスもまた、即日対応する買取業者の姿がみられます。
しかし、Amazonギフト券買取と異なるのが買取方式によるスピードの差異です。

クレジットカード現金化にはキャッシュバック方式買取方式という二つの買取手段があるのが特徴なのですが、このどちらかを選ぶかによって入金速度が左右されるのです。

キャッシュバック方式は最短10分程度で取引が完了するにも関わらず、買取方式は遅ければ1週間は時間がかかってしまいます。

買取方式は即金性が低く、クレジットカード現金化に速さを求めている場合はキャッシュバック方式を利用するべきでしょう。

業者によって入金スピードは変動しますが、総合的に見れば、Amazonギフト券買取のほうがより優れた即金性を持っています。

ただし、月始は買取サービスの利用者が急増するため、入金までの素早さを求める場合はそうした繁忙期を避けるのが無難です。

対応の丁寧さ

対応の丁寧さ

なるべく対応の丁寧な業者を利用したいんだが、Amazonギフト券買取やクレジット現金化を取り扱う業者はどちらがより優れているんだ?
それは業者による、一概にどちらが優れているかは断言できないな。
とはいえ対応の丁寧な業者とそうでない業者を見分けることは可能だ。
その方法を教えよう。

Amazonギフト券買取サービス・クレジットカード現金化を比較するならば、業者対応の丁寧さも比較対象のひとつに挙げられます。

サービスの利用者としては、金銭に関するトラブルが起きても丁寧に対応してくれるサービスを選びたいという考えが本心でしょう。

とはいえ、Amazonギフト券買取サービスとクレジットカード現金化サービスを比較するにも対応は業者によって大きく変わってしまうのがネックなのではないでしょうか。

基本的に、悪質な業者を選ばなければ対応の丁寧さはあまり変わらないでしょう。

問題なのが悪質業者を利用してしまったケースで、その場合は雑な対応だけでなく換金率が著しく低かったり、入金までのスピードが遅かったりと、総合的に見て非常に低い水準のサービスを受けてしまうことになります。

悪質でない買取業者を選ぶには、ホームページに古物商許可番号を掲載済かつ様々なサイト・口コミで紹介されている大手買取サービスを選べば安全性が高いと考えられます。

優れた業者は対応が丁寧で、不明点があれば気軽に電話やメールで相談できます。

Amazonギフト券買取やクレジットカード現金化の利用を検討している場合、任意の業者ホームページにアクセスして買取の相談をするのもよいのではないでしょうか。

Amazonギフト券買取とクレジットカード現金化を上手く使い分けよう

Amazonギフト券買取とクレジットカード現金化を上手く使い分けよう

クレジットカード現金化も充分に便利なサービスだが、Amazonギフト券買取はそれを上回るメリットがあるな。
ああ。
ただし、余ったAmazonギフト券がなければ買取サービスを利用するのは不可能だ。
そういう人物にとってはクレジットカード現金化も利便性が高いと言える。
なら、自分の状況に応じて利用する買取サービスを使い分けるのが賢いやり方かもしれないな。
現金が心許なくなった時は積極的に買取サービスを利用しようと思う。
いい選択だ。
実際に買取してもらう時は、自分にピッタリな買取業者を選ぶのも忘れないようにしてくれ。

Amazonギフト券買取サービスとクレジットカード現金化サービスについて、本記事を読んでご理解いただけましたでしょうか。

どちらも利便性が高く、非常に優れた買取サービスのため、状況に応じて両者を使い分けるのがお得かつ賢い方法だと言えます。

インターネット上の検索エンジンを活用すれば、様々な買取サイトが出てきます。

その時は比較サイトや口コミサイトのみを参考にして業者を選ぶのではなく、必ず任意の買取業者のホームページを見て信頼に足るサービスなのかを確かめるようにしてください。

特に、古物商許可番号をホームページに掲載している業者は古物商としての業務を正式に認められていることになります。

隅々まで確かめ、自分に合ったAmazonギフト券買取・クレジットカード現金化の業者を見つけていただければ幸いです。