貯まっていく使い残しのamazonギフト券のアカウント残高!有効な活用法とは?

amazonギフト券 残高

ライター:ひかる券面額全額を無駄なく使えるamazonギフト券は、ギフト券というよりプリペイド式の電子マネーに近いキャッシュレス決済システムだと言えるでしょう。

利用額よりも券面額が大きなamazonギフト券の利用を繰り返すと、使い残したアカウント残高が貯まる一方になるので、使い残したアカウント残高の活用法をご紹介します。

無駄なく全額を使えるamazonギフト券!使い残しはアカウント残高で残る

無駄なく券面額全額を使えるamazonギフト券!使い残しはアカウント残高で残る
amazonギフト券には下記のようなタイプがあり、券面額が決まっているタイプでは使い残しがでるケースが珍しくありません。

  • 券面額が決まっているタイプ
  • 1円単位で金額指定できるタイプ

使い残したamazonギフト券は残高としてアカウントに残るので、全額を無駄なく利用することができますが、定期的に整理しないとアカウント残高が貯まる一方になります。

アカウントに使い残したamazonギフト券の残高が貯まってるんだけど、アカウント残高が中途半端だと結局新しく買ってチャージすることになるよな。
そうだな、3万円チャージして4,950円の商品を購入した残高26,050円なら使い道があるけど5,000円のチャージで残った50円だと正直使い道がないもんな。
ほんそれ!無駄がないように毎回購入額に近いamazonギフト券を買うんだけど、購入額に近いからアカウントに残る残高が小さくなっちゃうんだよね。
場当たり的に毎回amazonギフト券を買うんじゃなくて、1~2ヶ月分とか4~5ヶ月分とかまとめてチャージすれば問題ないだろう?そうすりゃアカウント残高も大きくなるぞ。
そりゃそうだけど、そうすると1回の支払額が大きくなるじゃない?頭では判ってるんだけど、これの心が強烈な拒絶反応を起こすんだよね。
だけどアカウント残高にも有効期限があるから、ダラダラ使い残してるといつか泣きを見る可能性もあるんだぞ!

使い残しのamazonギフト券はアカウント残高として残るが有効期限も存在する!

同じギフト券でも信販会社が発行する印刷物のギフト券は券面額が支払額より大きな場合でもお釣りがでませんが、電子ギフト券のamazonギフト券はお釣りがでます。

お釣りと言っても現金が返金されるわけではなく、amazonギフト券の登録アカウントに未使用分が残高として留保されるのがamazonギフト券で受け取れるお釣りです。

印刷物は支払いの際にギフト券自体を渡す必要がありますが、amazonギフト券は金券情報を利用する決済方法なので使い残しの金券情報がアカウント残高として残ります。

使い残しで発生したアカウント残高は次回のAmazonの支払いに使用できますが、使い残しが少額でアカウント残高が増え続けるケースは珍しくありません。

お釣り分をコツコツ貯めて使い残しで購入商品や利用サービスの支払いを行うことも可能ですが、amazonギフト券には有効期限があるのでかけられる時間は限定的です。

amazonギフト券のアカウント残高は期限が切れると失効する!有効期限は10年!

2017年4月のレギュレーション変更でamazonギフト券の有効期限は一律10年となり、以前より7~9年有効期限が延長されました。

レギュレーション変更から4年経過した現在取扱われているamazonギフト券の有効期限は、全て10年なので直近の期限切れは2027年4月23日になります。

amazonギフト券はアカウント登録することで有効化しますが、有効期限はamazonギフト券の発行日から起算されるので注意が必要です。

アカウント残高のamazonギフト券は既に登録済みですが、登録済みのamazonギフト券の有効期限は次の3ステップで確認することができます。

amazonギフト券の有効期限を確認するステップ
  1. 公式サイトのギフト券ページを開く
  2. ギフト券ページの残高・利用履歴ページを開く
  3. 残高・利用履歴ページに表示されたアカウント残高情報を確認

残高・利用履歴では有効期限の短いものが上部に表示されるので、最上部に表示されていamazonギフト券が最初に有効期限に達するものだと確認できます。

期限切れまでの期間が長いので失効リスクは高くはありませんが、コツコツ数円~数十円の残高を貯めているとうっかり失効してしまう可能性があるので有効期限は要注意です。

使い残しのamazonギフト券残高は簡単に整理できる!アカウント残高の整理法とは?

使い残しのamazonギフト券残高は簡単に整理できる!アカウント残高の整理法とは?
お釣りで使い残してもアカウント残高として貯められ全額無駄なく使えるのがamazonギフト券の魅力ですが、アカウント残高が少額過ぎると使いようがないのも事実です。

しかしamazonギフト券のアカウント残高を無駄なく全額使いきる方法は存在するので、うっかり失効させないように定期的にアカウント残高を整理することをおすすめします。

そうなんだよね。お釣りで使い残したamazonギフト券の残高って少額過ぎるから「何かを購入しよう!」ってときは新しいamazonギフト券を買ってチャージするんだよな。
結局、新しくチャージしたamazonギフト券でもお釣りはでて、使い残しのアカウント残高が徐々に貯まってくるって感じなの?
そうそう、だけど貯まるって言っても使いようがないのが実状だから、なんか損してるようなモヤモヤした気持ちになるんだよね、アカウント残高を確認すると。
だったら、そのモヤモヤの原因を定期的に整理してスッキリすれば良いんじゃないの?便利なamazonギフト券を使いながらストレス貯めるなんて精神衛生上良くないだろ?
アハハッ、上手いこと言うな。アカウント残高が貯まらなくってストレスが貯まるって!山田君、座布団一枚持ってきて!
誰だよ山田君って!バカなこと言ってないで、お釣りで使い残したamazonギフト券を効果的に整理する方法を見ていくぞ!

使い残したお釣りのamazonギフト券の残高は簡単に整理可能!残高の整理法とは?

Amazonへの支払いで生じたお釣りはアカウント残高となり、有効期限内なら別の支払いに利用できますが、少額過ぎる残高は使い勝手が悪いのも事実です。

使い難い少額のアカウント残高ですが、他の支払い方法を併用することで簡単にアカウント残高を残額無駄なく使用することができるので定期的な残高整理におすすめです。

使い残しのamazonギフト券のアカウント残高を整理できるのは、アカウント残高と次に挙げる6種類の支払い方法との併用です。

  1. アカウント残高+カード払い
  2. アカウント残高+電子マネー払い
  3. アカウント残高+ネットバンキング払い
  4. アカウント残高+ATM払い
  5. アカウント残高+コンビニ払い
  6. アカウント残高+代金引換払い

利用額に応じて還元されるAmazonポイントとアカウント残高の組み合わせで支払えればお得ですが、残念ながらアカウント残高とAmazonポイントは併用できません

また支払額の端数だけをアカウント残高で支払い、キリの良い金額を併用する支払いで支払いたくなりますが併用払いはアカウント残高全額で不足する分が対象になります。

アカウント残高の一部だけを利用することはできないので、併用払いでアカウント残高を整理する際は注意してください。

必要額だけのチャージでアカウント残高を発生させない利用方法も存在する!

既述の6種類の支払い方法との併用でアカウント残高全額を無駄なく使用できますが、購入方法を選べば必要額のamazonギフト券を贈入することも可能です。

必要額だけをチャージすることで、使い残しのアカウント残高を発生させずにAmazonを利用できるので、少額のアカウント残高を気にする必要がなくなります。

amazonギフト券には券面額が決まっているタイプと1円単位で金額指定できるタイプがあり、次に挙げるタイプのamazonギフト券は券面額が決まっているタイプです。

券面額が決まっているamazonギフト券のタイプ

  • カードタイプ: 3,000円・5,000円・10,000円・20,000円
  • シートタイプ: 2,000円・3,000円・5,000円・10,000円・20,000円・25,000円

上記のamazonギフト券はコンビニで手軽に購入できますが、券面額が決まっているのでお釣りで使い残しが発生しやすいタイプだと言えます。

カードタイプには1,500~50,000円の間なら1円単位で金額指定できるバリアブルタイプも用意されているので、バリアブルタイプを利用すれば必要額だけチャージできます。

また次に挙げるタイプのamazonギフト券も券面額を指定できるので、使い残しのアカウント残高を発生させずに利用できます。

券面額を指定できるamazonギフト券のタイプ
  • チャージタイプ:100円~50万円まで1円単位で金額指定可能
  • Eメールタイプ:15円~50万円まで1円単位で金額指定可能
  • 印刷タイプ:15円~50万円まで1円単位で金額指定可能

カードタイプのバリアブルタイプより指定できる金額の幅が広いので、高額商品の購入などには上記の3タイプが適していると言えるでしょう。

アカウント残高は現金に置き換えられる?登録済みamazonギフト券の現金化法とは

アカウント残高は現金に置き換えられる?登録済みamazonギフト券の現金化法とは
以下のようなケースでアカウント残高を現金に置き換えたくなる事態が発生します。

  • うっかりamazonギフト券をアカウント登録した場合
  • 予定していた商品購入を中止した場合

amazonギフト券の資産価値は登録した時点で登録アカウントの残高に反映されるので、アカウント残高を使用しなくてもamazonギフト券自体の資産価値は失効します。

なるほどね。少額の残高でも他の支払い方法と併用することで、全額無駄なく使うことができるんだな。さすがはAmazon、システムに抜かりがないね!
そうだな、そしてチャージ額を1円単位で指定できるタイプのamazonギフト券を利用すれば、お釣りで使い残しの少額残高が発生することもないから便利だよな。
そうだよな。だけど必要額を毎回チャージするのも面倒と言えば面倒だよなぁ。かといってオートチャージを利用すると少額残高が発生するしなぁ。どうにかならないの?
1ヶ月分とか数ヶ月分の利用予想額をチャージして、年に1回アカウント残高の整理をすれば良いんじゃないの?計画的な利用ってのはamazonギフト券でも効果的だぞ!
だけど、高額チャージすると金欠の時に詰むだろ?登録済みのamazonギフト券を現金化できないのは痛いよな!おっかなくて高額チャージなんかできないよ!
まぁ、確かに登録済みのamazonギフト券は売却できないけど、アカウント残高を現金に置き換えるのは不可能じゃないから、アカウント残高の現金化方法を確認しておこう。

登録済みのamazonギフト券は売却不可!しかしアカウント残高は現金化できる

登録済みのamazonギフト券は売却不可!しかしアカウント残高は現金化できる
既述のとおりamazonギフト券を登録すると資産価値が登録アカウントに移動するので、アカウント残高が未使用でも登録済みのamazonギフト券自体は価値を失います。

このため登録済のamazonギフト券は売却できなくなりますし、アカウント残高は譲渡できないので一般的にはamazonギフト券は登録すると現金化できないと言われます。

登録済みのamazonギフト券を売却する方法は存在しませんが、アカウント残高を現金に置き換えられる方法は実は3種類存在します。

アカウント残高を現金に置き換えられる3種類の方法は

  1. 商品の代理購入
  2. アカウント売却
  3. Amazonでの購入商品の売却

なので、3種類の方法を具体的にご紹介します。

商品の代理購入によるアカウント残高の現金化とは?

家族や友人・知人が購入する商品を現金化したい利用者が代理購入し、購入商品代金を現金で受け取ることでアカウント残高を現金に置き換えることができます。

この方法は換金率100%でアカウント残高を現金に置き換えられる確率が高く現金化効率が非常に高い反面、タイミングが合わなければ利用できないという欠点もあります。

アカウント残高を現金化したいタイミングで身近に商品購入希望者が居なければ利用できませんが、現金化の1つの方法として覚えておくのは悪くはないと言えます。

アカウント売却によるアカウント残高の現金化とは?

amazonギフト券を登録したアカウントをアカウント残高と共に売却して、アカウント残高を現金に置き換える方法です。

Amazonはアカウントの譲渡を利用規定で禁じているので利用規定違反になりますが、買取業者のなかにはアカウント買取りを行っている業者が存在するのが実情です。

アカウント売却には個人情報の漏洩リスクや二度とAmazonを利用できなくなるリスクなどが潜んでいるので、おすすめできる方法ではありません。

Amazonは利用規定違反者に対して非常に厳しい対応を取る企業なので、仮に新規アカウントを取得しても売却アカウントとの共通点が見つかればアカウントは停止されます。

この方法を利用する際は「今後一切Amazonを利用することができなくなる」ことを覚悟する必要があります。

Amazonでの購入商品の売却によるアカウント残高の現金化とは?

現金に置き換えたいアカウント残高を利用してAmazonで商品購入し、購入商品を売却することでアカウント残高の現金化を行います。

家族や友人・知人の代理購入と違い購入した商品を中古市場に売却するので、現金化のタイミングを測る必要がありません。

また中古市場ニーズの高い商品を購入すれば、購入額以上の金額で売却できる可能性もありますが正確に中古市場ニーズを掴むのは簡単ではないのも事実です。

しかし中古市場で常時ニーズのある商品も存在するので、安定した中古市場ニーズのある高換金率商品を利用してアカウント残高を現金化するのがおすすめです。

安定した中古市場ニーズと高換金率を両立させる現金化アイテムとは?

安定した中古市場ニーズと高換金率を両立させる現金化アイテムとは?
効率的な現金化を実現する外票的な高換金率な商品として真っ先に挙げられるのがamazonギフト券ですが、残念ながらアカウント残高でamazonギフト券は購入できません。

しかしamazonギフト券以外の金券類ならアカウント残高で購入できるものが存在するので、購入可能な金券類のなかで換金率の高いものを選べば効率的に現金化できます。

数あるAmazonの取扱い品目のなかで、効率的にアカウント残高を現金に置き換えられる現金化アイテムを次項で具体的にご紹介します。

アカウント残高で購入できる高換金率の現金化アイテムとは?

Amazonでは多種多様な金券も取り扱われていますが、全ての金券で効率的にアカウント残高を現金に置き換えられるわけではありません。

信販系ギフトカードや百貨店ギフトカードの換金率の料率は60%代後半から70%代後半なので、アカウント残高を現金化できるものの現金化効率は高くありません。

アカウント残高を効率的に現金に置き換えられる換金率の高い金券は80%以上の換金率が期待できる次に挙げる金券類です。

  • iTunesギフトカード
  • Google playカード
  • 楽天ギフトカード
  • ビール券

特にiTunesギフトカード・Google playカード・楽天ギフトカードは、amazonギフト券に継いでニーズが高いので効率的にアカウント残高を現金に置き換えやすいと言えます。

以前はnanacoギフトカードも有力な現金化アイテムでしたが、現在は発売が中止されているので残念ながら利用できません。

使い残したamazonギフト券の有効活用には正確な最新情報が不可欠!

amazonギフト券は万一使い残しても、他の支払い方法と併用すれば全額無駄なく使えますし残高を現金化することもできるので安心して利用することができると言えます。

しかしAmazonの利用規約や優良な現金化アイテムは変化するので、定期的に利用規約や優良アイテムをチェックする必要があります。

現金化専門情報サイト「俺LOVE現金化」は、amazonギフト券を含めたあらゆる現金化方法を徹底調査して公開しています。

  • 現金化情報
  • お得なamazonギフト券の購入方法や利用方法

も公開していますので、amazonギフト券の最新情報を使うために俺LOVE現金化をフル活用してください!