印刷物の金券より断然お得!お釣りのあるアマゾンギフト券は無駄なく全額使い切れる

amazonギフト券 お釣り

ライター:ひかる

印刷物の金券のギフト券で券面額以下の商品を購入するとお釣りが貰えず差額を損するので、券面額以上の購入時に現金併用で使用するのが無駄なく利用するコツです。

国内最大級のECサイトAmazonで利用できるアマゾンギフト券は、電子ギフト券の代名詞と言っても過言ではない金券ですが、お釣りが貰え無駄なく使い切ることができます。

今回の記事は、お釣りが貰えるアマゾンギフト券とはどのようなものか?などを中心に詳しく解説していきたいと思います。

印刷物の金券では通常お釣りが貰えない!お釣りを貰えるアマゾンギフト券とは?

従来からデパート商品券・図書券・信販系ギフト券などの形で金券が利用されていましたが、印刷物の金券で券面額以下の商品を購入してもお釣りが貰えないのが一般的です。

現在活発に利用されているAmazonもアマゾンギフト券で商品購入やサービス利用代金を支払えますが、電子ギフト券のアマゾンギフト券お釣りを貰えるので無駄なく利用できます。

昔から利用されている商品券・図書券・ギフト券なんかの金券って、券面額以下の商品購入に利用するとお釣りが貰えないから、なんか損した気分になるよな。大体が貰い物なんだけどさ。
確かにそうだな。基本的に金券は資金決済法で定める「前払式支払手段」に位置付けられるから、利用額との差額をお釣りで払い戻す義務がないんだよ。
そうなの!販売店が差額を着服してるもんだとばっかり思ってたよ!だけどお釣りが貰えないのはやっぱり釈然としないよな。物凄く損した気分になるもんな。
おいおい、貰い物だって言ってたじゃないか?お釣りがなくても別に損はしてないだろうよ?それに損したくないんなら電子ギフト券のアマゾンギフト券を使えばいいんだよ。
そうか!アマゾンギフト券ならギフト券とは言ってもお釣りが貰えるのか!しかし、なんで同じギフト券なのにアマゾンギフト券ならお釣りがもらえるんだろう?
それは従来の金券が印刷物で物理的移動で決済するのに対して、アマゾンギフト券は電子ギフト券で金券情報のやり取りで決済するからなんだ。仕組みを確認しておこうか。

決済方法でお釣りの有無が異なる!アマゾンギフト券が全額使い切れる理由とは?

決済方法でお釣りの有無が異なる!アマゾンギフト券が全額使い切れる理由とは?
印刷物のタイプは金券を手渡し物理的に移動させる方法で決済するので、仮に3,000円の支払いに5,000円の金券を使用しても2,000円の差額が返却されないことがあります。

このため印刷物の金券を全額使い切るためには券面額以上の支払いの一部に金券を利用し、差額を現金などで支払う必要があるのが実状です。

電子ギフト券のアマゾンギフト券は金券情報をやり取りする方法で決済するので、5,000円分で3,000円を支払っても差額の2,000円はアカウント内に留保されます。

金券情報のやり取りだけで物理的移動を行わないアマゾンギフト券なら、印刷物の金券のように利用に気を使うことなく券面額を無駄なく全額使い切ることができます。

お釣りが貰えるアマゾンギフト券でも現金が返却されるわけではないので要注意!

アマゾンギフト券は電子ギフト券に位置付けられていますが、実態はプリペイド式の第三者型前払式支払手段に分類されます。

前払いのプリペイド式で券面額の資金情報を購入し、購入した金券情報をAmazonのアカウントに登録することで資金情報に応じた支払いに利用できます。

アマゾンギフト券にも商品券タイプなどの物理カードと呼ばれるタイプが存在しますが、利用時は券面裏側に記載された「ギフト券番号」をアカウント登録する必要があります。

これはアマゾンギフト券がAmazonの支払い専用の電子ギフト券として開発された金券であるのが理由だと言えるでしょう。

2020年6月からAmazon Payの支払い方法にアマゾンギフト券が追加された現在では、対応店舗や外部サイトの支払いにアマゾンギフト券を利用できるようになっています。

この場合も他のデジタル決済同様、アカウント残高から支払額のみ差し引かれ、1万円のアマゾンギフト券で500円の支払いをしても9,500円はお釣りとして残ります。

金券情報で決済するアマゾンギフト券の仕組みは、お釣りが貰えるというより必要額だけがアカウント残高から支払われると捉えるとイメージしやすいのではないでしょうか?

お釣りとしてアカウントに残ったアマゾンギフト券の金券情報の確認方法は?

お釣りとしてアカウントに残ったアマゾンギフト券の金券情報の確認方法は?
支払額のみがアカウント登録した金券情報から差し引かれ、未使用の金券情報はお釣りとしてアカウント内に留保されるのがアマゾンギフト券の仕組みです。

アマゾンギフト券には有効期限があり、お釣りの金券情報をアカウントに留保し続けると期限切れで金券情報が消滅するリスクがあるので、アカウント残高の管理は重要です。

なるほど、同じ金券でもプリペイド式デジタル金券のアマゾンギフト券は支払額だけが差し引かれるから、いわゆるお釣りが貰える金券と呼ばれるんだ。
そうだな。確かに1万円のアマゾンギフト券で2千円の商品購入しても8千円が残るからお釣りと言えばお釣りになるけど、必要額しか支払っていないと捉えるべきだろうな。
そうだよな。支払いボタンをポチったあとに、お釣りが口座に振り込まれるわけじゃないもんな。必要な資金情報だけが差し引かれるって理解で間違いないよな?
そのとおり!いいねぇ、資金情報って言葉を使えるようになったんだな。成長したな、嬉しいよ、俺は!アマゾンギフト券の仕組みもバッチリ理解しているじゃないか!
なんだよ、照れるだろ、そんなに褒めるなよ。俺だって成長するってもんだぜ。お釣りで残った資金情報は消えないからAmazonは安心して使えるってことだろう?知ってるよ。
…なんだ、その程度かよ。アマゾンギフト券には有効期限があるから消えないことはないんだぞ!甘い顔するんじゃなかったな。金券情報管理は重要だから厳しく確認していくぞ!

10年に緩和されたもののアマゾンギフト券には有効期限が存在!期限切れで消滅する

2017年4月24日以降に発行されたアマゾンギフト券は、有効期限が一律10年になりましたが、以前はタイプごとに次に挙げる有効期限が設定されていました。

以前はあったアマゾンギフト券の有効期限
  • 1年:カード・Eメール・チャージ・グリーティングカード・ボックスタイプ
  • 2年:法人向けタイプ
  • 3年:シートタイプ

緩和前の発行で有効期限が最長のシートタイプでも2020年に有効期限に達しているので、現在流通するアマゾンギフト券の有効期限は最短でも2027年4月23日になります。

しかしAmazonの利用頻度が低い利用者の場合はお釣りで残ったアカウント残高をウッカリ消滅させる可能性もあるので、アカウント残高の有効期限確認法を紹介します。

PCからは次の流れでお釣りでアカウントに残っているアマゾンギフト券を確認できます。

PCからの確認方法
  1. Amazonにログイン
  2. アカウント&リストを開く
  3. Amazonギフト券 残高の確認・ギフト券の登録を開く
  4. 有効期限ごとのギフト券残高を開く

上記4ステップでお釣りで残ったアマゾンギフト券の金券情報を確認できます。

スマホやタブレットのアプリからは次の流れでお釣りでアカウントに残っているアマゾンギフト券を確認できます。

アプリからの確認方法
  1. アプリを起動しメニュー画面を開く
  2. アカウントサービスを開く
  3. 支払い&住所から「ギフト券の残高を管理」を開く

画面下部に表示されている「有効期限ごとのギフト券残高」でお釣りで残ったアマゾンギフト券の有効期限を確認できます。

お釣りで残ったアマゾンギフト券の金券情報は消滅前に使い切る方法とは?

有効期限10年ならお釣りで残ったアマゾンギフト券も通常使用で使い切れると考えられますが、レギュレーションが変更される可能性もあるので早目に使いたいものです。

お釣りでアカウントに残ったアマゾンギフト券を上手に使い切るためには、1円単位で金額指定できるバリアブルタイプで必要額を加算して使い切る方法が有効です。

バリアブル方式で課金できるのは次の4タイプのアマゾンギフト券です。

バリアブル方式で課金できる4つのタイプ
  1. Eメールタイプ:最少15円~最大50万円まで1円単位で指定可能(公式サイトから)
  2. チャージタイプ:最少15円~最大50万円まで1円単位で指定可能(公式サイトから)
  3. 印刷タイプ:最少15円~最大50万円まで1円単位で指定可能(公式サイトから)
  4. カードタイプ:最少1,500円~最大5万円(コンビニ等など取次店の店舗から)

チャージタイプはコンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払いで課金すると、通常会員:最大2.0%・プライム会員:最大2.5%のAmazonポイントが還元されます。

またクレジットカード払いと併用すればアマゾンギフト券の不足分をカード払いで支払えるので、お釣りで残ったアカウト残高を無駄なく全額使い切ることができます。

お釣りで残ったアマゾンギフト券の現金化は可能?使い残した残高現金化の可能性は

お釣りで残ったアマゾンギフト券の現金化は可能?使い残した残高現金化の可能性は
Amazonから購入した商品代金や利用サービスの支払い以外にも、Amazon Payのデジタル決済に使用できるアマゾンギフト券現金同様に使用できると言えます。

しかしどんなに便利でも電子ギフト券であることに変わりなく、現金が必要な場合はお釣りで残ったアマゾンギフト券の金券情報を現金に置き換えたくなるものです。

Amazonの支払いに加えAmazon Payでも使えるなら、アマゾンギフト券って本当に現金同様の価値がある電子ギフト券だと言えるよな。
そうだな。特にAmazon Payの支払い方法に加わったのが、「アマゾンギフト券の汎用性を大きく向上させた!」と言えるな。アマゾンギフト券持ってれば間違いないだろ?
確かにそうなんだけど、現金に勝るものはないってのも事実だろう?Amazon Payに対応してない店舗や現金オンリーの店舗も存在するしな。現金最強説を強く感じるんだけど。
まぁ、政府が担保する法定通貨が強いのは確かだよな。日本円は海外でも通用する主要通貨に含まれてるから、現金が最強なのは間違いないと言えると思うよ。
だからさぁ、お釣りで残ったアカウント残高を現金に置き換えたいって考える利用者は少なくないと思うんだよな。使い残しのアマゾンギフト券を現金化する方法ってないの?
うぅ~ん、お釣りで残ったアマゾンギフト券の現金化かぁ。ないことはないけどなぁ。微妙なんだよなぁ。一応お釣りで残った使い残しのアマゾンギフト券の現金化見とく?

お釣りで残ったアマゾンギフト券のアカウント残高は現金に置き換えられる?

未登録のアマゾンギフト券の買取を行う買取業者は多数存在し、換金率の高い現金化ツールとしてアマゾンギフト券が広く活用されているのは事実です。

しかしアカウント登録したアマゾンギフト券の買取を行う買取業者は極端に少なく、アカウント登録したアマゾンギフト券の現金化非現実的なのが実状です。

特にお釣りでアカウントに残ったアマゾンギフト券の場合は現金化が非常に困難ですが、アカウント売却や他の金券を購入することで現金に書き換えることは可能です。

アカウント売却はお釣りで残ったアマゾンギフト券の金券情報をアカウントと共に売却する方法で、アカウントごと買取る業者は存在します。

この方法はアカウント情報を第三者に売却することになるので、個人情報流出リスクが非常に高い上に利用規約違反でAmazonを二度と利用できなくなる可能性もあります。

Amazonを二度と利用できなくなると日常生活が不便になると考えられるので、アカウント売却はおすすめできる方法ではありません。

他の金券を購入する方法はお釣りで残ったアマゾンギフト券でiTunesギフトカードやGoogle playカード、楽天ギフトカードなどの金券を購入し売却する方法です。

換金率の高い電子ギフト券の代名詞と言えばアマゾンギフト券ですが、上記の金券も高換金率で取引されているのでこれらを利用すればアカウント残高の現金化を行えます。

上記以外にもビール券・JCBプレモカード・百貨店ギフトカード・WebMoneyギフトカードなどが高換金率で取引される金券に該当します。

以前はnanacoギフトカードもお釣りで残ったアマゾンギフト券の現金化に活用できましたが、現在は販売が中止されているので利用できません。

お釣りも貰え無駄なく使えるアマゾンギフト券の上手な利用には最新情報が必要!

お釣りも貰え無駄なく使えるアマゾンギフト券の上手な利用には最新情報が必要!
アマゾンギフト券は現金同様に広く使用できる非常に魅力的な電子ギフト券だと言えますが、Amazonのレギュレーションや購入対応商品が変化するのも事実です。

アマゾンギフト券があれば便利に過ごせると言えますが、現金と比較すると汎用性に劣る部分があるのも事実なので、高額のアマゾンギフト券がリスクになるケースもあります。

現金が必要なシーンではお釣りで残ったアマゾンギフト券を現金化したくなりますが、既述のとおりアカウント登録済みのアマゾンギフト券の現金化は簡単ではありません。

現金化専門情報サイト「俺LOVE現金化」はアマゾンギフト券の効率的な現金化方法や、使い残しのアマゾンギフト券の現金化テクニックなども公開しています。

アマゾンギフト券を上手に使いこなすために「俺LOVE現金化」の掲載情報を有効にフル活用してみてはいかがでしょうか?