amazonギフト券のセール・キャンペーンで得する方法を紹介|危険な企画には注意

ライター:ひかる

「amazonギフト券のセールやキャンペーンはお得だって聞くけど、どう活用するのが正解なの?」

情報が複雑で多様なため、amazonギフト券で得する方法についてなかなか分かりにくい部分があるかと思います。

この記事では、情報の集め方から得する方法について、具体的な例を紹介しながら解説しています。

ぜひ一読してみてください。

amazonギフト券のセールで得する方法

amazonギフト券のセールで得する方法は、おおよそ3つの選択肢があります。

● amazonのキャンペーン・セールを活用
● amazonのポイントプレゼントキャンペーンを活用
● amazonのギフト券のポイント還元を活用

キャンペーンやセールなどは期間が決まっているので、しっかりと新しい情報を取り入れて活用してくことが大切です。

活用方法が多数あって難しそうだな。
たしかに情報が多くて分かりにくいことが多い。簡単に解説すると、セールは安売りで、ポイントプレゼントキャンペーンはポイントをもらえるシステムだ。そして、ポイント還元はポイントが戻ってくるシステムだな。これらは少し性質が違う。組み合わせながら活用していくと良いだろう。という話だ。
なるほど。同時に複数の恩恵を受けることもできるのか?
それはできることもある。たとえば、ポイント還元キャンペーン企画に参加しながらセールを狙う。とかもできるだろう。複数の恩恵も大事だが、ポイント還元キャンペーンが同時に打たれていて、参加する企画を変えるだけで還元率が異なってくることもあるから、情報は要チェックだな。

amazonのキャンペーン・セールを確認しよう

amazonギフト券購入でポイントが付くキャンペーンやタイムセール祭りなどのキャンペーンをamazonは良く行います。

ただし、キャンペーン企画は期間限定で行われることがほとんどです。

最も確実な情報を仕入れるのであれば、amazonのキャンペーンを公式サイトから確認するようにしましょう。

amazonのポイントプレゼントキャンペーンを確認しよう

多くのセールなどのキャンペーンについては、amazonの公式サイトから見つけることができます。しかし、ポイントプレゼントキャンペーンについては若干分かりにくい部分があります。

最近では「Fasion✖️Oitdoorタイムセール祭り」が開催されています。最大で10%のポイントアップキャンペーンを行っており、非常にお得です。

キャンペーンの活用については、キャンペーンページからのエントリーが必要なこともあるので注意しましょう。正しいページからエントリーすることが大切です。

amazonギフト券のポイント還元を活用しよう

amazonが行っているキャンペーンの中には「ポイント還元企画」が存在します。これを活用することでお得に利用できるでしょう。

たとえば、amazonギフト券のチャージを行うと最大3%還元であったり、最大2.5%還元といったキャンペーンが実際に行われています。

注意点としては、還元率の違うキャンペーンが同時開催されていることがあるという点が挙げられます。

最近では「amazonギフト券チャージキャンペーン」が行われています。amazonプライムデーに対応する形で行われていましたが、実際に3%還元と2.5%還元の企画が当時に行われていました。

キャンペーンのエントリー方法が変わることで還元率が変わることがありますから、しっかりと情報を調べて、期間内にエントリーページから登録することが大切になるでしょう。

ほとんど、期間限定なんだな。あと、同時開催でポイント還元率が違うとは不思議なものだ。
その通りだ。調べてみたら、そのキャンペーンやセールが終わっていた。なんてケースは良くある。最新の情報を集めていくことが大切になるな。ポイント還元率の違いについては、エントリー方法が多少違ったりするんだ。事前エントリーをしていれば還元率アップとかな。この辺りは情報をしっかり集めていくしかない。

amazonギフト券のプレゼントキャンペーン・懸賞で得する方法

キャンペーンや懸賞を確認して企画をチェックして、それに参加することでamazonギフト券をもらえることがあるので活用しましょう。

amazonギフト券の500円無料プレゼント企画をチェックしよう

amazon公式サイトからは確認しにくい面のある500円無料企画。しかし、チェックして活用していくことでお得にポイントを貯めることができます。

チェックしにくい理由としては、amazonではない企業がキャンペーンを打っていて「アカウント作成と同時にamazonギフト券を500円分プレゼント!」などの企画を行っていることがあるからです。

たとえば「Machi Pass登録キャンペーン」や「処方箋のネット受付を活用したらamazonギフト券をゲット」の企画などが挙げられるでしょう。

これらは、amazonのサービス登録ではなく、外部の企画になるので、公式サイト以外の情報チェックも大切になります。

amazonギフト券が必ずもらえる企画に参加しよう

amazonギフト券が500分もらえるキャンペーンに近い企画として、amazonギフト券が必ずもらえる企画があります。

値段についてはさまざまですが、5000円程度もらえる企画も存在しています。

もちろん、何もせずにもらえることはありません。アカウント作成して実際にそのサービスを活用するなどをすることで、amazonギフト券をもらえるような企画が比較的高い値段のギフト券がもらえます。

こちらも期間が決まっているケースが多いですので、最新の情報をチェックしながら参加するようにしましょう。

アンケートやレビューでamazonギフト券プレゼント企画に参加しよう|レビューで2000円得られる企画も

最近では、アンケートに答えたり、レビューを書いたりすることでamazonギフト券をもらえる企画が多くあります。

たとえば「infoQ」や「リサーチパネル」などのアンケートサイトを活用することで、たくさんの案件の中から選びながらアンケートに回答することでamazonギフト券やポイントを得ることができます。

中には、2000円以上得られる案件もあります。

ネット上のアンケートサイトを利用するのみでなく、実際にamazonから物を購入した時にアンケートが付随しているタイプもあるので、さまざまな選択肢があるでしょう。

ただし、ギフト券当選の通知が危険な場合もあるので注意です。それについては以下で説明します。

表現の仕方は異なっているが、ほとんど似たような感じだな。
たしかに。必ずもらえる企画などはプレゼントキャンペーンと似通っている。この辺りは、広告の打ち方の違いかもしれないな。ただ、ネットの検索の仕方によって出てくるキャンペーンが異なる可能性はある。まぁそれは良いが、危険な企画には注意した方が良いぞ。

amazonで購入した物にギフト券当選の通知|ギフト券がもらえる可能性はあるが危険

Amazonで買い物をした時「amazonギフト券当選!」と書かれたものが封入されているケースがあります。

良くあるのは、印刷物にQRコードなどが書かれており、そこからレビューを書くなどしてamazonギフト券がもらえるというパターンです。

実際、アンケートに回答することでポイントをもらえるケースがありますが、実はamazonは金券などを利用してレビュー依頼をすることを禁止しているのです。

つまり、amazonギフト券を得るためにレビュー回答することは、規約違反に触れてしまう可能性があるでしょう。

よって、企業からamazonギフト券をもらえたとしても、amazon側からポイントを没収されたり、アカウントの規制をされる可能性があることを覚えておいてください。

amazonギフト券は、コードからアカウントなどが特定できるため、規制対象になってしまう可能性が低くないのです。

なるほど、実際にポイントがもらえるケースは多いが、問題になるのはamazonからの規制ということか。
そうなるな。依頼した側はレビューを書いてもらうことでメリットが得られる。消費者側はポイントというメリットはあるが、amazonの規約に引っかかってアカウント凍結などの危険があるということだ。もちろん、依頼した側も規約違反に当たるんだけどな。具体的な内容はこれから説明する。

amazonの規約違反に注意

金券や割引券を利用してレビューを指示することはAmazonの規約違反です。規約にめいきされており、危険を孕んでいると言えるでしょう。

また、レビューを依頼した企業側のみでなく回答側も規約に触れてしまいます。なので、注意する必要があるのです。

Amazonは公式サイトで注意喚起を促しています。

「販促となる投稿について」という注意喚起の中では、以下のように説明されています。

● 商品のメーカーが、自社商品のレビューを投稿する
● 対価(現金、無料または割引商品、商品券、後日購入する商品に対して第三者が提供する割引など)を得るために、お客様がレビューを投稿する
● キャンペーン、懸賞、または会員制プログラムへ参加するために、お客様がレビューを投稿する
● ゲーム内で使えるアイテムや通貨を得るために、お客様がゲームのレビューを投稿する
● 返金の約束と引き換えに、お客様がレビューを投稿する
(Amazonより引用)
消費者にとって主に注意するべき点は上記の内容になるでしょう。
以上のような規約違反を犯してしまった場合、多くのケースではAmazonアカウントの凍結や削除の処分が下されるとされています。
今となってはAmazonのアカウントは個人にとって重要なものになりつつありますから、規約違反の可能性のあることに参加するのはやめた方が良いでしょう。

今となってはamazonプライムなどは、生活の一部になっている人も多いだろうから、危険な企画に参加するのは良く考えた方が良さそうだな。
amazonアカウントがどうでも良いという人であれば、危険な企画に参加しても良いが、アカウント停止は困るという人も結構多いだろうな。今回紹介した規約をチェックして、amazonのセールやキャンペーンを正しく活用していくことが大切だ。