アマゾンギフト券買取失敗しない方法とは?優良業者を見極める方法を徹底解説!

amazonギフト券買取 失敗しない方法

ライター:ひかる

ギフト買取を利用したい人は増加しており、近年はギフト買取の定番としてアマゾンギフト券買取やappleギフトカード買取が使われています。

正しく業者を選び適切に買取手続きを進めるためには、アマゾンギフト券の買取に失敗しない方法や騙されない方法を知ることが不可欠です。

そこで本記事では、アマゾンギフト券の買取に失敗しない方法について、業者選択に必要な前知識やカードタイプ・換金率などの見極め方法、事前に用意が必要なものや買取時のトラブルが少ないように業者を選ぶときの判断基準やチェックポイントなどについて解説します。

このページで解る事

必要な前知識を持つ

必要な前知識を持つ
アマゾンギフト券の買取に失敗しない方法は、アマゾンギフト券買取を実施する業者を見分けるためのポイントを精査して事前に調べて利用すべきか判断することです。

具体的な5つのポイントなどが挙げられます。

アマゾンギフト券買取を実施する業者を見分けるためのポイント
  1. 1.優良業者(トラブルや悪い評価がない)の要素
  2. 2.換金率が通常より低くないこと
  3. 3.余計な手数料が取られないこと
  4. 4.振込スピードが当日以内であること
  5. 5.対応が早く、丁寧で適切なこと

以上の項目は利用する業者によって若干の違いがあるのです。

そのためには、後ほど説明するような各項目の業者におけるプラス・マイナス面を判断するだけの基準を知る必要があります。

アマゾンギフト券の買取って失敗することがあるのか?
その通りなんだ。そこで、アマゾンギフト券の買取に失敗しない方法を詳しく取り上げていくぞ。
具体的に買取の何を失敗するんだ?
いろいろあるけど、まずは業者選択の失敗や買取手段の選択失敗などがあるな。例えば、優良業者ではなく悪徳業者を利用したら大変だよな。また、買取は業者以外にもオークションや取引サイトなどでも実施されているからどれを使うのが最適なのか自分で選べるようにしたいところだな。
オークション・フリマや取引サイトは利益が大きいって聞くけど?
実はその3つの手段は取引としてトラブルや問題が起こりがちなんだ。特にフリマはアマゾンギフト券の出品が禁止されている。オークションや取引サイトでは無事に取引が完了したとして、現金の入金実現までに時間がかかるんだ。業者が行うような即日振込などができない大きな理由だ。
なるほど、利益の大きさだけなら確かにオークションなどを使うのがお得みたいだけど、それ以外のスピードや健全性は買取業者が勝るってことだな。

アマゾンギフト券買取の最良を判断する

アマゾンギフト券買取に必要なことは、どのような方法で行えばよいのか最良の判断を下すための選択肢を見極めることです。

例えば、現金化でよく利用される選択肢があります。

アマゾンギフト券買取の現金化でよく利用される選択肢
  1. ギフト換金業者
  2. フリマやオークション
  3. ギフト取引サイト
  4. 街の金券ショップ

そして、買取に最適な手段は、後ほど詳述するように①のギフト換金業者です。

悪徳業者に騙されない

前知識として特に押さえておきたいポイントがアマゾンギフト券買取により騙されない方法です。

買取業者を利用した際に騙されるケースは悪徳業者が巧妙な罠で利益を搾取したり、被害をもたらすケースです。

これらの点に注意してアマゾンギフト券買取失敗しない方法を実行することが大切です。

カードの種類選択に失敗しない

カードの種類選択に失敗しない

  1. Eメールタイプがベスト
  2. カードタイプは買取先が限られる
  3. ギフトコードの英数字(AQ・WAなど)
  4. 公式サイトによるアマゾンギフト券(Eメールタイプ)の購入・支払い方法
アマゾンギフト券にはカードの種類がいくつかあるけど、これも選択に失敗することがあるのか?
選択の失敗は十分にありえることなんだ。特にチャージタイプを間違えて買ってしまうと買取に使えない。しかもEメールタイプとカードタイプでは換金率が違うこともあるんだ。
確かにチャージタイプと間違えそうだな。それと同じギフト券なのに種類で換金率が違うのか?
業者にもよるが、業者側が買取の安全性を考えてカードタイプを低くしていたり、買取後の売買による利益からEメールタイプを高く設定していたりすることもあるんだ。もちろん、同じ割合を適用している業者もあるぞ。
業者によってこんなに違いがあるんだな。でも、これじゃあ、使う業者によっては種類の選択を間違えられないな。

Eメールタイプがベスト

ギフトカードの選択は、「Eメールタイプ」が問題なく買取できるトラブルの少ない選択肢です。

Eメールタイプとは、Eメールでギフトコードが送られてくる購入方法です。

カードタイプの選択に悩む場合は、無難にEメールタイプを選択して買取に望むほうが失敗しないでしょう。

カードタイプは買取先が限られる

カードタイプは、買取業者に換金を依頼する際に買取対象かを確認する必要があります。

万が一、対象がEメールタイプのみの買取だった場合、買取を拒否されるためです。

その場合、別の買取業者を探さなければなりません。

ほとんどの業者がEメールタイプを中心に買取していることから、カードタイプはすでに所持しているギフトを売るときには良いが、改めて購入して売るには買取先の数が問題となるでしょう。

また、一方でチャージタイプはカードタイプとはまた違い、買取そのものが行われていません。したがって、間違えてチャージタイプを購入しないように気をつける必要があるでしょう。

カードタイプやチャージタイプは購入しないほうが無難ってこと?
ギフト買取の優良業者はEメールタイプの買取だから、それ以外のカードタイプやチャージタイプをリスクを負ってまで買う必要はないんだ。

ギフトコードの英数字(AQ・WAなど)

ギフトコードは所持しているが、そのカードの種類がわからないというケースもあります。

その場合、AQ・WAが先頭のギフトコードはコンビニで購入したカード・シートタイプであると見分けられます

しかし、AQ・WAは業者が事前の残高チェックができず、カードを登録するまで使えるかわからないため、買取をしていない業者がほとんどです。

そのため、コードはあってもAQ・WAは買取できない業者があることを念頭に置く必要があるでしょう。

公式サイトによるアマゾンギフト券(Eメールタイプ)の購入・支払い方法

アマゾンギフト券の購入にはアマゾン公式サイトからアクセスして、Eメールタイプの商品を選択して購入を確定する必要があります。

基本は金額・数量や送り主の名前、メールアドレスなどを入力して、カードのデザインタイプを決定します。

購入金額の自由設定における上限・下限は「15円~50万円」の範囲です。

コード付きメールの送信日選択なども可能なため、買取の直前に届くようにして、メールを間違って削除したり、コードが外部に漏洩しないように対策をすることもできます。

ただし、支払い方法はクレジットカードに限られることから、事前にカードの用意と登録作業が必要でしょう。

アマゾンギフト券買取の換金率

アマゾンギフト券買取の換金率

アマゾンギフト券買取の換金率って決まってる?
  1. 換金率は80%前後
  2. 最大換金率は適用されない
  3. 買取タイミングによる増減がある
  4. メールタイプが高い(カードタイプは落ちる)
アマゾンギフト券買取の換金率って決まってるのか?
買取する業者がそれを独自に決めているんだ。通常は80%前後だな。
他のギフト券と同じ換金率で一律に買取してるってこと?
それは違うぞ。業者は買取するギフトの銘柄ごとに換金率を定めていて、電子マネーなど各自の換金率が別に設定されているんだ。例えば、nanacoは95%、楽天ポイントカード(R)は85%、そのうえでアマゾンギフト券は80%前後といった具合だ。
初回はお得って聞いたんだけど、最初の利用は換金率が底上げされるのか?
ギフト買取ではその傾向は強いな。実際、90%を超える買取が唯一の『初回のみ』という業者が多いんだ。
じゃあ、90%と書いてあったら、そのまま翌日の申し込みも90%が適用されるのか?
ホームページ上では90%であっても実際は違うことがあるんだ。買取タイミングによっても換金率は違うってことだな。

換金率は80%前後

アマゾンギフト券買取に適応される換金率は約80%程度です。

具体的には78~83%です。

初回利用に限って85~90%なども存在しますが、リピーターやキャンペーンのない業者は珍しくないため、80%前後で取引されているという認識が一般的です。

最大換金率は適用されない

最大換金率は適用されない
80%前後と述べましたが、実際には広告やホームページに90%以上などの記載があるケースもあるでしょう。

実は、最大換金率はギフト券買取では基本的に適用されないため過大表示です。

その理由は、初回を除けば、手数料や利益を除いてそれ以上の買取は十分な利益を事業者が得られないという業者側の都合です。

当然、普段から最大換金率が適応されてしまえば利益は殆ど入らず、場合によっては買取事業は赤字でしょう。

そのため、買取利用者として失敗しないために換金率でチェックすべきところは、通常の換金率が何%に設定されているのかという一点です。

なぜ適用しない最大換金率なんてサイトや広告に載せてるんだ?
それは集客のためだろうな。けど、実際に適用されることはないから、見逃した優良業者の中には、最大換金率は低くても普通の換金率が高いことも珍しくない。下手に高い最大換金率に釣られず、普通の換金率で判断したいところだ。

買取タイミングによる増減がある

上記に取り上げた業者ごとの通常の換金率の違いの他に、同じ業者内で換金率がタイミングにより変動するというケースがあります。

実際、どの業者のホームページを確認しても分かるように、換金率などの表示はあくまでも目安で、買取時の換金率がその都度適応されることがさりげなく書かれていたり、注意書きされていたりするのです。

換金率は同じ業者を使い続ける場合であってもその時々で何%の換金率が適応されるかは変化し、利用者は毎度それをチェックすることが必要です。

メールタイプが高い(カードタイプは落ちる)

業者買取にカードタイプは買取できないことがあるというケースを先に取り上げたが、それは換金率にも影響を与えます。

例えば、メールタイプが通常の買取率で適用されたとして、業者の都合でカードタイプは少し買取率が落ちることがあります

あるいは換金率は同じだが、買取条件が厳しい(領収書がいる、実物の郵送をする)などして手間はかかるというところもあります。

このように、換金率の差からメールタイプは大きな減額のない換金率の安定したカードの種類でもあるでしょう。

アマゾンギフト券買取に必要なもの

アマゾンギフト券買取に必要なもの

  1. パソコン・スマホのデバイス
  2. ネットワーク環境
  3. 携帯電話(ガラケー・スマホ)
  4. メールソフト・アプリ
  5. 本人確認書類
  6. アマゾンギフト券のコード
  7. 振込先に指定する銀行口座
アマゾンギフト券買取に必要なものがあるみたいだが、具体的には何が必要なんだ?
必要なのはネットを利用するデバイスやオンライン環境、携帯電話、本人確認書類に振込の銀行口座、そしてギフトコードの英数字番号だ。
金券ショップみたいにインターネットの申込以外に方法はないのか?
金券ショップは残念ながらアマゾンギフト券を買取するところは稀なんだ。ちなみに、電話番号がわかれば確かにオンライン環境は必要ないように思えるけど、メールでのやり取りが主流のギフト買取では携帯電話のネット環境を含めたオンライン通信の機器が必ず必要になるぞ。
パソコンとスマホ、両方必要なのか?
フォーム申込みやメール連絡ができれば問題ないから、そのどちらかを所持していれば事足りるな。ただし、申込みの入力で電話番号は必要だから、スマホがあるとそれだけで必要なデバイス環境の用意はある程度完結するぞ。

パソコン・スマホのデバイス

アマゾンギフト券買取には、必要なものを事前に用意することも大切です。

まずホームページを閲覧して情報収集や申し込みを行うパソコン/スマホのデバイスや周辺機器です。

ネットワーク環境

次に、アクセスを実際にするためのネットワーク環境です。

スマホの場合、外出先でないならWI-FIなどのネット回線を利用してキャリア回線の利用を減らし、通信ギガを抑えて携帯料金がかからないように工夫すると良いでしょう。

パソコンから申し込む場合には、有線・無線のどちらかで接続し、サイトを読み込み閲覧するためのブラウザ専用ソフトウェアが必要です。

携帯電話(ガラケー・スマホ)

特にパソコンで申し込む人やスマホがWI-FI利用だけで解約している人などは、通話のできる携帯電話が必要です。

電話番号の欄に携帯電話と規定されていない場合、自宅の電話やIP電話などを使うことができます

また、業者によっては電話の初回対応を条件としているケースもあるため、電話料金などを滞納して利用が止まっていない通話可能な電話が必要でしょう。

メールソフト・アプリ

ギフト買取業者の基本的な連絡手段はメールです。

そのため、パソコンではメールソフトやネットを使ったフリーメールを準備します。

スマホで全て終えたいという場合はスマホアプリでメール対応にしても良いでしょう。

本人確認書類

本人確認書類
これまではデバイスや環境を中心に挙げましたが、必要なものとして初回利用に欠かせないのが「本人確認書類」です。

本人確認書類は運転免許証やパスポート、健康保険証などその業者が身分証として選択できるようにした書類を提示します。

提示方法はメール添付やサイトのアップロードなどさまざまです。

実際に郵送などで送るという手間はなく、オンラインの通信手段で行われます

本人確認書類が必要ってことは、かなり手続きが厳格だな?
そうでもない。本人確認書類が必要なのは、古物営業法で身分証の確認が必要だからだな。最低限の確認ができれば良くて、公的書類の取得や口座の開設みたいな厳しいチェックがあるわけじゃないんだ。
それなら安心だな。

アマゾンギフト券のコード

肝心な買取では、購入したアマゾンギフト券のコードが絶対に必要です。

コードを紛失した場合、それを買い取ることはできません。

ただし、Eメールタイプの場合、アカウントの購入履歴から再送が可能なため、紛失時の対処方法はあります

振込先に指定する銀行口座

最後に買取が完了して現金が振り込まれる段階で必要となる振込先の口座の情報を先に伝える必要があります。

そのため、振込先に使える本人名義の銀行口座を用意します。

法人口座が使えない業者では、通常の個人専用口座を用意することで口座指定が可能です。

アマゾンギフト券買取失敗しない業者間比較

アマゾンギフト券買取失敗しない方法しない業者間比較

  1. 運営会社が優良業者か調べる
  2. 最低買取額の条件
  3. 振込手数料の有無
業者Aと業者Bで迷ったときや、その他のいろんな業者と比べるにはどうするのが正解なんだ?
業者間比較はアマゾンギフト券買取に失敗しないためにポイントを抑えておきたいところだな。基本的な事柄として、まずは運営者情報や買取最低額、手数料などをチェックするんだ。
運営者情報の何を見るんだ?
住所や代表者の名前があるかどうか、企業実態を調べてみても良いな。とにかく、ネット上だけの曖昧な情報で運営していないかを探るんだ。特定商取引法の記載なども要チェックだ。
なるほど、じゃあ手数料は?業者が負担してくれるんじゃないんだな。
手数料負担は業者が独自に定めているから無料とは限らないんだ。手数料のチェックを忘れて、後で引かれていた事実を知ることになる利用者もいるくらいだ。正確な振込額を知るには手数料の差し引きを知ることが重要だな。

運営会社が優良業者か調べる

業者間比較では、まず運営会社が優良かを調べることが先決です。

住所や事業内容が曖昧、ホームページではなくランディングページしかない、どの企業かどうかもよくわからない業者などは、その後ろ盾が不明確なため口コミが良くても優良業者ではないこともあるので使わないのが無難です。

そして、事件やトラブルの報告がないか評判などもチェックしてます

最低買取額の条件

買取業者はアマゾンギフト券買取に際して最低買取額を独自に設定しています。

例えば1,000円以上の額面でないと買取を行っていない、それが3,000円や1万円などの違いはあれど、1円から買取ができる業者はまずありません。

最低でも数百円からという業者はありますが、それも優良業者全体の数からして少ないでしょう。

そして、最低金額は利用の融通の利きやすさにも大きく関係してきます。

1万円が最低条件だと細かく買取して欲しい額面に対応できない、逆にそれほど最低の基準が小さくなくても利用したいなど個々の事情により最低額の受け取り方は異なるのです。

業者間比較として、自分の事情に合わせた最低買取額をクリアした業者に依頼するというのがベストです。

利用者による買取最低額のチェックはなぜするんだ?
理由は単純明快で、利用者が最低金額に引っかからないようにするためだ。もし、3,000円にギフトコードを換金する際に、1万円からしか受け付けていない業者を利用したら拒否されてしまう。業者選択の失敗でフォーム入力の手間や時間を無駄にしないためには最低額にもチェックを入れておくことが肝要だぞ。

振込手数料の有無

ギフト買取業者は振込手数料を無料にする傾向はありますが、全ての業者がそうしているわけではありません。

そのため、業者間比較の際には振込手数料がどう扱われるのか、無料なのか額面から引かれるのかを明確にしたうえで利用することが重要です。

注意事項やQ&Aなどに記載されている場合もあるのでホームページをチェックすればたいていの業者は手数料の有無がわかります。

もちろん、一部の業者では電話や問い合わせが必要なケースもあるでしょう。

アマゾンギフト券買取のデメリットを知り失敗を回避する

アマゾンギフト券買取のデメリットを知り失敗を回避する

アマゾンギフト券買取のデメリット
  1. 先にギフトを渡すリスク
  2. カード会社による利用停止のリスク(一括支払い)
  3. キャリア決済で購入は原則不可
  4. ペイや電子マネーでアマゾンギフト券は変えないことがある
アマゾンギフト券買取にはデメリットがあるのか?
ああ、デメリットという名のリスクがいくつかあるぞ。よく挙げられるのが、先にギフトコードを渡すことそれ自体だ。悪徳業者ならお金が払われる前に使われて損害を受けることがあるな。
それで優良業者が良いって話なのか。それ以外にデメリットは?
カード会社によるクレジットカードの利用停止リスクだ。クレジットカードの中には、利用目的として現金化を禁止する項目が規定されていることがあるんだ。独自のルールでカード会社が自由に利用カードの停止を決定する権限があるんだ。だから高額なアマゾンギフト券を購入して、その後買取りに出すつもりなら、内規や利用規則には気をつけたいところだな。
そういえば、キャリア決済でアマゾンギフト券は変えないのか?それならクレジットカードを使わなくてもいいだろう。
実は、キャリア決済ではアマゾンギフト券を購入することはできないんだ。近年は現金化に厳しく対処している会社が増えていて、社会のルールも変容してきていな。携帯会社のキャリア決済もその対象となってしまったんだ。だから、以前はできたけど、現在はどのサイトでもキャリア決済でアマゾンギフト券を買うことはできないんだ。

先にギフトを渡すリスク

アマゾンギフト券買取のデメリットは初回利用に限り、先にコードを相手に伝えるというリスクが存在することです。

当然、2回目以降の利用では、業者側が入金してくれることを確認してからの利用となるため安心しますが、初回はそうはいきません。

そのため、最初の利用は換金率やキャンペーンの有無などではなく、優良業者で確実に振り込まれる評判の高いところを選択する必要があるでしょう。

カード会社による利用停止のリスク(一括支払い)

カード会社による利用停止のリスク(一括支払い)
次いで、デメリットとしてアマゾンギフト券を現金化のために購入するリスクです。

現金化が規則で許されていないクレジットカードでギフト買取業者を利用してしまうと、転売が発覚した際に利用停止のリスクを受けることがあります

この点は、事前にカード会社が用意している現金化禁止の規定などを確認し、停止を受ける心配がないかチェックしましょう。

キャリア決済で購入は原則不可

ギフト買取にキャリア決済をアマゾンギフト券購入に使えないというデメリットが挙げられます。

例えばドコモやソフトバンク、AUなどの大手携帯会社が提供するキャリア決済(かんたん決済など)は買い物などの後払いとして使えますが、アマゾンギフト券の購入時には利用不可として扱われます

そのため、ギフト買取のためにキャリア決済を使うことはできないのです。以前は使えていたが、現金化の増加で規制したという背景があります。

キャリア決済は無理ってことか。じゃあ、電子マネーを利用した購入も無理なのか?
電子マネーやペイは条件によっては使えるけど、ほとんどの電子マネーやペイは無理だな。アマゾンギフト券購入には使えない。

ペイや電子マネーでアマゾンギフト券は変えないことがある

アマゾンギフト券は、決済手段が限られるため、特定のペイや電子マネーでしか購入できません

その基準は、クレジットカードとして公式サイトで登録できるか、あるいは正式にアマゾンギフト券購入手段としてその決済が認められているかのいずれかです。

プリペイドカードでもクレジットカード扱いで使えるものは、アマゾンギフト券をアマゾン公式通販内で購入できます

逆に登録できない電子マネーカードは難しいでしょう。

そして、ラインペイなど一部の決済機能ではアマゾンギフト券を購入する手段もあるため、ケースバイケースで使える・使えないを判断する必要があります

そして、使えるペオや電子マネーはほとんどないため、全体傾向として可能な電子マネーは少ないでしょう。

アマゾンギフト券買取騙されない方法

アマゾンギフト券買取騙されない方法
アマゾンギフト券を買い取るふりをして中の金額だけ奪取する、ギフトを買わせた後口座に入金せず、連絡が途絶えるなどです。

他にも、さまざまな手口があるため、騙されないように悪徳業者を見極めます。

  1. 高い換金率に騙されない
  2. 最後は換金率ではなく振込金額
  3. 謳い文句でギフト買取にありえないことをチェック
  4. 転売サイトを使わない
悪徳業者に騙されないようにするにはどうしたら良いんだ?
まずは換金率に騙されないことだ。悪徳業者は利用者を換金率で釣って詐欺行為やグレーゾーンの問題行動などを取るんだ。95%以上とか98%とか、場合によっては100%超え。明らかにおかしな換金率だな。普通は80%前後でしか取引できないんだ。優良業者を見極めて、悪徳業者の手口にはまらないようにすることが最大の防御策だな。
購入するときはどうなんだ?悪徳業者が売っていたりしないか?
公式サイトでの購入には悪徳業者は関われないんだ。それより、ギフト券の購入時にも気をつけたいことがある。それが先に挙げたような公式サイトを使わない転売サイトでの購入だ。近頃は詐欺やマネーロンダリングなどに使われて、買ってみたら使えなくなっていた、なんてこともあり得るんだ。
少し安いからって買ってみたら、使えなくなるのは困るよな。

高い換金率に騙されない

換金率はギフト買取には重要な選択基準でありファクターですが、換金率にこだわりすぎないことも大切です。

最初に述べたように80%前後あれば問題なく、初回であれば85~90%あれば十分です。

しかし、悪質な業者の中には95%以上を標榜して客を集める業者がおり、それらの業者は実際は高くない換金率を何かしらの方法で騙して数字を偽っていたり、内実は騙し取るための玄関口として集客をしていたりするのです。

優良な80%前後の業者ではなく高換金率に騙されて個人情報を渡したり、アマゾンギフト券を買わされたりしてトラブルや事件になったのでは本末転倒です。

あくまでも換金率の基準は1~2%単位の差で通常業者より高いかを判定する程度に抑えて、実際は優良業者の中で選びましょう。

最後は換金率ではなく振込金額

1点目の換金率に関連して注意したいのが振込金額です。

換金率がそのまま振込金額に反映される優良業者ならば良いですが、手数料や他の必要を差し引きして振り込む業者が一定数います

そのため、ホームページでの換金率チェックの後、やり取りの中でもう一度換金率や手数料をチェックし、聞けるようならば振込金額までしっかり聞くようにしましょう。

優良業者はこの点を隠すことなくメールや電話などで振込金額まで伝達してくれます

それがない業者の場合、減額要因がないか入念にチェックする必要が生じます。

換金率で利用したらその通りに振り込まれてなかったってケースがあるみたいだけど?それも悪徳業者のしわざか?
半分正解だ。悪徳業者と自覚せずにそのようなことをしているグレーな業者もいる。だから、そういう業者の手口で減額されないためには、振込金額をその都度スタッフに聞いて確認する対策が有効だな。

謳い文句でギフト買取にありえないことをチェック

謳い文句でギフト買取にありえないことをチェック
悪徳な買取業者の中には、ホームページや広告に実際には行っていないキャンペーンや還元の言葉を大々的に載せて集客しているケースがあります

その中には、10万円をキャッシュバックする、換金率120%など買取業者の常識からは外れた利用者にとって利益が大きすぎる内容が含まれたりするのです。

その場合、完全に悪徳業者の場合と集客のためだけに嘘の内容を載せているだけの場合があるため、できるだけそれらの業者の利用は避けます。

転売サイトを使わない

上記の業者に騙されない方法などに加えて、購入時に騙されないようにする方法も押さえておく必要があるでしょう。

それが、転売サイトの利用です。

何割か値段が低い代わりに転売サイトでは購入したギフトが突然利用できなくなるというリスクが存在します。

最近では、使えなくなるケースが問題になり、それが被害補償なしという対応で統一されていることに不満を持つ利用者も出てきているくらいです。

このように、安く手に入るからと、公式サイトを使わず転売サイトで安く買って売るというのはリスクが大きいことをあらかじめ知っておきましょう

アマゾンギフト券買取失敗しない方法は業者や買取方法のチェック!

アマゾンギフト券買取失敗しない方法は業者や買取方法のチェック!
今回は、アマゾンギフト券買取失敗しない方法として優良業者の判断基準やギフトの購入方法などについて紹介しました。

アマゾンギフト券買取失敗しない方法

  • 必要な前知識を持つ
  • 運営会社が優良業者か調べる
  • 振込手数料の有無
  • 高い換金率に騙されない
  • 転売サイトを使わない

買取手続きに必要なものを通して、アマゾンギフト券買取失敗しない、あるいは悪徳業者に騙されない方法をチェックしましょう。

これにより、優良業者を使った安全な買取を行うことが可能です。

アマゾンギフト券買取に失敗する人の多くは、換金率や広告のインパクトから業者を早計に決めてしまうことが原因です。

したがって、失敗しない方法を知り、買取業者の内実を十分に把握して、どの業者を使うか事前に検討することが大事です。