amazonギフト券でのトラブル!「登録できない」や「凍結」が発生する理由とは?

amazonギフト券 登録できない

ライター:ひかる

amazonギフト券を利用する際は、利用者名義のAmazonアカウントにギフト券情報を登録し有効化させる、アクティベートを行う必要があります。

しかしアクティベートしようとしてもエラーが発生し、ギフト券情報を登録できないケースも存在します。

また無事アクティベートしても凍結され突然使えなくなるトラブルも発生しているので、amazonギフト券の「登録できない」「凍結された」がなぜ発生するかを解説します。

購入時は要注意!販売されているamazonギフト券のなかには登録できないものがある

購入時は要注意!販売されているamazonギフト券のなかには登録できないものがある
多彩なサービスを提供するAmazonは、規模・利用者数共に国内最大級と言っても過言ではない巨大ECサイトでamazonギフト券には高いニーズが存在します。

現在は公式サイト以外からでもamazonギフト券が取引されていて、さまざまな方法でamazonギフト券を手に入れることができます。

しかし流通ルートの多様化と共に購入したamazonギフト券をアクティベートしようとしても、「アカウントに登録できない!」というトラブルが増加しているのも事実です。

この間「激安でamazonギフト券を購入できたっ!」て喜んでた知り合いが、いざアクティベートの段で何度やってもアカウントに登録できないって落ち込んでたよ。
あー、多分オークションサイトで悪質な出品者に騙されたんだろう。可愛そうだけど返金での解決は難しいだろうから授業料だと思うしかないだろうな。
しかし酷い話だよな。登録できないamazonギフト券なんか紙屑同然だよな。やっぱり故意に価値のないギフト券を売ってるのかな出品者は。
う~ん、故意かどうかの真相は定かじゃないけど可能性は高いと思うよ。もしくはその出品者も誰かにだまされて掴まされたのを売りに出したのかも知れないしな。
ババ抜きゲームみたいなもんだな、ジョーカーを押し付け合うなんて世知辛い世の中になったもんだよな。登録できないamazonギフト券を引き当てた時の対策とかはないの?
残念ながら引き当てた後の対策はないから、引き当てないことが重要になると言えるな。要はamazonギフト券の購入方法をしっかり検討するべきだってことだよ。

そもそもどのようなamazonギフト券がアカウントに登録できないのか?

電子ギフト券であるamazonギフト券は、デパート商品券や図書券のように物理的な交換ではなく、オンライン上でギフト券情報を電子処理して利用します。

電子処理なのでギフト券情報であるギフト券ナンバーを知られると、知らない間に手元のamazonギフト券を第三者に使われてしまうリスクもあります。

amazonギフト券の利用時はアカウントにギフト券情報を登録してアクティベートを行いますが、1つのギフト券情報を複数のアカウントで共有することはできません。

ギフト券情報を共有できないので新たに購入したものでも、既に誰かが登録したamazonギフト券を引き当ててしまうと登録できない事態に陥ります。

データのやり取りで簡単に移管できるのが、amazonギフト券の特徴であり魅力ですが、未使用なのか使用済みなのか判断できないのがウィークポイントだと言えます。

Amazon公式サイトや公認された正規取扱い店では登録できないアクティベート済みのものは取り扱われませんが、正規取扱い店以外を利用すると引き当てるリスクが生じます。

登録できないamazonギフト券はどのように流通しているのか?

登録できないamazonギフト券はどのように流通しているのか?
amazonギフト券の正規販売は発行元のAmazon公式サイト内や提携するコンビニ・量販店などの正規取扱い店で行われています。

しかしニーズの高まりと共に正規販売ルート以外でも取扱いが行われるようになり、現在はさまざままルートでamazonギフト券が流通しているのも事実です。

正規ルート以外の取扱いのなかにはショッピング枠の現金化も含まれていて、amazonギフト券を仕入れた業者が取引サイトなどで再販しているケースも珍しくありません。

また登録すれば誰でも出品者になれるオークションサイト内でも、amazonギフト券が数多く取引されていますが、登録できないものを出品する悪質な出品者も存在します。

正規取扱い店以外ではamazonギフト券が券面額より割引された価格で取引されているので、お得に購入できるのも確かですが登録できないものを引き当てるリスクはあります。

正規取扱い店以外で登録できないamazonギフト券を掴んでもAmazonは対応しない

正規取扱い店以外ではamazonギフト券の販売ができないことは、「Amazonギフト券細則の規定」や「Amazonギフト券に関する制限および禁止行為」に明記されています。

詐欺行為などでの不正取得や換金目的でのamazonギフト券購入や他の金券への交換
、正規取得者以外のアカウントへの登録も禁じられています。

正規取扱い店以外からamazonギフト券を購入するのは利用規定違反になるので、登録できないものを引き当ててもAmazonからの対応は全く期待できないのが実状です。

無事アクティベートしても凍結されamazonギフト券が使えなくなるケースも!

無事アクティベートしても凍結されamazonギフト券が使えなくなるケースも!
購入したamazonギフト券が登録できないリスクを乗り越え、無事アクティベートが完了しても「完全に安心することはできない」のはご存じでしょうか?

アクティベート後でもギフト券情報がAmazonから凍結されるケースがあり、凍結されたギフト券情報は使用できなくなります。

実は俺もお得にamazonギフト券を手に入れるライフハックで、結構頻繁に取引サイトやオークションサイトを利用するんだけど登録できないものを掴むリスクがあるんだな。
そうだよ、確かに券面額より安い割引価格でamazonギフト券が手に入るのは魅力的だけど、正規取扱い店以外からの購入は登録できないリスクがあるから要注意だ。
そうだな、せっかくお得に手に入れても登録できないんじゃ全く意味がないもんな。登録できないものがあるって知ると、アクティベートできるかどうかドキドキするな。
まぁリスクを取ってでも安く買いたいってニーズは存在するからな。でも無事アクティベートできても後から使えなくなるケースも存在するんだぜ。
ゲッ!マジスカ?アクティベートしたら上がりじゃないのかよ?登録後に使用できないって、ひょっとしてアカウント乗っ取りとかいう奴か?おのれハッカーどもめ!
ハハハッ!違う違う、ハッカー全然関係ないから。アクティベート後に使用できなくなるのはAmazonがギフト券情報を凍結することが原因だから詳しくみていこう。

Amazonは疑わしいギフト券情報を凍結し使用停止処分を行っている

amazonギフト券が普及したためAmazon公式サイトや公認の正規取扱い店以外でも、amazonギフト券が活発に取引されているのが実状であるのは既に紹介したとおりです。

正規取扱い店にはコンビニや量販店などが含まれていてamazonギフト券を手軽に購入できる反面、振込詐欺やフィッシング詐欺などの犯罪に利用されているのも事実です。

従来は金融機関の口座へ振込誘導してこれらの犯罪が行われましたが、口座利用は足が付きやすく凍結されると現金を引き出せないのでamazonギフト券が利用され始めました。

犯罪に利用されるケースが増えたのは換金率が非常に高いことが理由だと考えられ、これは効率的な現金化にamazonギフト券が広く活用される理由と同じです。

既にふれたとおりamazonギフト券の不正取得を認めないことは「Amazonギフト券細則の規定」や「Amazonギフト券に関する制限および禁止行為」に明記されています。

このことからAmazonは不正取得が疑われるギフト券情報を凍結する使用の強制停止措置をとっているので、アカウントに登録できないリスクを乗り越えても安心できません。

どのようなamazonギフト券が不正取得を疑われ凍結されるのか?

どのようなamazonギフト券が不正取得を疑われ凍結されるのか?
ギフト券情報のやり取りで移管でいるamazonギフト券の流通経路を正確に掴むのは困難ですが、発行元のAmazonはさまざまな方法で流通経路を追跡しています。

Eメールタイプのamazonギフト券は購入者やプレゼント相手のアドレスにギフト券情報が発進されますが、Amazonは発信先を「想定された受け取り人」としています。

想定された受け取り人とギフト券情報が登録されたアカウントのアドレスを照合することで、amazonギフト券の流通経路を追跡しギフト券情報の不正取得を防止しています。

取引サイトやオークションサイトで取り扱われるamazonギフト券をアクティベートすると、想定された受け取り人以外のアドレスとリンクしたアカウントに登録されます。

不正取得されたことが疑わしいギフト券情報だと判断される可能性が発生し、凍結され使用が強制停止されるリスクが生じると捉えるべきでしょう。

しかしAmazonの想定された受取人のシステムには、不正取得ではないギフト券情報でも凍結されるリスクが潜んでいるのも事実です。

プレゼント用を一旦自分のアドレスで受け取り相手に転送する場合や、既に持っているものをプレゼントした場合想定された受け取り人以外での登録と判断されます。

またコンビニや量販店で取り取り扱われるカードタイプのamazonギフト券は、ギフト券ナンバーがAQWAで始まるものが多い傾向にあります。

現金化業者がAQやWAで始まるギフト券ナンバーのamazonギフト券の買取に対応しないのは、これらのギフト券情報は凍結されるリスクが高いことが理由です。

凍結されるのはギフト券情報だけではない!正規購入した残金も凍結される

Amazonはさまざまな方法で不正取得が疑われるギフト券情報を追跡・特定して凍結し、使用を強制停止する措置を取っていますが凍結はアカウントに対して行われます。

アカウント内に正規購入したギフト券情報の残高がある場合でも、不正取得の利用規定違反だと判断されるとアカウント内の残高全体が凍結されます。

Amazonは利用規定違反に対して非常に厳しい対処を取っているので、規定違反で手に入れたギフト券情報以外の補償に対応していません。

また同時に凍結された正規購入したamazonギフト券の残高も一切返金されませんので、正規取扱い店以外の利用はおすすめできませんし不正取得を疑われると非常に厄介です。

残高の凍結が続くとアカウント閉鎖のリスクも!凍結を解除する方法は?

残高の凍結が続くとアカウント閉鎖のリスクも!凍結を解除する方法は?
ギフト券情報を登録できないリスクを乗り越え無事アクティベートした後でも凍結されるリスクが存在し、凍結は全ての残高を対象に行われるので非常に厄介なものです。

凍結された残高に正規購入したものが含まれていても一切補償されない厳しい対処が取られますので、間違って凍結された場合は凍結解除が必要です。

しかも残高の凍結が続くアカウントは閉鎖リスクが発生するので、凍結されるのは絶対避けたい事態ですし凍結の解除方法は掴んでおくべき情報だと言えます。

正規購入したamazonギフト券の残高も含めて全額が凍結されるって、ちょっと俺的には「やりすぎ感」を感じるんだけど、どうなの?Amazonの対応ってアリなの?
確かに相当厳しい対処だとは言えるけど、それだけ利用規定違反の状態でamazonギフト券が取引されているってことなんじゃないの?詐欺犯罪に使われる影響もあるんだろう。
あぁ、確かに。まさか詐欺犯罪の手口に組み込まれるとは思わなかっただろうしな。利用者の利用方法とAmazonの利用規約がぶつかって、悪循環になってる感じなのか?
そういう側面はあるようだな。事実以前より凍結のケースが増加しているようだから、利用規約違反が多いのかAmazonが力を入れているのかは卵が先か鶏が先かって感じだな。
なんか残高の凍結を繰り返すアカウントは、アカウント閉鎖のリスクがあるって話を聞いたけど本当なのか?アカウント閉鎖されたら二度とAmazonを利用できないだろ。
そのとおり、だから間違って凍結された場合は絶対に凍結の解除をしないと残高は消滅するわ、アカウント閉鎖リスクが発生するわで大事になるから凍結の解除を確認しよう。

残高の凍結が続くアカウントは閉鎖されAmazon自体の利用停止となる

ネットショッピング以外にも多彩なサービスを提供しているので、「もうAmazonなしの生活なんて考えられない!」という方は決して少なくないのではないでしょうか?

利用規約違反に対して厳しい対処を取るAmazonは、一度アカウント閉鎖で強制退会した元会員は二度とAmazonの利用ができない非常に厳しい姿勢をとっています。

他の会員サービスでは仮に強制退会処分を受けても、登録情報を変更すれば新たにアカウントを取得できるケースが多く見られます。

しかしAmazonは一旦新アカウントを取得してもさまざまな情報から過去に強制退会した本人を特定し、特定した時点で再び退会処分を下します。

アカウント閉鎖で強制退会させられる「二度とAmazonを利用できなくなる」と言っても過言でなく、アカウント閉鎖は絶対に避けるべき深刻な事態だと捉えるべきです。

残高が凍結された場合の凍結解除方法

凍結された残高を復活させるためには、カスタマーセンターにギフト券情報が不正取得されたものではないことを証明し、凍結の解除を依頼するしか方法がありません。

カードタイプのamazonギフト券であれば、カードナンバーが判る券面写真と購入時のレシートで正規購入したことを証明することができます。

プレゼントに利用したEメールタイプの場合は、プレゼントした側に依頼して購入時のレシートやプレゼントの経緯を説明するなどで凍結を解除できる場合があります。

Amazonは利用規約違反を縦に凍結の解除手続きに対して消極的だと言われていますが、凍結によって全ての残高が失われますし、アカウントの閉鎖リスクも発生するので気長に交渉することを強くおすすめします。

アカウントに登録できないや登録後の凍結のリスク回避には情報収集が重要!

アカウントに登録できないや登録後の凍結のリスク回避には情報収集が重要!
高換金率商品であるamazonギフト券は効率的に現金に置き換えられるので、現金化ツールとして広く活用される一方で、残念ながら犯罪に利用される側面も存在します。

このことからamazonギフト券の流通経路の追跡に力が入れられ、不正取得したギフト券情報に対する対処も非常に厳しくなっていると言えます。

変速的な利用を行う現金化の利用者にとって、登録できないや登録後の残高の凍結は一般ユーザーよりも身近な話題なのかもしれません。

しかし現行法では現金化に違法性はありませんので、厳しいAmazonの監視網を上手に潜ることができれば効率的な現金化が行えるのも事実です。

効果的な現金化の方法や高換金率商品、信頼できる現金化業者の情報と共に、Amazonの不正取得したギフト券情報に対する対処なども刻一刻と変化しています。

俺LOVE現金化は現金化専門情報サイトですが、amazonギフト券のような現金化アイテムの最新情報も収集・分析して提供しています。

効果的な現金化の実現だけにではなくamazonギフト券のライフハックも、現金化専門情報サイト「俺LOVE現金化」の掲載情報が参考になると言えるでしょう。

俺LOVE現金化をフル活用して、ワンランク上の潤いある生活の実現を効率的に行ってみてはいかがでしょうか?