身分証の提示なしでAmazonギフト券買取?安全に現金化できる買取業者とは

amazonギフト券買取 身分証

ライター:ひかる

国内のモール型ECサイトの頂点に君臨していると言っても過言ではないほど、非常に多くの利用者に利用されるAmazonは、既に生活を支えるのに欠かすことができないインフラの1つに成長したと言えます。

また、Amazonの利用代金支払いに、使用できるAmazonギフト券が活発に取引され、Amazonギフト券買取による現金化が考案され、数多の現金化アイテムのなかで、最も活発に利用されるアイテムと言ってもよいほどにまで普及したと言えるでしょう。

買取相場の上昇やスピーディーな振り込みの実現が行われ、Amazonギフト券買取を利用した現金化が盛況を極めるなかで、身分証の提示なしで、Amazonギフト券買取を行う買取業者も登場しています。

今回の記事では、本当に身分証の提示なしで、安全に取引できるのかに焦点を当て紹介します。

Amazonギフト券は利用者増加と共に急激に普及した電子ギフト券

Amazonギフト券は利用者増加と共に急激に普及した電子ギフト券
急激に普及したネット通販のなかで、国内最大規模の利用者数を誇るのがAmazonで、既に、説明の必要がないほど高い認知度を誇るモール型ECサイトの料金支払いに、使用される電子ギフト券がAmazonギフト券です。

ギフト券の名称どおり、Amazonギフト券は、第三者へのプレゼントに利用できるので、Amazonギフト券買取を行っている業者に売却して、現金化を行う方法が考案され、現在クレジットカード現金化のアイテムとして、Amazonギフト券が活発に活用されています。

数多く存在するクレジットカード現金化の方法のなかでも、近年、Amazonギフト券を利用した現金化が、主流になっているって聞いたけど、確かにネット上で、「Amazonギフト券買取」を掲げる現金化業者を目にする機会が増えたな。
まぁな、クレジットカード現金化は、常に新しい方法が考案されて、効率的な手法が急速に普及するから、需要の高いAmazonギフト券が、注目されないはずはなく、当然の結果だと言えるだろう。
今では、当然のように活用されるAmazonギフト券買取での現金化だけど、現金化に活用され始めた当初は、買取条件や換金率など、諸々の条件が悪かったりしたのか?
Amazonギフト券買取に対応する現金化業者の増加で、高換金率で、スピーディーな振込を行う業者が、増加したのは事実だな。質の高い現金化サービスを提供する信頼できる現金化業者の存在で、Amazonギフト券買取での現金化が活性化していると言える。
なるほどね、高換金率でスピーディーな振込を実現する優良業者によって、Amazonギフト券買取を利用する現金化の人気が高くなっているのか。
そのとおり、信頼できる業者が、効率的で安全な現金化を提供しているからこそ、Amazonギフト券を利用した現金化は、現金化のメインストリームに位置付けられていると言えるな。

第三者への譲渡が可能なAmazonギフト券を利用した現金化は違法ではない

電子ギフト券のAmazonギフト券は、名称が示すとおり、購入者が、第三者にプレゼントとして、譲渡することができる金券に分類されるので、Amazonギフト券買取を行っている現金化業者に、売却することは違法行為ではありません。

販売店から購入すると、商品の所有権は、消費者に移動し、消費者が購入した商品を売却する場合は、仮に未使用の新品であっても、「古物」に該当する中古品として扱われます。

古物の取引は、古物営業法が適用される古物営業となり、電子ギフト券であるAmazonギフト券は、金券に該当するため、購入後の取引は、古物営業法の規制を受けます。

しかし、古物営業法は、古物取引を行う業者に対する規制はありますが、利用者に対する規制が存在しないため、Amazonギフト券買取を行う業者は、所在地を管轄する公安委員会に届け出を行い、古物商の許可を得る必要がありますが、利用者は特別な手続きが必要ありません。

スピーディーな現金化実現のためAmazonギフト券買取はオンライン取引が主流

古物商としての認定を受けた業者は、店舗や事務所など確認しやすい場所に、公安委員会が認定業者に発給する「古物商許可プレート」を掲示することが義務付けられていますが、スピーディーな現金化実現のために、Amazonギフト券買取は、オンライン取引で行われるのが主流です。

正式な許可を受けて、Amazonギフト券買取を行っている業者であれば、公式サイトの会社情報などのページに「〇〇公安委員会許可店第〇〇〇〇〇号」という許可番号を表示しているので、古物商許可番号を確認することが、安全な現金化実現のポイントになります。

各都道府県ごとの公安委員会の公式サイトなどで「古物商届出業者一覧」などの形で、正式な許可業者が、公開されていますので、Amazonギフト券買取を依頼する業者が、正式なのかを確認することができます。

正式な許可業者がAmazonギフト券買取を行う際は身分証で本人確認を行う

正式な許可業者がAmazonギフト券買取を行う際は身分証で本人確認を行う
Amazonギフト券買取で、現金化を行う現金化業者は、各都道府県の公安委員会から古物商の許可を受ける必要があるので、公安委員会の許可を受けずに、Amazonギフト券買取を行っている業者は、悪徳業者の可能性が高くなると捉えるべきです。

ネット上では、身分証明書の提示なしで、Amazonギフト券買取を行うことを謳う業者を目にするケースがありますが、うっかり古物営業法違反の業者を利用すると、効率的な現金化が行えない挙句、Amazonギフト券だけ取り上げられる最悪の事態に陥りかねません。

Amazonギフト券買取に対応する現金化業者を利用して、理想的な現金化を行おうと検索したら、驚くほど多くの現金化業者がヒットして驚いたよ。
そりゃそうだろう。それだけAmazonギフト券を利用した現金化のニーズが、高いってことだけど、業者によって、換金率や身分証の提示のあり・なしなんかの条件が違ってたんじゃないの?
それな!換金率・振込スピード・安全性なんかを気にしながら見てみるんだけど「どの業者を利用すれば、理想的な現金化ができるのか?」が、ますます判らなくなるんだよね。
はははっ、そりゃそうだよ。どの業者も「当社は安全で効率的な現金化をサポートします!」って、公式サイトでは謳っているからな。身分証の提示のあり・なしはどうなの?
そうなんだよね。換金率が良すぎる業者は「なんとなく怪しいんじゃないか?」って警戒するんだけど、そこから踏み込むと良く判らなくなる。個人情報の問題を考えると身分証の提示はできれば「なし」の方向が希望かなぁ。
はい、悪徳業者に引っかかるリスクが、1ポイント加算されました。安全な現金化の実現では、実は身分証の提示なしでは難しいから、その辺を確認していこう。

防犯のため古物取引を行う古物商に科せられる三大義務とは

金券である電子ギフト券は、古物営業法施行規則の定める13品目に含まれているので、利用者が、購入した金券であるAmazonギフト券買取を行う現金化業者は、古物商の許可を公安委員会から受けることが義務付けられていることは、既に紹介したとおりです。

盗品が、古物として、取引されることを防止するため古物商には

・取引相手確認義務
・不正品(盗品)申告義務
・帳簿記録義務

の3つが義務付けらていて、既述の3つは、古物商に科せられる三大義務と呼ばれます。

古物商である現金化業者が、Amazonギフト券買取を行う際は「取引相手確認義務」のために、Amazonギフト券買取先の利用者の確認を行う必要があります。

・住所
・氏名
・年齢
・職業

上記の利用者の確認します。

対面で、Amazonギフト券買取を行う場合は、利用者が自筆で確認事項を記載した書類、運転免許証や国民健康保険被保険者証などの身分証の提示、家族などへの問い合わせ確認などで、取引相手確認を行いますが、通常は身分証で本人確認します。

対面ではなく、オンライン取引で完結するAmazonギフト券買取の場合は

・利用者が電子署名したメールを受ける
・印鑑登録証明書と実印の押印書面の送付を受ける
・利用者宛に本人限定郵便を送付し到達確認する

などでも本人確認できますが、スピーディーな取引実現のために、オンライン取引でも身分証で本人確認するのが、一般的だと捉えるべきでしょう。

身分証の提示なしでAmazonギフト券買取を行う業者の存在とは?

既述のとおり、Amazonギフト券買取を行う現金化業者は、公安委員会から古物商の許可を受ける必要があり、古物取引の際に必要な本人確認は、基本的に身分証の提示で行われています。

しかし、ネット上では「身分証の提示なし」や「本人確認の必要なし」で、簡単にAmazonギフト券買取での現金化に対応すると言うサイトを目にすることがあります。

電子署名したメールで、本人確認を行う業者である場合は、古物商に科せられる取引相手確認義務を満たしていますので、身分証の提示なしで、Amazonギフト券買取を行なうことは可能です。

本人確認の必要なしと掲げる業者は、サイト内に電子ギフト券は、古物営業法施行規則の定める13品目に含まれない、「電子チケットなどの実体のないもの」に、Amazonギフト券が該当するという認識を持つ業者も存在します。

金融庁は、Amazonギフト券を資金決済法の規制を受ける自家型前払式支払手段として位置付けていますので、取引を行えるのは、業者の活動するエリアを管轄する財務(支)局長から資金移動業者の認可を受けた金融機関に限定されます。

金融機関の利用時には、本人確認が必要となりますので、仮にAmazonギフト券を「古物に該当しない電子チケットなどの実体のないもの」として取り扱う場合でも、身分証の提示なしでは取引ができないという結論に至ります。

Amazonギフト券買取での現金化は本人確認を行う信頼できる業者の利用が肝心

Amazonギフト券買取での現金化は本人確認を行う信頼できる業者の利用が肝心
高換金率で、スピーディーに現金を手に入れられる現金化手段として、Amazonギフト券買取に対応する現金化業者を利用するのは、非常に効果的だと言えますが、公安委員会から古物商の許可を得た信頼できる業者を利用するのが、安全な現金化のポイントになります。

信頼できる業者のなかでも、換金率が異なりますので、できるだけ高換金率で、Amazonギフト券買取を行う業者を利用したいものですが、換金率ばかりを気にすると、ウッカリ悪徳業者に引っかかるリスクが高くなるので、注意が必要だと言えます。

なるほど、身分証の提出なしでも、他の方法で、本人確認を行う業者であれば、ある意味安心できるけど、本人確認なしで、Amazonギフト券買取を行う業者は、悪徳業者の可能性が高いってことか?
そう、Amazonギフト券買取は、ネット取引で完結するのが、一般的だから信頼できる業者と悪徳業者を見極めるのが、もの凄く難しい側面があるのも事実なんだよね。
ウッカリ悪徳業者に引っかかると、効率的な現金化どころの話じゃあなくなるってことだよな?
おっかない話だけど、やっぱり個人情報は、出したくない気持ちがあるのも事実なんだよね。
まぁな、個人情報管理に敏感な今のご時世だからこそ、身分証の提示がなしだと、「優しい優良業者なのでは?」って、錯覚するケースもあるんだろうな。
そうなんだよね、身分証の提示なしで、高換金率だと「優良業者発見!」って感じるもんな。悪徳業者は、そんな利用者心理をしっかり掴んでて、その心の隙を狙ってるんだろうな。
そういうことだな、優良業者の目安や悪徳業者に引っかかると、どうなるかなんかを確認して、気を引き締めていこう!

Amazonギフト券買取を行う信頼できる現金化業者の見分け方とは?

Amazonギフト券買取を行う現金化業者は、数多く存在しますが、業者によって、換金率が異なるうえ、既述のとおり、悪徳業者は非現実的な高換金率を提示して、利用者を誘導する傾向が強いので、Amazonギフト券買取で現金化を行う際には注意が必要です。

信頼できる優良業者を選んで利用したいものですが、Amazonギフト券買取は、通常ネット取引だけで完結するので、信頼できる業者と悪徳業者の見極めが非常に困難です。

・通常換金率が低すぎない
・初回利用と2回目以降の利用の換金率の差が激しくない
・既存顧客に対してしっかりしたキャンペーンを行っている
・買取券種が限定的でない
・サイト内の公開情報が正確
・24時間買取対応をしている
・手数料が明確に開示されている

上記内容に該当する現金化業者は、信頼できる業者である可能性が高いと言えます。

Amazonギフト券買取は、券面額の70~90%で行われるのが、一般的ですが、95%の高換金率を提示している現金化業者も存在していて、全ての高換金率の現金化業者が、悪徳業者であるとは言えないものの利用は、慎重に検討することをおすすめします。

多くの業者は、新規利用者獲得のために、初回換金率を高めに設定していますが、信頼できる現金化業者の場合、初回取引でも換金率は、券面額の90%程度で、2回目以降は85%前後の換金率になる傾向が強いと言えます。

また既にふれたとおり、身分証の提示なし本人確認の必要なしを掲げている現金化業者は、悪徳業者の可能性が非常に高いと考えられるので、必要な手続きなしで、現金化を行う業者の利用は避けるべきだと捉えてくだい。

信頼できる優良業者は、古物営業法で義務付けられた本人確認を行ったうえで、Amazonギフト券買取を行いますので、身分証の提示なしで取引したい場合は、他の方法での本人確認に対応している業者を利用することをおすすめします。

ネット取引で行うAmazonギフト券買取は、特定商取引に関する法律で、古物商営業許可番号の開示が義務付けられていますので、古物商許可番号が開示されていない場合や各都道府県公安委員会の公式サイト内で、業者名が確認できない場合は利用を避けるべきです。

ウッカリ悪徳業者を利用するとどうなる?具体的な被害例とは

身分証の提示なしで、高換金率のAmazonギフト券買取を掲げるサイトのなかには、悪徳業者が運営するものが存在しますが、ウッカリ悪徳業者を利用すると、

・開示されている換金率で現金化が行えない
・振込までに時間がかかりスピーディーな現金化が行えない
・Amazonギフト券を取られてしまい現金を手に入れられない

などの被害を受けると捉えるべきです。

具体的な被害例

仮に、95%の換金率で、
30,000円のAmazonギフト券買取した場合、
28,500円で現金化が行えると考える利用者が多いようですが、
実際には、換金手数料や振り込み手数料が差し引かれます。

悪徳業者の場合は、95%の換金率でも、諸々の手数料を差し引いた結果、
50%の15,000円だけ、振り込まれたなどの被害が発生することも珍しくありません。

換金率85%で、振込手数料300円の優良業者を利用した方が、10,200円も、お得に現金化が行えたということになります。

また、即時振込や即日振込を掲げていても、振込に数日~10日間程度かかる業者も存在するため、Amazonギフト券買取で、スピーディーな現金化を行なおうとしても、必要な時に現金を手にすることができなくなります。

最悪の場合は、Amazonギフト券だけを騙し取られてしまって、現金を手に入れられないケースも存在し、現金化するつもりが、Amazonギフト券の購入代金だけが、請求されると言う状態に陥るリスクも発生します。

Amazonギフト券買取で現金化する際はしっかり換金率相場や業者情報を掴むべき

Amazonギフト券買取で現金化する際はしっかり換金率相場や業者情報を掴むべき
現在、ネット上で、非常に多くのクレジットカード現金化の情報を目にすることができ、「Amazonギフト券買取での現金化は身分証の提示なしで行える」などの情報を散見することができます。

しかし、Amazonギフト券を古物に該当しない「電子チケットなどの実体のないもの」に位置づけると、資金決済法の規制を受ける自家型前払式支払手段となり、取引は財務(支)局長から資金移動業者の認可を受けた業者に限定され、取引の際に、本人確認が必要となることはふれられていません。

ウッカリ悪徳業者を利用すると、詐欺被害に遭いかねませんので、情報精度や更新頻度が高いサイトが提供する最新で正確な情報を活用することをおすすめします。

現金化専門情報サイト「俺LOVE現金化」は、現金化に特化したサイトで、Amazonギフト券買取に対応する現金化業者情報はもちろん、Amazonギフト券買取以外のさまざまな現金化の最新情報を発信しています。

また全国の現金化業者情報をチェックし、信頼できる現金化業者情報も提供していますので、安心して、Amazonギフト券買取で現金化を行いたい方は「俺LOVE現金化」の掲載情報をチェックし、最新の現金化情報を正確に掴むことをおすすめします。