後払いアプリで即日で現金化はできるのか?現金化のリスクは?

現金化 後払い(ツケ払い)

ライター:たける
お金が必要で困っているときは、現金化が便利です。
後払いアプリを利用すると、先払い買取のようにクレジットカードが無くても手軽に後払い現金化ができます。

そこで、

  • 後払いアプリとは
  • 後払いアプリのランキング
  • 後払いアプリの選び方
  • おすすめの後払い現金化業者
  • 後払いアプリを使った現金化の流れ
  • メリット・デメリット

など、後払いアプリや後払い現金化について解説します。

初めて利用する方でも、後払いですぐに現金を用意する方法が分かります。
注意点もあるので、しっかりと記事を読んで確認してください。

このページで解る事

そもそも後払いアプリとはどういうもの?

そもそも後払いアプリとは、現金を使わなくても買い物ができる、キャッシュレス決済アプリの一種です。

チャージ型と非チャージ型があり、どちらも実際の支払いを後日にできるのが特徴。
だから後払い現金化にも使いやすい、手軽な決済方法です。

チャージ型は事前に使いたい分の金額をチャージしておく必要があります。
手間はかかるものの、使いすぎの心配がありません。

ただし、残高が余った場合も、ャージ額分の返済が必要になります。
日常的な買い物など、毎回ピッタリ使い切る必要が無い場合におすすめのタイプです。

非チャージ型は、事前にチャージしておく必要がないのが特徴。
残高を気にせず気軽に使えて、合計利用額はアプリの履歴から確認できます。

限度額が決まっているため、非チャージ型も使いすぎる心配はないので安心してください。

後払いサービスには、独自の決済サービスを採用しているものがあります。
コード決済を使えば、そのまま店頭でも使えるタイプが多いから便利ですよ。

ただし、各サービスの加盟店に限られるため、事前に使えるお店はチェックしておくようにしてください。

他にクレジットカードの決済サービスを利用するタイプもあり、アプリだけ(バーチャルカード)でもクレカ対応のオンラインショップで使えるから便利。

さらにリアルカードを発行すれば、店頭でも普通のクレカとして利用できるのでクレジットカード現金化と同じように使うこともできます。

後払いアプリの最新おすすめランキング

後払いアプリを使った現金化には、linepay現金化やaupay現金化などたくさんあるので、最新おすすめランキングを紹介していきます!

使い勝手の良い後払いアプリがどれか、簡単に分ります。
後払い現金化はもちろん、普段使いにも便利な後払いアプリばかりです。

アプリ名限度額手数料支払日
バンドルカード50,000円510円~1,830円翌月末
BANKITおたすけチャージ:6,000円
おたすけチャージ+:50万円
おたすけチャージ:300円
おたすけチャージ+:無料
翌日から翌月末まで選択可能
Kyash50,000円500円~1,800円翌月末まで
ultra pay50,000円450円~1,750円翌月末
メルペイスマート払い50万円自動引落し:無料
残高支払い:無料
コンビニ/ATM:200円~880円
定額払い:年率15.0%
翌月1日から末日まで
PayPay クレジット50万円無料翌月27日
B/4350,000円500円~1,800円翌月末まで
atone50,000円口座振替:無料
その他:209円
請求書払い:翌月20日まで
口座振替:翌月27日
コンビニ:翌月10日まで
myac最高800万円実質年率3.0%~18.0%35日後か毎月指定日

Paidy(ペイディ)

ジャンル非チャージ型
審査・本人確認あり
手数料口座振替・銀行振込:無料
コンビニ:109円~390円
利用限度額本人確認前:2~3万円
本人確認後:約20万円
支払日口座振替:翌月12日
コンビニ払い:翌月10日
銀行振込:翌月10日
利用可能店舗実店舗
ネットショップ

Paidyは、後払いを3・6・9回払い(Apple専用は最大36回)から選べるのが特徴です。
お店によって対応する分割回数は違いますが、どれも分割手数料が無料!

Amazonなら6回払いも分割手数料無料になるため、高額商品の購入も気軽にできます。
後払いアプリの中でも、返済に余裕が作りやすいから後払い現金化にピッタリです。

他にも、ビックカメラやDMM.comなど、大手ネットショップでも利用できます。

リアルカードを発行すれば、クレジットカードとして街中のお店でも利用可能に。
即日で後払い現金化をしたい場合にも、対応しやすいおすすめの後払いアプリです。

バンドルカード

ジャンルチャージ型
審査・本人確認あり
手数料510円~1,830円
利用限度額50,000円
支払日翌月末
利用可能店舗実店舗
ネットショップ

バンドルカードは、本人確認や審査無しですぐに利用できるのが特徴の決済アプリ。
VISAのバーチャルカードとして利用できるため、多くのネットショップで利用できるため非常に便利です。

後払いアプリとして利用するには「ポチっとチャージ」を利用します。
審査が必要になりますが、あまり厳しくはないので手軽に後払いアプリとしても利用可能です。

後払いはチャージ方式になり金額に応じた手数料がかるので、まとまった額をチャージした方がお得になります。

リアルカードを発行すれば、街中のVISAのお店でも利用できます。
近所のお店で後払い現金化を行いたいなら、使い勝手の良いおすすめの後払いアプリです。

BANKIT(バンキット)

ジャンルチャージ型
審査・本人確認あり
手数料おたすけチャージ:300円
おたすけチャージ+:無料
利用限度額おたすけチャージ:6,000円
おたすけチャージ+:50万円
支払日翌日から翌月末まで選択可能
利用可能店舗実店舗
ネットショップ

BANKITは、ショッピングの他に送金などのサービスも利用できるのが特徴の決済アプリです。
余裕があるときにお金をチャージしておけば、後から引き出すこともできますよ!

決済アプリとしては、Visaプリペイドカードとして利用可能。
もちろんリアルカードも発行できるため、ネットショップの他に街中のお店でも利用できます。

後払いアプリとして使うには

  • おたすけチャージ
  • おたすけチャージ+

のどちらかを利用します。

おたすけチャージは、3,000円と6,000円から選ぶチャージ方式の後払いサービス。
少額決済向きでちょっとした買い物にピッタリです。

おたすけチャージ+は、クレジットカードと同様のサービスになります。
キャッシングも利用できるため、状況に応じた方法で現金化が可能。

分割・リボ払いが選べるので、無理のない返済ができるおすすめの後払いアプリです。

kyash(キャッシュ)

ジャンルチャージ型
審査・本人確認あり
手数料500円~1,800円
利用限度額50,000円
支払日翌月末まで
利用可能店舗実店舗
ネットショップ

kyashは審査などが必要なく、最短1分でVisaのバーチャルカードを用意できるのが特徴。

利用上限額の設定の他、海外決済をオフにすることも可能です。
他の決済アプリと比較しても、安心・安全に利用できます。

後払いサービスの「イマすぐ入金」は、スマホから簡単に申し込めます。

チャージ方式ですが、3,000円~と少額から申し込めるので無駄がありません。
申込金額に応じた手数料も表示されるので、返済額が分かりやすいから安心です。

リアルカードを発行すれば街中のお店でも利用しやすく、手軽で現金化にも使いやすいおすすめの後払いアプリです。

ultra pay

ジャンルチャージ型
審査・本人確認あり
手数料450円~1,750円
利用限度額50,000円
支払日翌月末
利用可能店舗実店舗
ネットショップ

ultra payは、審査はもちろん年齢制限もないのが特徴の決済アプリ。

チャージタイプのVISAバーチャルカードが作れるため、利用できるお店も豊富です。
学生でも気軽にクレジットカードを使ったオンライン決済ができます!

さらに、プリペイド方式なので審査無しでリアルカードの「そとなカード」も発行可能。
オンライン決済はもちろん、街中での利用にも使いやすい決済サービスです。

後払いの利用には、審査のある「ミライバライ」を利用します。
チャージタイプだから使いすぎる心配がなく、気軽に現金化にも使える後払いアプリです。

メルペイスマート払い(メルカリ)

ジャンル非チャージ型
審査・本人確認あり
手数料自動引落し:無料
残高支払い:無料
コンビニ/ATM:200円~880円
定額払い:年率15.0%
利用限度額50万円
支払日翌月1日から末日まで
利用可能店舗実店舗
ネットショップ

メルペイスマート払いは、フリマアプリのメルカリと一体になっているのが特徴です。

普段からメルカリを使ってれば、新しくダウンロードする必要がありません。
後払いアプリとして、気軽に利用が始められるのでとても便利です。

通常のメルペイはチャージ方式ですが、メルペイスマート払いはチャージ不要で使えるのも特徴。

しかも上限額を自分で設定できるため、使いすぎる心配がないので安心です。
メルペイ対応のお店なら、アプリだけで街中での買い物も後払いにできますよ。

メルカリアプリと一緒なので不要品を売って現金化するときにも大活躍!
しかも、メルペイ残高か自動引落としで清算すれば手数料もかかりません。

後払い現金化に使いやすい、おすすめの決済アプリです。

PayPay クレジット(旧あと払い)

ジャンル非チャージ型
審査・本人確認あり
手数料無料
利用限度額50万円
支払日翌月27日
利用可能店舗実店舗
ネットショップ

PayPayクレジットは、大手決済アプリPayPayの後払いサービスです。

PayPayと違って事前のチャージが必要ないため、気軽にショッピングに利用できるのが特徴。
PayPay残高へのチャージにも使えるので、お金の管理もしやすくなっています。

PayPayポイントが1.0%と、PayPay残高払いの0.5%よりも多く貯まるだけでなく、翌月1回払いなら手数料も無料とお得感のある後払いアプリです。

家電量販や百貨店など、PayPay対応のお店は全国各地にたくさんあります。
現金化用の商品購入にも困らない、お得で便利な後払いアプリです。

B/43

ジャンルチャージ型
審査・本人確認あり
手数料500円~1,800円
利用限度額50,000円
支払日翌月末まで
利用可能店舗実店舗
ネットショップ

B/43は、家計簿アプリもセットになっているのが特徴の決済アプリです。
Visaのバーチャルカードが簡単に作れて、ネットショップですぐに利用できます。

チャージ方式なので使いすぎる心配がありません。
しかも入金したお金は引き出しもできるので、急に現金が必要になったときも対応可能。

「あとばらいチャージ」を使うことで、後払いアプリとしても利用できます。
ただし、リアルカードの発行や審査などの条件があるため、早めに準備しておかないといざという時に使えない可能性もあります。

家族が利用した金額なども確認できるので、まとめてお金の管理がしやすいから便利。
後払い現金化が計画的に利用しやすい、おすすめの後払いアプリです。

atone

ジャンル非チャージ型
審査・本人確認あり
手数料口座振替:無料
その他:209円
利用限度額50,000円
支払日請求書払い:翌月20日まで
口座振替:翌月27日
コンビニ:翌月10日まで
利用可能店舗実店舗
ネットショップ

atoneは、メールとSMS認証だけで1分程度ですぐに利用できるのが特徴の後払いアプリ。

ネットショップでの利用ならすぐに後払いが利用できるから便利ですよ。
ただし、街中のお店で利用するためのコード決済には利用実績や本人確認が必要になります。

もちろんアプリから簡単に手続きができるため、手軽にコード決済も利用できます。

利用金額に応じて、ポイントが貯まるのも嬉しい特徴です。
利用するほどお得になるため、後払い現金化以外でも使うメリットがあります。

対応店はまだ少ないものの、簡単でお得な後払いアプリです。

myac

ジャンルカードローン
審査・本人確認あり
手数料実質年率3.0%~18.0%
利用限度額最高800万円(審査や総量規制による)
支払日35日ごとか毎月指定日
利用可能店舗

myacはアコムの公式アプリであり、手軽にカードローンが申し込めるのが特徴です。

審査などは普通のカードローンと同じですが、必要書類などの提出がアプリからできるから便利。
スマホがあれば、出かけなくてもすぐに申し込めます。

利用状況や返済期日などがアプリで確認できるため、計画的に利用しやすいのがポイント。
最短10秒で振り込んで貰えるから、現金がすぐに必要なときにも焦らずに済みます。

借り入れができるアプリですが、クレジットカード機能も申し込めます。

ネットショップはクレカ機能、実店舗用にキャッシングと使い分けられるので使い勝手がとてもいいです。
どちらも返済は後日なので、現金化の他にキャッシュレス決済にも便利なアプリです。

後払いアプリの賢い選び方

おすすめを厳選して紹介しましたが、他にも気になる後払いアプリがあるかもしれません。

そこで、何を比較して選べば良いのか賢い選び方について解説していきます。
あなたの希望や状況に合わせて選ぶと、満足できる後払いアプリが簡単に見つかりますよ。

利用できるお店がどのくらいあるのか

後払いアプリは、対応したお店でしか利用できません。

そのため、利用できるお店がどのくらいあるのか比較して選ぶことが大切です。
いくら有名で手軽に利用できても、決済アプリとして使えないと意味がありません。

利用できるお店が多くておすすめのは、

  • Paidy
  • バンドルカード
  • BANKIT
  • Kyash
  • ultra pay
  • B/43

などのVISAバーチャルカードが発行できる後払いアプリです。

これらはVISAのクレジットカードが使えるネットショップで利用可能。

さらにリアルカードを発行すれば全国のVISA加盟店で使えるので、お店の対応数が圧倒的に多いんです!

ただし、リアルカードの発行には時間がかかるため、すぐに実店舗で使いたいならPayPayクレジットがおすすめ。
PayPayは街のお店でも加盟店が多く、キャンペーンも頻繁に開催されていてお得感もありますよ。

利用限度額がどれくらいあるのか

後払いアプリを選ぶ際は、利用限度額がどれくらいあるのかが重要な比較ポイントです。

ただし、後払いアプリの多くは審査がゆるいこともあって5万円が上限額になっています。
一部本人確認や審査次第では、下記のように限度額が数十万円になる後払いアプリも。

  • Paidy:20万円前後
  • BANKIT:50万円(おたすけチャージ+の場合)
  • メルペイスマート払い:50万円

審査結果によっては利用限度額は下がるものの、高額利用を考えているならおすすめです。

ちなみに、myacでは最高800万円まで借り入れができます。
ですが総量規制の対象なので、年収によって上限が決まるので注意してください。

あくまでも後払いアプリでは、上限額は5万円が普通だと考えておくこと。
足りなそうなら、複数の後払いアプリに登録しておくのもおすすめです。

その場合は使いすぎないように、計画的に利用してください。

支払い期限が給料日の後になっているか

後払いアプリは便利ですが、後で返済しなければなりません。
支払い期限が給料日の後になっているか確認しておくと、返済時に余裕ができるのでおすすめです。

支払い期限は、後払いアプリによって違います。
翌月末が多いものの、PayPayクレジットは翌月27日です。

あまりないとは思いますが、28日が給料日だと一番お金が無いタイミングでの返済になるので注意してください。

BANKITなどのように、翌月末までに支払えば良いアプリもありますが、後で返済しようと思っても忘れてしまう可能性があるので、支払い期限の確認はもちろん、忘れないことも大切です。

後払いアプリでは、簡単に支払い期限が確認できます。
口座引き落としにしない場合は、こまめにチェックして、余裕があるタイミングで忘れずに返済しておくと安心です。

現金化業者に対応しているか

後払いアプリを選ぶ際は、現金化業者に対応しているか確認することが重要なポイント。

自分でも後払いアプリを使った現金化は可能です。
でも現金化業者を利用した方が、手間が省けてスムーズに現金化ができます。

  • Paidy
  • バンドルカード
  • BANKIT
  • Kyash
  • ultra pay
  • B/43

のように、VISAバーチャルカードが発行できる後払いアプリが安心です。
クレジットカードと同じようにオンライン決済ができるため、多くの現金化業者が対応しています。

独自の決済サービスを採用している場合、対応している現金化業者が少なくなるから注意してください。

利用を考えている現金化業者があるなら、事前に対応アプリをチェックしましょう。
いざというときに備えるなら、クレジットカード機能がある後払いアプリを選ぶのがおすすめです。

後払い現金化に使えるおすすめの業者5選

ここからは、後払い現金化に使えるおすすめの業者を5社に厳選して紹介します。

最初からaupay現金化やバンドルカード現金化などに対応しているため、スムーズに現金化ができる業者ばかり。
自分で行うよりも簡単に現金化できるので、初めて利用する方も安心してお金が用意できますよ。

ギフトキャッシュ

換金率最大98%
振り込みスピード最短10分
対応アプリ各種バーチャルカードタイプ、メルペイ、PayPay
申し込み金額1万円~
営業時間9:00~23:00

ギフトキャッシュの特徴は、最大換金率98%と、とても高いことです。
しかも他社よりも低い場合は1%でも高く還元してくれるのが嬉しいポイント。

複数の業者を比較した後でも、安心して利用できます。

PayPayやメルペイなど、独自の決済サービスにも対応しているのも特徴です。

他では断られた後払いアプリでも、現金化ができる可能性大。
最短10分で振り込んで貰えるため、急いでいるときにも頼りになります。

トラブル0件で安心して利用できる、おすすめの後払い現金化業者です。

バンクレジット

換金率初回90%
振り込みスピード最短10分
対応アプリ各種バーチャルカードタイプ
申し込み金額5,000円~
営業時間9:00~22:00(毎月1日は24時間営業)

バンクレジットは、後払いアプリの他にキャリア決済系のプリペイドカードなども現金化できるのが特徴。

様々な決済方法が現金化できるので、まとまった金額が必要な場合も安心です。
後払いアプリで対応しているのは、バーチャルカードが発行できるタイプ。

初回換金率は90%と高く、2回目以降も87~88%で現金化ができます。
最低利用額は5,000円からと、少しだけ現金が足りない場合も高換金率で現金化が可能。

振り込みスピードは最短10分と迅速なので、買い物途中でお金が足りなくなった場合にも便利な現金化業者です。

スポットキャッシュ

換金率最大90%
振り込みスピード最短10分
対応アプリ各種バーチャルカードタイプ、メルペイ、PayPay
申し込み金額3万円~
営業時間8:00~20:00

スポットキャッシュは、様々な後払いアプリに対応しているのが特徴です。
バーチャルカードタイプはもちろん、メルペイやPayPayにも対応しています。

換金率は最大90%と高いので、まとまった現金が必要な場合にピッタリ。
トラブル0件なので現金化初心者も安心して利用できますよ。

さらに振り込みスピードは最短10分と早く、朝8時から営業しているのもポイント。
朝一ですぐに現金化したい時にイチオシの後払い現金化業者です。

即日アリアちゃん

換金率初回90%
振り込みスピード最短10分
対応アプリ各種バーチャルカードタイプ
申し込み金額
営業時間7:00~22:00(毎月1日は24時間営業)

即日アリアちゃんは、運営元が貸金業登録番号を取得しているのが特徴です。
怪しい業者とは違い、安心・安全に後払い現金化ができます。

換金率は初回90%で、利用金額で変わらないのもポイント。
後払いアプリの限度額が低くても、高換金率で現金化できます。

2回目以降も87~88%で現金化できるため、少額利用の多いリピーターもお得です。

毎月1日は24時間営業なので、すぐに現金が必要なら深夜でも対応して貰えます。
さらに他の日も朝7時から営業しているので、いつでも朝早くから利用可能。

安全でスムーズに利用できる、おすすめの後払い現金化業者です。

カイトリング

換金率初回90%
振り込みスピード最短10分
対応アプリ各種バーチャルカードタイプ
申し込み金額1ヶ月20万円まで
営業時間9:00~18:00

カイトリングは、初回買取率が90%と少額利用でも高換金率なのが特徴です。
2回目以降も87%なので、少額の後払い現金化が頻繁でもお得に利用可能。

振込手数料が無料なので、用意できる金額が分かりやすいから安心です。

現金化方法に、安全な買い取り方式を採用しているのもポイント。
それでも入金スピードは最短10分と早いため、急いでいる時も安心です。

ただ、営業時間が18時までで日曜祝日休みなど、タイミング次第では使いにくいことも。
タイミングが合えば、安全性が高いおすすめの後払い現金化業者です。

後払いアプリを使って現金化業者に依頼するときの流れ

現金化業者に依頼する場合、後払いアプリもクレジットカードも大きな違いはありません。

基本的な現金化の流れは、

  1. 後払いアプリに登録
  2. 利用する現金化業者を決める
  3. 公式サイトから現金化を依頼する
  4. 業者に指示された商品を後払いアプリで購入
  5. 指定した銀行口座に入金
  6. 後払いアプリに返済

となります。

まずは利用する後払いアプリを決めて登録します。
すでに使っているアプリがあるなら、対応している現金化業者を選んでください。

悪質な現金化業者もあるので、選ぶときはしっかりと口コミなどをチェックするようにしましょう。

利用する現金化業者が決まったら、公式サイトから現金化の依頼をします。
希望金額や振込口座など、必要事項を入力したら後は連絡を待つだけ。

後払い現金化業者は審査がないため、ブラックの方でも後払いアプリが使えれば利用できます。

連絡が来たら指示通りに後払いアプリを使って商品を購入してください。
業者側で確認が取れたら、あなたが指定した口座に振り込んでくれます。

最短10分と迅速に振り込んで貰えますが、混んでいる時もあるので焦らずに待つようにしましょう。

入金が確認できたら、現金化は完了です。
ただし、後払いアプリへの返済が残っているので、支払い期日は忘れないこと。

このように後払いアプリを使った現金化は、流れも簡単で初心者でも安心して利用できます。

後払いアプリを使って現金化するメリット

後払いアプリを使って現金化するメリットを解説します。
現金化には他にも方法があるので、自分に向いている方法か確認してください。

クレジットカードを持っていなくても現金を調達できる

支払いに後払いアプリを使うと、クレジットカードを持っていなくても現金が調達できます。

スマホがあれば後払いアプリを新しく用意するのも簡単。
手軽に現金が調達できるのは、後払いアプリを使うメリットです。

クレジットカードを新たに用意する場合、手元にカードが届かないと利用できません。
何日も待たされることになり、急いでいる場合は現金化が間に合わない可能性も。

その点後払いアプリなら、その場で利用が開始できます。
最短1分で利用できるアプリもあるなど、何日も待たずに現金化できるので安心です。

ただし、後払いアプリもリアルカードの発行には時間がかかります。
もし現金化以外の利用も考えているなら、早めに申し込んでおくのがおすすめです。

無職や学生でも利用できる

後払いアプリは在籍確認がなく、審査や利用条件が緩いのが特徴です。
そのため、後払いアプリを使った現金化は無職や学生でも利用することができます。

学生や無職でも利用できる分、利用上限額は5万円程度と低くなっていますが、少額でも現金化することができるので万が一の助けになります。

学生でも、アルバイトなどお金を稼ぐ方法はあります。
バイト代の支払いを待つ必要があるので、すぐにお金が用意できるのはメリットです。

ブラックリストになっている人でも利用できる

クレジットカードは、ブラックリストになっていると作れません。
しかし後払いアプリなら、審査が緩いのでブラックでも利用しやすいのがメリットです。

後払いアプリの場合、利用限度額が低くなっています。
その代わり審査が厳しくないので、ブラックリスト入りしている人でも利用できるんです!

しかも、後払いアプリはスマホがあれば手軽に試せるのがポイント。

審査に通るか実際に確認しても、それほど手間がかかりません。
もしダメでも、すぐに他の後払いアプリを試せるので安心です。

プリペイドの決済アプリなら審査無しで利用できるものもたくさんあります。

ただ、後払いサービスを利用する際は、基本的に審査があるので勘違いしないようにしてください。
それでも後払いアプリは、ブラックリストでも現金化がしやすい方法です。

後払いアプリを使って現金化するデメリット・注意点

後払いアプリを使った現金化は、手軽で便利です。
ただし、デメリットや注意点もあるのでしっかりと確認してから利用してください。

現金化は多くても5万円ほどしかできない

後払いアプリの多くは、1ヶ月間の利用限度額が5万円に設定されています。

そのため、現金化は多くても5万円ほどしかできないのがデメリットです。
まとまった金額が必要だと、足りない可能性があるので注意してください。

ただ、上限額が低いのは、審査の緩さや手軽さなどのメリットがあるから。
簡単に複数の後払いアプリを使えるので、併用すれば数十万円のまとまった額の現金化もできます!

それでも高額の現金化ではクレジットカードよりも手間が増えるのはデメリットです。

基本的に手数料がかかる

後払いアプリを使う場合、基本的に手数料がかかるのがデメリットです。

アプリによって違うものの、

  • バンドルカード:510円~1,830円
  • Kyash:500円~1,800円
  • ultra pay:450円~1,750円
  • B/43:500円~1,800円

など、利用金額に応じた手数料がかかります。

そのため、数千円程度の現金化に利用した際、割高に感じるので注意してください。

ただし、Paidyやメルペイスマート払いのように、口座からの引き落としなら手数料無料の後払いアプリもあります!

返済方法が限られてしまいますが、手数料を気にせずに現金化に使えるのでお得です。

もちろん選んだ現金化業者が対応している後払いアプリしか使えないので、利便性なども考えて事前に比較・検討しておいてください。

何となく後払いアプリで現金化をすると、手数料分損をすることがあります。

業者を使っても即日現金化できないことがある

後払いアプリに対応した現金化業者を使っても、即日現金化できないことがあるのがデメリットです。

多くの現金化業者では、最短10分程度で振り込んでくれます。
でも営業時間外だと、翌日以降の対応になるので注意してください。

大抵の現金化業者は、申し込みを24時間受け付けています。
しかし、実際に現金化の作業をするのは営業時間内だけです。

24時間営業ではないので、時間外の申し込みだと即日現金化はできません。

ただし、モアタイムシステムに対応していれば、営業時間内ならば銀行営業時間外でも対応可能。
営業時間内に申し込めば、15時以降でも即日現金化できる業者が多いので安心してください。

夜中にすぐお金が必要ならば、遅くまで営業している業者を選ぶのがおすすめです。

ちなみに一部の業者は、商品の買い取り方式を採用しています。
最近はめったにありませんが、商品の受け取り・返送作業が必要な業者もあるので注意してください。

翌営業日どころか、数日かけないと現金化ができません。

後払い現金化を自分でやるには手間がかかる

後払い現金化をするなら、わざわざ業者を利用する必要はありません。

後払いアプリを使えば、自分でも現金化は可能です。
ですが、自分でやるには手間がかかるからよく考えてから決めてください。

自分で後払い現金化を行うと、

  • 時間がかかって間に合わない
  • 用意できた現金が足りない

など、手間をかけても後悔することがあります。
なぜなら自分でやる場合、商品の購入~売却の2段階で現金化を行うことになるから。

お店が変われば、移動の手間も増えます。
そのため、思った以上に時間がかかることもあり、即日現金化を行うのは大変です。

しかも換金率が事前に分からないため、思ったよりも手に入る額が少ない可能性も。
せっかくの努力も、必要な額が用意できなければ意味がありません。

購入商品の見極めなども必要になるため、初心者ほど自分で後払い現金化をするのはおすすめできないんです。

でも業者を利用すれば、申し込みから振り込みまでワンストップで完結可能。
スマホがあれば出かける必要も無く、その場から手間をかけずに申し込めます。

最短10分で振り込んで貰えることも多く、即日現金化も簡単です。
何より業者の場合、事前に換金率や振込額が確認できるので、申し込んでから現金が足りないといった心配がありません。

手間もかからず入金額も分かりやすいので、後払い現金化は業者の利用がおすすめです。

後払いアプリや後払い現金化に関するよくある質問

後払いアプリや後払い現金化は、利用したことがないと不安もありますよね。
そこでよくある質問と回答を紹介します。

事前にチェックしておくと、安心して後払い現金化が利用できますよ。

上限を増やすにはどうすればいいですか?

上限額は後払いアプリによって違いますが、

  • Paidy:本人確認を行う
  • メルペイスマート払い:利用実績を増やす
  • myac:年収を増やす

などの方法で増やすことができます。

ですがm多くの後払いアプリでは上限額は5万円で固定されていて増やすことができません。

返済は分割やリボ払いも可能ですか?

分割払いやリボ払いが選べる後払いアプリもあります。

ですが、多くの後払いアプリで基本的に一括払いによる返済になります。
使いすぎないように、計画的に利用してください。

現金化業者は土日祝日でも利用できますか?

多くの現金化業者は、土日祝日も営業しているため利用できます。
モアタイム対応銀行の口座ならば、週末でも振り込みの確認が可能です。

業者が休業日だとしても、申し込みは24時間365日対応が多いので安心してください。
ただし、休業や営業時間外の利用は手続きが翌営業日以降になります。

キャリア決済でも現金化できますか?

キャリア決済に対応した現金化業者もあるので安心してください。
事前にキャリア決済用のプリペイドカードを発行しておくと、スムーズに現金化ができます。

現金化したことは誰かにバレてしまいますか?

専門の現金化業者を使えば、バレるリスクはほとんどないので安心してください。

ですが、自分で現金化をする場合、後払いアプリを使って換金率の高い商品を購入することになります。

利用傾向からバレる可能性があるので、頻繁な利用には注意してください。
繰り返し現金化を行うなら、現金化業者を使う方が安全です。

後払いアプリを使った現金化はすぐにできる!

このページでは、後払いアプリや後払い現金化について解説してきました。
後払いアプリと現金化業者を利用すれば、初心者でもすぐに現金が用意できます。

新しく後払いアプリに登録するとしても、即日現金化も可能なのでとても便利です。

後払いアプリは、

  • 在籍確認がない(無職や学生でも利用できる)
  • 審査が緩い
  • 上限額が低め
  • 手数料が必要

などの特徴がありました。

後払いアプリの多くは上限額が5万円程度で低いですが、審査が厳しくないのがメリット。

ブラックリストに入っていても、後払い現金化に使いやすいから便利です。
また、複数アプリの併用も簡単にできるため上限額の低さは対処できます。

後払いアプリを使って自分で現金化をする場合、購入や売却などの手間がかかるので、現金化業者を利用しながら即日現金化をするようにしましょう。

何より振込額が分かりやすく、最短10分で振り込んで貰えるので安心です。

急にお金が必要で困ったなら、後払い現金化が便利。
後払いアプリと現金化業者の組み合わせは、すぐに必要な額を用意できるおすすめの方法です。