アマゾンギフト券買取にチャージタイプは使えない?購入する前に確認したい事とは

amazonギフト券 チャージタイプ

ライター:ひかる

amazonギフト券買取の利用が増える中で、さまざまなタイプのギフト買取を実施する業者が市場には出現します。
一般的にメールタイプやカードタイプが買取されているでしょう。

ところが、他タイプの買取についてその可否がよくわからないという場合も少なくありません。

アマゾンギフト券でメールタイプとはまた違った、近年登場したチャージタイプは買取できるのかよくわからないという方もいます。

今回は、チャージタイプの特徴や買取状況・買取可否、業者利用の際の注意事項などについて紹介します。

アマゾンギフト券買取に使えるチャージタイプの特徴

アマゾンギフト券買取のできる業者はたくさんあり、どのタイプのギフト券なら買取できるかは現金化を利用する者にとって大きく興味を引くポイントです。

アマゾンギフト券は買い物やギフト贈呈、チャージに使うだけでなく、現金化としての役割が広がり、それに伴い業者が独自のルールによってギフトを買いと売るケースが増えてきたのです。

アマゾンギフト券買取は現金化に便利だけど、その中のチャージタイプってどんなギフト券なんだ?
チャージタイプは、自分のアマゾンアカウントに残高をチャージする「セルフ専用ギフト」のことだ。公式には「Amazonギフト券(チャージタイプ)」と呼ばれているな。購入したら、決済後にすぐアカウント残高が増える仕組みが採用されているんだ。
じゃあ、メールとかで番号・コードが送られてこないのか?
その通り。セルフ専用だから、自分のアカウント内残高にしかチャージされないのが重要だな。
それって、チャージタイプは買取できるのか?
もちろん、買取は不可能だな。後でその理由を詳しく見ていくつもりだ。
アマゾンギフト券買取はどのタイプならできるんだ?
最初にも挙げたように、「メールタイプ」や「カードタイプ」、他にもコードが発行されて業者が買い取りを許しているタイプが買取対象だな。
なるほど。買取前にギフト券のタイプ・種類で見分けるってことか。

チャージタイプの種類と用例

チャージタイプの種類と用例
チャージタイプは、アマゾンの公式見解では「Amazonギフト券(チャージタイプ)」と呼ばれる方式のギフトです。

ようするに、アマゾンで「チャージタイプを購入する」というのは、そのまま上記の「Amazonギフト券(チャージタイプ)」を購入することを意味します。

では具体的に買取といったとき、ギフト券購入というのはどのような意味を指すのでしょうか。

まず、アマゾンギフト券は一般的にメールの送受信で受け取れる「メールタイプ」やコンビニや量販店の店頭で購入する「カードタイプ」、商品券のような形式の「商品券タイプ」など多岐にわたり、その中でも現金化は、「メールタイプ」が主流です。

一部の業者では「カードタイプ」を買取対象とする場合もあるが、実質的には「メールタイプ」一択。

以上を踏まえたうえで、「チャージタイプ」を購入するのは、自分のアカウントにチャージすることを主目的として購入することを意味します。

しかしながら、公式な呼び方として「チャージタイプ」の名称がある一方で、公式ではないチャージタイプのギフトが存在するのもまた確かです。

それがカードタイプやメールタイプのギフト券を意味するチャージタイプのギフト券です。

本来はチャージタイプがアカウントチャージ式の正式な呼び名であるはずが、「アカウントに番号などを入力してチャージできるギフト券」という間違った用例が出てきており、チャージタイプを買取できるという間違った認識で買取先や業者を紹介しているケースがあるのです。

その点には注意が必要でしょう。

コードのある・なしで見分ければ、正式なチャージタイプか分かるってことか?
そうなる。コードがなくて、残高に購入分が足されているとチャージタイプを購入したってことが確かめられる。アカウントの履歴なんかを見て、どのタイプを購入したか、後で確認することも可能だな。

買取不可のチャージタイプ

一般的に公式見解の「チャージタイプ」は、どのような業者も買取ができません。

理由は後ほど詳述するが、これがチャージタイプに対する通常の正しい認識です。

万が一、間違ってチャージタイプを購入してしまうと、他者に売ることも買取に持ち出すこともできなくなります。

ギフト券には先ほど挙げた「メールタイプ」「カードタイプ」が買取対象となり、それ以外は買取できないものが存在するというのが主な原因でしょう。

いくらアマゾンが有名でギフト券が買い取れると謳う業者であっても他者のチャージされたギフト残高を取り出して使うことは出来ないわけです。

買取できるチャージタイプ

買取できるとする正式ではない呼び方のチャージタイプは、原則として「メールタイプ」「カードタイプ」のギフト券のことを指します。
つまり、チャージタイプは買い取れないが、上のメールタイプやカードタイプ買い取れる。

その名称がチャージタイプと同じ意味で使われているのです。実際には、公式名称のチャージタイプとは別物のため、購入段階で混乱してしまい、間違ったチャージタイプの購入をしてしまう人もいるでしょう。

買取希望の場合にはかならず「メールタイプ」・「カードタイプ」のギフト券を買わなければならないため、買取できるチャージタイプは非常に紛らわしくもあります。

チャージタイプは買取出来ないんじゃなかったのか?
出来ないけど、チャージタイプを別の意味で意図的に使われていることがある。だけど、買取業者のホームページなどでは、「メールタイプ」・「カードタイプ」のことを「チャージタイプ」と呼ぶケースは非常に稀なんだ。通常は買取できるチャージタイプとしてこの言葉が使われるのは例外的なことだと認識しておく必要があるぞ。

チャージタイプの買取ができる記載が嘘である理由

チャージタイプの買取ができる記載が嘘である理由
一部の業者紹介ページやランキング、紹介記事などでチャージタイプの買取ができるという文面を記載するサイトが存在します。

しかし、「チャージタイプの買取が可能」とする業者が間違いとするのが当然です。

大手の優良業者の中にチャージタイプを買い取れるようなキャッシュバック方式の現金化ができるところは事実上存在しません。

以前、チャージタイプの買取ができるって紹介されていた。業者を確認したんだけど、その辺の真実はよくわからなかった。普通はチャージタイプって買取できないんだよな。でも本当はどうなんだ?
大手や優良なギフト現金化業者では、チャージタイプは買取できないんだ。もし、紹介サイトなどでチャージタイプの買取ができると記載されているなら、間違いかあるいは何かしらの嘘が混じっていると考えて欲しい。
キャンセルや返金はどうなんだ?業者を使わなくても現金にして返金してもらえないか?
アマゾンは、チャージされた時点で現金の払い戻しなどはしておらず、購入のキャンセルも原則としてできない仕組みなんだ。チャージだと電子決済とか使えるから、支払い前の残高の追加確定より先にキャンセル(放置による自動キャンセル)をすると可能だ。だが、購入してしまった後は取り消せないんだ。

一度チャージしたギフト残高はギフトや返金で元に戻せない

一度チャージしたギフト残高はギフトや返金で元に戻せない
買取が難しい1つ目の理由は、一度チャージしたギフト残高は、他のアカウントやギフト券とすることや元の現金やショッピングカード枠にして元に戻すことなどができないからです。

まず、他のアカウントに移すことができない残高は、当然ながら他者が利用することは出来ません。普通、ギフト券買取は買った業者が転売サイトや独自の仲介による販売ルートでギフト券の残高を相手に金銭で買ってもらうことを前提とします。

したがって、他のアカウントに移せないチャージ済みのアカウント内残高を買い取っても業者は損しかしません。

そのため、買取そのものを受け付けていないというのがスタンダードな扱い方です。

また、チャージ済みの残高をギフト券に買い直して使うということも出来ません。

なぜなら、メール・カードタイプのギフト券の購入はクレジットカードなどの購入方法に限定されており、アマゾンギフト残高で購入することが出来ない仕組みだからです。

そういった直接の裏技的な方法でギフトを買い直すという手が使えません。
方法があるとすれば、それはプリペイドカードを使ったものです。

クレジットカードとしてアマゾンに決済登録できる割高なプリペイドカードを購入し、損を出しつつもギフト券を買うという手段のみになります。

その段階で10%以上の損が生じるため、その方法は使われることは滅多にありません。

そして、最後に挙げた現金に戻したり、枠利用を回復することは出来ないことが規則で決まっています。
間違ってアマゾンギフトのチャージタイプを購入したときなどに返金が受けられないのです。

特にクレジットカードのようにチャージが完了した後は、それを取り消すことが出来ません。
現金での返金や枠を戻すなどはキャンセルができることが前提のため、基本的に不可と認識されているのです。

アカウントは基本的に買取できない

先にも少し述べた通り、ギフト買取においてアカウントは買取できないのが常識です。

大事な点は、アカウントが個人情報の塊であり、アカウントの開設時にメールアドレス名前などを入力していることです。

それだけでなく、アマゾンアカウントの購入履歴には商品の履歴なども残っており、その際の商品配送先の住所電話番号など他者に渡しては困るものが多く含まれています。

ギフト買取の優良業者は、ギフトの買取はしても個人情報を取引するブラックマーケットのようなことはしません。
つまり、アカウントを買取できるのは正規でない業者や詐欺・悪徳業者であるなど、その意味においてもチャージ済みの残高をアカウントごと売るという選択肢はないと考えるのが妥当です。

じゃあ、どこもチャージタイプの買取はしていないのか?
そうなんだ。ある意味ではそれが正しい。なぜなら、ギフト買取の業者は、ギフトを買い取ることで事業を成立させているんだ。もし、チャージした残高を使って商品転売やアカウントの転売などをすると、もはやそれはギフト買取ですらなくなってしまう。だから、ギフト買取においては、チャージタイプの買取は存在しないんだ。

アカウント内利用以外に別アカウントに残高を移す方法がない

1つ目の理由で挙げたように、アカウント間のチャージ残高を移動する手段はありません。

では、チャージ残高はどのようにして消費するのかは、アカウント内で消費する以外に方法はありません。
もし現金化に無理矢理にでもアカウント内の残高を使うということであれば、アカウントで買い物をしてその商品を買取業者に売ることでしょう。

しかし、そうなるともはやギフト買取とは全く別の現金化方法となってしまい、アマゾンギフト券買取とは無関係の現金化作業として捉える必要が出てきます。

チャージタイプ含むギフトの業者買取可否を見極める方法

チャージタイプ含むギフトの業者買取可否を見極める方法

チャージタイプだけでなく、他のタイプをあわせて買取可否を知る方法って何がある?
一般的には、ホームページを確認するか、業者に電話して聞くという方法があるな。
ホームページのどこを見ればわかるんだ?
業者によって、ホームページにかかれている内容には違いがあるんだ。だから、買取タイプについて書かれていることの多いホームページトップ画面や規則・ルール、買取方式を記載・カテゴリとした個別ページ、赤字の注意点やQ&Aの箇所・ページから確認することだ。
書いてなかったときは電話するってことか?
その通りだ。業者の中には細かいことを極力書かないようにしていることもあるから、換金率などで気に入った業者で、タイプの詳細がないときはしっかりと電話で確認しておこうな。
確認が面倒くさいって人もいるけど、確実に買取できるのはメールタイプってことでよかったのか?
その認識で間違いないぞ。メールタイプが買い取れないというケースはよほどの事情を除いてまずそんな業者はいないんだ。業者も転売が簡単でメールタイプじゃないと他のタイプは買い取らないという業者も存在するくらいだからな。

ホームページのトップ画面を閲覧する

買取の回避を確認するには、業者のホームページのトップ画面を見る方法があります。
必ずしもトップ画面に全てが載っているわけではありません。
ですが、具体的にどのようなギフト券のタイプや種類を買取できるか載っているケースもあるため、最初に確認することで買取可否の見極めに繋がります。

規則・ルールを確認する

トップ画面に買取回避の記載がない場合は、次に規則・ルールを確認します。
規則というのは買取時に交わす約束のようなもので、規則に同意しないと買取作業の進行ができないというギフト業者もたくさんあります。

その規則やルールの中に、どのようなタイプ・種類のギフトが買い取れるのかが記載されていることがあるのです。

買取可否を見極められる個別ページ・カテゴリへのアクセス

買取可否を見極められる個別ページ・カテゴリへのアクセス
ホームページ内には、ギフト買取の専用ページが用意されていることがあります。
買取前にサイトやブログなどで細かな買取要件を定めていて、初めて利用する人がどんな物を買い取ってくれるのかわかりやすくまとめられていたりするページです。

そこをチェックすることで、このタイプは買取できない、アマゾンギフト以外にも買取しているなどが確認できます。

注意点・Q&Aをチェックする

ページが個別に用意されておらず、トップ画面や規則にも買取の細かいタイプ・種類が載っていない場合、注意点・Q&Aをチェックするという手段が例外的にあります。

注意点やQ&Aのページでは、具体的に買い取れないアマゾンギフト券の種類などを丁寧に説明しているところもあるのです。
注意点が赤字で小さく最後の方にしか書かれていないサイトにも何かしらの注意点や買取ルールがあり、隅々まで見てみると書かれていることもあるでしょう。

ただし、電話受付の先で説明を受けるという業者では細かいことが最後まで書いてないこともあるため、ホームページ確認だけではわからないこともあるでしょう。

その場合は直接、タイプ・種類を聞いて買取できるギフトを用意したほうが効率的です。

ホームページにも色々あるみたいだけど、他の業者と同じってことはないのか?
まずないな。その業者だけでルールや買取タイプを決めているから、他者と同じという説明のときは、買取タイプ説明の記載がないってことだから、結局電話で聞くしかないということだ。
わかった。まずはホームページで最終手段が電話ってことだな。

アマゾンギフト券買取はチャージタイプが使えない

アマゾンギフト券買取はチャージタイプが使えない
今回は、チャージタイプのアマゾンギフト券買取について、業者の買取可否確認方法チャージタイプは一般的に買取不可な点について説明しました。

また、チャージタイプはギフト券の他のタイプと混同して呼ばれるカードタイプ・メールタイプがあり、正式なチャージタイプはそのどちらにも含まれないことを示しています。

買取を積極的にしている業者であってもチャージタイプが使えないのが普通です。アマゾンギフト券買取の際には、チャージタイプを間違って買わない、アカウントを売ろうとしないと言った点に気をつけて利用しましょう。