最少20万円~最大2憶円の調達に対応!事業資金エージェントのファクタリングとは?

ファクタリング事業資金エージェント

ライター:のぼる

流動性が低い売掛債権を譲渡・売却し現金に置き換えるファクタリングは魅力的な資金調達手段ですが、ファクタリング手数料の金銭的負担は決して小さくありません。

ファクタリングで債権取引を行うことで効率的な資金調達は実現できますが、手数料によって保有資産額が目減りしてしまうのは否めない事実です

理想的に資金調達を行うためには必要額に応じた額でファクタリングを利用したいものですが、取引債権額の上下限設定は業者であるファクターごとに異ります。

今回ご紹介する企業は、最少20万円~最大2憶円の調達に対応し、必要額に応じたファクタリングが行える事業資金エージェントです。

換金率や安全性などをスコアリングしながら詳しく紹介していきます。

最少20万円~最大2憶円まで調達可能!取引対応が柔軟な事業資金エージェントとは?

最少20万円~最大2憶円まで調達可能!取引対応が柔軟な事業資金エージェントとは?
ファクタリングで売掛債権を譲渡・売却して少額の資金ショートの資金繰りを行おうと思っても、ファクターが設定する取引債権額の下限を下回ると利用できないことがあります

また高額な資金調達を行う場合も取引債権額の上限までしか行えないので、取引債権額の上下限額はファクタリングで資金調達を行ううえで重要な要件の1つになります。

最少20万円~最大2憶円までの資金調達に対応する事業資金エージェントは、必要額に応じた利用が可能でニーズに柔軟に対応する魅力的なファクターだと言えるでしょう。

このあいだ知人がファクタリングで20万円を資金調達しようとしたら、取引額下限が50万円のファクターで30万円も多めに売掛債権を処分するハメになったってこぼしてたよ。
あぁ、ファクタリングはファクターが負うリスクが多いから、1度の取引でより多くの利益が見込める高額債権での取引の方が歓迎される傾向にあるからな。しょうがないよ。
だけど取引債権額に応じて手数料が変化するんだから、少額取引でも良いんじゃないの?どのファクターも少額債券の手数料の料率を高く設定するだろう!
だけど手数料30%で30万円の債権取引で得られるのは9万円だけど、15%でも100万円の取引なら15万円得られるから手数料率を下げてでも高額債権が欲しくなるんだよ。
なるほど、確かにそうだな。だから取引債権の下限額を大きめに設定するファクターが多いのか。ファクタリングは少額の資金調達とは相性が悪いってことなのか?
いや、上下限額を幅広く設定するファクターも存在するから大丈夫だ。資産の目減りを抑えた資金調達のためにも幅広い上下限額で資金調達できるのは重要だから見ていこう。

最少20万円~最大2憶円までの資金調達に対応する資金調達エージェントとは?

取引債権の上下限額を幅広く設定し最少20万円~最大2億円の資金調達に対応する資金調達エージェントは500万円まで最短3時間1,000万円まで即日対応しています。

資金調達エージェントの企業概要は次表のとおりです。

会社名事業資金エージェント(アネックス株式会社)
所在地東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビル5F
電話番号フリーダイヤル0800-805-1945
公式サイトhttp://js-agent.com/
設立年月非公開
取引方法2社間・3社間
取引速度最短3時間~
営業時間09:00〜19:00(平日)
資本金非公開
事業内容ファクタリング事業

公式サイト内の公開情報が若干薄い印象を受けますが、今回の調査で資金調達エージェントは2017年10月に資本金2,000万円で設立されたことが確認できました。

既述のとおり資金調達エージェントは500万円までの資金調達は最短3時間、1,000万円まで即日で調達できますが最大取引額の2億円の調達には最短3営業日必要です。

資金調達エージェントが提供するのはファクタリングなので業績不振で赤字決済や債務超過、リスケ中でも税金滞納などの差し押さえリスクがない利用者なら利用できます

また融資とは異なり利用できる資金調達手段
  • 無担保
  • 無保証人
  • 無金利
  • 無返済

売掛先を重視した審査が行われ二社間取引では利用者を対象にした審査も行われます

資金調達エージェントが提供するファクタリングの特徴とは?

既述のとおり資金調達エージェントでは500万円まで最短3時間、1,000万円まで即日対応のスピーディーな資金調達が行えますがこの場合の取引方法は二社間取引になります。

ファクタリングの取引方式は売掛先に債権譲渡通知を行う三社間取引と債権譲渡通知を行わず利用者とファクターのみで取引する二社間取引かに分類できます。

資金調達エージェントは三社間取引と二社間取引のどちらにも対応しているので、希望の取引方法で資金調達が行えます。

最短3時間も可能な500万円以下の資金調達は非対面取引にも対応しているので、会社に居ながら楽々資金調達することも可能です。

即日対応可能な1,000万円以下の資金調達の場合は案件ごとに非対面や担当者の出張などで対応しているので、万一に備えて相談や仮審査を行うのもおすすめです。

ファクタリングには取引債権額の約20%を留保して現金化を行う留保金設定が用いられるケースが存在しますが、資金調達エージェントも留保金設定を採用しています。

留保金を設定するとファクタリングで取引する売掛債権の満額を現金化することができませんが、売掛金が無事回収できれば利用者が留保金を回収できます

200万円の売掛債権を手数料8%で資金調達エージェントで現金化すると、50万円が留保され150万円分から手数料120万円を差し引いた138万円が振り込まれます。

利用者が売掛金を回収する二社間取引の場合、支払い期日に回収した200万円の売掛金から150万円を資金調達エージェントに支払うのが留保金設定のファクタリングです。

留保金設定なしの同条件でファクタリングすると利用者は200万円の売掛債権で得られるのは184万円ですが、留保金設定すればトータル188万円を得ることができます。

200万円の売掛債権で188万円を得るためには手数料率を6%にする必要があるので、留保金設定を行うファクタリングは実質換金率が高くなると言えるでしょう。

資金調達エージェントのファクタリングの利用申込から資金調達完了までの流れは次のとおりです。

利用申し込みから資金調達完了までの流れ
  1. 公式サイト内のネットからの申し込みページか電話で利用申し込み
  2. メールかFAXで必要書類を発信
  3. 提出書類を参考に審査及び見積もり作成(概ね所要1時間)
  4. 本契約締結
  5. 契約完了後に指定口座への入金(1,000万円以下は即日)

図解:資金調達エージェントのファクタリングの流れ

公式サイトでは資金調達エージェントの審査に必要な書類が公開されていませんが、一般的にファクタリングでの債権取引時に提出が求められる必要書類は次のとおりです。

債権取引時に提出が求められる必要書類
  • 直近3ヶ月の入出金明細(預金通帳)
  • 取引債権の契約書の控え
  • 成因証書(発注書や注文書)
  • 請求書(売掛債権)
  • 決算報告書

本契約には次に挙げる証明書類を提示する必要があるので、事前に準備しておくとスピーディーに手続きを進められます

  • 法人印鑑証明
  • 履歴事項全部証明書
  • 代表者の印鑑証明
  • 代表者の住民票
  • 通帳の原本
  • 運転免許証等の本人確認書類
  • 実印

留保金設定で効率的なファクタリングを実現!資金調達エージェントのスコアは?

留保金設定で効率的なファクタリングを実現!資金調達エージェントのスコアは?
資金調達エージェントでは留保金設定ありの効率的なファクタリングで500万円までなら最短3時間、1,000万円までも即日のスピーディーな資金調達が可能です。

しかしファクタリングで理想的資金調達を実現するのには複数の満たすべき要件が存在するのでこれらを確認しながら資金調達エージェントのスコアリングを行います。

なるほど!留保金設定ありの債権取引で実質現金化率を引き下られるんだ!資金調達エージェントは上下限額が広くてスピーディーな調達も可能だから最高だな!
確かに取引債権の上下限額を広く設定して1,000万円まで即日振込なうえに、留保金設定すれば実質現金化率が上がるから資金調達エージェントは魅力的だとは言えるだろうな。
なんだよ!もっと資金調達エージェントを絶賛しても良いんじゃないの?資金調達エージェントは完全無欠で全く隙のないファクターだと思うよ。俺は!
だけど留保金設定ありで1,000万円の資金調達するのには、一体いくら分の売掛債権が必要になるんだ?留保金設定が20%だったら1,250万円の売掛債権が必要になるんだぞ。
たっ、確かにそうだな。せっかく取引債権の上下限額を広く設定していても留保金設定があると結局必要額以上の売掛債権を用意する必要があるのか?あれっ?おかしいな?
まぁ、重箱の隅を突いてもしょうがないから、理想的な資金調達実現に求められる要件から資金調達エージェントが本当に利用価値の高いファクターなのかを判断して行こう。

理想的な資金調達を実現するファクターに求められる要件とは?

理想的な資金調達を実現するファクターに求められる要件とは?
「どのファクターを利用するのか?」がファクタリングでの資金調達を成功させられるかどうかのカギを握ると言っても過言ではないほど、業者選定は非常に重要になります。

次に挙げる要件を満たしたファクターを見極め、利用するのが理想的な資金調達を実現するためのカギになると言っても過言ではありません。

ファクターに求められる要件とは?
  1. 資金調達までの所要日数
  2. 業者手数料の妥当性
  3. 取引債権の上下限額
  4. ファクターの信頼性
  5. 契約内容の妥当性
  6. 個人事業主の利用の可否

業者手数料の妥当性(30点)

ファクタリングはファクター(業者)が自由に手数料を設定できるので手数料はファクターや三社間取引・二社間取引の取引方法でも異なります。

ファクタリングによる資金調達効率は手数料に大きく影響されるので、ファクターの手数料は非常に重要な要件となるので満点30点でスコアリングします。

ファクタリング手数料は業者が自由に設定できますが手数料相場は存在し、通常三社間取引は取引債権額の1~9%、二社間取引は10~30%が目安になります。

調査の結果資金調達エージェントの手数料は三社間取引で1.5~9%、二社間取引では5~20%が目安になることが確認できました。

手数料は審査結果で変化するものですが、三社間取引の手数料が若干割高だと言える一方で、二社間取引の手数料が抑えられていることが判ります。

三社間取引での利用が不利な点と二社間取引なら一般的な手数料相場より手数料を抑えられそうな点を考慮し、資金調達エージェントの業者手数料の妥当性は25点でスコアできます。

取引債権の上下限額(10点)

ファクタリングはファクターにとって不確定要素が多く負担するリスクが大きいことから、ファクターによっては少額の売掛債権の取引に対応していないケースも存在します。

しかしファクタリング手数料は決して少額ではなく、ファクタリングでの資金調達を繰り返すことは保有資産を目減りさせることを意味するので必要額を調達したいものです。

調査の結果資金調達エージェントは20万円~2億円までの資金調達に対応していることが確認できました。

20万円~2億円と非常に幅広い債権取引で、柔軟な資金調達の実現が期待できると考えられます

フレキシブルな取引の実現には欠かせない取引債権の上下限額のスコアは10点満点でスコアリングしますが、柔軟な取引に対応できる資金調達エージェントの上下限額は満点の10点でスコアできます。

資金調達までの所要日数(5点)

必要額のスピーディーな調達は理想的な資金調達手段の条件として重要ですが、通常調達スピードに大差がないので資金調達までの所要日数は満点5点を設定しています。

一般的な資金調達までの所要日数の目安は三社間取引は1~2週間、二社間取引は即日~3日間が目安で突発的な資金調達には二社間取引が適しています

調査の結果資金調達エージェントは500万円以下なら最短3時間、1,000万円以下でも即日で資金調達できます。

また1,000万円以上や時間が掛かる三社間取引の場合でも、最短3営業日で資金調達できることも確認できました。

資金調達速度は速いにこしたことはないので、スピーディーな資金調達にも対応できる資金調達エージェントの資金調達までの所要日数は満点の5点でスコアできます。

ファクターの信頼性(30点)

融資のように金融庁の監督下にあるわけではないファクタリングは参入障壁が低く、債権取引を装った違法融資を持ちかける悪徳業者が存在するのも事実です。

悪徳業者を利用してしまうと理想的な資金調達の実現はおろか、トラブルに巻き込まれかねないのでファクターの信頼性は重要視する必要があり満点30点を設定しています。

資金調達エージェント公式サイトの企業概要では設立年月と資本金が公表されていませんが、今回の調査で2017年10月に資本金2,000万円で設立されたことが確認できました。

また三社間取引は若干割高でも二社間取引では相場より手数料が抑えられ、留保金設定をすることでリスクヘッジし結果的に利用者に有利な資金調達を行っています。

通信会社の審査を通過する必要があるフリーダイヤルの設定があることなどからも、資金調達エージェントのファクターの信頼性は満点の30点でスコアできます。

契約内容の妥当性(20点)

ファクタリングは無担保・無保証人・無金利・無返済の取引で、万一譲渡債権が回収不能になっても買戻しが求められない償還請求権なしのノンリコースでの取引が一般的です。

また売掛債権は無形資産なので債権譲渡の事実が確認し難く二社間取引では債権譲渡登記を行うのが一般的なファクタリングの契約内容です。

資産の1つである売掛債権の譲渡・売却で資金調達するファクタリングでは契約内容の妥当性は重視すべき要件なので満点20点に設定しています。

今回の調査で資金調達エージェントはノンリコースでのファクタリングを行っていることが確認できました。

また原則債権譲渡登記を行うことも明記されていることが確認できましたが、

  • 500万円までなら会社にいながら楽々資金調達(非対面)
  • 1,000万円まで即日対応|弊社担当者が出張いたします。
  • 1,000万円以下に特化した非対面OK

など残念ながら表現の揺らぎが確認できました。

通常差し押さえリスクがあるとファクタリング利用が難しいものの、「税金滞納などで」という表記が確認できた点などもマイナスに働く要因だと言えます。

資金調達エージェント公式サイト内で散見する表現の揺らぎは残念ながらマイナス材料となるので契約内容の妥当性は15点でスコアします。

個人事業主の利用の可否(5点)

ファクタリングは中小・零細規模の会社の倒産防止に効果がある資金調達手段として、経済産業省が推奨し普及を後押しする効率的な資金調達です。

しかし一般的に個人事業者が資金調達にファクタリングを利用するのは困難なのが実状で、ファクタリングは法人向けの資金調達手段に位置付けられているもの事実です。

個人事業主も売掛債権を保有するケースが存在しますが、法人と比べると個人事業主がファクタリングで債権譲渡し現金化するハードルは高い傾向にあると言えます。

普及と共に利用者ニーズにマッチした個人事業主に対応するファクタリングも登場していますが、少数派なので個人事業主の利用の可否のスコアは5点満点を設定しています。

資金調達エージェントも公式サイトで個人事業主の利用に対しては明記されていませんが、調査の結果個人事業主の利用に対応しているケースが確認できました。

起業ブームや個人事業主としての独立が一般的になった現在、公式サイト内で個人事業主の利用への対応を明確にしていない点はマイナス材料だと考えられます。

案件ごとの対応も考えられますが、立ち位置を明確にしない資金調達エージェントの個人事業主の利用の可否は残念ながら2点のスコアです。

幅広い上下限額設定で柔軟な資金繰りが期待できる資金調達エージェントのスコア結果は?

幅広い上下限額設定で柔軟な資金繰りが期待できる資金調達エージェントのスコア結果は?
最少20万円~最大2億円の資金調達に対応できるファクタリングサービスを提供する資金調達エージェントをスコアリングしました。

図解:資金調達エージェントのスコア

スコアリングスコア87点となったアクティブサポートのスコアとスコアの決め手となった判定要素は、次表で判りやすく確認頂けます。

評価基準(満点の点数)資金調達エージェントの判定要素スコア
業者手数料の妥当性
(30点)
二社間取引の手数料相場が10~30%であるのに対し5~20%の資金調達エージェントの業者手数料は妥当25点
取引債権の上下限額
(10点)
20万円~2億円と非常に幅広く債権取引を行える資金調達エージェントの上下限額は好評価できる10点
資金調達までの所要日数(5点)500万円まで最短3時間、1,000万円まで即日入金が基本で、1,000万円以上や通常時間の掛かる三社間取引も最短3営業日で対応する資金調達エージェントの資金調達までの所要日数は評価できる5点
ファクターの信頼性
(30点)
留保金設定ありの取引や通信会社の審査を通過する必要があるフリーダイヤルの設定がある資金調達エージェントは信頼できると言える30点
契約内容の妥当性
(20点)
公式サイト内の重要な契約内容に表現の揺らぎが散見されるのは契約内容の妥当性のマイナス材料だと判断できる15点
個人事業主の利用の可否(5点)公式サイト内で個人事業主の利用に対する立ち位置が明確にされていないのが資金調達エージェントの個人事業主の利用対応のマイナス材料2点

資金調達エージェントのファクタリングはどんな利用者向きなのか?

資金調達エージェントのファクタリングはどんな利用者向きなのか?
取引債権の上下限額を幅広く設定し実質現金化率を向上させる留保金設定ありのファクタリングで資金調達できるのが資金調達エージェントです。

柔軟な資金繰りをスピーディーに行えることを考慮すると、トータルスコアは87点ですが十分利用価値の高いファクターだと言えるでしょう。

スコアリングスコア87点かぁ、思ったよりトータルススコアが伸びなかったな。なんだか残念な気持ちで一杯だよ。資金調達エージェントって魅力的なファクターじゃないの?
いやいや、87点のスコアって十分だと思うよ。若干公開情報が薄いっていうのが問題だし、公式サイト内に表現の揺らぎが散見できるだけで利用価値は高いと言えるだろ。
そっかぁ、俺的には500万円まで最短3時間、1,000万円まで即日対応っていう資金調達エージェントの太っ腹な対応が凄くお気に入りなんだけどなぁ。
なんだ、そこかよっ!まぁまぁ、スピーディーに資金繰りができるのは利用者にとって大きなメリットだからな。良しとしとこうかね。
けど、手数料を抑えられるはずの三社間取引の手数料が、若干割高に設定されてるってのは引っかかるよな。なんでだろ?二社間取引の手数料は頑張ってるのに。
そりゃ、キミ、そこ深読みしなきゃいけないところだろ!資金調達エージェントは二社間取引を中心に取扱う、いわば二社間取引に特化したファクターってことなんじゃないの?

二社間取引で活用すると資金調達エージェントの魅力を最大限に引き出せる!

二社間取引で活用すると資金調達エージェントの魅力を最大限に引き出せる!
20万円~2億円までの資金調達を実質換金率を向上できる留保金設定ありのファクタリングでスピーディーに行える資金調達エージェントは魅力的なファクターだと言えます。

しかし一般的に手数料を抑えた債権取引が行える三社間取引では、資金調達エージェントの魅力を十分に引き出すことができないと言えるでしょう。

資金調達エージェントの三社間取引手数料は相場より若干割高い設定されていて、逆に二社間取引の手数料が抑えられているのが三社間取引で十分に魅力が引き出せない理由です。

これは資金調達エージェントが、「二社間ファクタリングの取り扱いに力を入れている」ことを示唆し、二社間取引に特化したファクターだと捉えることができます。

500万円まで最短3時間や1,000万円まで即日対応を前面に押し出している点からも、資金調達エージェントが二社間取引に特化したファクターであることが汲み取れます。

二社間取引で取引先に知られることなくスピーディーに資金調達したい利用者にとって、資金調達エージェントは非常に魅力的なファクターとして機能すると言えるでしょう。

俺LOVE現金化の活用で理想的資金調達を実現するファクター選定が可能に!

非常に多くのファクターが存在するファクタリング市場で、理想的な資金調達を実現できるファクターを見極めるのは非常に困難なのが実状です。

事業資金エージェントのファクタリングとは?

  • 最少20万円~最大2憶円まで調達可能!
  • 二社間取引では500万円まで最短3時間、1,000万円まで即日対応
  • スコアリングを行った結果、トータルスコア87点

現金化専門情報サイト「俺LOVE現金化」は何十社ものファクターの取材を進めることで、利用者にとって利用価値の高い信頼できるファクターを洗い出しています

徹底調査で炙りだした「俺LOVE現金化」の利用価値の高いファクター調査結果を参考に、ぜひファクタリングで理想的な資金調達を実現してください。