還元ポイントを電子マネーに移行して現金化!楽天Edyの現金化とは

現金化 Edy

ライター:たける

QRコード決済の普及で、国内のキャッシュレス化はクレジットカードと電子マネープリペイド(前払い)式決済ツールによって、推し進められてきました。

今回の記事では、カードやモバイル、全国約55万ヶ所を超えるコンビニ・レストラン・スーパー・大型量販店などでの支払いに対応する楽天グループが提供する「電子マネーEdyの現金化」について紹介します。

プリぺイド(前払い)式決済手段の電子マネーとは?

プリぺイド(前払い)式決済手段の電子マネーとは?
国外でも、活発に取り扱われるクレジットカードやQRコードを使用する決済方法と、並び国内で広く普及する独自の支払い方法が、事前に情報化した金額内でのデジタル決済を行える電子マネーです。

前払いした金額内での利用に限られるため、万一、カードやモバイル端末を盗難や紛失で失った場合でも、被害を最小額に抑えられることなどから、広く普及する国内独自の決済方法だと言われています。

現金化と言っても、電子マネーは、事前に入金する必要があるのだから、現金化せずに入金しなければ、良いだけの話ではないのか?
確かに、現金同様に利用できるのが、電子マネーの魅力であるし、事前にチャージしたものを現金化するのも馬鹿げた話だな。しかし、Edyは、楽天が提供する電子マネーということを忘れているのではないか?
そうか!積極的にポイント還元をしている楽天の電子マネーが、Edyなのか?
そう、そこが今回の重要なポイントだと言えるな。積極的にポイント還元を行う楽天の電子マネーEdyについて確認していこう。

高い還元率が魅力的な楽天スーパーポイント

楽天グループは「楽天経済圏」と呼ばれるほど、生活に関わるさまざまなサービスの提供を行っていて、楽天グループのサービスを利用すると、「楽天スーパーポイント」が、高い還元率でポイント還元されます。

楽天スーパーポイントは、楽天サービスの利用時以外にも、非常に多くの支払いに使用できることが高く評価され、楽天グループは、1憶人を超える会員数を抱えています。

楽天グループの一角を担うのが、電子マネーEdyのサービスを提供する楽天Edy株式会社で、

Edyが基軸通貨であるもの

  • Euro(ユーロ)
  • Dollar(米ドル))
  • Yen(日本円)

に次ぐ、通貨になることを願い、各頭文字が使用されています。

Edyはチャージをしなくても増やすことが可能な電子マネー!

楽天スーパーポイントは、楽天の提供するサービスの利用や楽天のクレジットカードと同期させたスマホ決済サービス「楽天ペイ」での支払いで、0.5~3.0%の還元率で還元されます。

ス=パーポイントの価値は「1ポイント=1円」に設定されていて、年間1度以上、楽天カードを利用すれば、期間限定ポイント以外は、有効期限が延長され続けるので、ポイントが貯めやすく、楽天は高く評価されています。

獲得したポイントは、楽天カード・楽天ペイの支払いやANAマイル・お買いものパンダ弘通との交換が、一般的に知られていますが、楽天スーパーポイントは、Edyへの置き換えも可能で、ポイントを置き換えることによって、無チャージでEdyに課金できます。

特に、Edyへのポイント移行キャンペーン期間中に、Edyにポイントを置き換えると、さらに、置き換え額の1.0~5.0%のポイントが、プレゼントされるので、Edyへの置き換えは「ポイント移行キャンペーン」中に行うのがおすすめです。

ポイント移行で手に入れたEdyは現金化できるのか

ポイント移行で手に入れたEdyは現金化できるのか
本来、現金同様に使用できる電子マネーは、商品券のように位置付けされ、汎用性が高い反面、現金化に適さない特性があるのも事実です。

さらに、チャージしたEdyは、資金決済法が適用されるのに対して、還元された楽天スーパーポイントを置き換えたEdyは、資金決済法の適用外である企業ポイントに位置付けられるため、Edyの現金化には、ある程度の知識とコツが求められます。

還元された楽天スーパーポイントを置き換えたEdyを家族や友人、知人に送って買い取ってもらえれば、簡単にEdyの現金化ができるのではないか?
確かに、以前はEdy to Edyという機能が存在したから、譲渡・売却でEdyを現金化することができたが、譲渡できるEdyは、チャージしたものに限定されていたし、Edy to Edyのサービス提供は終了しているから、現在は譲渡・売却での現金化は不可能だな。
便利そうな機能なのに、サービス終了してるの?
じゃあ、Amazonギフト券や金券をEdyで購入して、金券ショップに売却すれば、効率的に現金化できるのではないのか?
目の付け所は悪くないが、残念ながらEdyでは、金券・ギフト券・新幹線回数券などの購入が禁止されているから、現金化のマストアイテムと言えるAmazonギフト券や新幹線回数券を利用できないんだよ。
それじゃ、現金化しないで、電子マネーとして使うしか方法がないのか?
なんとか、効率的に現金化する方法はないのか?
額面の資産価値を損なわず、利用するのは、Edyを電子マネーとして使用するのが最も効率的だと言えるが、資産価値減額が少ない現金化の方法はないこともないから確認していこう。

金券・ギフト券・新幹線回数以外で換金率の高いおすすめの商品とは?

換金率が高く、現金化のマストアイテムと言っても過言ではない、Amazonギフト券や新幹線回数券を含む金券類の購入が、禁止されているEdyを、効率的に現金化するためには、高額買取が期待できる商品を厳選購入する必要があります。

金券類以外で、高額買取が見込める商品として、高級ブランド品・貴金属・パソコン・カメラ・楽器・ゲーム機など商品価格が、高額なものが挙げられ、事前に、再販価格相場のリサーチが必要ですが、高い換金率での現金化が期待できます。

プレミアムが付くような商品であれば、購入価格以上で売却することも可能ですが、市場ニーズや商品情報などの知識が求められるのも事実ですので、効率的な現金化の実現には、確実な目利きが必要となります。

購入金額以上の現金化は、難しいものの平均的換金率が高いのが、購入ブランド品で、現金化のハードルが低い傾向にあるので、Edyで高級ブランド品を購入し、売却するがのが比較的確実な現金化の方法だと言えます。

高級ブランド品の売却であれば、購入金額の約6~7割の還元率で、Edyの現金化が行えますが、購入額より、3~4割もの金額が減額されるのは、勿体ないと感じる方が少なくないのではないでしょうか?

目利きができなくもEdyの現金化が可能!返品による現金化とは

購入商品の売却は、最もオーソドックスな現金化手段ですが、再販ニーズの高い商品以外では、効率的な現金化が難しくなるのも事実で、購入商品によっては、現金化できるのが支払ったEdyの半額に減額されるケースも存在します。

そこで注目したいのが、購入商品の売却ではなく、商品を返品することで、現金化を行う方法です。

クレジットカードを利用して、商品購入を行う場合は、商品購入後に返品すると、クレジットカードの利用を取り消して、相殺が行われるケースもあるので、返品による現金化ハードルは低くありませんが、電子マネーのEdyでは効果的です。

Edy to Edyのサービス終了、以前は電子マネーで返金することも可能でしたが、サービスが終了したことで、一度支払ったEdyを電子マネーとして返金できなくなり、現金での払い戻しが行われます。

しかし、返品によるEdy現金化は、同じ店舗で繰り返すのが、非常に難しいのも事実で、想定外の現金支払いが発生した際などの非常手段として、使用することをおすすめします。

またEdy以外の電子マネーを使用して、商品購入を行うと、電子マネーで返金されるケースも存在するので、返品による現金化には、Edyが最も適した電子マネーであると考えられます。

全国展開するユニクロはEdy現金化に有効活用できる

全国展開するユニクロはEdy現金化に有効活用できる
ファストファッションの代名詞と言っても過言ではないのが、全国で手広く展開しているユニクロですが、ユニクロは返品のハードルを大きく引き下げることで、気軽に商品を購入できるシステムを採用しています。

ユニクロの返品ハードルの低さを最大限に有効活用することで、Edyを効果的に現金化することも可能です。

ユニクロの返品ハードルが低いのは有名だが、ユニクロを活用して、Edyの現金化を行うこともできるのか?
そう、ユニクロは返品ハードルを下げることで、さらに気軽な商品購入を提唱し、実現しているから、ほかの店舗よりも、気楽に返品することができるな。
しかし、返品ハードルが低いからと言って、繰り返し現金化を行うのは難しいのではないか?
確かに、あまりにも頻繁に返品で、Edyの現金化を行うと、返品対応外になる可能性も否定できないな。しかし、楽天スーパーポイントを置き換えたEdyの現金化のサイクルを考えれば、頻繁な現金化は行えないだろうから、利用規約違反で、目を付けられるリスクは高くないと言えるだろう。
なるほど!現金化の現実的なサイクルを考えれば、ユニクロをEdy現金化のフィールドに有効活用することが、現実味を帯びてくるな。
そうだ、楽天ポイントを置き換えたEdyの現金化のフィールドに、最適なのではないかと考えられるユニクロの利用規約の返品について見てみよう。

購入商品の返品に企業を上げ前向きに取り組むユニクロ

ファストファッションのブランドとして、世界的な成功を収めたユニクロは、商品の新規購入を促すために、ファッション業界では異例と言えるほど、返品のハードルを引き下げています。

他社では、対応しない前向きに取り組みされています。

返品対応の要件
  • 商品タグを取り外し
  • 着用した商品
  • 試着商品として返品を受け付けている
  • 裾上げなど、お直しを行った商品も、
    購入から30日以内(2020年3月30日に3ヶ月から30日に改定)であれば、
    イメージやサイズが違う場合

などの理由での返品が可能です。

ユニクロの利用規約内で記載されている返品対応外の要件は「転売目的で購入した商品」と、「過度の返品・交換」ですので、ユニクロに目を付けられるほどの頻度で、現金化を行わなければ、Edyの現金化に活用できると言えるでしょう。

楽天スーパーポイントを置き換えたEdyの現金化であれば、過度の返品・交換に該当することもなく、Edyで購入した商品を返品し、現金を受け取ることが可能です。

ユニクロの返品条件として、レシートなどの利用明細の提出が求められ、購入店舗への持ち込みが推奨されていますが、購入店舗以外でも、返品と返金に対応しています。

Edyのチャージ上限額が、50,000円であることなどから高額な高級ブランド品より、ユニクロ利用が現金化に適当だと考えられますし、換金率の面でも返品を利用して、Edyの現金化を行うほうが効率的であるもの事実です。

Edy現金化のフィールドにユニクロを上手に活用するポイントは?

最終的に返品し、Edyの現金化を行のが目的で、ユニクロを利用する場合、購入商品に対して、どうしても興味を失いがちになりますが、返品が目的であることが余りにも露骨な場合は、転売目的の購入と捉えられる可能性が生じます。

入店後、品定めも行わず、手当たり次第に選んだ服をEdyで購入し、直後に「やっぱり返品する」と言っても、スタッフには非常に不愉快な行為に写りかねません。

顧客サービスの一環として、返品ハードルを引き下げているものの、ユニクロはEdyの現金化サービスを提供している訳ではないので、返品によるEdy現金化を疑われないにすることが重要です。

返品対応には慣れているスタッフは、返品希望者の真意を掴むことにも長けていますので、来客数が増える時間帯を避け、スタッフの手を煩わせないように、心がけることが気持ちよく、Edyの現金化を行うポイントだと言えます。

支払いの建て替えでもEdyは現金化できる

支払いの建て替えでもEdyは現金化できる
Edy to Edyのサービスを利用して、家族・友人・知人などに手持ちのEdyを送り、買い取ってもらう方法が、Edyの簡単な現金化手段でしたが、Edy to Edyのサービスが終了した現在はEdyの売却ができなくなりました。

しかし、Edyの電子マネーの機能と、家族・友人・知人を活用する現金化の方法が、全てなくなったと言う訳ではなく、商品購入やサービス利用料を建て替えることで、Edyを現金化することは可能です。

家族・友人・知人に手持ちのEdyを送れるEdy to Edyのサービス終了で、Edy現金化のハードルが上がってしまったのは、非常に残念だな。
確かに、家族・友人・知人間でEdyの売却ができなくなり、現金化にひと手間かかるようになったのは事実だが、電子マネー機能と家族・友人・知人を活用するEdy現金化の方法は残されているぞ。
なにっ!Edyの売却方法が、Edy to Edy以外にあるのか?
電子マネーの現金化は、何も売却に限ったものではないだろう。よく考えてみろ、ヒントは「まとめて会計する」だよ。
えっ!まとめて会計すると、Edyを現金化することができるの?
君、会食の幹事とか、やったことないだろ?
まとめて会計するEdy現金化を見ていこう。

Edy支払い対応の飲食店でEdyを現金化できる!

購入商品の売却や返品によるEdyの現金化には、家族・友人・知人などが関係せず、どことなく物悲しい印象があるのも否めないところですが、Edy支払い対応の飲食店でのEdy現金化は、みんなで楽しみながら行える現金化です。

会食費用を全額Edyで支払っておき、会食の参加者から建て替えた会食費用を徴収することで、手持ちのEdyを現金に置き換えることができます。

気心の知れた仲間達と楽しい時間を過ごした後で、Edyの現金化も行える、まさに一石二鳥の現金化手段だと言えます。

場合によっては「幹事の手間をかけてるから幹事は、無料でいいよ!」と嬉しい展開になるケースもあるので、積極的に活用する価値がある現金化手段だと言えるでしょう。

但し、人間関係に響くリスクもあるので期待しすぎは禁物です。

飲食費以外でも建て替え支払いでEdyは現金化できる

Edyの現金化が行えるのは、会食などの飲食費建て替えだけではなく、商品の代理購入でも行えます。

商品の代理購入は、購入商品の売却で行う現金化手法に非常に似ていますが、第三者に商品売却を行うのではなく、家族・友人・知人の代理で商品購入を行い、購入額を受け取る方法ですので、売却による減額リスクがないのが魅力です。

現在は、ポイントを集めることに情熱をかける方が少なくありませんが「ポイントの仕組みが良く判らないし面倒くさい」と考える層も、一定数存在するので、家族・友人・知人に商品の代理購入を提案してみると良いでしょう。

楽天のサービスを利用して代理購入すれば、代理購入のポイントを新たにEdyに置き換えることも可能となるので、代理購入を依頼してくれる方が近くにいる場合は、非常に魅力的な現金化手法だと言えます。

現金化手段を確保すればEdyはより効率的な電子マネーとなる

現金化手段を確保すればEdyはより効率的な電子マネーとなる
日本独自のキャッシュレス決済手段として、広く活用される電子マネーのなかでも、最大規模の利用者数を誇るEdyは、電子マネーとしての機能は、もちろん楽天グループ企業が運営し、ポイントの置き換えができるのが大きな特徴です。

本来、プリペイド(先払い)の電子マネーは、課金した金額内での支払いが可能となりますが、Edyは、貯まったポイントを置き換えれば、課金することなく、Edyを手に入れることもできる特殊な立ち位置の電子マネーだと言えるでしょう。

残金を確認し、必要に応じて課金するのが、電子マネーの基本的な使い方なのに、Edyはポイントさえ貯めていれば、課金せずに利用可能なのか?
そういうことだ。ポイントさえ効率的に貯められれば、課金しないで、現金同様に使える電子マネーを手に入れられるシステムが、Edyだと言えるな。
んっ?なんか似たようなシステムを何かの金融システムの説明で聞いたことがあるぞ。なんだっけ、存在しない資産価値を生み出すシステムって?
仮想通貨のマイニングだろ。取引承認作業をすると、作業報酬として仮想通貨がもらえるやつ。
それそれ!楽天ポイントを貯めてEdyに置き換えられるって、マイニングに似てないか?
確かに、企業ポイントを資産価値のある電子マネーに置き換えられる点は、似てるかもしれないけど、電子マネーと仮想通貨は全く別物だからな。
別物かも知れないけど、消費活動で得たポイントが、電子マネーとして復活するのは魅力的だよね。
Edyの運営が、高還元率でポイント還元を行っている楽天グループ企業によって、行われているのが大きいな。そういう意味では、他の電子マネー銘柄より将来的に、さらに普及する電子マネーに成り得るポテンシャルを持っていると言えるEdyについて、もう少し深く見てみよう。

ポイント還元の登場が使い切りの現金消費から消費スタイルを大変貌させた

資産価値の共通化を行える貨幣の登場は、最も原始的な消費活動である物々交換から貨幣を開示させる取引へと、消費スタイルを大変貌させ、世界的に貨幣経済が長く続きました。

使い切りの取引となるのが貨幣取引の特徴ですが、インターネット網の普及で、利用額に応じたポイントが還元される取引が注目され始め、現在ポイント還元がない場合は「割高で損な取引」と感じる消費者が多数派になったと言えます。

早くから高還元率のポイント還元を行うことで、ユーザー拡充を図り、現在の巨大グループに成長したことからも、楽天グループは、国内のポイントプログラムをリードする企業だと言っても過言ではありません。

高還元率で還元されたポイントを電子マネーに置き換えることで、現金同様の汎用性を実現するEdyは、新たな時代に通用するポテンシャルを秘めた電子マネーだと考えられます。

電子マネーは現金化せずにデジタル決済に使用するのが最も効率的

電子マネーは現金化せずにデジタル決済に使用するのが最も効率的
国内を代表する電子マネーと言えるEdyは、効率的に現金化する方法が存在しますが、電子マネーを最も効率的に使用できるのは、現金に置き換えることではなく、デジタル決済に使用することであるのも事実です。

購入商品の売却や返品、会食費用の建て替えや商品の代理購入などの手段で、Edyをの現金化は行えますが、購入商品の売却では購入費用より減額した現金しか手に入らないリスクがあります。

またその他の方法で、Edyを現金化する場合でも、時間的コストが必要になるため、電子マネーを現金に置き換える作業自体が、非効率的であると捉えるべきかもしれません。

電子マネーの汎用性をさらに向上させるEdyの現金化

近年の急激な普及で、電子マネーに代表されるキャッシュレス決済は、ポピュラーになったものの、汎用性の高さでは、長い時代経済活動を支えてきた現金に劣るのも事実です。

既にふれたとおり電子マネーは、デジタル決済で使用するのが、最も効率的であると言えますが、デジタル決済に対応していない店舗が存在するのも事実ですので、手持ちの現金が欠かせないのも実情です。

Edyを効率的に現金化する方法を身に付けることで、好還元率で貯めたポイントを電子マネーに置き換え、必要に応じて、現金に置き換えることが可能となり、経済活動の幅をさらに広げられると考えられます。

使用用途に合わせた決済手段を上手に駆使するのが新しい消費スタイル

使用用途に合わせた決済手段を上手に駆使するのが新しい消費スタイル
キャッシュレス化が推し進められるなかで、クレジットカードや電子マネー、QRコード決済が普及し、仮想通貨も実体経済の決済に使用され始めると言われています。

支払い手段が、増えることで経済活動が、さらに複雑に多様化することが予想されますが、各種の決済手段の特徴を的確に捉え、必要に応じて、現金化を行えるスキルを身に着けておくことが、今後消費者に求められるスキルになると考えられます。

最も流動性の高い現金を各決済手段から生み出す方法は、現在余り知られていないのも事実ですが、下記サイト「俺LOVE現金化」では、さまざまな現金化の裏技を数多く紹介し、新時代の消費者のバックアップを行っています。

まさか、こんな現金化の方法があるのか?という現金化テクニックを紹介していますので、俺LOVE現金化を参考に、電子マネーEdy以外にも、現金化手法をマスターし、快適な消費者ライフを送ってみては如何でしょうか?

俺LOVE現金化公式サイト:https://eki-mikawa.com/