売掛債権現金化でキャッシュフロー健全化を実現するファクタリングとは?

広告

売掛債権現金化でキャッシュフロー健全化を実現するファクタリングとは?

ライター:のぼる

法人経営者や個人事業主のなかには「入金は時間がかかるのに出金はアッという間、しかも次々に発生する!」と頭を抱えている方は少なくないのではないでしょうか?

円滑な事業運営にはキャッシュフローを健全化することが強く求められますが、国内の商習慣である「掛売」の仕組みが健全化を阻むのも残念ながら事実です。

そこで今回は、ファクタリングのメリット・デメリットや仕組みなどを詳しく解説していきます。

会社を経営してる知り合いが「ヤバい!会社が潰れそうだ!」って資金繰りに走り回ってるんだ。起業して一生懸命やって急成長して売り上げ好調だと思ってたんだけど。
急成長する会社や一見業績好調に見える会社でも、キャッシュフローが悪化すると大変になるからな。
そうなんだ。「売り上げが上がるほど仕入れ額が増えて支払いが追っつかないよ」って笑ってたから「贅沢な悩みだな」って言ってたんだけど、どうしたんだろう。
売り上げの多くが掛売だったんじゃないの?売掛債権が増えると経営者は資金繰りに苦労するからな。だけど掛売は日本の商習慣に根付いた仕組みだからしょうがないよな。
掛売?売掛債権?なんだそれ、たしか彼もそんな単語を口にしてたような気がするけど、その時もなんだか判らないからスルーしたんだよな。俺。
急成長した会社や業績順調な会社の経営者が資金繰りに頭を抱える原因となる掛売や売掛債権について見てみよう。

法人間での商取引の大部分は日本に根付いた商習慣の仕組み「掛売」で行われている

法人間での商取引の大部分は日本に根付いた商習慣の仕組み「掛売」で行われている
法人間取引でも小規模取引であれば現金決済されるケースもありますが、取引額が増加すると国内の商習慣に根付いた仕組みである掛売で取引されるのが一般的です。

掛売は個人消費で言うところの「ツケ払い」で、販売会社と購入会社間で取り決めた支払い条件に沿った形で取引を行います。

掛売での取引では取引時に決済されないので、売り上げが上がっても取り決めた支払い期日まで現金を手に入れることができません。

一般的な法人間取引では取引月の締日に1ヶ月分の売り上げを集計し請求書を発行して行いますが、請求額は請求月の翌月や翌々月に支払われるのが掛売の仕組みです。

このため仕入れの支払いのタイミングが売り上げ入金より早いケースでは、販売会社が支出の経済的負担ばかりを追う事態に陥ることになってしまいます。

しかし、帳簿上では取引期日に売り上げが売掛金として計上され資産として扱われるので、うっかり資金繰りに躓いてしまうと最悪のケースでは黒字倒産という結果に繋がります。

現金ではない売掛金が資産として扱われる仕組みとは?

既述のとおり売掛金は販売会社と購入会社で取り決めた、支払い期日や支払い方法などの支払い条件に沿った取引で発生します。

民法では掛売で商品購入した購入会社を債務者、債務者に対する債権になる売掛金を「売掛債権」という資産と位置付け、債務者には債務履行である支払いが義務付けられています。

債務者となる購入会社に支払いの債務履行が義務付けられているので、売掛債権は現金化できる資産として位置付けられるため、現金ではない売掛金が資産になる仕組みです。

資産と言っても売掛債権は現金とは異なり流動性が低いので、より流動性の高い現金に置き換える「売掛債権のオフバランス化」を推し進めることが円滑な事業運営に繋がります。

売掛債権を譲渡し現金化できる新たな資金調達手段がファクタリング

流動性が低い資産の売掛債権をファクタリング業者に譲渡・売却し、支払い期日より早く現金に置き換える資金調達手段がファクタリングです。

ファクタリングは2005年に「債権譲渡の対抗要件に関する民法の特例等に関する法律の一部を改正する法律」が施行されたことで考案された比較的新しい資金調達手段です。

売掛債権を譲渡することでオフバランス化を推し進められますし、本来より早く現金化することでキャッシュフローの健全化も実現できる資金調達手段として注目されています。

また2017年に120年振りに大幅な民法改正が行われ、2020年4月1日以降は売掛債権の譲渡禁止特約が無効化されたことも影響し益々活性化することが予想されます。

次項から売掛債権のオフバランス化と健全なキャッシュフローを実現できるファクタリングとは、一体どんな仕組みの資金調達手段なのかを紐解きながら解説します。

キャッシュフローを悪化させる売掛債権を現金に置き換えられるファクタリングとは

キャッシュフローを悪化させる売掛債権を現金に置き換えられるファクタリングとは
流動性が低い資産の売掛債権の存在が、「業績好調なのに手元の運転資金が少ない!」という不可解な状態の発生原因の1つとなっていることは既に紹介したとおりです。

流動性が低い資産の売掛債権を譲渡・売却して現金化しオフバランス化とキャッシュフロー健全化を実現するファクタリングとはどんな仕組みの資金調達手段なのでしょうか?

なるほど、資産として計上される売掛金の存在が円滑な事業運営の障害になっているんだ。知り合いの会社も売掛債権の影響で経営状態が悪化しているんだろうな。納得したよ。
そうだな。ひと口に会社の資産と言っても会社の資産にはいろんな形のものがあるからな。
よく企業の内部留保って言葉を見聞きするけど、業績好調でも売掛債権が多ければ内部留保にはならないんだな。
そのとおり。内部留保ってのは流動性の高い資産、つまり現金を意味するものと捉えていいものだから、売掛金がどんなに沢山あっても内部留保が多いとは言えないんだ。
事業運営に必要なのは「いかにして現金資産を増やせるか?」ってことなのか。やっぱり現金って重要なんだな。
だから売掛債権を現金化できるファクタリングが新たな資金調達手段として注目されてるし、急速に普及しているんだ。ファクタリングとはどのような仕組みなのか見ていこう。

ファクタリング取引の仕組みとは?二社間取引と三社間取引の二種類で行われる

現金化に時間がかかる売掛債権をファクタリング業者に譲渡・売却し現金化するのがファクタリングの仕組みですが、取引には二社間取引と三社間取引の二種類が存在します。

取引きは二種類

  • 販売会社とファクタリング業者の二社間で契約を結ぶ取引が二社間取引
  • 二社に加え債務者である購入会社の三社が合意のうえで契約を結ぶ取引が三社間取引

客先に知られず売掛債権を現金化できる二社間ファクタリングの仕組みとは?

売掛債権をオフバランス化できるファクタリングとはいっても、「客先に知られず資金調達を行いたい!」と考える経営者は少なくないのではないでしょうか?

二社間ファクタリングとは既述のとおり販売会社とファクタリング業者で契約する仕組みの二社取引で、客先に知られず売掛債権を現金化して資金調達することができます。

また二社間の契約で取引されるのでよりスピーディーに売掛債権を現金化することができるのも、二社間ファクタリングの大きな魅力だと言えるでしょう。

二社間ファクタリングでは売掛債権を譲渡して支払い期日より早く現金化を行いますが、「回収業務委託契約」を結び売掛金は通常どおり購入会社から販売会社へ支払われます。

販売会社は一旦受けとった売掛金をファクタリング業者に支払いますが、代金の着服トラブルを避けるため法務局で債権譲渡登記を行った後にファクタリング契約が成立します。

二社間ファクタリングのポイント

販売会社とファクタリング業者で契約

  • 客先に知られず売掛債権を現金化
  • よりスピーディーに現金化

債権譲渡を客先に通知する三社間ファクタリングの仕組みとは?

販売会社からファクタリング業者に売掛債権が譲渡されることを債務者である購入会社に通知し、購入会社の合意を得て取引が行われるのが三社間取引の仕組みです。

取引に購入会社の合意が必要なため二社間取引より時間がかかりますが、契約を締結すると購入会社からファクタリング業者に直接売掛金が支払われます。

購入会社から直接支払われることでファクタリング業者の未回収リスクが低下するので、二社間取引よりもファクタリング手数料を抑えられるのが魅力です。

三社間ファクタリングのポイント

販売会社、ファクタリング業者、購入会社、三社の合意

  • 二社間取引より時間がかかる
  • ファクタリング手数料を抑えられる

ファクタリングは償還請求権のないノンリコース取引で行われる

譲渡・売却した売掛債権が回収不能になった場合に

  • 譲渡者である販売会社に買い戻し義務が生じるのがウィズリコース契約
  • 買い戻し義務の生じないのがノンリコース契約

売掛債権同様に近未来の現金化が約束された手形を譲渡する手形割引は、不渡りの際に譲渡者が買い戻すウィズリコース契約で手形を現金化する仕組みの資金調達手段です。

しかしファクタリングは償還請求権のないノンリコース契約で取引するので、売掛債権譲渡と共に債権回収リスクもファクタリング業者に譲渡する仕組みで取引されます。

償還請求権のある取引は売掛債権を担保とした融資となりますが、ノンリコースで取引するのでファクタリングは融資ではなく債権の現金化に位置付けられます。

ファクタリングが急速に普及した理由は、スピーディーに現金化できることと債権と共に回収不能リスクをファクタリング業者に譲渡できることが影響していると考えられます。

利用には審査通過が必要な仕組み!信用調査が行われるファクタリングとは?

利用には審査通過が必要な仕組み!信用調査が行われるファクタリングとは?
流動性の低い売掛債権を現金に置き換えられるファクタリングは魅力的な資金調達手段ですが、信用調査などの審査を通過しなければ利用できない仕組みになっています。

二社間と三社間では審査対象が異なるので、審査の存在はどちらのファクタリングを利用するかの判断材料の1つになると言えます。

なるほど急速にファクタリングが普及しているのはファクタリングが非常に魅力的で効果的な資金調達手段だからなんだな。知り合いにも教えてやらないと。
そうだな。急速に普及していると言っても、ファクタリングでの資金調達はまだまだ知名度が高いとは言えないからな。
ノンリコースで融資ではないってことは利用申し込みすれば、どんな会社でもすぐにファクタリングで資金調達できるんだろう。
いや、ファクタリングは信用調査などの審査を通過しなければ利用できない仕組みだからどんな会社でも利用できるって訳ではないんだよ。実は。
利用前に審査があるの?だってファクタリングって売掛債権の譲渡・売却で現金化するサービスじゃないか。譲渡・売却にするのに審査通過しなきゃいけないのか?
ノンリコースのファクタリングは未回収リスクも一緒に譲渡されるっていうのがあっただろう、未回収リスクをできる限り低下させるために信用調査などの審査が行われるんだ。

債権未回収リスクを低下させるために行われる審査とは

償還請求権のないノンリコースで取引するファクタリングは、売掛債権と共に債権の未回収リスクもファクタリング業者に譲渡する取引になります。

譲渡する販売会社は未回収リスクがなくなりますが、現金で債権購入するファクタリング業者は債権回収できなければ購入代金全額が損失になるので契約前に審査を行います。

主な審査対象は債権者である販売会社や債務者である購入会社、譲渡される売掛債権などで次に挙げる要件が審査の対象になります。

  • 債務者である購入会社の信用調査
  • 債権者である販売会社の信用調査
  • 売掛債権の存在の真偽調査
  • 売掛債権が清算される期日

債務者である購入会社の信用調査とは

ファクタリング業者が最も気にするのは譲渡を受けた売掛債権が確実に回収できるかどうかですので、債務者である購入会社の業種経営状況信用度が重要視されます。

支払いで債務履行するのは購入会社ですので、二社間・三社間どちらのファクタリングを利用する場合でも購入会社の調査が重要ポイントになります。

大手企業であれば審査を通過しやすい傾向にありますが、事業規模が小さくても毎回期日どおりの支払いを行っていれば信用に十分値すると判断されます。

債権者である販売会社の信用調査とは

売掛金の受け取り権利である売掛債権は多重譲渡リスクや着服リスクがあるので、二社間ファクタリングの場合は購入会社と共に販売会社の信用調査も重要視されます。

また譲渡を受けた売掛債権が差し押さえの対象となると債権回収ができなくなるので、ファクタリングを利用する販売会社の税や保険料の納付状態などがチェックされます。

またファクタリングの審査では経営者の人柄なども重要視される傾向にあり、経営者としてのモラルに欠けると判断されると審査を通過できないケースも存在します。

売掛債権の存在の真偽調査とは

譲渡を受けた売掛債権が架空のものであれば債権回収ができなくなるので、販売会社と購入会社間で結ばれた発注書や受注書、契約書や請求書などで存在の真偽を調査します。

また実在する債権でも販売会社の月商を遥かに上回るような高額な売掛債権の場合は、売掛先の倒産などでの未回収リスクが高いと判断されるケースも存在します。

不良債権になる可能性がある売掛債権は、例え実在するものでもファクタリング業者が譲り受けないのはファクタリングがノンリコースで取引されることに起因します。

売掛債権が清算される期日とは

売掛債権は販売会社と購入会社間で取り決めた支払い条件の支払い期日に清算されますが、清算期日までの期間が長い債権は未回収リスクが増加するので敬遠されます。

ファクタリングに利用できるのは一般的に清算期日までの期間が2ヶ月間以内のものだと言われていて、それ以上長い場合はファクタリングでの現金化が難しいと言えます。

しかし一過性の取引ではなく継続性のある案件の場合はファクタリングの継続的な利用が期待できるので、売掛債権の属性も重要になると言えるでしょう。

売掛債権現金化のメリットとデメリットが共存するファクタリングとは?

売掛債権現金化のメリットとデメリットが共存するファクタリングとは?
キャッシュフローを悪化させる流動性の低い資産の売掛債権を譲渡・売却し現金化することでオフバランス化とキャッシュフロー健全化を両立できるのがファクタリングです。

魅力的な資金調達手段ですが売掛債権現金化にはメリットとデメリットがあるのも事実ですので、二社間・三社間でのファクタリングのメリットとデ゙メリットを紹介します。

ファクタリングでの資金調達って知れば知るほど魅力的だな。俺もファクタリングで資金調達したい気持ちになって来てるぞ!
ハハハッ。ファクタリングの利用には審査があるし、そもそも売掛債権を持たない個人じゃ残念だけど利用できないよ。
あっそうか、売掛債権が必要だもんな。だけどファクタリングでこれだけ魅力的な資金調達ができるんなら他の方法で資金調達する会社はなくなるんじゃないの?マジで。
たしかにファクタリングはメリットの多い魅力的な資金調達手段だけど、当然デメリットもあるんだ。
そうなの!ファクタリングにもデメリットがあるのかよ?すっかり完全無欠な資金調達手段じゃないのかと思ってたぜ。
二社間ファクタリング・三社間ファクタリング共にメリットとデメリットが存在するから、理想的な資金調達を実現するために確認しておこう。

二社間ファクタリングでの現金化利用のメリットとデメリットとは?

債権者である販売会社とファクタリング業者の二社間の契約で取引するに二社間ファクタリングは、債務者である購入会社に知られることなく資金調達できるのが魅力です。

どの会社も資金調達は非常に重要ですが、売掛債権の譲渡・売却での資金調達を行なうことで「経営が悪化しているのではないか?」と疑われる傾向にあるのも事実です。

秘匿性の高い取引で必要のない疑いを掛けられることなく資金調達が行えるのが、二社間ファクタリングの最大のメリットだと言えるでしょう。

また二社間だけの契約で取引できるので即日~3日間のスピード現金化が可能で資金調達速度が早いのも二社間ファクタリングのメリットだと言えます。

しかし回収業務委託契約を結び、販売会社が売掛金を回収してファクタリング業者に支払う必要があり、現金化後に手間がかかるのがデメリットと捉えられるケースがあります。

また秘匿性が高いため債権譲渡登記を行っても販売会社の着服リスクなどの未回収リスクが高くなるため10~20%の手数料が発生し三社間取引より高いのもデメリットです。

さらに未回収リスクが高いことから三社間取引より二社間ファクタリングの方が厳しく審査が行われる点もデメリットとして挙げられるケースが存在します。

二社間ファクタリングのメリット・デメリット

メリット

  • 購入会社に知られない秘匿性の高い取引
  • 資金調達速度が早い

デメリット

  • 現金化後に手間がかかる
  • 手数料が高い

三社間ファクタリングでの現金化利用のメリットとデメリットとは?

売掛債権が販売会社からファクタリング業者に譲渡されることを債務者である購入会社に通知する三社間取引はファクタリング業者が直接売掛金を回収します。

ファクタリング業者が直接回収するので現金化の手間が省けますし、未回収リスクが低下するので2~9%の手数料で利用できるのも三社間ファクタリングのメリットです。

また未回収リスクが低下するために二社間取引より審査を通過しやすく、主な審査対象が購入会社になるので販売会社の経営状態が悪くても利用できる確率が高いのも魅力です。

しかし債権譲渡を通知し合意を得る必要があるので現金化まで15~30日かかるケースが多く、資金調達に時間がかかるのがデメリットになります。

また売掛債権譲渡での資金調達を行なうことで取引先からの信用が低下するリスクがある点も三社間ファクタリングの弱点だと言えます。

三社間ファクタリングのメリット・デメリット

メリット

  • 現金化の手間が省ける
  • 手数料が安い
  • 審査を通過しやすく利用できる確率が高い

デメリット

  • 資金調達に時間がかかる
  • 取引先からの信用が低下するリスク

ファクタリング業者の上手な選び方や利用の流れ・必要書類は?

ファクタリング業者の上手な選び方や利用の流れ・必要書類は?
ファクタリングは融資はないものの、利用には審査を通過する必要がありますが、無事審査を通過すれば売掛債権を譲渡・売却して現金に置き換えられます。

ファクタリングの利用の流れや利用契約の必要書類、上手なファクタリング業者の選び方などを紹介します。

なるほどね。ひと口にファクタリングと言っても二社間と三社間のどちらを選ぶかっていうのは重要になってくるんだな。
そういうこと。ただ売掛債権を譲渡・売却して現金化するだけがファクタリングじゃないから、より理想的な資金調達を実現するためにも特徴を掴んでおくことが重要だな。
ということはファクタリング業者の選び方も現金化効率に影響しそうだな。できるだけ手数料の安いファクタリング業者を利用した方がより多くの現金に置き換えられるもんな。
鋭いねぇ。どのファクタリング業者を利用するかでファクタリングが成功するか否かに別れると言っても過言ではないだろうな。
なら上手なファクタリング業者の選び方を確認しておかないとな。ついでに利用申し込みに必要となる書類なんかも知っておくと効率的に現金化できるんじゃない?
それそれ、今から俺が言おう思ってたところだから先取すんだよ。という訳で上手なファクタリング業者の選び方や手続きの必要書類を確認して行こう!

理想的な資金調達を実現するためのファクタリング業者の選び方とは?

ファクタリングで効率的な資金調達を行うためには、ファクタリング業者の手数料のほか次に挙げる要件を確認する必要があります。

  • 審査の厳しさや基準
  • 現金化に必要な時間
  • ノンリコース対応の是非

ファクタリング業者の手数料

ファクタリング業者の手数料は資金調達額に直截影響するので非常に気になる点ですが、既に紹介したとおり二社間と三社間では手数料相場が次のように大きく異なります。

手数料相場

  • 二社間ファクタリング:10~20%
  • 三社間ファクタリング:2~9%

秘匿性の高い資金調達ができる二社間ファタクタリングは三社間ファクタリングより手数料が高額になるので、高い現金化効率を希望する場合は三社間がおすすめです。

また繰り返し利用することで、上記の手数料相場よりファクタリング業者の手数料が下がるケースも存在するので優良業者をリピートするのもおすすめです。

審査の厳しさや基準

二社間・三社間共に債務者である購入会社の審査を行いますが、特に二社間ではファクタリングを利用する販売会社が厳しく審査されます。

しかし売掛金の支払いを行う購入会社に軸足を置いた審査を行ったり赤字決済・税金滞納・個人事業主でも柔軟に対応するファクタリング業者も存在します。

仮に手数料が安くても余りにも審査基準が高く審査が厳しいファクタリング業者では、資金調達実現のハードルが高くなるので利用を見送るべきだと言えるでしょう。

現金化に必要な時間

売掛債権を譲渡・売却し現金化するまでの期間目安も二社間・三社間のどちらのファクタリングを利用するかで次のように異なります。

現金化までの時間

  • 二社間ファクタリング:即日~3日
  • 三社間ファクタリング:15~30日

資金調達は事業運営に直接影響するので、できるだけ短期間で売掛債権を現金に置き換えられるファクタリング業者を利用したほうが効果的なのは言うまでもありません。

ノンリコース対応の是非

ファクタリングはノンリコース契約で取引する資金調達なので融資には該当しませんので、貸金業法の適用外の取引となります。

しかし悪徳業者のなかにはノンリコースではなく償還請求権ありのウィズリコースで売掛債権の買取りを行い、未回収になると販売業者に買戻しを求めるトラブルが存在します。

償還請求権ありのウィズリコース契約は売掛債権を担保とした融資になるので、貸金業法が適用され金融庁から貸金業者の認定を受けた業者しか取引できません。

チェック!
貸金業者の認定を受けずノンリコース契約に対応していないファクタリング業者は悪徳業者の可能性が高くなる。

ノンリコース対応の是非は必ず確認してください。

上記4つ以外の失敗しないファクタリング業者の選び方も存在する

既述の4つのポイントに加えてファクタリング業者の選び方に重要となるのは

  • 取引額の上限と下限
  • ファクタリング業者の会社概要
  • 創業からの経過年数
  • 担当者の対応態度

などをチェックしながら利用するファクタリング業者を選ぶと悪徳業者を引き当てるリスクを低下させられますので、全8つのポイントに注意するのが上手な選び方です。

ファクタリングでの資金調達の流れと手続きに必要となる書類

ファクタリングでの資金調達の流れと手続きに必要となる書類
ファクタリングでの資金調達の流れや手続きの必要書類も二社間・三社間では次のように異なります。

二社間ファクタリング

利用の流れ

  1. 販売会社と購入会社間で売掛債権が発生
  2. 販売会社がファクタリング業者に利用申し込み
  3. ファクタリング業者でのヒアリング調査
  4. 必要書類提出
  5. ファクタリング業者の審査
  6. 審査通過後契約締結
  7. 法務局に債権譲渡登記(ファクタリング業者)
  8. 手数料を差し引いた金額を現金化
  9. 購入会社から支払われた売掛金をファクタリング業者に支払い

必要書類

  • 商業登記簿謄本(3か月以内のもの)
  • 納税証明書
  • 出入金履歴が確認できる通帳
  • 代表者の印鑑証明書
  • 本人確認書類(免許証・パスポートなど)
  • 売掛金一覧表
  • 売掛債権の発注書や受注書、契約書や請求書
三社間ファクタリング

利用の流れ

  1. 販売会社と購入会社間で売掛債権が発生
  2. 販売会社がファクタリング業者に利用申し込み
  3. ファクタリング業者でのヒアリング調査
  4. 必要書類提出
  5. ファクタリング業者の審査
  6. 債務者である購入会社に債権譲渡を通知
  7. 審査通過後契約締結
  8. 手数料を差し引いた金額を現金化
  9. 購入会社が売掛金をファクタリング業者に支払い

必要書類

  • 商業登記簿謄本(3か月以内のもの)
  • 納税証明書
  • 出入金履歴が確認できる通帳
  • 代表者の印鑑証明書
  • 本人確認書類(免許証・パスポートなど)
  • 売掛金一覧表
  • 購入会社との取引や入金履歴の確認書類
  • 売掛債権の発注書や受注書、契約書や請求書

必要書類を揃えておくことでよりスピーディーな資金調達を実現することができます。

上記の必要書類以外にもファクタリング業者ごとに提出を求められる書類が発生するケースがあるので、事前に必要書類を確認しておくことをおすすめします。

ファクタリングで売掛債権を効率的に現金化するには情報収集が重要!

ファクタリングで売掛債権を効率的に現金化するには情報収集が重要!
キャッシュフローを悪化させる売掛債権を支払い期日より早く現金化できるファクタリングは、円滑な事業運営の実現に非常に効果的な資金調達手段だと言えます。

多種多様なファクタリング業者がファクタリングによる現金化サービスを提供していますが、償還請求権ありでの契約や法外な手数料を請求する悪徳業者も存在します。

ファクタリングで理想的な資金調達を実現させるためには、信頼できる手数料の安いファクタリング業者の利用が絶対条件になるといえるでしょう。

現金化に特化した情報サイト「俺LOVE現金化」では、ファクタリング市場やファクタリング業者の最新情報を調査し公開しています。

俺LOVE現金化の掲載情報をフル活用して優良なファクタリング業者を利用し、効率的で理想的な資金調達を実現してみてはいかがでしょうか?

俺LOVE現金化は徹底した調査で収集した最新のファクタリング情報で、円滑な事業運営を実現する効果的な資金調達を力強くサポート致します!
KW「比較文章作成の記事」
文字数2,500

ファクタリングの不確定要素は業者選択!理想的な資金調達のために業者を徹底比較

事業を運営しているとキャッシュフローの悪化や想定していなかった支払いなど、さまざまな理由で資金調達の必要に迫られるシチュエーションが発生します。

通常、資金調達は融資を受けるデッドファイナンス、投資を募るエクイティファイナンスなどの外部資金を獲得する方法か、保有資産を処分するアセットファイナンスで行います。

しかし外部資金を獲得する方法には次の不確定要素が存在するので、資金ショートなど突発的に資金調達の必要に迫られた場合での利用は現実的ではないと言えるでしょう。

不確定要素

  • デッドファイナンスの不確定要素:融資審査の審査落ちの可能性
  • エクイティファイナンスの不確定要素:必要額が投資額で達成できない可能性

売掛債権の譲渡・売却で資金調達するファクタリングは、利用時に審査が行われるものの、売掛先の信用を重視した審査なので資金繰りが苦しい利用者でも審査通過が可能です。

また融資の審査結果は信用情報機関で共有されますが、ファクタリングの審査結果は共有されず、審査落ちした書類を他業者に持ち込んで審査通過できることが珍しくありません。

融資を受ける方法や投資を募る方法に存在する不確定要素が非常に少ないのが、資産の1つである売掛債権を資金に置き換えるファクタリングだと言えるでしょう。

審査基準や手数料は業者によって大きく異なるので、理想的な資金調達を実現させるカギは業者選択となり、

業者選択がファクタリングの不確定要素

に位置付けられます。

しかし融資とは違い金融庁の監督下にあるわけではなく、貸金業者以外でも取り扱えるので多種多様な業者がファクタリングに参入しているのが実状で、業者選択が困難なのも事実です。

数あるファクタリング業者のなかから理想的な資金調達を実現できる業者を見極めるため、数十社に対する独自調査を行い徹底比較した結果をランキング形式で可視化してみました。

評価スコアの高い信頼できるファクター(業者)の利用は資金調達に非常に重要なので、初めてファクタリングで資金調達を行うのでも既に利用中でも参考にして頂けます。

ファクタリング業者をランク付けし比較するスコアの評価基準とは

ファクタリング業者をランク付けし比較するスコアの評価基準とは
ファクターをランク付けし比較することは、安全かつ効率的な資金調達を実現できる信頼できる業者を炙りだすことに繋がり、利用者の業者選定の参考になると考えられます。

またファクターが取り扱う債権譲渡の取引方法を掴んでおくことで、利用ニーズにマッチした取引方法での資金調達を実現するのもランキング活用方法の1つです。

既にファクタリングで資金調達を行っている場合でも、ランキングスコアの高いファクターへ乗り換えることでさらに効率的な資金調達を実現できると言えるでしょう。

利用ファクターを最終的に判断するのは利用者ですが、少なくとも優良ファクタリング業者を見極める判断材料としてランキング順位や評価基準を活用することができます。

俺LOVE現金化ではファクタリング業者をランキングする際に、次の評価基準でスコアリングを行っています。

俺LOVE現金化の評価基準

  • 業者手数料の妥当性
  • 取引債権の上下限額
  • 資金調達までの所要日数
  • ファクターの信頼性
  • 契約内容の妥当性
  • 個人事業主の利用の可否

業者手数料の妥当性(30点)

ファクタリングは利用者からファクターへ債権譲渡されることを売掛先に通知する三社間取引と通知しない二社間取引に分類され、取引方法によって手数料が異なります。

ファクタリングの手数料は業者が自由に設定できますが、手数料相場は、

三社間取引は取引債権額の1~9%、二社間取引は10~30%

が目安になります。

この目安額と異なるファクターを利用すると効率的な資金調達が難しいのはもちろん、利用によってトラブルに巻き込まれる可能性も潜むので重要ポイントだと言えます。

取引債権の上下限額(10点)

ファクターによって最少取引額や最大取引額が異なるので、少額の調達に適した業者と高額な調達に適した業者が存在します。

調達額が異なっても手数料以外に生じる諸経費は大きく変化しないので、調達目標額によって最適なファクターを選ぶのが1ステップ上のファクタリング活用術だと言えます。

資金調達までの所要日数(5点)

理想的な資金調達手段の条件には、「必要に迫られた資金調達を迅速に完了させられる」という要件が含まれると言えます。

資金調達までの所要日数は、

三社間取引は1~2週間、二社間取引は即日~3日間

が目安になり突発的な資金調達には二社間取引が適しています。

資金調達までの所要日数はファクターによって異なるので、資金調達速度が早い業者は利用価値が高いと捉えることができます。

ファクターの信頼性(30点)

ファクターの公式サイト内で企業概要を確認できますが社名や所在地、メールアドレスだけなど情報量が少ない業者は利用を控えるべき悪徳業者である可能性が高い傾向にあります。

また事業継続期間が長いファクターは多くの顧客に利用されている優良業者であると考えられるので、ファクターの信頼性は公開情報量や創業年数などから図ります。

!信用度をチェック!

  • 公開情報量:情報量が少ない業者は悪徳業者である可能性が高い傾向
  • 創業年数:事業継続期間が長いファクターは多くの顧客に利用されている優良業者と考えられる

契約内容の妥当性(20点)

ファクタリングは、

無担保・無保証人・無金利・無返済で利用でき、譲渡債権が回収不能になっても買戻しが求められない償還請求権なしのノンリコースでの取引

が一般的です。

悪徳業者はこれらのファクタリングの基本的な取引ルールを無視した取引を持ちかけるので、契約内容の妥当性が疑われる業者の利用は見送るべきだと考えられます。

個人事業主の利用の可否(5点)

中小・零細規模の会社の倒産防止に効果があるとしてファクタリングは、経済産業省が推奨し普及を後押しする資金調達です。

しかし個人事業者がファクタリングで資金調達するハードルは決して低くないので、個人事業主でも利用できるファクターはポイントが高いと捉えることができます。

評価基準とスコア評価基準について
業者手数料の妥当性
(30点)
ファクタリングは利用者からファクターへ債権譲渡されることを売掛先に通知する三社間取引と通知しない二社間取引に分類され、取引方法によって手数料が異なります。

ファクタリングの手数料は業者が自由に設定できますが、手数料相場は存在し三社間取引は取引債権額の1~9%、二社間取引は10~30%が目安になります。

この目安額と異なるファクターを利用すると効率的な資金調達が難しいのはもちろん、利用によってトラブルに巻き込まれる可能性も潜むので重要ポイントだと言えます。

取引債権の上下限額
(10点)
ファクターによって最少取引額や最大取引額が異なるので、少額の調達に適した業者と高額な調達に適した業者が存在します。

調達額が異なっても手数料以外に生じる諸経費は大きく変化しないので、調達目標額によって最適なファクターを選ぶのが1ステップ上のファクタリング活用術だと言えます。

資金調達までの所要日数
(5点)
理想的な資金調達手段の条件には、「必要に迫られた資金調達を迅速に完了させられる」という要件が含まれると言えます。

資金調達までの所要日数の目安は三社間取引は1~2週間、二社間取引は即日~3日間が目安になり突発的な資金調達には二社間取引が適しています。

資金調達までの所要日数はファクターによって異なるので、資金調達速度が早い業者は利用価値が高いと捉えることができます。

ファクターの信頼性
(30点)
ファクターの公式サイト内で企業概要を確認できますが社名や所在地、メールアドレスだけなど情報量が少ない業者は利用を控えるべき悪徳業者である可能性が高い傾向にあります。

また事業継続期間が長いファクターは多くの顧客に利用されている優良業者であると考えられるので、ファクターの信頼性は公開情報量や創業年数などから図ります。

契約内容の妥当性
(20点)
ファクタリングは無担保・無保証人・無金利・無返済で利用でき、譲渡債権が回収不能になっても買戻しが求められない償還請求権なしのノンリコースでの取引が一般的です。

悪徳業者はこれらのファクタリングの基本的な取引ルールを無視した取引を持ちかけるので、契約内容の妥当性が疑われる業者の利用は見送るべきだと考えられます。

個人事業主の利用の可否
(5点)
中小・零細規模の会社の倒産防止に効果があるとしてファクタリングは、経済産業省が推奨し普及を後押しする資金調達です。

しかし個人事業者がファクタリングで資金調達するハードルは決して低くないので、個人事業主でも利用できるファクターはポイントが高いと捉えることができます。

ファクタリング業者をランク付けしてたランキング一覧で違いを比較してみよう

ファクタリング業者をランク付けしてたランキング一覧で違いを比較してみよう
既述の評価基準でスコアリングを行ったなん十種ものファクターをランク付けして比較した結果、次表のなかで一覧にまとめることができました。

ランキングは以下のスコアリング合計点数を基準として判断し行っています。

  • Sランク:90点以上(9割以上の得点)
  • Aランク:80点以上(8割以上の得点)
  • Bランク:70点以上(7割以上の得点)
  • Cランク:60点以上(6割以上の得点)
  • Dランク:60点未満
/評価基準(満点の点数)
ファクター名業者手数料の妥当性
(30点)
取引債権の上下限額
(10点)
資金調達までの所要日数
(5点)
ファクターの信頼性
(30点)
契約内容の妥当性
(20点)
個人事業主の利用の可否(5点)ランク
アクティブサポート二社間取引手数料が
2.0~14.8%
30点
取扱債権額30万円~
1億円
10点
最短2時間で調達完了
5点
詳しい情報公開とフリーダイヤル対応
30点
取引表現の揺らぎや債権譲渡登記不要の取引詳細が非公開
15点
小口債権ファクタリングで対応
5点
S


この記事を書いたライター
のぼる
大学卒業と共に就職したものの、会社の先輩と行ったキャバクラにハマってしまいあっという間に生活費がカツカツで苦しい状況に。

クレジットカードも限度額まで使っていて、キャッシングも無理。
そこで消費者金融での借り入れを検討するが、会社にバレたら恥ずかしいと悩んでいた際、先輩にファクタリングを教えて貰う。

最初は不慣れなこともあり、計画的な利用が出来ずにヤバイ状況に。
その結果、キャバ嬢への熱は冷めたものの、ファクタリング自体は便利だと利用を始め色々な業者を経験。

現金が必要なのにファクタリングを知らない人が多いことから、情報発信の必要性を感じこのサイトで記事を書き始める。
自分のような失敗をしないように、初心者向けの注意点なども解説しています。

執筆した記事一覧はこちら