スピーディーかつ確実な資金繰りをファクタリングで実現させるための必要書類とは?

ファクタリング 必要書類

ライター:のぼる

事業資金調達は調達後にキャッシュフローを正常に戻すことができる方法で行うことと共に、資金調達実現までのスピードが速いことが重要になります。

資金調達手段にはいくつかの種類が存在しますが、保有資産の売掛債権を譲渡・売却で処分して現金に置き換えるファクタリングが、効果的な調達手段として活用されています。

政府推奨の資金調達手段で効率的な資金調達が行えますが、審査通過が利用条件となるのでスピーディーかつ確実に審査通過するために、ファクタリングの必要書類を紹介します。

債権取引のファクタリングは政府が推奨する効率的な資金調達手段!

事業資金の調達方法として資金を借入れる融資の利用や投資を募る方法が挙げられますが、不確定要素が多く確実な資金調達手段とは言い難いのも事実です。

保有資産を処分する方法が最も確実に事業資金を調達できる方法だと考えられますが、不動産などの有形資産の処分には時間がかかり効率的ではないと言えるでしょう。

どの保有資産を処分するか?」が資金調達のポイントになり、資金繰りの足を引っ張る厄介な資産の売掛債権を現金化するファクタリングは効率的資金調達手段だと言えます。

事業資金の資金繰りって借入とか投資を募るかたちでもできるじゃない?保有資産を処分して資金調達するファクタリングどっちが効率的な資金調達手段なんだろう?
借入資金のデッドファイナンスや投資を募るエクイティファイナンスの外部資金導入は会社の総資産が膨んで財務指標的な会社の評価を落とすことに繋がりかねないからな。
と言うことは、保有資産の処分で資金調達するファクタリングは総資産を膨らませずに事業資金調達できるって点が評価されて多くの利用者に活用されているってことなのか?
まぁ、総資産を増やさず資金調達できるのも普及の理由だけど、外部資産の導入より不確定要素が少ないってのも大きく影響しているって言えるだろうな。
不確定要素?デッドファイナンスやエクイティファイナンスには不確定要素が多いのか?ファクタリングには不確定要素が少ないってことなの?どういうことなんだ?
審査ハードルが高いのが融資の、募っても集まるか判らないのが投資の不確定要素になる。ファクタリングも審査するけど融資より厳しくないからそれぞれの仕組みを確認するか。

ファクタリングは不確定要素が少ない?少ない不確定要素は効率的資金調達の条件!

ファクタリングは不確定要素が少ない?少ない不確定要素は効率的資金調達の条件!
資金調達の必要に迫られるケースでは、通常「どのくらいの金額をいつまでに」という調達目標がハッキリしていて、期日までに目標額を調達する必要があるのが一般的です。

金融機関の融資で資金を借り入れるためには非常に厳しい融資審査を通過する必要があり、審査に通過できなければ資金繰りに行き詰まるリスクがあると言えます。

投資での資金調達は株式公開した事業規模の大きな企業が行うのが一般的ですし、クラウドファンディングで投資を募っても資金調達に失敗すれば資金繰りに行き詰まります。

自己資産が少ない場合、融資や投資を募り外部資金が導入できれば魅力的だとも言えますが、期日や調達額が決まった資金繰りに利用するのは不確定要素が多くハイリスクです。

アセットファイナンスは保有資産を処分する資金調達手段なので、融資や投資よりも不確定要素が小さく想定内の資金調達リスクで資金調達を実現できると考えられます。

保有資産処分では「どの資産で資金調達するか?」がポイントになり、キャッシュフロー悪化の原因になる売掛債権を現金に置き換えるファクタリングは効果的だと言えます。

スピーディな即日現金化も?ファクタリングのスピーディな資金調達は魅力的!

ファクタリングには売掛先に債権譲渡を通知して取引する三社間取引と、利用者と業者だけで取引する二社間取引という取引方法があり、どちらかの方法を選んで取引します。

取引関係者数が多い三社間取引は業者の回収不能リスクが少ないので、手数料を抑えられますが資金調達に1~3週間程度の時間が必要になります。

利用者と業者だけで取引する二社間取引では売掛金回収を利用者が行い、回収資金を業者に支払うので業者は利用者の着服リスクも負うので三社間取引より手数料が高額です。

しかし取引関係者が二社だけなので即日~数日のスピーディーな資金調達が可能で、突発的な資金ショートにも対応できるのが魅力だといえるでしょう。

ファクタリングは融資ではない!しかし利用の際には審査が行われる

貸付資金の元本に加え融資額や返済期間に応じた利息を返済する必要のある金融機関の融資では、非常に厳しい審査が行われ審査通過のハードルの高さが不確定要素になります。

ファクタリングは保有資産の1つ売掛債権を譲渡・売却する債権取引なので、融資と違い無担保・無保証人・無金利・無返済で利用できますが審査通過が利用条件になります。

売掛債権は資産に該当しますがあくまで売掛金を回収する権利なので、売掛債権には回収不能リスクが存在するのが原因で三社間取引では主に売掛先が審査されます。

また売掛金回収を利用者が行う二社間取引は着服リスクを下げるため、売掛先と共に利用者も審査対象になります。

しかし返済が発生しないファクタリングでは売掛債権の回収不能リスクが審査されるので、融資より審査ハードルが大きく引き下げられていると言えます。

このため金融事故を起こして信用情報に傷がある利用者でも、審査に通過しファクタリングで資金調達を実現できる利用ハードルの低さはファクタリングの魅力だと言えます。

融資審査に落ちると審査落ち情報が信用情報機関に登録・共有されるので、他の金融機関審査の通過が難しくなりますが、ファクタリングは審査落ち情報が共有されません。

仮に1社で審査落ちしてもそのまま同じ必要書類を他業者に持ち込んで審査通過し、資金調達できるケースも珍しくないのがファクタリングでの資金調達の実状です。

ファクタリングは審査落ちでも他業者で資金調達可能!しかし資金調達速度が下がる

ファクタリングの審査基準は業者で異なるので、審査落ちした必要書類をそのまま他社に持ち込み資金調達できることは珍しくありませんが、資金調達速度は低下します

即日現金化も可能な二社間取引は突発的資金ショートに対応できますが、審査落ちすると資金繰りに時間がかかるのでせっかくの仕組みをフル活用できなくなります。

スピーディーな資金調達も効率的な資金繰り条件なので、ファクタリングでは一発通過できる必要書類を揃えて審査に望むべきと言えるので、次項で審査の必要書類を紹介します。

スピーディーな資金調達実現に欠かせない!ファクタリングの具体的な必要書類とは

スピーディーな資金調達実現に欠かせない!ファクタリングの具体的な必要書類とは
保有する売掛債権の処分で効率的な資金繰りが行えるファクタリングは政府も推奨する理想的な資金調達手段ですが、業者が行う審査に通過しなければ利用できません。

審査基準は業者ごとに異なるので提出を求められる必要書類も厳密には業者によって異なりますが、ファクタリングの審査内容を確認できる一般的な必要書類を紹介します。

確かに保有資産を処分するファクタリングは、金融機関からの借入や投資を募る方法より不確定要素が少ないと言えるよな。資金繰り成功率が高いのは利用者には魅力だよな。
そりゃそうだ。資金繰りの必要に迫られて資金調達するのに、成功できるかどうか判らない方法だと最悪倒産や自己破産に繋がりかねないから不確定要素は少ないにかぎるよな。
そうだよな、審査に時間がかかった挙句に「残念ながら今回融資は見送りになりました」なんて言われたら腰が砕けるよな、実際。そして血眼で資金調達に奔走するハメになる。
そういうこと。融資や投資を募る方法は計画的な設備投資などに活用すべきで、期日が決まってる資金調達向きではないと捉えるべきだろうな。
そうだな資金調達方法を上手に使い分けることは、現代の経営者に強く求められるスキルの1つになるんだろうな。ファクタリングでも一発審査通過する必要がありそうだな。
正解!ファクタリングは審査ハードルが低いと言っても通過できなければ資金繰り速度が低下するから必要書類を正確に揃えておくのが重要だから必要書類を確認しう。

ファクタリング審査で一般的に提出を求められる必要書類とは?

ファクタリングの審査基準は業者によって異なるので、提出を求められる必要書類も業者ごとに違いますがファクタリングの審対象になる要件確認は次の書類で行われます。

一般的なファクタリング審査の必要書類
  1. 身分証明書類
  2. 利用者の財務状況を確認できる書類
  3. 差し押さえリスクの有無を確認できる書類
  4. 売掛債権の存在を確認できる書類
  5. 売掛先との取引実績を確認できる書類

身分証明書類

法人か個人事業主かで異なりますが、利用者の身分を証明できる書類はファクタリング審査の必要書類に含まれます。

法人の場合は発行から3ヶ月以内の商業登記簿謄本と実印の印鑑証明書が求められ、経営者の本人確認書類として運転免許証や住民票が必要書類に加わるケースも存在します。

個人事業主の場合は個人事業主の本人確認書類の提出を求められますが、顔写真付の本人確認書類を必要書類として提出すると審査スピードが速くなります。

利用者の財務状況を確認できる書類

利用者も審査対象として重視される二社間取引では、財務状況から利用者の信用調査を行うので法人の場合は過去2〜3期分の決算報告書が必要書類をして求められます。

個人事業主の場合は過去3期分の税務署の申告印のある確定申告書が審査の必要書類として提出を求められます。

差し押さえリスクの有無を確認できる書類

利用者が税金や健康保険料などを滞納していると売掛債権は差し押さえ対象になるので、ファクタリングの取引対象外となります。

このため税金や健康保険料の滞納がないことが確認できる納付証明書が、審査の必要書類として提出を求められます。

売掛債権の存在を確認できる書類

架空の売掛債権で不正にファクタリングを利用するのを防止するため、売掛債権の存在を証明できる書類が審査の必要書類として提出を求められます。

売掛先との基本契約書・個別の契約書・発注書・納品書・請求書などで売掛債権の存在を証明できますが、全ての書類を必要書類に添付すると審査担当者の心証が良くなります。

売掛先との取引実績を確認できる書類

ファクタリングで最も重要視される売掛先の支払い能力は、売掛先との取引実績や入金実績が確認できる売掛金入金口座の通帳で確認します。

必要書類として過去3ヶ月分の取引や入金実績が確認できる通帳の提出が求められるのが一般的です。

ファクタリングの必要書類は審査材料と共に手数料額にも影響する

ファクタリングの必要書類は審査材料と共に手数料額にも影響する
ファクタリング利用の際に提出する必要書類は審査材料として利用されると共に、手数料の算出にも少なからぬ影響を及ぼします。

提出を求められた必要書類に不備があると審査担当者の心証に悪影響を及ぼし審査通過が難しくなり、二社間取引で重要視される利用者の信用が低下し手数料が高くなります

金融機関の融資審査より審査ハードルが低いと言っても提出を求められる必要書類って結構あるんだな、ファクタリング審査と言っても。
そりゃそうだよ。ファクタリングで取引する売掛債権ってのは、資産と言ってもあくまで売掛金を回収する権利であっていわゆる無形資産だからな。
ファクタリングっていうのは利用者にとっての不確定要素が少ない代わりに、業者は決して小さくない不確定要素を負って取引すると言うことか。
そういうこと。だから売掛先の事業規模が大きいほど、利用者の財務状況が良好なほど審査通過しやすいし手数料にも反映して安くなる傾向にあるんだ。
審査を通過しやすいのはイメージしやすいけど、手数料に影響するっていうのは驚きだな。もしかして売掛金回収を利用者が行う二社間取引で大きく影響するってことなのか?
大当たり!利用者が売掛金回収する二社間取引は利用者の着服リスクが発生するから必要書類から読み取れる利用者の財務状況などが手数料に影響するから確認しておこう。

利用者が売掛金を回収する二社間取引は業者が負う回収不能リスクが増加する

ファクタリングの手数料目安は三社間取引が1~9%なのに対し、二社間取引では10~30%と割高になります。

これは三社間取引では業者が直接売掛金を回収するのに対し、二社間取引は利用者が売掛金を回収して業者に支払う回収資金の流れの違いが理由になっています。

業者が直接売掛金を回収すれば発生しない利用者の売掛金着服リスクが二社間取引で発生するので、業者が負う回収不能リスクが大きくなるため手数料が高額になります。

利用者の着服を防止するために二社間取引では業者と利用者間で回収業務委託契約を結び、法務局で債権譲渡登記を行って取引するのが一般的です。

登記費用は利用者負担となり二社間取引の実質現金化率は65~70%になりますが、必要書類で確認した利用者の財務状況が良い場合は手数料が抑えられるケースもあります。

決算報告書の内容が思わしくない場合税金や健康保険料の滞納がある場合などは、利用者の信用スコアが低くなるので二社間取引の手数料が高額になる傾向にあると言えます。

提出を求められた必要書類には正確な数値を記入して作成する必要がある

ファクタリング利用者のなかには「少しでも好条件で取引したい!」と考える利用者が少なくないと考えられますが、必要書類には正確な数値を記入する必要があります。

改ざんした数値で作成した必要書類を提出して業者の審査を受ける行為は私文書偽造となり、発覚すると詐欺罪で刑事告発される可能性があります。

資金繰りに苦しんでファクタリングを利用するケースが多く、業者は必要書類から利用者の本当の財務状況を読み取ることに慣れているので虚偽の必要書類は見破られます。

嘘のない数値を記入した必要書類を用意して、正直に真摯な態度でヒアリング調査に望むことが虚偽の必要書類よりも良好な結果に繋がりやすいのも事実です。

必要書類の数値が思わしくない場合は隠そうとせずに、担当者に正直に打ち明けることを強くおすすめします。

正確な数値を記入した必要書類でファクタリングを成功させよう

正確な数値を記入した必要書類でファクタリングを成功させよう
ファクタリングは審査通過が利用条件ですが、売掛先の支払い能力が審査対象になるので必要書類の利用者の業績が思わしくなくても基本的に利用できる資金調達手段です。

しかし必要書類に不備があると審査に時間がかかりスピーディーな資金調達が行えなくなるので、必要書類はしっかりと揃えるようにしてください。

また必要書類に虚偽の内容を記入するのは絶対に避けるべき犯罪行為なので、正確な数値を記入してください。

必要書類を揃えればあとはファクタリングで理想的な資金調達を行うだけですが、より効果的にファクタリングを利用するためにはファクタリングの知識や最新情報が必要です。

現金化専門情報サイト「俺LOVE現金化」では、ファクタリングの基礎知識やさまざまな最新情報、お役立ち知識を発信しています。

ファクタリングで理想的な資金繰りを実現するために、定期的に「俺LOVE現金化」の掲載情報を確認して上手にファクタリングを活用してくださいね。