悪質業者利用でのファクタリングトラブル!迅速な解決は弁護士に依頼するのが効果的

ファクタリング トラブル

ライター:のぼる

保有資産ではあるものの事業資金への転換が支払い期日まで行えない売掛債権は、流動性が低い資産でキャッシュフローの悪化原因の1つに成りかねません。

売掛債権を譲渡・売却して事業資金に即活用できる現金を手に入れるファクタリングは、無担保・無保証人・無金利・無返済で資金調達でき安全で効率的な資金調達手段です。

売掛債権の現金化で資産のオフバランス化とキャッシュフロー健全化を両立できますが、悪質な業者も存在しその利用が原因でトラブルに繋がるケースも発生しています。

悪質業者はヤクザや半グレ集団と繋がるヤミ金業者が正体になっています。

この記事では、悪質業者の実態や実施に遭遇した時の解決法などを解説してきます。
手口を知ることでリスクを大きく減らすことができるので、必ず読んでください。

効率的に資金調達できるファクタリング!しかし悪質業者利用がトラブルに繋がる

効率的に資金調達できるファクタリング!しかし悪質業者利用がトラブルに繋がる
民法で定める債権譲渡資産売却となるファクタリングは、厳しく融資を規制する貸金業法出資法利息制限法が適用されない債権取引を利用した資金調達手段です。

融資の規制法令が適用されないので金融庁から貸金業者の認可を受けていなくても、ファクタリングを取り扱うことは可能で参入のハードルが低いのが特徴です。

また融資ではないので利息を得ることはできませんが、手数料を得るのは可能で規制法令が適用される融資のように上限金利が存在せず手数料は業者が自由に設定できます。

ファクタリングの仕組みが好都合なことから、ファクタリングを装う悪質業者が正式な業者に紛れ込んでいるのは事実でうっかり利用すると深刻なトラブルに巻き込まれます。

売掛債権を現金に置き換えられるファクタリングは、効率的に資金繰りしたい利用者には魅力的な資金調達手段だよな。
利用者数が急増してることからも魅力的なことが判るな。
そうだな。
中小企業の倒産防止に効果的として経済産業省中小企業庁がファクタリングを推奨していることからも、いかに理想的な資金調達手段なのかを計ることができるな。
だけどファクタリングの仕組みを悪用する悪質な業者が存在するのも事実だろ?
うっかり悪質な業者を利用すると物凄いトラブルに巻き込まれるって聞いたんだけど。
そう、仕組みを悪用してファクタリングを装った取引を持ちかける悪質な業者は、実は正体がヤクザや半グレ集団と繋がるヤミ金業者なのが大半だからトラブったら面倒だぞ。
うわぁ、ヤクザや半グレ集団と繋がるヤミ金業者とのトラブルって、すぐに後ろから厄介な人たちがしゃしゃり出てきそうだな。
まさに地獄絵図って感じのトラブルになりそう。
そうだろうな。
トラブルが大きいほど得る金額が増えるだろうからな。
まずはファクタリングが悪質業者にとって好都合な理由を見ていこうか。

債権取引で資金繰りの足を引っ張る売掛債権を現金に置き換えるのがファクタリング

会社の資産になる売掛債権売掛金を回収する権利なので、支払い期日に売掛金を回収するまで事業資金合に活用できない流動性の低い資産だと言えます。

流動性が低くても売掛債権には現金同様の資産価値があるので、総資産額のなかで売掛債権が占める割合が大きい会社は資金繰りに追われることになります。

債権取引で譲渡・売却して売掛債権を事業資金に即活用できる、流動性の高い現金に置き換えるのがファクタリングで、ファクタリングで資金調達するケースが増加しています。

ファクタリング自体は中小企業の倒産防止に効果的だとして、経済産業省中小企業庁が推奨する「安全で効率的な資金調達手段」だと言えますが悪質業者が存在するのも事実です。

ファクタリング市場に悪質業者が紛れ込むのはファクタリングの仕組みに原因があると考えられ、摘発が推し進められていますが残念ながら根絶できていないのが実状です。

融資ではなく債権取引なのが悪徳業者にファクタリングが好都合な理由

融資ではなく債権取引なのが悪徳業者にファクタリングが好都合な理由
ファクタリング市場に悪質業者が紛れ込むのは、ファクタリングが融資ではなく債権取引を利用する仕組みの資金調達手段なのが大きく影響していると考えられます。

資金調達手段の1つとして広く利用されているのが金融機関から資金を借り入れる融資ですが、融資は金融庁から貸金業の認可を受けた貸金業者しか取り扱うことができません。

正式な貸金業者以外が融資を取り扱うと貸金業法や出資法違反の違法融資となり、違法融資を行う業者は一般的にヤミ金業者と呼ばれます。

ヤミ金業者にファクタリングが好都合な理由

ヤミ金業者の多くは資金源としてヤクザや半グレ集団と深く繋がっていると言われ、ヤミ金業者の違法融資に対する摘発は非常に厳しく行われヤミ金業者は融資を名乗れません。

ファクタリングで行われる債権取引は民法で定める債権譲渡や資産売却を利用しているので、ファクタリングは貸金業者以外でも正式に取り扱うことができます。

ファクタリング業者を名乗ることで、違法融資のターゲットにしやすい資金繰りに苦しむ利用者資金調達の必要に迫られた利用者と接触できるのはヤミ金業者には好都合です。

また融資ではないので利息を得られませんが手数料を得られるのがファクタリングで、手数料は利息のように規制法令が定める上限金利が存在しません。

違法融資は無認可業者が取り扱うことも問題ですが、出資法・利息制限法が規制する15~20%の法定上限金利遥かに上回る高金利で貸付ける点も問題視されています。

ファクタリングが貸金業法・出資法・利息制限法などの融資規制法令適用外の債権取引で、手数料規制法がなく業者が自由に設定できるのも悪質な業者には魅力だと考えられます。

このように悪質な業者に好都合なファクタリングの仕組みを悪用されているのが、ファクタリング市場に悪質な業者が存在する原因だと言えます。

正式なファクタリングは効率的な資金繰りを実現できる理想的な資金調達手段

悪質な業者の存在でファクタリングに対して違法性のある資金調達手段といった誤ったイメージが一部存在しますが、既述のとおりファクタリングは政府が推奨しています。

ファクタリングでの債権取引には売掛金を支払う会社が債権取引を禁止する「債権譲渡禁止特約」の存在が障壁になっていたと言えます。

しかしファクタリングを推奨する政府は、民法改正で2020年4月に債権譲渡禁止特約の解除を行いファクタリングの普及を後押ししています。

このことからもファクタリングに対する違法性のあるイメージが、誤ったものであることを、確認できるのではないでしょうか?

悪質な業者がファクタリングを装い持ちかける危険な資金調達方法とは?

悪質な業者がファクタリングを装い持ちかける危険な資金調達方法とは?
利用しようと考えている業者が正式なファクタリングを行っているのであれば、仮に正体がヤミ金業者であっても、驚くことに「特に問題はない」と言えるのも事実です。

事実、ファクタリングを装い違法取引を持ちかけるより、正式なファクタリング取引の方が長期的に利益を得ることができると正式なファクタリングに舵を切る業者も存在します。

最も問題視すべきなのは「正式なファクタリングなのか?ファクタリングを装ったモノなのか?」なので、正式なファクタリングと違法取引の違いを判断できることが重要です。

判断材料として正式なファクタリングと違法取引の違いを正確に掴む必要があるので、正式な債権取引とファクタリングを装い持ちかける危険な資金調達の違いを紹介します。

融資と全く異なる債権取引を行うファクタリングは、厳しい規制法令がないことが悪質な業者が紛れ込む原因になっているんだな。
しかし奴らは恐ろしいほど金の匂いに敏感だな。
そうだな。
ヤミ金業者が融資を名乗ると一発アウトだけど債権取引するファクタリング業者なら堂々と名乗れて、ターゲットの資金調達希望者と合法的に接触できるからな。
そして規制法令がないからファクタリングの手数料には「融資みたいに上限金利が存在しないのが好都合」っていうのは空恐ろしい話よな。
どこまでも搾取されそうな気がする。
確かにうっかりファクタリングを装う違法取引を利用した結果、倒産や自己破産に追い込まれるケースが発生してるのも事実だから違法取引は絶対避けるべきと言えるだろう。
だけど、どうやって正式な取引とファクタリングを装った違法取引を見極めるんだ?
「違法じゃないですよね?」って聞いても多分正直に答えてくれないよな悪質な業者は。
そりゃそうだよ。
正直に答えてくれる良心的な悪質業者なんて存在するわけないだろう!
利用者自身が正式な取引と違法取引を判断するしかないから、違いを確認しておこう。

ファクタリングの正式な取引ではどのような取引が行われるのか?

民法で定める債権譲渡や資産売却の仕組みを利用して、保有する売掛債権を現金に置き換えるのが正式なファクタリングで行える資金調達です。

既に紹介したとおり、政府が推奨する安全で効果的な資金調達手段で、融資ではないので無担保・無保証人・無金利・無返済で資金調達できるのがファクタリングの特徴です。

ファクタリングは利用者と業者だけで取引する二社間取引か、債権譲渡を売掛先に通知し合意を得る三社間取引で行いますが、以前は三社間取引できない売掛債権も存在しました。

しかし民法改正で2020年4月に債権譲渡禁止特約が解除されたので、現在は基本的に全ての売掛債権を三社間取引で現金に置き換えることが可能になっています。

ファクタリングの手数料

取引方法によって売掛金の回収方法が違うため、業者が負う回収不能リスクの大きさが異なり、手数料に影響するので取引方法によって手数料相場が異なります。

  • 三社間取引
    債権譲渡を通知する三社間取引は業者が売掛先から直接売掛金の回収を行うので、回収不能リスクが売掛先の倒産などに限定されるので取引債権額の1~9%が手数料相場です。
  • 二社間取引
    二社間取引では業者と利用者の間で回収業務委託契約を結び、利用者が売掛金回収を行い業者に支払うので利用者が売掛金を着服するリスクが回収不能リスクに加わります。
    このため取引債権額の10~30%が手数料相場ですが、債権譲渡を証明するために債権譲渡登記が行われ登記費用は利用者負担になるので実質換金率は65~70%程度が目安です。

ファクタリングの正式な取引は通常ノンリコースで行われる

ファクタリングで譲渡・売却した売掛債権が売掛先の問題で回収不能になっても利用者に買戻し義務が生じないのが償還請求権なしのノンリコースです。

債権取引に似た仕組みで資金繰りできる手形割引は割引した手形が不渡りになると、譲渡者に買戻し義務が生じる償還請求権ありのウィズリコースで取引します。

正式なファクタリングはノンリコースで取引するのが一般的で、利用者は債権譲渡で現金を手に入れられるうえに売掛債権の回収不能リスクからも解放されるのが魅力です。

悪質な業者が持ちかける違法取引とはどのような取引なのか?

悪質な業者が持ちかける違法取引とはどのような取引なのか?
悪質な業者が正式なファクタリング取引を行うケースも存在し、この場合は他の業者より手数料が割高で資金繰り効率が悪くなるのが問題ですがこれは違法取引ではありません。

取引に関係する会社が少ない方が都合が良いので、悪質な業者は三社間取引より二社間取引の利用を利用者に強力に薦める傾向にあると言えます。

悪質な業者は利用者が接触してきやすいように表向きの手数料を相場より抑え、利用者が網にかかるのを虎視眈々と待っています。

利用者が接触すると「売掛先の審査結果が思わしくない」などの理由を付けて、表向きに提示する手数料より高額な手数料での取引を持ちかけますが、これは違法ではありません。

また本来必要のない人的担保の保証人物的担保の保証金の設定が求められるケースもありますが、これもグレーゾーンではあるものの違法にはなりません。

悪徳業者の目的と手口

既述のとおり、通常どおり利用者が売掛金の回収を行い、回収資金を業者に支払うのが二社間取引の仕組みですが、資金繰りに苦しむ利用者には回収資金は魅力的な存在に映ります。

そこで悪質な業者は「分割手数料を支払うことで回収資金を分割返済しないか?」と持ち掛けますが、分割手数料は融資の利息に相当するので分割手数料が生じると違法取引です。

回収資金は一括支払いするのがファクタリングの正式な取引なので、分割に対応する業者は手数料ではなく分割手数料の名目で違法な利息を得るのが目的だと考えられます。

さらに資金繰りに躓いた利用者には「分割手数料の増額で今月は手数料のみの支払いで良い」と持ち掛け、より多くの違法な利息収入を得ようとします。

これはジャンプと呼ばれ、元本を維持しながら利用者から利息を取り続けるのが目的の悪質な返済方法なので、うっかり口車に乗ると倒産自己破産のリスクが高くなります。

ファクタリングを装う悪質な業者はノンリコースで取引しない

正式なファクタリングは償還請求権なしのノンリコースで取引するのが一般的ですが、悪質な業者は償還請求権ありのウィズリコースで取引します。

このためファクタリングで譲渡・売却した売掛債権が回収不能になると、ヤミ金業者の正体を露わにして利用者に買戻しを強力に求めます。

仮に契約書がノンリコースであってもヤミ金業者はまっとうな取引を行う気がないので、契約書を無視して利用者に買戻しを求めますが、これも違法行為になります。

ファクタリングトラブルに巻き込まれたら弁護士に依頼するのが最善の解決方法

ファクタリングトラブルに巻き込まれたら弁護士に依頼するのが最善の解決方法
ファクタリングを装って持ちかけられる違法取引は本来違法行為なので、悪質な業者の求めに応じる必要はありませんが、ヤクザや半グレ集団とのトラブルが厄介なのも事実です。

法的根拠のない取引に応じないと言ってもヤミ金業者は、時には巧妙に言いくるめ、時には恫喝を交えながら不当な取引を推し進め利用者から搾取しようとします。

悪質な業者が自分達に不利にならないような法的知識を備えているケースも珍しくないので、利用者自身の対応より法律の専門家である弁護士に解決を依頼するのが効果的です。

そうか、ファクタリングを装う悪質な業者ってのは正式な取引方法を知っておけば利用回避できるんだな。
もし利用しても違法取引なら業者の要求に応じる必要もないもんな。
確かにそうだけど、業者が正体を露わするとヤクザや半グレ集団が出てくるから普通の利用者では抗弁できずにズルズル搾取され続けるケースは珍しくないのが実状だ。
確かにヤクザや半グレ集団が出て来ても動じない強い心を持つのは難しそうだもんな。
ヤミ金業者とのトラブルはヤクザや半グレ集団とのトラブルになるのはマジで厄介だな。
そうだろう。
しかも反社会的組織って昔のイケイケなイメージだけでなくって。
現在は法的知識を備えたインテリヤクザなんかも珍しくないから余計に厄介なんだ。
もうそりゃお手上げじゃん。
バイオレンスとインテリが共存してるのを相手に喧嘩しても勝てっこないよ。
ファクタリングトラブルに巻き込まれたら搾取され続けるしかないの?
いやいや、こちらも法律の専門家に解決を依頼すれば合法的にヤクザや半グレ集団に対抗してトラブルを解決できるから、ファクタリングトラブルと弁護士の関係を見ておこう。

弁護士に依頼すると利用者はファクタリングトラブルから解放される!

弁護士に対して「法廷で被告人の弁護を行うのが仕事」というイメージが持たれがちですが、依頼された法律事務を代行するのが弁護士の仕事で被告人弁護は仕事の一部です。

弁護士が行う法律事務には破産申請・民事再生申請・会社更生法申請などの法的倒産処理手続や関連する管理業務が含まれますし過払金返還請求なども弁護士の仕事です。

司法試験合格や司法修習修了が求められ裁判官や検察官と同等の法的知識を備える、法律の専門家が弁護士なので法知識を備えたインテリヤクザも太刀打ちできないと言えます。

弁護士に依頼することでできることとは?

またファクタリングトラブルの解決を弁護士に依頼すると、交渉窓口が弁護士になるのでヤミ金業者と対面して交渉する必要から解放されるのは非常に大きいと言えるでしょう。

弁護士ではなく利用者に直接支払いや取り立てを行うことは法的に禁止されているので、悪徳業者が利用者に直接接触してくれば警察を通して禁止させることも弁護士なら可能です。

また弁護士に依頼すれば、既に支払ってしまった高額な手数料も融資の上限金利を参考に算出し直して過払金返還請求で取り戻せる可能性も大きくなります。

うっかりファクタリングを装う悪質な業者を利用しても、弁護士に解決を依頼すればリカバリーできるチャンスが大きくなるので弁護士は利用者の心強い味方だと言えます。

自力で悪質な業者と交渉しても利用者が望む結果にこぎ付けるのは非現実的だと捉えて、ファクタリングでトラブルに巻き込まれた場合は弁護士への依頼を急ぐべきでしょう。

ファクタリングには利用者が加害者となるトラブルも存在する

ファクタリングには利用者が加害者となるトラブルも存在する
ファクタリングで発生するトラブルと聞くと悪質な業者を利用した利用者が被害者になるものをイメージしがちですが、実は利用者が加害者となるトラブルも存在します。

利用者が加害者となるファクタリングのトラブルではヤクザや半グレ集団と深く繋がる悪質な業者ではなく、正式なファクタリングを取り扱う業者での取引でも発生します。

利用者が加害者となるファクタリングのトラブルで最も多いのが、二社間取引で利用者が回収した回収資金の着服トラブルで、これは利用者が横領罪詐欺罪で告訴されます。

利用者が加害者となるファクタリングのトラブルの例
  • 回収した売掛金を着服
  • 売掛債権は売掛金を回収できる権利ですが、債権取引すると債権の所有権が利用者から業者に移行するので、回収資金は業者のものになります。

    二社間取引では利用者が売掛金を回収しますが、業者と回収業務委託契約を結び、売掛金の回収を代行することになるので、利用者は拐取資金の債務者、業者が債権者になります。

    このため利用者が回収資金を着服すると第三者の資産を着服する横領や、債権譲渡契約を履行しない詐欺として刑事や民事で告発されることになります。

  • 1つの売掛債権を複数回譲渡
  • また売掛金を回収する権利の売掛債権は無形資産なので、債権譲渡を証明するのが困難と捉える利用者が1つの売掛債権を複数回譲渡する多重譲渡も発生しています。

    業者は多重譲渡を避けるために債権譲渡登記を行うので、多重譲渡のトラブルは発生し難いはずですが現実に多重譲渡は発生しています。
    多重譲渡は債権譲渡を偽る詐欺罪が適用される犯罪です。

  • 審査のために虚偽の書類を提出
  • さらにファクタリングの利用審査を通過するために虚偽の書類を提出するトラブルが存在しますが、これは私文書偽造に該当し発覚すると詐欺罪が適用される可能性があります。

万が一、上記のようなトラブルを起こすと、刑事や民事で告発される可能性があります。
告発を回避するためには、深い法知識を持つ専門家の弁護士に依頼して業者との和解の道を探るしかないと言えます。

ファクタリングトラブルは法律専門家の弁護士に依頼するのが得策!

ファクタリングでの資金調達が必要な状態では「少しでも出費を抑えたい」と考えるのはおかしなことではありませんが、トラブルの期間と出費は比例関係にあるのも事実です。

何とか自力で解決しようとしてもヤミ金業者に引っかかると、時間の経過と共に搾取される額が大きくなり無駄な出費が増加します。

また利用者が加害者となるケースでは早急な和解に失敗すると刑事告発や民事告発され、社会的信用を失うことになりかねません。

横領や詐欺で社会的信用を失った会社が業績を回復するのは非現実的だと考えられるので、事実上の倒産や自己破産に繋がると言えるでしょう。

万一、ファクタリングでトラブルが生じた場合は迷うことなく法律専門家の弁護士に解決を依頼することを強くおすすめします。

弁護士のお世話にならないようにファクタリングの知識を身に付けよう!

弁護士のお世話にならないようにファクタリングの知識を身に付けよう!
ファクタリングで発生するトラブルの多くは、利用者がファクタリングの知識を身に着けることで回避できるものだと言えます。

しかしファクタリング自体の歴史が浅いことなどから、正確なファクタリングの仕組みなどが周知されていないのも事実です。

そこで現金化専門情報サイト「俺LOVE現金化」では従来のAmazonギフト券を利用した現金化情報などに加え、ファクタリング情報の発信を開始しました。

ファクタリングの正確な情報は「俺LOVE現金化」を定期的に確認することで身に付きますので、弁護士のお世話にならない資金調達実現のため、是非「俺LOVE現金化」をご活用ください。