ファクタリングなのに取り立て!返済不要の資金調達で生じる取り立てトラブルとは?

ファクタリング トラブル

ライター:のぼる

売掛債権などの保有債券を譲渡・売却して現金に置き換えるファクタリングは、借入なしでキャッシュフローを立て直せる理想的と言っても過言ではない資金調達手段です。

民法で定める債権取引なので資金借入のように担保・保証人を設定する必要がなく、無利息・無返済で利用できるのでファクタリングを利用した資金繰りは急速に普及しています。

資金を借入れる融資の取扱いは金融庁から貸金業の認可を受けた金融機関限定ですが、債権取引取扱いには貸金業の認可が必要なく悪徳な業者が紛れ込んでいるのも事実です。

今回の記事では、業者選択の失敗や、取引方法で異なる回収資金の取扱いの誤りで本来ファクタリングでは生じない取り立てを受けるトラブルが発生している事例などを具体的に解説します。

無利息・無返済で利用できるファクタリングの資金調達の仕組みとは?

無利息・無返済で利用できるファクタリングの資金調達の仕組みとは?
事業資金ショートなどで資金繰りの必要に迫られた場合、融資を利用して借入資金を調達する方法と、保有資産の処分で資金調達する方法が思い浮かぶのではないでしょうか?

ファクタリングは保有資産の1つである債権を第三者に譲渡・売却して現金に置き換えることで資金繰りが行え、借入せずに資金調達できるので急速に普及している資金調達手段です。

ファクタリングって本来は返済の必要がない資金調達手段だったよな。なんかファクタリングの利用で厳しい取り立てを受けて困ってる利用者が発生してるって本当なの?
あー、それね。多分悪徳行者に引っかかったか、利用者が回収資金の取扱いを誤ったんだろうな。本来ファクタリングでは返済が発生しないから取り立てしようがないからな。
だよな。ファクタリングで業者から厳しい取り立てを受けるトラブルなんか発生しようがないと思ったんだけど、業者選択や回収資金の取扱いを間違うとそうなるわな。
まぁ、いくら急速に普及したって言ってもファクタリング自体新しい資金調達手段だからな。仕組みなんかが広く知られていないのもトラブルの原因の1つなんじゃないかな?
あり得るな。債権取引っていう馴染みの薄い取引で資金調達するってのが、業者選択や回収資金の取扱いを誤る原因になってる可能性は高いんじゃないのか?
だな、そしたらベーシックなファクタリングの仕組み、ファクタリングの基礎知識を確認して本来ファクタリングの利用では返済が発生しないってことを見ておくか。

ファクタリングは返済不要!債権取引で資金調達するファクタリングとは?

融資を利用して借入れた資金は契約した返済期限内に借入元本と利息を返済する必要がありますが、ファクタリングは保有債券の譲渡・売却で資金調達するので返済不要です。

融資は金融庁から貸金業の認可を受けた銀行や信用金庫、信販会社や消費者金融などの金融機関でしか取り扱えませんが、ファクタリングは貸金業者以外も取り扱えます。

これは融資が貸金業法・出資法・利息制限法で規制される取引なのに対して、ファクタリングでの債権取引は民法が定める「債権譲渡」や「資産売却」の取引になるのが理由です。

また融資は借入資金を返済する信用取引ですが、ファクタリングは「売買契約に基づく指名債権の譲渡」で行う債権管理サービスに該当しまます。

取引の規制法令が異なるので同じ資金調達手段でも融資とは全く異なる位置付けがされていて、ファクタリングは業者の参入障壁や利用時の審査基準などが低い傾向にあります。

ファクタリング利用の審査基準が低いことは利用者に取ってメリットですが、参入障壁が低いことで悪徳業者がファクタリング市場に紛れ込みやすいのも残念ながら事実です。

正式なファクタリングは返済が発生しないので取り立てしようがない

返済が発生する融資とは異なり売掛金などの債権を回収する権利を譲渡・売却するファクタリングの仕組みは、返済が発生しないので本来取り立てのしようがない取引になります。

しかし市場への参入障壁が低いことで、ファクタリングを装った違法取引を持ちかける悪徳業者が一定数存在するのが実状で、業者選定を誤ると取り立てを受ける事態に陥ります

ファクタリングの仕組みを悪用し債権取引を装った違法取引を利用すると、深刻な金銭トラブルに繋がるので、次項でファクタリング市場に紛れ込む悪徳業者の手口を紹介します。

本来返済が発生しないファクタリングで取り立てを行う悪徳業者の正体や手口とは?

本来返済が発生しないファクタリングで取り立てを行う悪徳業者の正体や手口とは?
保有債権を譲渡・売却する正式なファクタリングでは返済が発生しないので、取り立てを受ける事態に陥ることはありませんが、悪徳業者を利用するとトラブルに巻き込まれます。

厳しい取り立てを行うのはファクタリングを装い違法取引を持ちかける悪徳業者で、実はヤミ金業者が悪徳業者の正体であるケースが大半なので業者選択は非常に重要です。

そうだよな。ファクタリングは債権取引だから、絶対に返済が発生しないのが基本ルールの1つだもんな。返済不要だから厳しい取り立てのしようがないってことだよな。
まぁ、正式なファクタリングを取扱ってる業者を利用していれば返済が発生しないから、厳しい取り立ての受けようもないと言えるけど、悪徳業者を利用するとそうはいかないぞ。
やっぱりそれ?ファクタリングのイメージをダウンさせる悪徳業者の存在ってやつか。しかし厳しい取り締まりで悪徳業者はドンドン摘発されてるんじゃないのか?
確かに摘発される悪徳業者は増えてるけど、新たに参入する業者のなかに悪徳業者が紛れててイタチごっこになってるのが実状でな。
と言うことは、利用者自身が悪徳業者の正体や手口を知って、自衛するしかないって状況なの?だとしたら悪徳業者の正体や手口を炙りだす必要があるな。
そういうこと。残念ながら利用者自身が悪徳業者を見極めることしか効果的な自衛手段がないから、悪徳業者の正体や手口を紐解きながら確認していこう。

業者選定は慎重に!参入障壁の低いファクタリング市場がヤミ金の隠れ蓑に

融資は金融庁から貸金業の認可を受けた貸金業者しか取り扱えないことは既に紹介したとおりで、違法行為となる無認可融資を行う業者がヤミ金業者と呼ばれます。

ヤミ金業者は常に新たなターゲットを探していますが取り締まりが強化されたことで、正規の貸金業者を装いターゲットを待ち受けることが困難になっていると言えます。

そこでヤミ金業者が目を付けたのが資金繰りを目的に利用者が集まるファクタリング市場で、ファクタリングを装い持ちかけられた違法取引を利用する被害が発生しています。

ヤミ金の隠れ蓑になる原因として、ファクタリングが貸金業者以外でも取り扱えることやファクタリングの利用者が資金調達の必要に迫られていることなどが挙げられます。

また既述のとおりファクタリングには融資の規制法令が適用されないことも、悪徳業者には魅力的なのではないかと考えられます。

融資ではない債権取引では利息を得ることができない代わりに手数料で収入を得られますが、融資に対する上限金利が適用されないので手数料は業者が自由に設定できます。

上限金利を上回る利息で違法融資を行うと貸金業法や出資法違反となりますが、ファクタリングの手数料は規制法令が存在せず違法融資をカモフラージュしやすいと言えます。

悪徳業者がファクタリングを装って持ちかける違法取引の手口とは?

悪徳業者がファクタリングを装って持ちかける違法取引の手口とは?
規制法令が存在しないファクタリングの手数料ですが、正式な債権取引では手数料相場が存在し、二社間取引で10~30%、三社間取引で1~9%が目安になります。

悪徳業者は相場以上の手数料を請求することで利用者の資金繰り効率を低下させますが、手数料設定は業者の自由なので高額な手数料自体は違法ではありません。

ファクタリングで効率的に資金調達する予定でも、悪条件の取引では思いどおりの資金調達が行えず、結果的に利用者は再び資金繰りに行き詰まります。

悪徳業者の狙いは「取引した利用者が資金繰りに行き詰まること」で、ここで利用者に違法取引が持ちかけられます。

二社間ファクタリングでは利用者が債権回収を行って回収資金を一括で業者に支払いますが、分割手数料を支払うことで本来一括払いの回収資金の分割払いを持ちかけます。

分割手数料は利息として判断され、分割手数料が発生し本来一括で支払う回収資金を分割払いすると貸金業法や出資法違反となる違法融資事件になります。

また悪徳業者は資金繰りに苦労しながら回収資金を分割払いしている利用者に対して、貸金業でジャンプと呼ばれる支払いを持ちかけ、さらに多くの金額を絞り取ろうとします。

ジャンプは利息に相当する分割手数料を増額することで、当月支払い分を翌月にジャンプさせ翌月2ヶ月分の支払いに分活手数料・増額手数料を加算して支払うものです。

ジャンプを利用すると手数料名目の利息しか支払えず元本が減らないので、いつまでも回収資金の支払いが完了せず結果的に利用者は莫大な金額を失うことになります。

ファクタリングの回収資金は一括払いが鉄則!分割が厳しい取り立てに繋がる

資金繰りに苦しむ利用者にとって回収資金の支払いを分割できるというのは、魅力的に聞こえるかも知れませんが、うっかり話に乗ると激しい取り立てを受ける原因に繋がります

既述のとおり悪徳業者の正体はヤミ金業者であるケースが大半で、ヤクザや半グレ集団と深い繋がりがあると捉えるべきでしょう。

資金繰りに苦しんでいる状態で高額な手数料名目の利息の支払いに追われ、分割払いする回収資金元本が減らない事態に陥ると資金繰りに行き詰まることは目に見えています。

利用者が資金繰りに行き詰まってもヤミ金業者は容赦なく支払いを求めて激しい取り立てを行いますし、取り立てにヤクザや半グレ集団が登場するケースは珍しくありません。

絶対受けたくない!ファクタリングを装う悪徳業者の激しい取り立てとは?

絶対受けたくない!ファクタリングを装う悪徳業者の激しい取り立てとは?
正式なファクタリングは、キャッシュフローを悪化させる厄介な資産の売掛債権を効率的に現金に置き換えられ、理想的な資金調達を実現できます。

しかし悪徳業者に引っかかると、理想的な資金調達どころか本来ファクタリングでは生じない返済に追われ、返済が滞ると厳しい取り立てを受ける結果に繋がりかねません。

本来ファクタリングは売掛債権を保有する会社の資金調達手段ですが、賃金債権を取引する個人向けファクタリングの登場で厳しい取り立てに苦しむ個人利用者も存在します。

なるほど、ファクタリングを装った違法取引を持ちかけ、最終的に利用者に厳しい取り立てを行う悪徳業者の正体は大半がヤミ金業者なんだな。
そういうことだ、ヤミ金業者にとってファクタリングは非常に都合の良いい仕組みのようだから、ファクタリング市場に紛れ込む悪徳業者が後を絶たないのも事実なんだ。
しかし凄いな。高額手数料で利用者の資金繰り効率を低下させたうえに、分割支払いや繰り越し支払いを持ちかけて多額の資金を奪い取るなんて想像を絶する悪徳っぷりだな。
そう、徐々に企業体力を失った利用者に対しても容赦なく厳しい取り立てを行って、最後の一滴まで搾り取るのが悪徳業者のやり方だからな。
その悪徳業者の厳しい取り立てには深く繋がってるコワモテのお兄さんたちが登場するんだよな、当然。そんなのイヤ過ぎるだろう!効率的に資金調達したかっただけなのに!
そうだよな、そして会社の資金調達に活用されていたファクタリングに個人向けが登場したことで、被害は個人にも広がっているから悪徳業者の厳しい取り立てを見ておこう。

悪徳業者は支払いが滞った利用者に対し容赦のない厳しい取り立てを行う

キャッシュフローを立て直そうとファクタリングで理想的な資金調達を行ったつもりが、悪徳業者の利用で完全に資金繰りに行き詰まり頭を抱えても容赦なく取り立てられます。

厳しい取り立ては法律で禁じられていますが、ヤミ金業者は遵法精神など微塵も持っていない傾向が強く、利益のために手段を選ばす厳しい取り立てを行うと捉えるべきでしょう。

企業向けの資金調達に活用されるファクタリングに賃金債権を取引する個人向けファクタリングが加わり、個人利用が厳しい取り立てを受けるケースも発生してます。

ファクタリングを装う悪徳業者が行う厳しい取り立ての具体例とは?

ファクタリングを装う悪徳業者が行う厳しい取り立ての具体例とは?
消費者金融がサラ金と呼ばれていた時代には相当手荒な取り立てが行われていて、サラ金の取り立てが社会問題化したことで厳し取り立てが法律で禁止されました。

また反社会的勢力の活動を規制する暴対法の施行で以前のような手荒な取り立ては鳴りを潜めましたが、その分手口が巧妙化しさまざまな嫌がらせで利用者を追い詰めます。

悪徳業者の代表的な取り立て手段として

  1. ファクタリングに必要ない保証人からの代位弁済を求める
  2. 暴力をちらつかせて支払いを強要する
  3. 執拗な督促電話での請求
  4. 取引先や勤務先への連絡や取り立て
  5. 近隣住民への暴露

などが挙げられますが、資金調達に無関係な家族への嫌がらせ・大量の出前注文・救急車や消防車を呼ぶなどで容赦なく利用者を精神的に追い詰めます。

ファクタリングに必要ない保証人からの代位弁済を求める

ファクタリングは融資とは違い無担保・無保証人で利用できますが、悪質な業者は人的担保である保証人設定を求めうっかり保証人を設定すると保証人に代位弁済を求めます。

また保証人設定していない肉親に代位弁済を求めるなどで利用者を精神的に追い詰め、支払いを強要するケースも存在します。

暴力をちらつかせて支払いを強要する

悪徳業者の正体がヤクザや半グレ集団などと深い繋がりのあるヤミ金業者の場合は、暴力をちらつかせて利用者を威嚇し、精神的に追い込むことで支払いを強要します。

この場合は表沙汰になるのを恐れるので警察や弁護士への通報に対し、暴力的な報復を行うなど脅迫して利用者の逃げ道を塞ぎます。

執拗な督促電話での請求

貸金業法の取り立て行為規制で午後9時~午前8時の督促電話が禁止されていますが、ファクタリングが貸金業法の適用外であることを盾に督促するケースが存在します。

また督促電話の回数も業務や社会生活に影響するほどで、1日に100回以上などの執拗な連絡で利用者を精神的に追い詰め支払いを迫ります。

取引先や勤務先への連絡や取り立て

二社間取引では売掛先に債権譲渡を通知しませんが、利用者の支払いが滞ると勝手に売掛先に債権譲渡を通知する悪徳業者も存在します。

賃金債権を現金化する個人向けファクタリングでは勤務先に督促の電話をかけるなどで、利用者を追い詰めるケースが発生していますが勤務先への電話や訪問は違法行為です。

近隣住民への暴露

住居の玄関ドアなどに「金返せ!ドロボー!」などの張り紙を貼り付け、住民が資金繰りに苦しんでいることを近隣住民に暴露する手口は現在でも行われています。

張り紙や看板などでの暴露も違法行為ですが、利用者の社会的信用に傷を付けることで精神的に追い詰める効果が高いので現在でも利用する悪徳業者が存在します。

正式なファクタリングでも取り立てを受ける!回収資金の取扱いの誤りとは?

正式なファクタリングでも取り立てを受ける!回収資金の取扱いの誤りとは?
厳しい取り立ては悪徳業者を利用しないことで回避できますが、場合によっては正式なファクタリングの利用でも取り立てを受けるケースが存在します。

返済が発生しない正式なファクタリングで利用者が業者から取り立てを受けるケースは、利用者が回収資金の取扱いを誤ることで発生するので要注意です。

うっわぁ、うっかり悪徳業者を利用すると、なんか絵に描いたような厳しい取り立てを受けるんだな。映画やドラマでは目にするけどやられたくないよな。
そりゃそうだ。誰しもが厳しい取り立てなんか受けたくないと思ってるよ。だけどうっかり悪徳業者を利用するとこんなトラブルに発展しかねないのも事実だからな。
絶対、正式なファクタリングを利用すべきだな。正式な債権取引なら取り立てを受けることなんか100%ないもんな。
いや、正式な債権取引でも利用者が業者からの取り立てを受けるケースが発生しているんだな、これが。
えぇぇっ!なんでだよ?正式なファクタリングを利用しても業者からの取り立てを受けることってあるのかよ?
まぁ、この場合は利用者が回収資金の取扱いを誤ったケースに限定されるから、利用者責任と言えばそうだけどな。その辺も確認しておこうか。

利用者が債権回収する二社間取引では回収資金の取扱いに注意が必要!

ファクタリング譲渡債権が回収不能になっても利用者に買戻し義務のない、償還請求権なしのノンリコースで取引するのが一般的です。

このため売掛先に債権譲渡を通知して業者が直接債権回収を行う三社間取引で利用者が業者からの取り立てを受けることはないと言えます。

しかし利用者が債権回収を行って回収資金を業者に支払う二社間取引で、利用者が回収資金を着服した場合は業者からの取り立てを受けることになります。

二社間取引の場合でも売掛先の問題で回収不能になれはノンリコースが適用されますが、利用者の着服による回収不能にはノンリコースが適用されないので返済義務が生じます。

ファクタリングで譲渡した債権の所有権は業者に移行しているので、仮に利用者が回収資金を着服すると横領罪詐欺罪で告発される可能性が発生します。

資金繰りに苦しみ二社間取引で資金調達する利用者には、回収する債権が魅力的に映るかも知れませんが、回収資金を業者に支払わなけれ確実に取り立てを受けます。

二社間取引での回収資金の取扱いを誤ると、犯罪行為に手を染めることになりかねないので、回収資金の取扱いは要注意だと言えます。

厳しい取り立てを受けないためにはファクタリングの仕組みを正確に掴むのが重要!

厳しい取り立てを受けないためにはファクタリングの仕組みを正確に掴むのが重要!
うっかり悪徳業者を利用した場合も、正式なファクタリングでの回収資金の取扱いを誤った場合も、業者からの取り立てを受ける事態に陥ります。

正式なファクタリングを取扱う業者の取り立ては悪徳業者ほど悪質ではないものの、取り立てを受ける精神的負担は決して小さくないので回避するべきだと言えます。

取り立てを受けずにファクタリングを利用するためには、ファクタリングの仕組みを正確に掴んでおくのが重要なポイントになり積極的な情報収取が必要になります。

現金化専門情報サイト「俺LOVE現金化」ではファクタリングの基礎知識から最新情報など、多彩なファクタリング情報を公開しています。

業者からの取り耐えてを受けない上手なファクタリング利用法は定期的に「俺LOVE現金化」の掲載情報を確認しファクタリングの仕組みを正確に掴むことで身に付けられます。

ファクタリングを利用した理想的な資金調達実現のために、ぜひ現金化専門情報サイト「俺LOVE現金化」をフル活用してください。