ファクタリングの資金繰りをより効率的に!複数存在する効率向上ポイントとは?

ファクタリング 複数の業者

ライター:のぼる

資金調達は金融機関からの資金借入や投資家に投資を募るかたちでも行えますが、不確定要素が多いので確実に資金調達しなければならないケースには不向きだと言えます。

多くの会社は「不動産や車両などの有形資産や商標権・著作権・債権などの無形資産」という複数の保有資産があるので、これらを処分する資金調達で不確定要素を抑えられます。

売掛金を回収する権利である売掛債権は資産の1つですが、支払い期日まで事業資金に活用できず回収不能リスクも存在しキャッシュフロー悪化の原因となる厄介な資産です。

売掛債権を現金化できるファクタリングが政府推奨の効率的な資金繰り手段として急速普及しているので、より効率的な利用を実現するための複数のポイントを紹介します。

より効果的なファクタリング利用方法とは?複数の業者での換金率比較は必要!

より効果的なファクタリング利用方法とは?複数の業者での換金率比較は必要!
会社が保有する複数の資産のなかで売掛債権はキャッシュフローを悪化させかねない厄介な資産に位置付けられますが、ファクタリングはこの厄介な資産で資金調達できます。

連続的に発生するものの流動性の低い資産の現金化は、一度処分すると再保有が難しい不動産や車両などの有形資産の処分より効果的な資金繰りの実現が期待できます。

企業間取引で発生する売掛債権は有形資産を豊富に所有しない中小企業や個人事業主でも保有率が高いので、経済産業省中小企業庁はファクタリングの利用を推奨しています。

複数の保有資産のなかでも不動産や車両の処分での資金調達って聞くと「相当資金繰りに苦しんでる」ってイメージするよな。もう、ギリギリってな感じを受けるんだけど。
そうだな、不必要なら問題ないけど、必要な有形資産を処分して資金調達すると再保有する必要に迫られるだろうからな。まさにギリギリの選択ってイメージはあるな。実際。
それに比べると債権取引で複数の資産のなかでも、厄介な無形資産の売掛債権を現金に置き換えられるファクタリングの活用って聞くとスマートな資金繰りをイメージするな。
そう、資金繰りの足を引っ張りかねない売掛債権を期日前に現金化して資金調達するのはキャッシュフロー健全化に効果的だからファクタリングは理想的って言われるんだ。
ファクタリングをフル活用することが、「資金繰りの上手なスマートな経営者の条件」って感じなんだな。ファクタリングなら無条件に理想的な資金繰りができるってことだな。
いやいや、ひと口にファクタリングって言っても利用さえすれば無条件に理想的に資金繰りできるわけじゃないんだぞ。より効果的なファクタリング利用方法を確認しておこう。

ファクタリングは効果的?闇雲な利用では高い効果を得られないのも事実!

ファクタリングは政府も推奨する効率的な資金調達手段ですが、取扱い業者が非常に多く複数の取引方法が存在するので、ただ闇雲な利用では高い効果を得るのは困難になります。

融資や投資を募り外部資金を導入する資金調達方法には「資金調達を実現できるか?」という不確定要素が存在しますが、保有資産処分は不確定要素を抑え資金調達できます。

保有資産処分で資金調達するアセットファイナンスは不動産や車両など複数の資産で行えますが、事業規模の小さな会社では処分できる資産が限られるのも事実です。

企業間取引で生じる売掛債権は事業規模の小さな会社でも保有率が高いことから、債権取引で売掛債権を現金に置き換えられるファクタリングは効果的だと言われています。

売掛債権は資産ですが流動性が低く、キャッシュフローを悪化させかねない厄介な存在に位置付けられますが、ファクタリングは債権取引で売掛債権を現金に置き換えられます。

このようにファクタリング自体は効率的な資金繰り手段だと言えますが、取扱い業者の多さや複数の取引方法の存在を正確に理解したうえで利用する必要があります。

参入障壁が低く手数料設定が自由なファクタリングは取扱い業者数が非常に多い

ファクタリングで行う債権取引は民法で定める「債権譲渡」や「資産売却」となり、金融庁から貸金業の認可を受けていなくても取扱いが可能です。

融資ではないので利息を得られませんが貸金業法や出資法、利息制限法の制限を受けないので手数料は取扱い業者が自由に設定できます。

ファクタリングで発生する手数料は売掛債権の現金化効率に大きく影響するので、より手数料の安い業者利用は効果的なファクタリング利用方法のポイントの1つになります。

ファクタリングには複数の取引方法があり、取引方法によっては手数料以外の諸経費の金銭的負担が小さくないので複数の業者に見積依頼して実質現金化率を掴むのが肝心です。

債権譲渡登記を行う二社間取引はファクタリング手数料以外に複数の経費が生じる

ファクタリングは債権譲渡を売掛先に通知する三社間取引か、利用者と業者だけで取引する二社間取引のどちらかの方法で債権取引を行います。

二社間取引では利用者が売掛金回収を行い回収資金を業者に支払う取引方法で、利用者が回収資金を着服するリスクが存在するので法務局で債権譲渡登記を行うのが一般的です。

また売掛金回収権である売掛債権は無形資産なので債権譲渡証明が難しく、利用者が1つの債権を複数の業者に譲渡するのを防止するのにも債権譲渡登記は効果を発揮します。

三社間取引の手数料相場が1~9%なのに対し、二社間取引は10~30%と割高なのは業者が負うリスクが増加するのが原因ですが、二社間取引はさらに複数の経費負担が生じます。

債権譲渡登記では印紙代・債権譲渡登記費用・司法書士費用など複数の経費が発生し、これらの経費は取引額や取引業者で異なるものの7~15万円が相場で利用負担になります。

二社間ファクタリングを利用する場合は、手数料以外に負担する複数の経費込みの実質現金化率を複数の業者で確認し比較検討したうえで業者決定するのも1つのポイントです。

審査通過が利用条件!融資より低ハードルだがファクタリングでも審査が行われる

審査通過が利用条件!融資より低ハードルだがファクタリングでも審査が行われる
融資と違って資金借入しない資金手段なので、融資の規制法令が適用されず金融庁から認可を受けた貸金業者以外も取扱えるのがファクタリングです。

しかしファクタリングでの資金調達を実現するためには業者が行う審査を通過する必要があり、審査落ちで資金繰り計画に狂いが生じるケースも発生します。

計画通り資金調達できなければ理想的な資金繰りとは言えないので、審査落ちに備えて複数業者に利用申込みするのも複数あるファクタリング効率向上ポイントの1つです。

そうなんだ。手数料と手数料以外に発生する複数の経費込みの実質換金率を慎重に比較検討する必要があるんだ。ファクタリングだからどの業者でも良いってことじゃないんだな。
そうだな。参入障壁が低いから「ファクタリング戦国時代」って言えるくらい、非常に多くの業者がファクタリングを取り扱ってるからな。業者選びは超重要だと言えるな。
確かに手数料に目が行きがちだけど、資金調達で肝心なのは実質現金化率だもんな。複数の業者に債権額を提示して「実際幾らの現金になるのか?」を確認するべきだな。
そのとおり!手数料設定が低い業者を利用しても複数の経費が高く付いて実質現金化率が低くなったんじゃファクタリングを利用するメリットが薄れるからな。
本当だな。実質現金化率の確認以外にも、まだ複数の業者に打診するメリットが在りそうな気がしてきたな。なにか他にも隠してることが在るんじゃないの?吐いて楽になれよ。
なんだ、そりゃ!まぁ、実質現金化率の確認以外にも審査落ちに備えられるっていうメリットが複数の業者への打診にはあるな、前部白状するんで楽にさせてくださいよ、旦那!

ファクタリングも審査通過が利用条件!複数の要件が審査対象になるファクタリング

返済が必要な融資では利用希望者の資産や債務の状況が厳格に審査されますが、債権取引で返済が生じないファクタリングでも審査が行われ、審査の通過が利用条件になります。

融資の審査では利用者の返済能力が審査対象ですが、売掛金回収が重要なファクタリングでは取引方法などで複数の要件が審査対象になります。

ファクタリングには三社間と二社間の複数の取引方法が存在することは既に紹介したとおりですが、取引方法によって重視するポイントが異なり複数の要件を対象に審査します。

売掛先から業者が直接売掛金回収を行う三社間取引では売掛先の信用調査が重要視され、過去の取引実績や入金履歴を利用者の口座入金履歴などで確認して審査を行います。

利用者と業者間で回収業務委託契約を結び利用者が売掛金を回収して回収資金を業者に支払う二社間取引では、売掛先と共に利用者自身が審査対象として重要視されます。

ファクタリング審査の必要書類には、利用者の身分証明書類以外にも次に挙げる複数の書類の提出を求められ、これらの書類から利用者の信用調査や財務状況が審査されます。

  • 利用者の財務状況を確認できる過去2〜3期分の決算報告書
  • 売掛債権の存在を確認できる契約書・発注書・納品書・請求書など複数の書類
  • 取引・入金実績を確認できる過去3ヶ月分が記帳された通帳

また売掛先や利用者が税金や社会保険料を滞納していると売掛債権が差し押さえられるので、差し押さえリスクの有無を確認できる複数の必要書類には納付証明書も含まれます。

複数の業者への打診は効果的!審査落ちしてもファクタリングは利用できる

融資の利用履歴や審査結果は全て信用情報機関に登録され登録情報が全金融機共有されるので、融資で審査落ちすると他の金融機関の審査通過が困難になります。

債権取引を行うファクタリングでも審査が行われますが、融資とは異なり審査結果が共有されないので仮に1社で審査落ちしても他業者で資金調達が可能です。

スピーディーに資金調達できるファクタリングでも、審査落ちで資金調達計画に狂いが生じるので、複数の業者への打診は資金繰り効率向上ポイントの1つだと言えます。

複数の業者の乗り換えで効率向上?ファクタリングでの業者乗り換えは効果的!

複数の業者の乗り換えで効率向上?ファクタリングでの業者乗り換えは効果的!
売掛金の回収権である売掛債権は譲渡の証明が難しい無形資産であるうえ、回収不能リスクが存在することから業者にとって不確定要素が多いリスクの大きな取引になります。

業者は信頼できる売掛先や利用者との取引を切望していると言うのがファクタリングの実状なので、複数の業者のなかで取引条件が見つかれば乗り換えするのも効果的です。

突発的資金ショートは1度のファクタリングで解決可能ですが、資金繰りが徐々に苦しくなった場合は連続的な資金調達が必要で複数の業者利用も視野に入れるべきでしょう。

融資と違ってファクタリングは審査落ちしても他業者で審査通過できる可能性が高いんだ!これはワンチャンの融資より魅力的だな。しかもハードル低いなら尚更だよな!
そうだな、融資と違って信用情報の影響を強く受けないのが債権取引のファクタリングだからな。信用情報に問題があるブラックの状態でも審査通過できるケースがあるからな。
なんとっ!ブラックリストに載ってても資金調達できるのかよ!凄いなファクタリングって!審査通過させてくれた業者とは末永く取引きして資金調達すべきだな!
いや、薄情なようでも連続性のある取引でキャッシュフローを立て直すためには、より効率的に資金調達できる業者に乗り換えるのが効果的なんだ。資金繰りはシビアだからな。
マジでっ!そんな不義理許されるのかよ!しかしせっかく審査通過しても、もっと実質現金化率が良い業者があれば乗り換えたいのも事実だもんな。
不確定要素が多いファクタリングでは既に実績がある売掛先や利用者ってのは他業者に取って超魅力的なんだ。だけど乗り換え方法を間違うとトラブルになるから確認しとこう。

ファクタリングでの資金繰り効率向上は可能!複数の業者乗換えの注意点とは?

ファクタリング手数料は業者の負うリスクの大きさに比例して高額になるので、売掛先や利用者の信頼が大きければより効率的に資金繰りを行える可能性が大きくなります。

突発的資金ショートのための単発取引は若干の手数料よりも資金調達までのスピード重視ですが、キャッシュフロー立て直しを行う連続取引は資金繰り効率を重視するべきです。

業者にとってファクタリングの利用実績がある売掛先や利用者は「回収不能リスクの少ない魅力的な存在」として、喉から手がでるほど取引したい安全牌的な存在だと言えます。

複数の業者に実質換金率の確認はファクタリングでの資金調達開始時だけではなく継続的に行うことが、より効率的に資金繰りできる業者を探し当てることに繋がります。

しかし債権取引では売掛金回収が完了していない売掛債権を複数の業者に譲渡することが禁じられていて、うっかり1つの債権を複数の業者に譲渡するとトラブルになります。

連続性のある売掛債権を債権譲渡登記して複数の債権譲渡を予防する二社間取引で、単発取引し取引完了しても必要手続きを行わないと登記済み債権を他業者で利用できません。

登記済み債権を他業者で利用するためには登記している業者の合意を得て、法務局で債権譲渡登記抹消の手続きを行う必要があります。

債権譲渡登記抹消が行われていない売掛債権は複数の業者で利用できない

債権取引が行われたことを公的に証明するのが債権譲渡登記なので、登記済みの売掛債権の所有権は登記を行った業者に移行します。

ファクタリングは現金化した売掛債権の売掛金が無事回収されれば完了しますが、他業者にとって魅力的な連続性のある売掛債権が登記抹消されていないければ利用できません。

債権譲渡登記の抹消手続きが行われないと売掛債権の所有権が登記した業者のままになるので、中長期ファクタリングを予定している場合は債権の登記状態の確認が必要です。

一般的に債権譲渡登記済みの売掛債権は他業者でファクタリングできないので、他業者の利用はファクタリング未使用の売掛債権のみで可能と言われています。

しかし売掛金回収済みの売掛債権は取引が完了しているので、登記抹消手続きを行えば利用者は所有権を取り戻すことができ、複数の業者乗り換えでも利用できます。

キャッシュフローの立て直しに効果的な中長期ファクタリングを行う場合は、連続性のある売掛債権が必要となりファクタリング利用実績があれば資金繰り効率を向上できます。

連続性のある売掛債権を複数の業者の乗り換えで効果的に活用するため、取引完了時には債権譲渡登記抹消が確実に行われることを業者に確認する必要があると言えるでしょう。

複数の業者との同時取引はファクタリングでの資金繰り効率を悪化させるので注意!

複数の業者との同時取引はファクタリングでの資金繰り効率を悪化させるので注意!
ファクタリング効率を向上させるのには複数の業者を乗り換えるのが効果的ですが、複数の業者との同時取引はファクタリング効率を悪化させるので注意が必要です。

複数の業者利用でファクタリング効率向上を実現できるのは、債権取引完了後の乗り換えであって複数の業者との同時取引ではないと捉えるべきだと言えます。

取引完了後も債権譲渡登記が抹消されていないと売掛債権の所有権が業者のままになるって凄く恐ろしい話じゃない?こんな重要なことが意外と知られていないのか?
まぁ、ファクタリングの仕組み自体が、まだ広く知られていないってところに原因があると言えるけどそれが実状だと言えるな。
と言うことは他にも知られていないことや間違って認識されてることもあるんじゃないの?これ大事なことだからきちんと正確な情報を掴んでおくべきだよな。
そうだな。複数の業者乗り換えがファクタリング効率向上に繋がることと、複数の業者の同時利用が混同されている傾向にあるのも問題だと言えるな。
おいおい、そんな問題があるんならここで問題点を炙りだしておく必要があるんじゃないの?でも複数の業者乗り換えと同時利用ってなにが違うの?難しいねこの問題って。
複数の業者乗り換えと同時利用が混同しやすいっていうのが、この問題の深刻な点だから複数の業者乗り換えと同時利用の違いをしっかり確認しておくか。

複数の業者乗り換えと同時利用は大きく異なる!乗り換えと同時利用の相違点とは?

複数の業者を同時利用してファクタリング効率の高い業者に乗り換えれば、「結果的に乗り換えになるのでは?」と捉えられる傾向にありますがこの二つは大きく異なります

既に取引が完了し登記抹消で利用者が所有権を取り戻した売掛債権は、他業者にファクタリング実績のある魅力的な債権になりますが同時利用では別の債権が必要になります。

このため手数料を抑えてまで取引したいという状況が作れないので、通常の利用希望者として審査基準や手数料の設定が行われます。

また他業者との同時利用を希望している点が「資金繰りに酷く苦しむ利用者」をイメージさせるので、回収不能リスクが高く見積もられる可能でも発生します。

さらに手数料の他に発生する複数の経費は取引額に関わらず、ほぼ同額になるので複数の業者を同時利用するより利用を1社に集中させる方が結果的に安上がりになります。

このため複数の業者の同時利用ではなく取引完了後に再度複数の業者の実質現金化率を確認し、最良の条件を提示する業者に乗り換えるのがファクタリング効率を向上させます。

複数の業者を正確に比較検討するのにはより多くのファクタリング情報が必要

複数の業者を正確に比較検討するのにはより多くのファクタリング情報が必要
複数存在するファクタリング効率向上のポイントを1つずつクリアしていくことが、理想的な資金繰りを実現させる確実なステップになります。

しかしステップアップで資金繰りの効率を向上させるためには、利用者自身がより多くのファクタリング情報を知っておくことが重要になるもの事実です。

そこで大いに活用して頂きたいのが現金化専門情報サイト「俺LOVE現金化」の掲載情報で、ファクタリング基礎知識や最新情報など多彩なお役立ち知識を確認できます。

複数の業者を相手に理想的なファクタリング効率を勝ち取るために定期的に「俺LOVE現金化」の掲載情報を確認して着実にステップアップしながらファクタリングを活用してくださいね。