45,000件以上の取引実績と100億円超の累計取引高!トップ・マネジメントとは?

ファクタリングトップ・マネジメント

ライター:のぼる

保有する売掛債権を譲渡・売却するファクタリングは、現在急速に普及している資金調達手段ですが歴史は比較的新しく、創業5年未満のファクターが大多数なのが実状です。

そんななかで2009年の創業から10年以上の歴史を持ち45,000件を超える取引実績と累計取引高100億円を誇るのが老舗大手ファクターのトップ・マネジメントです。

この記事では、国内のファクタリング市場を牽引し続けてきたと言っても過言ではない老舗大手ファクターのトップ・マネジメントをご紹介していきます。

信頼性などを10点満点でスコアリングしているので、ぜひ読んでください。

東京商工会議所会員でもある大手老舗ファクター!トップ・マネジメントとは?

東京商工会議所会員でもある大手老舗ファクター!トップ・マネジメントとは?
トップ・マネジメントは2009年の創業以来45,000件以上の取引実績と100億円を超える累計取引高を誇り、国内最大手と言っても過言ではない老舗ファクターです。

積み重ねてきた取引実績による豊富な経験経営コンサルティングで培った深い知識を持ち、多彩なサービスの展開で幅広い資金調達に対応しています。

2009年創業で累計取引高100億円以上、取引実績45,000件以上っていう物凄い老舗ファクターって知ってる?
10年以上も国内のファクタリングを牽引してるらしいぞ!
あぁ、それってトップ・マネジメントのことだろ。知ってる、知ってる。
っていうかその口ぶりじゃトップ・マネジメントの存在を最近知ったみたいだな。
ドキリッ。
まぁ、歴史があって凄い取引実績を重ねてる大手老舗ファクターがいるってことは知ってたけど、それがトップ・マネジメントだって結びつかなかったんだよねぇ。
はははっ、そうなのか。
業界トップクラスの歴史と実績で国内を代表する民間ファクターと言っても過言ではないのがトップ・マネジメントだからな。当然知ってますよ。
しかも、大手や老舗というポジションにあぐらをかくことなく、多彩なサービス展開や最近じゃオンライン完結型ファクタリングにも対応してるみたいだな。
そうだな。だからこそリーディングカンパニーとして、国内ファクタリングを牽引し続けることができてるんだろうな。
大手老舗ファクターのトップ・マネジメントを見ていこう。

国内ファクタリングを牽引し続ける大手老舗ファクター!トップ・マネジメントとは?

創業以来45,000件以上の取引実績と100億円を超える累計取引高を誇り、2009年から現在まで国内のファクタリングを牽引しているのがトップ・マネジメントです。

公式サイトで確認できるトップ・マネジメントの企業概要は次表のとおりです。

会社名株式会社トップ・マネジメント
所在地東京都千代田区鍛冶町1-4-3竹内ビル2F
電話番号03-3526-2005・フリーダイヤル0120-36-2005
公式サイトhttps://top-management.co.jp/
設立年月2009年4月
取引方法二社間取引・三社間取引
取引速度最短即日~
営業時間09:00~19:00(定休日:土日祝日)
資本金5,000万円
事業内容ファクタリング業務|経理・財務・経営に関するコンサルティング業務|企業経営上の各種リスクの調査・分析の委託並びにリスクの評価及びリスク回避の相談の受託業務|担保不動産の調査及び評価業務

トップ・マネジメントは国内でようやくファクタリングでの資金調達が利用され始めた2009年の創業以来、多彩なサービスを展開し幅広い資金調達に対応しています。

トップ・マネジメントの多彩なサービス展開

二社間・三社間の取引方法では、以下の業種別ファクタリングの導入実績が確認できました。

  • 工事請負代金債権ファクタリング
  • トラック運送業ファクタリング
  • 製造業ファクタリング
  • 人材派遣業ファクタリング
  • 雑貨卸売・小売業ファクタリング
  • 個人事業主・フリーランス新設法人向けファクタリング
  • 情報通信業ファクタリング
  • 診療報酬債権ファクタリング
  • 介護報酬債権ファクタリング

また、以下のサービスも提供しています。

  • 広告業界限定ファクタリング「トップ・マネジメント」
  • 助成金申請とファクタリングを同時スタートできる公的資金調達支援プログラム「ゼロファク」

ファクタリング業界初となる資金調達方法を考案し続けながら、幅広い利用者ニーズに対応できる資金調達を提供しています。

大手で老舗なのもさることながら東京商工会議所会員で、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)認定を取得するなど安心して利用できるファクターだと言えます。

大手老舗ファクターのトップ・マネジメントが提供するファクタリングサービスとは?

大手老舗ファクターのトップ・マネジメントが提供するファクタリングサービスとは?
既述のとおりトップ・マネジメントは多彩なファクタリングサービスを展開していますが、法人・個人事業主を問わず全てのサービスは次に挙げる5つのステップで利用できます。

利用申込から資金調達完了までの流れ(共通)

  1. 利用申込:フリーダイヤル・FAX・公式サイト申込フォームから
  2. 審査:売掛先を中心とした信用調査(最短30分)
  3. 必要書類提出・面談:ヒアリング調査と必要書類の確認(所要約30分・出張対応可)
  4. 債権譲渡契約締結:法人印鑑証明・会社実印・代表者実印などが必要
  5. 資金調達完了

(図解)トップマネジメントの申し込みから入金までの流れ

またZoom・FaceTime・Google Meetを利用したオンライン完結型ファクタリングにも対応しているので、来店不要で最短数時間の資金調達も可能です。

オンライン完結型ファクタリングの利用の流れは次のとおりです。

利用申込から資金調達完了までの流れ(オンライン完結型)

  1. 利用申込:公式サイト申込フォームから
  2. 必要書類提出:代表者本人確認書類・取引債権の請求書・昨年度の決算書・入出金明細(直近7ヶ月)をPDFかjpgでメールに添付
  3. リモート面談:Zoomなどでリモート面談
  4. 債権譲渡契約締結:実印不要(DocuSignの電子サイン契約への署名で契約締結)
  5. 資金調達完了

(図解)トップマネジメントの申し込みから入金までの流れ/オンライン完結型

トップ・マネジメントでは上記手続きで請求書買取りの形での買取りファクタリングを利用でき、売掛先1社につき最大1億円、複数契約で最大3億円までの資金調達が可能です。

取引債権の下限額は公表されていませんが、今回の調査で下限額は30万円であることが確認できました。

手数料は取引債権の属性や支払いサイト、審査結果のスコアで変化しますが、三社間取引0.5~3.5%・二社間取引3.5~12.5%がトップ・マネジメントの手数料目安です。

売掛債権の売却額の振込手数料はトップ・マネジメント負担ですが、出張面談の交通費や売買契約に関する印紙代(400円)、債権譲渡登記費用(7,500円)は利用者負担です。

二社間取引は債権譲渡登記を行いますが、三社間取引は登記なしで、どちらも取引債権が回収不能になっても利用者が買い戻す必要のない、ノンリコースで取引します。

また二社間取引は取引債権額の10%を留保する留保金設定ありの取引になり、債権額100万円のファクタリングでは90万円が取引対象額となります。

留保した10万円は無事売掛金が回収できれば利用者に返還され、回収資金のなかから90万円をトップ・マネジメントに支払います。

売掛債権の売却金は指定口座に振り込まれるのが一般的ですが、トップ・マネジメントでは銀行営業時間外に現金での受け渡しや夜間キャッシュデリバリーにも対応しています。

多彩なサービスを展開する大手老舗ファクターのトップ・マネジメントのスコアは?

多彩なサービスを展開する大手老舗ファクターのトップ・マネジメントのスコアは?
多彩なサービスの展開で創業以来45,000件以上の取引実績と100億円を超える累計取引高を誇りファクタリング業界を牽引する大手老舗ファクターがトップ・マネジメントです。

請求書買取りという直感的に理解できる債権取引で、売掛先1社につき30万円~1億円、複数契約で最大3億円の資金調達に対応する魅力的なファクターだと言えるでしょう。

しかし利用価値の高い優良ファクターに位置付けるのには、満たすべき複数の要件を満たす必要があるのでトップ・マネジメントをスコアリングで判定します。

トップ・マネジメントって本当に多種多様な資金繰りに対応してるんだな。
ただ歴史がある老舗の大手ファクターっていうだけじゃないところが好感持てるよな。
そうだな。
如何にして利用者ニーズに応えられるかを追及していることが、Zoomなどを利用したオンライン完結ファクタリングに対応しているところから伝わってくるよな。
そうだよな。
老舗の大手っていうと看板の大きさにあぐらをかいちゃいそうだけど、時代に合わせてサービス開発しているんだろうな。
もうこれだけで優良業者なんじゃない?
まぁな、広告業界限定ファクタリングの「トップ・マネジメント」や公的資金調達支援プログラム「ゼロファク」なんかを考案する辺りが隙のない王者って感じだよな。
だろう? それに東京商工会議所会員でISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)認定取得は十分信頼に値すると思うんだけどどうよ?
確かに老舗大手の看板とそれらの条件が信用を裏打ちしてると言えるけど、利用価値の高い優良ファクターは他にも満たすべき要件があるからトップ・マネジメントを見てみよう。

理想的な資金調達を実現するファクターに求められる要件とは?

理想的な資金調達を実現するファクターに求められる要件とは?
多彩なサービスの展開で幅広い利用者ニーズに応えるトップ・マネジメントは魅力的ですが、優良ファクターが満たすべき要件をバランスよく満たしているかが気になります。

利用価値の高い優良ファクターが満たすべき要件は次に挙げる6つの要件なので、トップ・マネジメントがどのようなバランスでスコアを満たせるのかを確認します。

ファクターに求められる要件

  1. 業者手数料の妥当性
  2. 取引債権の上下限額
  3. 資金調達までの所要日数
  4. ファクターの信頼性
  5. 契約内容の妥当性
  6. 個人事業主の利用の可否

業者手数料の妥当性

評価基準とスコア値評価基準について
業者手数料の妥当性
(30点)
ファクタリングの取引方式は売掛先に債権譲渡通知を行う三社間取引債権譲渡通知を行わず利用者とファクターのみで取引する二社間取引かに分類でき、取引方法によって手数料が異なります。

ファクタリングの手数料は業者が自由に設定できますが、手数料相場は存在し三社間取引は取引債権額の1~9%、二社間取引は10~30%が目安になります。

目安額より手数料が高いファクターでは効率的な資金調達が難しく、安すぎる場合はトラブルに巻き込まれるリスクの高い悪徳業者の可能性もあるので手数料は重要ポイントだと言えます。

資金調達効率は手数料に大きく影響される点悪徳業者を見極めるヒントになる点を考慮し、業者手数料の妥当性のスコアは満点30点でスコアリングします。

トップ・マネジメントの業者手数料の妥当性

手数料は取引債権の属性や支払いサイト、審査結果のスコアで変化しますが、トップ・マネジメントの手数料率は三社間取引0.5~3.5%、二社間取引3.5~12.5%が目安です。

一般的な三社間取引の手数料率の目安は1~9%なのでトップ・マネジメントの0.5~3.5%は破格の手数料率だと言えます。

二社間取引も相場目安が10~30%なのに対し3.5~12.5%のトップ・マネジメントの手数料率は高く評価できると言えるでしょう。

二社間取引の債権譲渡登記に必要な費用(7,500円)債権取引契約書の印紙代(400円)なども、具体的に公表している点も大きなプラスに働きます。

これらを考慮するとトップ・マネジメントの業者手数料の妥当性のスコアリングは満点の30点でスコアできます。

取引債権の上下限額

取引債権の上下限額

評価基準とスコア値評価基準について
取引債権の上下限額(10点)債権取引に存在する不確定要素はファクターが負担するリスクとなるので、1度の取引で多くの利益を得られる高額債権が好まれる傾向にあり少額の売掛債権の取引に対応していないケースも存在します。

しかしファクタリング手数料は決して少額ではなく、ファクタリングでの資金調達を繰り返すことは保有資産を目減りさせることを意味するので必要額を調達したいものです。

取引債権の上下限額が広いファクターを利用することで、より柔軟な資金調達の実現が期待できると考えられます。

必要額を効率的に資金調達できるファクターであるかを示す、取引債権の上下限額のスコアは満点10点でスコアリングします。

トップ・マネジメントの取引債権の上下限額

トップ・マネジメントの取引債権の下限額は非公開ですが今回の調査で下限額30万円であることが確認でき、上下限額は30万円~1億円、複数契約で最大3億円であることが確認できました。

突発的な資金ショートの処理や融資が下りるまでのつなぎ資金の調達に活用されるケースが多いファクタリングには十分な上下限額だと判断できます。

特に下限額30万円の設定から個人事業主や中小・零細規模企業の少額金調達への対応が伺えるので、取引債権の上下限額のスコアリングは満点の10点でスコアできます。

資金調達までの所要日数

評価基準とスコア値評価基準について
資金調達までの所要日数(5点)理想的な資金調達手段の条件には、「必要に迫られた資金調達を迅速に完了させられる」という要件が含まれると言えます。

資金調達までの所要日数の目安は三社間取引は1~2週間、二社間取引は即日~3日間が目安になり突発的な資金調達には二社間取引が適しています。

資金調達までの所要日数はファクターによって異なるので、資金調達速度が早い業者は利用価値が高いと捉えることができますが、通常調達スピードに大差がないので資金調達までの所要日数のスコアは満点5点でスコアリングします。

トップ・マネジメントの資金調達までの所要日数

トップ・マネジメントが最短1日での資金調達を掲げているのは、社内や出張での面談が必要となることが影響していると言えるでしょう。

しかしZoom・FaceTime・Google Meetを利用したオンライン完結型ファクタリングにも対応していて、来店不要で最短数時間での資金調達が可能なことが確認できました。

オンライン完結型では最短2時間程度で資金調達を完了できることや、振込以外にも銀行営業時間外の現金受け渡しや夜間キャッシュデリバリー対応は高く評価できます。

これらを考慮するとトップ・マネジメントの資金調達までの所要日数のスコアリングは満点の5点でスコアできます。

ファクターの信頼性

評価基準とスコア値評価基準について
ファクターの信頼性(30点)融資のように金融庁の監督下にあるわけではないファクタリングは参入障壁が低く、債権取引を装った違法融資を持ちかける悪徳業者が存在するのも事実です。

ファクターの公式サイト内で企業概要を確認できますが社名や所在地、メールアドレスだけなど情報量が少ない業者は利用を控えるべき悪徳業者である可能性が高い傾向にあります。

また事業継続期間が長いファクターは多くの顧客に利用されている優良業者であると考えられるので、ファクターの信頼性は公開情報量や創業年数などから図ります。

悪徳業者を利用してしまうと理想的な資金調達の実現はおろか、トラブルに巻き込まれかねないのでファクターの信頼性は重要視する必要がありスコアは満点30点でスコアリングします。

トップ・マネジメントのファクターの信頼性

ファクタリングは比較的新しい資金調達手段なので、2009年4月創業のトップ・マネジメントは老舗ファクターに位置付けられ大きなプラス材料になります。

また東京商工会議所会員でISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)認定を取得している点も、信頼できるファクターであることを裏打ちしていると言えます。

通信会社の審査があるフリーダイヤル設置もプラス材料なので、トップ・マネジメントのファクターの信頼性のスコアリングは満点の30点でスコアできます。

契約内容の妥当性

契約内容の妥当性

評価基準とスコア値評価基準について
契約内容の妥当性(20点)ファクタリングは無担保・無保証人・無金利・無返済で利用でき、譲渡債権が回収不能になっても買戻しが求められない償還請求権なしのノンリコースでの取引が一般的です。

また売掛債権は無形資産なので債権譲渡の事実が確認し難く、二社間取引では債権譲渡登記を行うのが一般的なファクタリングの契約内容です。

悪徳業者はこれらのファクタリングの基本的な取引ルールを無視した取引を持ちかけるので、契約内容の妥当性が疑われる業者の利用は見送るべきだと考えられます。

資産である売掛債権の譲渡・売却で資金調達するファクタリングでは契約内容の妥当性は重視すべき要件なのでスコアは満点20点でスコアリングします。

トップ・マネジメントの契約内容の妥当性

トップ・マネジメントは請求書買取りで資金調達できますが、これは売掛債権を取引するファクタリングに該当します。

譲渡債権が回収不能になっても利用者が買い戻す必要のないノンリコース二社間取引で債権譲渡登記が行われることから契約内容の妥当性は間違いないと考えられます。

また債権取引の不確定要素が多くなる二社間取引では留保金設定を行うことで、ファクターが負うリスクを軽減させている点も好感が持てると言えます。

資産である売掛債権を取引するので信用できるファクターと間違いない契約内容で取引したいものですが、トップ・マネジメントは安心して利用できると言えるでしょう。

これらの条件を考慮するとトップ・マネジメントの契約内容の妥当性のスコアリングは満点の20点でスコアできます。

個人事業主の利用の可否

評価基準とスコア値評価基準について
個人事業主の利用の可否
(5点)
中小・零細規模の会社の倒産防止に効果があるとしてファクタリングは、経済産業省が推奨し普及を後押しする資金調達です。

しかし一般的に個人事業者が資金調達にファクタリングを利用するのは困難なのが実状で、基本的にファクタリングは法人向けの資金調達手段に位置付けられているのも事実です。

起業ブームや個人事業主としての独立が一般的になり、ファクタリングの普及と共に個人事業主に対応するファクターも登場していますが、現状では少数派なので個人事業主の利用の可否のスコアは満点5点でスコアリングします。

トップ・マネジメントの個人事業主の利用の可否

屋号を持たずに活動する個人事業者が利用できるファクターは非常に限定的なのが実状で、個人事業者にとってファクタリングの利用ハードルは決して低くないと言えます。

トップ・マネジメントは公式サイトで個人事業主の利用に対応していることを明確に公表していて、資金調達の必要に迫られた個人事業主の資金調達に安心して活用できます。

個人事業主の資金調達に対応するファクターは、まだ少数派なのが実状なのでトップ・マネジメントの個人事業主の利用の可否のスコアリングは満点の5点でスコアできます。

多彩なサービス展開で利用者ニーズに応えるトップ・マネジメントのスコア結果は?

多彩なサービス展開で利用者ニーズに応えるトップ・マネジメントのスコア結果は?
多彩なサービス展開で幅広い利用者ニーズに応える大手老舗ファクターのトップ・マネジメントのスコアリング結果は、トータルスコア満点の100点になりました。

トータルスコアが満点の100点となったトップ・マネジメントのスコア詳細と、スコア判定の決め手となった判定要素は次表で判りやすくご確認頂けます。

スコア要件トップ・マネジメントの判定要素スコア
業者手数料の妥当性一般的な相場が三社間1~9%、二社間10~30%なのに対し、三社間取引0.5~3.5%・二社間取引3.5~12.5%の手数料率目安は破格で高く評価できる。30点
取引債権の上下限額売掛先1社につき30万円~1億円、複数契約で最大3億円までの資金調達に対応するのは高く評価できる。10点
資金調達までの所要日数交渉最短即日だがオンライン完結型なら最短2時間で調達完了も可能で、振込以外の銀行営業時間外の現金受け渡しや夜間キャッシュデリバリー対応は高く評価できる。5点
ファクターの信頼性2009年4月創業の老舗ファクターであり、東京商工会議所会員でISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)認定取得、フリーダイヤル設置など高く評価できる。30点
契約内容の妥当性ノンリコース取引や二社間取引で債権譲渡登記が行われる点、二社間取引で留保金設定を行っている点などから契約内容の妥当性は間違いないと考えられる。20点
個人事業主の利用の可否公式サイトで個人事業主の利用への対応を明確に公表し、資金調達の必要に迫られた個人事業主の資金調達に対応している点は高く評価できる。5点

優良ファクターはファクター情報が充実の俺LOVE現金化活用で利用可能になる!

急速に普及したファクタリングに対する情報は決して十分とは言えず不足しているのが現状で、正確なファクター情報不足が影響し優良ファクターを見極めるのは困難です。

現金化専門情報サイトの俺LOVE現金化は調査した何十社ものファクターを、独自基準のスコアリングで判定し利用価値の高い優良ファクター情報を公開しています。

厳選した調査情報と「俺LOVE現金化」の独自基準のスコアリングを参考に、ぜひ利用価値の高い優良ファクターを選定して理想的な資金調達を実現してください。