地域密着型ファクタリングで九州エリアをサポート!ファクタリングゴールドとは?

ファクタリングファクタリングゴールド

ライター:のぼる

保有する売掛債権を譲渡・売却して資金調達するファクタリングを取扱うファクターの多くは、全国対応で各地の資金調達のサポートを行っています。

取引上限額を制限せず最短即日で、上限無制限の資金調達を行えるファクタリングゴールドも沖縄県以外の都道府県対応ですが、特に九州エリアに力を入れて活動しています。

今回は、福岡の拠点から九州エリアに軸足を置いた地域密着型ファクタリングに力を入れ、積極的に資金調達のサポートを行うファクターのファクタリングゴールドをご紹介します。

上限「無制限」のファクタリング!地域密着型で九州特化のファクタリングゴールドとは?

上限「無制限」のファクタリング!地域密着型で九州特化のファクタリングゴールドとは?
急激な受注増加や売上減、長すぎる支払いサイトの影響で悪化したキャッシュフローを効果的に正常化できる資金調達手段のファクタリングに対するニーズが高まっています。

全国各地に存在するファクタリングの利用ニーズに応じるため、多くのファクターが全国対応でファクタリングによる資金調達を提供しています。

上限「無制限」のファクタリングを提供している福岡のファクターのファクタリングゴールドも、沖縄県以外の47都道府県対応ですが、なかでも九州エリアには力を入れています。

九州エリアに軸足を置き資金調達をサポートするファクタリングゴールドは、地域密着型ファクタリングに力を入れているファクターだと言えるでしょう。

一昔前は色々なものやサービスが都市部に一極集中してたじゃない?
だけど最近は地元にこだわる一部の層が注目されてきてるよな。
なんか面白い傾向なんじゃないこれ?
あぁ、マイルドヤンキーとかって呼ばれてる若年層とかな。
昔みたいに「とにかく都会へ!」って風潮が薄くなってきたのはインターネット網の普及が影響してるんだろうな。
そうだよな。
全国対応ってサービスが一般化してきてるから別に都会に向かう必要がなくなってるもんな。
ファクタリングだって全国各地から利用できるもんな。
そう、多くのファクターが出張対応や完全オンライン契約で全国各地の資金調達をサポートしてるな。
だけど地域密着型ファクタリングを提供しているファクターもあるんだぜ。
地域密着型!
マイルドヤンキーが運営してるファクターなのか?
そうだとしたら大丈夫かよ?
マイルドでもヤンキーだぞ、ヤンキー!
元ヤンかも知らんけど心配だなぁ。
地域密着型=マイルドヤンキーっていう超単純な思考回路どうにかならんのかね?
じゃあ、地域密着型ファクタリングがどんなものなのかファクタリングゴールドを見ていこう。

九州エリアで地域密着型ファクタリングを提供するファクタリングゴールドとは?

ファクタリングゴールドは福岡を拠点に沖縄県以外の47都道府県対応で、上限「無制限」のファクタリングを提供し全国区各地の資金調達をサポートしているファクターです。

また地域密着型ファクタリングと名付け、九州エリアに軸足を置いたファクタリングも提供していることから、九州エリアに特化したファクターとして位置付けられています。

公式サイトで確認できるファクタリングゴールドの企業概要は次表のとおりです。

会社名屋号:ファクタリングゴールド
運営:中洲貴金属株式会社
所在地福岡県福岡市博多区中洲一丁目3番14号
電話番号092-273-0055・フリーダイヤル:0120-887-662
公式サイトhttp://gold-f.jp/
設立年月2004年11月
取引方法二社間取引・三社間取引
取引速度最短即日~
営業時間09:30~18:30(月~土曜日・日曜祝日休業)
資本金1,000万円
事業内容コンサルティング業務・ファクタリング業務

中洲貴金属株式会社では宝石・真珠・貴金属買取りで個人の資金繰りサポートを行い、ファクタリングゴールドではファクタリングで法人の資金繰りをサポートしています。

ファクタリングゴールドの設立年月が2004年11月で公表されていますが、今回の調査で公式サイトのドメイン取得が2017年6月なのが確認できました。

2004年は運営母体の中洲貴金属株式会社の設立年月で、ファクタリングゴールドとしての稼働は2017年6月からだと推測することができます。

九州エリアに特化したファクタリングゴールドの地域密着型ファクタリングとは?

九州エリアに特化したファクタリングゴールドの地域密着型ファクタリングとは?
ファクタリングゴールドでは保有する売掛債権を二社間取引か三社間取引を選んで現金に置き換えることができ、取引債権の上下限額は30万円~無制限で設定されています。

ファクタリングの利用が30万円からなのは多くのファクターで見られますが、上限無制限の資金調達に対応しているファクターは珍しい存在だと言えるでしょう。

またファクタリングゴールドは個人事業主の利用にも対応しているので、法人・個人事業主を問わずファクタリングゴールドのファクタリングで資金調達することができます。

利用申込から資金調達完了までの流れ

公式サイト内では以下の簡単3STEPで資金調達可能と表示しています。

  1. お申し込み・審査
  2. ご相談・お問い合わせ
  3. ご契約・ご入金

ただし、今回の調査で確認できたファクタリングゴールドの利用申込から資金調達完了までの流れは次のとおりです。

  1. 利用申込:フリーダイヤル・メール・FAX・郵送などから
  2. ヒアリング:申込確認した担当者が電話で売掛金属性や売掛先などをヒアリング
  3. 審査:ヒアリングで打ち合わせた必要書類を提出し、提出書類を審査
  4. 債権譲渡契約締結:審査通過後に債権譲渡契約を結ぶ
  5. 資金調達完了

公式サイトでは「売掛金さえあれば資金調達可能」の表記だけでファクタリング契約の必要書類が明記されていませんが、一般的なファクタリング契約必要書類は次のとおりです。

  • 商業登記簿謄本と印鑑証明書
  • 代表者の身分証明書と住民票
  • 決算報告書のコピー
  • 取引に使用する債権の取引先との基本契約書
  • 取引履歴書類(取引先からの入金履歴が確認できる通帳)
  • 成因資料(発注書・納品書・請求書など)

多くのファクターは平日のみの営業となっているので土日祝祭日は利用できませんが、ファクタリングゴールドは土曜も営業しているので月~土曜で利用できます。

平日は仕事に追われ資金繰り対策ができない中小・零細規模の会社や個人事業主にとって、土曜の資金調達に対応する地域密着型ファクタリングは便利な存在だと言えるでしょう。

土曜の資金調達に対応するファクタリングゴールドの地域密着型ファクタリング三社間2~15%・二社間10~30%の手数料率で売掛債権を現金に置き換えることができます。

(図解)ファクタリングゴールドの申し込みから入金までの流れ

上限無制限の地域密着型ファクタリングを提供!ファクタリングゴールドのスコアは?

上限無制限の地域密着型ファクタリングを提供!ファクタリングゴールドのスコアは?
上限無制限地域密着型ファクタリング土曜も営業して提供するファクタリングゴールドは、九州エリアの利用者にとって非常に魅力的なファクターだと言えるでしょう。

取引債権の下限額が30万円に設定されているのも小規模の会社や個人事業主にとって利用しやすく、ファクタリングゴールドは小回りの利く優良ファクターのように感じます。

しかし利用価値の高い優良ファクターに位置付けるのには、満たすべき複数の要件を満たす必要があるのでファクタリングゴールドをスコアリングで判定します。

なるほど、多くのファクターは土日祝祭日が休業だから、平日仕事に追われ資金繰り対策ができない利用者じゃ利用するのが難しいんだ。
確かにそう言われればそうだよな。
そうだな。
24時間対応を掲げてるファクターも多くがメール対応のみで営業時間内しか利用できないのが実状だから、土曜美営業は有難いサービスだと言えるな。
ホントだよな。
メール着信24時間対応って別に特別じゃないもんな!
意味ない24時間メール受付より土曜営業の方が遥かに価値があるよな。
優良ファクターじゃん。
まぁな。
その点ではファクタリングゴールドは評価できるけど、それだけで優良ファクターに位置付るのもどうかと思うぞ。
そうだな、優良ファクターとして位置付けるためには、ファクターが満たすべき複数の要件をバランスよく満たす必要があるよな。
ファクタリングゴールドはどうなんだろう?
じゃ、九州エリアに特化した地域密着ファクタリングを提供するファクタリングゴールドが優良ファクターなのかをファクタリングゴールドをスコアリングしながら見ていこう。

理想的に資金調達を行える優良ファクターに求められる満たすべき複数の要件とは?

理想的に資金調達を行える優良ファクターに求められる満たすべき複数の要件とは?
土曜日でも上限無制限で資金調達できるファクタリングゴールドの地域密着型ファクタリングは魅力的ですが、これだけで優良ファクターに位置付けることはできません。

利用価値の高い優良ファクターが満たすべき要件は次に挙げる6つの要件なので、ファクタリングゴールドがどのようなバランスでスコアを満たせるのかを確認します。

ファクターに求められる要件

  1. 業者手数料の妥当性
  2. 取引債権の上下限額
  3. 資金調達までの所要日数
  4. ファクターの信頼性
  5. 契約内容の妥当性
  6. 個人事業主の利用の可否

業者手数料の妥当性

評価基準とスコア値評価基準について
業者手数料の妥当性
(30点)
ファクタリングの取引方式は売掛先に債権譲渡通知を行う三社間取引債権譲渡通知を行わず利用者とファクターのみで取引する二社間取引かに分類でき、取引方法によって手数料が異なります。

ファクタリングの手数料は業者が自由に設定できますが、手数料相場は存在し三社間取引は取引債権額の1~9%、二社間取引は10~30%が目安になります。

目安額より手数料が高いファクターでは効率的な資金調達が難しく、安すぎる場合はトラブルに巻き込まれるリスクの高い悪徳業者の可能性もあるので手数料は重要ポイントだと言えます。

資金調達効率は手数料に大きく影響される点悪徳業者を見極めるヒントになる点を考慮し、業者手数料の妥当性のスコアは満点30点でスコアリングします。

ファクタリングゴールドの業者手数料の妥当性

手数料は取引内容や取引債権の属性、売掛先や利用者の審査スコアで変化しますが、ファクタリングゴールドの公式サイトで公表されている手数料率は三社間取引2~15%・二社間取引10~30%です。

一般的な手数料率の相場は三社間取引1~9%・二社間取引10~30%なので、ファクタリングゴールドの手数料率は相場と変わらないと言えます。

三社間取引の手数料を相場の2~15%より低い1~9%にしていることから、ファクタリングゴールドはリスク負担が小さい三社間取引を希望していることが伺えます。

ファクターが手堅い取引を希望することはマイナス材料にはなりませんが、二社間取引時の債権譲渡登記費用などが全くふれられていないのはマイナス材料です。

料金体系についての情報が薄すぎることなどを考慮するとファクタリングゴールドの業者手数料の妥当性のスコアリングは27点のスコアになります。

取引債権の上下限額

取引債権の上下限額

評価基準とスコア値評価基準について
取引債権の上下限額(10点)債権取引に存在する不確定要素はファクターが負担するリスクとなるので、1度の取引で多くの利益を得られる高額債権が好まれる傾向にあり少額の売掛債権の取引に対応していないケースも存在します。

しかしファクタリング手数料は決して少額ではなく、ファクタリングでの資金調達を繰り返すことは保有資産を目減りさせることを意味するので必要額を調達したいものです。

取引債権の上下限額が広いファクターを利用することで、より柔軟な資金調達の実現が期待できると考えられます。

必要額を効率的に資金調達できるファクターであるかを示す、取引債権の上下限額のスコアは満点10点でスコアリングします。

ファクタリングゴールドの取引債権の上下限額

ファクタリングゴールドの地域密着ファクタリングでの取引債権の上下限額は、30万円~無制限と非常に幅広く設定されています。

ファクタリングでの資金調達は突発的な資金ショートや資金借入までのつなぎ資金調達に活用されることが多いことから、30万円の下限額は利用しやすい額だと言えます。

取引上限額が無制限なのはファクタリングゴールド最大の特徴だと言っても過言ではなく、個人の資金繰りに対応する運営母体の経験を活かし採用したと考えられます。

今回の調査ではファクタリングゴールドが「現実的にいくらまで対応できるのか?」を確認できませんでしたが、無制限の資金調達を強調しているので大口取引が期待できます。

個人事業主や中小・零細規模企業の利用ニーズが高い30万円から大口取引に対応する上限無制限の設定は評価でき、ファクタリングゴールドの取引債権の上下限額のスコアリングは満点の10点でスコアできます。

資金調達までの所要日数

評価基準とスコア値評価基準について
資金調達までの所要日数(5点)理想的な資金調達手段の条件には、「必要に迫られた資金調達を迅速に完了させられる」という要件が含まれると言えます。

資金調達までの所要日数の目安は三社間取引は1~2週間、二社間取引は即日~3日間が目安になり突発的な資金調達には二社間取引が適しています。

資金調達までの所要日数はファクターによって異なるので、資金調達速度が早い業者は利用価値が高いと捉えることができますが、通常調達スピードに大差がないので資金調達までの所要日数のスコアは満点5点でスコアリングします。

ファクタリングゴールドの資金調達までの所要日数

資金調達速度は効率的な資金繰りの条件の1つですが、ファクタリングゴールドでは最短即日での資金調達に対応しています。

特に土曜日の利用でも即日で資金調達できれば利用価値は高いと考えられ、プラス材料として評価することができます。

しかし現在は完全オンライン手続きを採用し、最短2~3時間での資金調達に対応するファクターも存在するので即日ではスピード感に劣るのも事実です。

これらを考慮するとファクタリングゴールドの資金調達までの所要日数のスコアリングは、残念ながら3点のスコアになります。

ファクターの信頼性

評価基準とスコア値評価基準について
ファクターの信頼性(30点)融資のように金融庁の監督下にあるわけではないファクタリングは参入障壁が低く、債権取引を装った違法融資を持ちかける悪徳業者が存在するのも事実です。

ファクターの公式サイト内で企業概要を確認できますが社名や所在地、メールアドレスだけなど情報量が少ない業者は利用を控えるべき悪徳業者である可能性が高い傾向にあります。

また事業継続期間が長いファクターは多くの顧客に利用されている優良業者であると考えられるので、ファクターの信頼性は公開情報量や創業年数などから図ります。

悪徳業者を利用してしまうと理想的な資金調達の実現はおろか、トラブルに巻き込まれかねないのでファクターの信頼性は重要視する必要がありスコアは満点30点でスコアリングします。

ファクタリングゴールドのファクターの信頼性

今回の調査でファクタリングゴールドの創業年月は、公式サイトがドメイン取得した2017年6月ではないかという推測が生まれました。

しかしファクタリングは比較的新しい資金調達手段なので、2017年創業でもファクタリングゴールドの業歴に特に問題ないと考えられます。

また運営母体の中洲貴金属株式会社が、2004年から宝石・真珠・貴金属買取りで個人の資金繰りに対応していることから、資産取引経験は豊富であると考えられます。

公式サイト内の公開情報には若干の薄さを感じるものの、比較的丁寧な造りで直感的にファクタリングの仕組みを理解できる点なども評価に値すると言えます。

通信会社の審査があるフリーダイヤル設置もプラス材料なので、ファクタリングゴールドのファクターの信頼性のスコアリングは満点の30点でスコアできます。

契約内容の妥当性

契約内容の妥当性

評価基準とスコア値評価基準について
契約内容の妥当性(20点)ファクタリングは無担保・無保証人・無金利・無返済で利用でき、譲渡債権が回収不能になっても買戻しが求められない償還請求権なしのノンリコースでの取引が一般的です。

また売掛債権は無形資産なので債権譲渡の事実が確認し難く、二社間取引では債権譲渡登記を行うのが一般的なファクタリングの契約内容です。

悪徳業者はこれらのファクタリングの基本的な取引ルールを無視した取引を持ちかけるので、契約内容の妥当性が疑われる業者の利用は見送るべきだと考えられます。

資産である売掛債権の譲渡・売却で資金調達するファクタリングでは契約内容の妥当性は重視すべき要件なのでスコアは満点20点でスコアリングします。

ファクタリングゴールドの契約内容の妥当性

ファクタリングゴールドの公式サイト内でノンリコースの取引や二社間取引で通常行われる債権譲渡登記について全くふれられていません。

ノンリコース取引や債権譲渡登記はファクタリングの特徴だと言える重要な要件なので、それらの点にふれていないのはマイナス材料だといえます。

また公式サイト内で「手数料安心の低利率」の表記がありますが、融資でないファクタリングでは利息が発生しません。

低利率の表記はファクタリングを取り扱うファクターにとってタブーだと言っても過言ではなく、ファクタリングゴールドの契約内容が疑問視されます。

これらの条件を考慮するとファクタリングゴールドの契約内容の妥当性のスコアリングは15点でのスコアになります。

個人事業主の利用の可否

評価基準とスコア値評価基準について
個人事業主の利用の可否
(5点)
中小・零細規模の会社の倒産防止に効果があるとしてファクタリングは、経済産業省が推奨し普及を後押しする資金調達です。

しかし一般的に個人事業者が資金調達にファクタリングを利用するのは困難なのが実状で、基本的にファクタリングは法人向けの資金調達手段に位置付けられているのも事実です。

起業ブームや個人事業主としての独立が一般的になり、ファクタリングの普及と共に個人事業主に対応するファクターも登場していますが、現状では少数派なので個人事業主の利用の可否のスコアは満点5点でスコアリングします。

ファクタリングゴールドの個人事業主の利用の可否

屋号を持たずに活動する個人事業者が利用できるファクターは非常に限定的なため、個人事業者にとってファクタリングの利用ハードルは決して低くないのが実状だと言えます。

ファクタリングゴールドは公式サイトで個人事業主の利用に対応していていることを明確に公表し、資金調達の必要に迫られた個人事業主の資金調達に対応しています。

個人事業主の資金調達に対応するファクターはまだ少数派なのが実状なのでファクタリングゴールドの個人事業主の利用の可否のスコアリングは満点の5点でスコアできます。

九州エリアで地域密着型ファクタリングを提供!ファクタリングゴールドのスコア結果は?

九州エリアで地域密着型ファクタリングを提供!ファクタリングゴールドのスコア結果は?
福岡を拠点に九州エリアに特化した上限無制限の地域密着型ファクタリングを提供するファクタリングゴールドのスコアリング結果は、90点のトータルスコアになりました。

トータルスコアが90点となったファクタリングゴールドのスコア詳細と、スコア判定の決め手となった判定要素は次表で判りやすくご確認頂けます。

スコア要件ファクタリングゴールドの判定要素スコア
業者手数料の妥当性一般的な相場が三社間1~9%、二社間10~30%なのに対し、公表する三社間2~15%・二社間10~30%の手数料率目安は妥当だが、債権譲渡登記費用などが全くふれられていないのはマイナス材料。27点
取引債権の上下限額取引債権の上下限額が30万円~無制限と非常に幅広い資金調達に対応できるのは評価できる。10点
資金調達までの所要日数公称最短即日だが完全オンライン手続きで最短2~3時間の資金調達に対応するファクターも存在し即日ではスピード感に劣る。3点
ファクターの信頼性調査結果から2017年創業が推測できるが業歴的に特に問題なく、2004年から個人の資金繰りに対応する運営母体での経験が期待できる。
公開情報には若干の薄さを感じるが比較的丁寧で直感的に理解できる点やフリーダイヤル設置も評価できる。
30点
契約内容の妥当性公式サイト内でノンリコース取引や二社間取引で債権譲渡登記に全くふれていないのはマイナス材料であり、「手数料安心の低利率」の表記は大きなマイナスとなる。15点
個人事業主の利用の可否公式サイトで個人事業主の利用への対応を明確に公表し、資金調達の必要に迫られた個人事業主の資金調達に対応している点は評価できる。5点

充実した俺LOVE現金化のファクター情報を活用すれば優良ファクターを利用できる!

まだ歴史が浅い資金調達手段のファクタリングは情報不足の状態なのが現状で、利用者が優良ファクターを見極めて利用するのは非常に困難だと言えます。

俺LOVE現金化は現金化専門情報サイトとして培ってきた調査力を駆使して何十社ものファクターを調査し、独自基準のスコアリングで利用価値の高い優良ファクターなのか判定し公開しています。

「俺LOVE現金化」の調査情報と独自基準のスコアリングを参考に、ぜひ利用価値の高い優良ファクターを選定して理想的な資金調達を実現してください。