換金率と価格の高い商品でクレジットカード現金化を行う際の注意点

現金化 換金率 高い

ライター:たける

クレジットカード現金化を行う回数をできるだけ減らしたほうがカード会社に現金化を疑われる確率が低くなりますが、効率的な現金化を行うために高い商品を利用するとカード会社に現金化がバレるリスクが高まるのも事実です。

カード会社に疑われないクレジットカード現金化の実現には細心の注意を払いながら現金化を行う必要があり、「どのような商品でクレジットカード現金化を行うのか?」も重要なポイントとなります。

今回の記事では、換金率と価格の高い商品と現金化の関係実際にどのような商品がカード会社バレやすいのかなどを紹介していきます。

高い現金化を行える換金率が高い商品とは?

買取方式でコスパの高い現金化を行える換金率の換金率が高い商品とは?
買取方式で、効率的な現金化を実現するのには、「いかにして換金率の高い商品を利用して現金化を行うのか」がポイントになります。

買取方式の現金化で効率的に現金を手に入れるポイントは、換金率の高い商品を利用することなのか、意外とシンプルなんだな。
そりゃそうだ。中古市場価格の影響を大きく受ける買取方式の現金化は、まさに市場原理がマルっと反映される分かりやすいシステムだからな。
そうか、じゃ数年前に無理して買ったこのブランド時計じゃ効率的な現金化は望めそうにもないのかなぁ?
結構高買ったんだけどコレ…。
チラリッ……。んー、それ大ブームになったけどあっという間にブームが去った奴じゃない?
しかも、使い込んでる感が凄いな、ブランドものなら新古品じゃないと難しいだろ。
やっぱりそうなのか。じゃあ買取方式で効率的にコスパの高い現金化をしようと思ったら金券類なの?
やっぱり。
そうね、金券類へのニーズは高止まりだから金券類が間違いないが、特に換金率が高いものとして扱われる金券があるから具体的に見ていこう

電子ギフト券や新幹線回数券は換金率も高く人気

以前は、図書券やデパート商品券、切手や収入印紙などが換金率の高い商品として扱われていましたが、ネット通販が普及してからは、電子ギフト券と呼ばれる金券が人気です。

多くの買取式の現金化業者で、特に換金率が高い商品として扱われる金券として

・Amazonギフト券
・iTunesカード
・Google Play

などが挙げられます。

また比較的高額となる新幹線回数券も、換金率の高い商品として扱われますし、高速バスのチケットも路線によっては、換金率の高いものとなります。

これらの金券類は、利用者が自由に購入して現金化業者に売却する際にも有効ですし、業者の指定商品の多くがAmazonギフト券・iTunesカード・Google Playギフト券などです。

換金率の高い商品を利用すれば、効率的にコスパの高い現金化の実現が可能ですが、実は換金率が高い商品の利用には一定のリスクが潜んでいます。

換金率の高い商品での現金化に潜むリスクとは?

換金率の高い商品での現金化に潜むリスクとは?
Amazonギフト券・iTunesカード・Google Playギフト券などの電子ギフト券や新幹線回数券などは、換金率が高い商品として現金化に広く活用されています。

しかし、余りにも「換金率が高いもの」としての認知度が高くなりすぎたため、カード会社は換金率の高い商品の購入の自動検知システムの導入などの対策を講じています。

ここでは、換金率が高い商品を現金化するときに起こる可能性があるリスクを紹介していきます。

カード会社に見つかる可能が高い

カード会社の利用規約のなかには「発行したカードを現金化に使用しない」という旨が記載されているので、カード会社にバレると規約違反でペナルティが課されます。

カード会社に現金化がバレた際のペナルティは、強制退会や利用額の一括返済ですが、現金化に利用したカード以外にも、悪影響を及ぼす可能性が高いのが現金化のリスクです。

カード会社は私企業ですが、カード利用は信用取引となるので

・カードの利用履歴
・利用額の支払い状況
・新規カードの発行申請履歴
・発行申請の結果
・利用者に対するペナルティの内容

などが信用情報機関のデータベースに全て記録されます。

カード発行時や新規ローン契約時の審査で、申し込み者の信用情報が、チェックされるのは広く知られていますが、カード会社は契約後の会員に対しても定期的な審査を行います。

既に契約したカード会員に対する審査は、途上与信と呼ばれもので、自社への利用や支払い状況の確認や、信用情報機関での他社への利用や支払い状況を確認します。

つまり、現金化に利用していないカード会社の途上与信で「現金化による強制退会」の履歴が確認されると、「現金化の利用リスクがある会員」として判断され、カード利用が停止することがあります。

換金率や価格が高い商品でのクレジットカード現金化がバレるリスクが高い理由

換金率の高い商品で尚且つ価格が高い商品を利用すれば、一度の現金化でより多くの現金を手に入れられますが、既に非常に多くのクレジットカード現金化で利用されているためカード会社は換金率の高い商品を掴んでいるのも事実です。

既述のとおり代表的な換金率の高い商品として挙げられるAmazonギフト券や新幹線回数券などの購入にカードが使用されると自動検出するシステムが既に採用されているため、換金率の高い商品の購入は必ずカード会社に確認されると捉えるべきでしょう。

また通称クレヒスと呼ばれるクレジットヒストリーのスコアが低い会員は価格の高い商品購入の際に分割払いを選択しなければ、「クレジットカード現金化が目的の商品購入ではないのか?」と疑われるリスクが生じます。

残念ながらクレジットカード現金化を利用する人の多くはクレジットヒストリーのスコアが高くない傾向にあるため、価格の高い商品を利用して現金化を行う際は一括払いではなく分割払いで商品購入を行うことをおすすめします。

換金率が高いもの以外でも現金化は慎重に行うのが絶対条件

コスパの高い効率的な現金化を実現するためには、換金率の高い商品を利用するのがポイントですが、換金率が高い商品を利用しても、現金化がバレてしまうと意味がありません。

換金率が高いものは、既にカード会社が把握しているので、これらの商品で現金化を行う際は、バレないよう細心の注意が必要です。

また、換金率が高いもの以外の商品で現金化を行う際も、大量購入や連続購入などの不自然な利用をすると、カード会社から現金化が疑われるので注意しましょう。

コスパを追求しすぎると、最悪のケース「全てのカードが利用できない」という事態に陥りかねませんので、カード会社にバレない現金化が、実は最も効率的な現金化だと言えるでしょう。

換金率や価格の高い商品でカード会社にバレずに現金化を行う方法とは?

代表的なクレジットカード現金化の方法として購入商品を現金化業者に売却する買取方式と現金化業者から商品を購入しキャッシュバックを受けるキャッシュバック方式が挙げられ、どちらを利用するかでカード会社に現金化がバレる・バレないが決まります。

買取方式には任意に利用者が購入した商品をリサイクルショップや金券ショップに持ち込む方法現金化業者が指定する商品を利用者が代理購入し購入商品と引き換えに現金を受け取る方法に分類できますが双方とも市場価値が明確な商品を取り扱います。

既に紹介したとおりAmazonギフト券などの金券や新幹線回数券などが換金率や価格が高い商品となりますが、これらの商品購入はカード会社に現金化がバレる原因になりかねないためリスクが高いと言えます。

キャッシュバック方式で現金化業者から購入する商品は情報が記録されたCD-ROMやパワーストーンなど、どちらかというと市場価値を明確にするのが難しいものが利用されるため価格が高い商品でも不自然でないと言えます。

またキャッシュバックでの換金率が高い商品を購入しても換金率の高い商品であることをカード会社が突き止めるのが困難ですので、キャッシュバック方式であればカード会社にバレずに還元率や価格の高い商品を利用したクレジットカード現金化が可能です。

しかしキャッシュバック方式は買取方式を行う現金化業者に比べて悪徳業者に遭遇する確率が高くなる傾向もあるので、信頼できる業者であるのかの情報をしっかり確認したうえでキャッシュバック方式のクレジットカード現金化を行う必要があります。

理想的なクレジットカード現金化を行うためには「なにが換金率と価格が高い商品であるのか?」や「買取方式とキャッシュバック方式のどちらを利用するか?」、「どれが信頼できる現金化業者であるか?」など多くの情報をしっかりと掴んでおく必要があります。

換金率や価格の高い商品を利用したクレジットカード現金化は、カード会社に現金化がバレるリスクと現金化の回数を最小限に抑えカード会社にバレるリスクを低下させる相反する特徴を持っていると言えますので現金化の方法の選択がポイントとなります。

換金率や価格の高い商品で行う高額な現金化より少額の現金化リスクは低いの?

少額の現金化は換金率や価格の高い商品で行う高額な現金化よりローリスク?

換金率や価格の高い商品は一回のクレジットカード現金化で数万円の現金を手に入れられる反面、現金化がカード会社にバレるリスクも高くなります。バレないように少額の現金化が行われるケースもあるので高額現金化少額現金化を比較して紹介します。

換金率や価格の高い商品を利用した現金化はカード会社にバレるリスクが高いのなら、換金率や価格が高くない商品で少額を現金化すればバレにくいんじゃないの?
少額の現金化は効率が悪くなるぞ。
人気の高いオークションサイトを利用して大量に転売すれば良いじゃん!塵も積もればって奴で。
確かにオークションサイトを利用した自力で行う現金化も存在するな。
でしょ!大きなリスクを背負うより堅実にコツコツと少額を現金化すれば良いだろう?
堅実かどうかはともかく、少額の現金化について確認してみよう。

少額現金化も頻度が高いと換金率や価格の高い商品の現金化とバレるリスクは同じ

少額のクレジットカード現金化はカードの通常利用と区別し難くくカード会社に現金化がバレるリスクが低くなりますが、少額であるため現金化の頻度が高くなる傾向があるのも事実で高頻度で行うと少額の現金化もカード会社にバレる可能性が高くなります。

カード会社は金額の大小に関わらず全ての現金化を規約違反として判断するため、必要な金額に応じたクレジットカード現金化を行うのが理想的な現金化を行うためのポイントだと捉えるべきです。

少額の現金化を頻繁に繰り返すより換金率や価格の高い商品を利用して一度のクレジットカード現金化で必要な金額を調達する方がカード会社にバレるリスクは低くなると言えます。

換金率の高い商品を現金化するときは慎重に

換金率の高い商品の活用でコスパの高い効率的な現金化を実現するためには?
現金化は、キャッシングなどより効率的な現金調達方法ですが、よりコスパの高い現金化の実現には「換金率の高い業者」や「換金率の高い商品」を知る必要があります。

しかし、次々に新たな現金化業者が登場し、代謝速度が速いので、換金率が高い業者が、次々と入れ替わっているのも実情です。

また商品の換金率は、中古市場ニーズで変化するので、換金率が高い商品も市場ニーズで移り変わります。

コスパの高い効率的な現金化の実現には「現金化市場の変化を正確に把握する」必要があり、正確な最新情報を発信する情報サイトの活用が欠かせません。

現金化情報サイト「俺LOVE現金化」は、現金化をあらゆる角度から調査・分析して、最新の現金化市場の状況を発信しています。

俺LOVE現金化は、換金率の高い業者情報や換金率の高い商品はもちろん、数ある現金化の方法のなかから選りすぐりの換金率の高いものを紹介する専門サイトです。

俺LOVE現金化に掲載する換金率の高い現金化の方法や業者、換金率が高い商品の最新情報を参考に、コスパの高い現金化で効率的に現金を手に入れてくださいね。