イベント参加を「金欠やばい!」で見送りたくない!金欠を解決する現金化とは

現金化 金欠

ライター:ひであき

日常生活の維持コストは、それぞれのライフスタイルで異なりますが、イベントの多い年末年始や長期休暇などの行楽シーズンは、いつもより多くの出費が発生します。

また大切なライフイベントを楽しく過ごし、素晴らしい思い出にするのには、どうしても一定の出費を負担する必要があるのも事実です。

しかし、イベントが迫ったタイミングの想定外の出費で、「金欠やばい!」の状況に陥り、参加を見送るべきか、頭を悩ませたことは、誰でも経験があるのではないでしょうか?

今回の記事では、「金欠やばい!」状況に陥らない現金化でのお金のコントロール方法を紹介します。

要注意!「金欠やばい!」の状況は誰でも陥る可能性がある

要注意!「金欠やばい!」の状況は誰でも陥る可能性がある
一般的に生活の維持コストを正確に掴めば、「金欠やばい!」という状況は、回避できると考えられ、多くの方が生活維持コストを意識しながら、生活しているのではないでしょうか?

お金のコントロールに、無頓着な方も一定数存在しますが、無意識のうちに、最低限の生活の維持コストの計算を行っているのではないかと考えられます。

しかし、日常生活のなかで、想定外に発生する出費を避けることは難しいのも事実で、イベントシーズンなどは、特に「金欠やばい!」の状況に陥る可能性が高くなると言えます。

こんなご時世とはいえ、やっぱりイベントシーズンっていうのは、気分が盛り上がるもんだよな!
楽しみ方が、多様化したせいで新たなイベントスタイルも登場してきてるからな!
まぁそうだな、イベントシーズンっていうのは、どうしても気分が高揚するもんだし、ついつい財布の紐も、緩みがちになるもんだよな。
そうなんだよね!
イベントシーズンは、楽しい反面「財布の紐が緩む危険なシーズン」でもあるんだよな。何度「金欠やばい!」って、頭を抱えたことか!
ハハハッ!君の場合は「急性の金欠やばい!」じゃなくて、「慢性金欠やばい!症候群」って言ってもいいんじゃないのか?
なにそれ?なんか悪意を感じる物言いじゃない?
まぁ確かに、基本的に年中「金欠やばい!」って言ってる気もするけどな僕の場合は。
まぁそう言うな、「金欠やばい!」っていう状況は、誰もが陥る可能性があるものだから、どうして「金欠やばい!」ってことになるのかを確認しておこう。

金欠やばい!に陥る原因はお金のコントロールの失敗

日常生活の維持コストは、毎月必ず発生する固定費月によって変化する変動費の二種類に分類することができ、代表的な固定費と変動費は、次に挙げる費用です。

固定費
  • 家賃や住宅ローンなどの居住費
  • 光熱費や水道代
  • スマホやネット料金などの通信費
変動費
  • 食費
  • 交際費
  • 被服費
  • 医療費

固定費は、日常生活を維持するために必要不可欠ですし、変動費の食費・医療費も生命維持コストですので、「金欠やばい!」といっても、これらをカットするわけにはいきません。

変動費の交際費や被服費は、日常生活の維持や生命維持に、直接影響しない費用ですが、潤いのある生活をおくるには、欠かせない費用だと言えるのも事実です。

お金のコントロールは、「いかにして、固定費や変動費を抑えるか?」が、ポイントになりますが、無理な節約は長続きしないので、ストレスにならない程度で、セーブするのが効果的です。

上手な節約で「金欠やばい!」の状態を回避したいものですが、一定の貯金がないと、ちょっとしたコントロールミスで、やりくりできなくなり「金欠やばい!」の状態に陥ります。

慎重にコントロールしていても想定外の出費は発生するもの

冠婚葬祭や友人知人との会食、家電品の故障などの出費は、あらかじめ予想するのが難しいものですが、これらの出費に対応しなければ、人間関係や生活環境に支障をきたします。

全ての出費を完全にコントロールできれば「金欠やばい!」と頭を抱えることはありませんが、想定外の出費発生は、どうしても避けられず、コントロールできないものです。

金融サービスの充実で「金欠やばい!」は回避しやすい時代

金融サービスの充実で「金欠やばい!」は回避しやすい時代
消費者金融が、サラ金と呼ばれていた時代は、「うっかり利用すると、借入元本の何倍もの返済が求められる」と言われ、金融業者は気軽に利用できるものではありませんでした。

しかし、消費者金融などの金融業者に対する規制が厳しくなり、現在は、消費者金融やカードローンなどが、気軽に利用できるようになり、「金欠やばい!」の状況を回避しやすくなっています。

消費者金融が、サラ金と呼ばれていた時代って、ウッカリ利用すると、物凄い利子が加算された額を請求されていたんだってな。怖い怖い。
そうだな、社会問題になるほどの高額金利で「高利貸し」とも呼ばれていたし、サラ金の取立は、厳しかったから利用すると、「社会人生活の終わり」を意味するほど、高リスクだったんだ。
それじゃ「金欠やばい!」って思っても、対応のしようがなかったんじゃないの?
昔はどうやって、お金を手に入れていたんだ?
そうだな、質屋の利用なんかが、手っ取り早く現金を手に入れられる「金欠やばい!」の対応法だったみたいだな。しかし、質屋で手に入れられる額は、少なかったようだから大変だ。
今の時代に生まれて良かったわマジで。今ならATMから簡単に現金を引き出せるサービスが、沢山あるから「金欠やばい!」って言っても、回避しやすいもんな。
確かにそうだけど、お手軽な金融サービスっていうのは、融資だから借金になるってことは気付いてる?
利用は、ほどほどにしないと、首が回らなくなるリスクがあるんだぜ。

多彩な「金欠やばい!」の解決方法とは?

お金のコントロールにつまづき、「金欠やばい!」という事態になっても、現在は非常に多くの金融サービスが存在するので、現金を手に入れるハードルは低くなっていると言えます。

簡単にATMから現金を引き出せる金融サービスは、消費者金融や金融機関からカードローンなどで、借入する融資サービスで借金になります。

貸金業法や利息制限法の改正で、金利上限が厳しく規制されたので、従来のサラ金のような高金利ではなくなりましたが、現在でも、借入額に応じて、次の上限で金利が加算されます。

借入額に応じての上限と年率
  • 借入額10万円未満:年率20%
  • 借入額10~100万円未満:年率18%
  • 借入額100万円以上:年率15%

借入額が大きければ、金利上限が15%に制限されますが、「金欠やばい!」の状態で、利用するケースが多い10万円未満の少額融資は、最大20%の利子が加算されます。

融資サービスの金利負担は決して小さくない

法改正で規制が厳しくなり、消費者金融などの融資サービス利用のハードルは、大きく下がりましたが、「金欠やばい!」を借り入れで対処すると、金利負担が少なくないと言えます。

予定外の出費のたびに、借入で対処していると、金利負担が大きくなり、お金のコントロールが難しくなった結果、「多重債務」に陥るリスクがあるので、計画的な利用が非常に重要です。

現金化は無金利で現金を手に入れられる現金調達手段

現金化は無金利で現金を手に入れられる現金調達手段
お金のコントロール失敗で、「金欠やばい!」の状況の対処は、気軽に利用できる融資サービスでも行えますが、金利負担が発生する借入は、効率的な対処法ではないと言えます。

クレジットカードのショッピング枠を現金に置き換える現金化は、金利負担せず、現金を手に入れられるので、融資サービスより、効果的に「金欠やばい!」の状況に対処できます。

クレジットカード現金化業者を使わない方法などもあるため、自分に合った現金化を見つけることができます。

ATMから簡単に、現金が引き出せる金融サービスの正体は、「融資サービス」だったんだな。つまり借金をしてたってことだ。道理で気前よく、利用させてくれると思ったよ。
そうだな、貸金業者は金利で利益を上げるから、貸金業法の規制さえなければ、「ジャンジャン借りてくれ!」っていうのが本音だろうね。
どうりで派手に、テレビなんかで宣伝してるわけだ。広告費って、結構バカにならないくらい高額なんじゃないの?
そうだろうな、それでも十分潤えるほど、莫大な利子が利用者から集められることだろう。
なにぃ!俺がこんなに「金欠やばい!」って、頭を抱えながら利用しているのに、貸金業者はそんなに儲かってんのか?
なんか腹立つし、若干、利用するのが怖くなってきた。
まぁ、利用頻度が高い君の場合は、金利負担が少なくないだろうから、無金利で現金を手に入れられる方法で、「金欠やばい!」っていう状況を切り抜けることをおすすめするよ。

クレジットカードのショッピング枠は現金に置き換えられる

クレジットカードには、ショッピングとキャッシングの機能が搭載されていて、ATMから現金を引き出すのは、キャッシング機能の融資サービスです。

ショッピング機能は、キャッシングとは別枠の機能で、仮にキャッシング限度額まで借り入れしていても、商品購入費などの支払いは、ショッピング枠で行えます。

ショッピング枠を現金に置き換えるのが現金化で、購入商品の売却や商品購入時のキャッシュバックなどで、本来現金に置き換えられないショッピング枠で、現金を手に入れます

利用額を翌月一括払いすれば、金利が発生しませんし、決済手数料はカードを利用した加盟店負担となるので、利用者には購入商品の代金だけが、請求されるためお得に利用できます。

また商品購入時に発生するポイントは、利用者に還元されるので、購入商品を売却し、現金化した上に、ポイントを貯められるのも現金化の魅力だと言えます。

現金化の利用は違法行為?現金化がグレーゾーンと言われる理由

現金化について、「違法行為」や「グレーゾーン」という意見も存在しますが、現在の国内には、現金化を禁止する法律が存在しないので、現金化は違法行為ではないと言えます。

但し、カード会社の利用規定で現金化が禁止されているので、現金化をクレーゾーンの現金調達手段として捉える見方があるのも事実です。

利用する業者と商品の選択が理想的な現金化を実現には重要

利用する業者と商品の選択が理想的な現金化を実現には重要
金利負担なしで、現金を手に入れられる魅力的な現金調達手段が現金化ですが、理想的な現金化の実現には、業者や利用する商品を上手に選択することが重要となります。

現金化手数料を抑えた信頼できる業者で、換金率の高い商品を利用して、現金化することで、商品購入代金に近いレートで現金を手に入れることができます。

現金化って、利用する業者や商品の見極めが重要になるんだよね。高過ぎる換金率を提示する業者は、怪しいから利用しちゃダメだって聞いたことがある。
そう、「金欠やばい!」って状況だと、どうしても換金率に目が行くけど、うっかり悪徳業者を利用すると、商品だけ取り上げられるトラブルなんかに巻き込まれるからな。
そりゃおっかない話だけど、確かに「金欠やばい!」って状況だと、少しでも多くの現金を手に入れたいから、俺なんか悪徳業者に引っかかりそうだな。
ハハハッ!確かにそんな気はするな。
コラコラ、そういわずに業者の見分け方とかをレクチャーしようって、気にはならんのかね!
「金欠やばい!」のバイアスを取り払うくらい、しっかりしたレクチャーを希望!
はいはい、それじゃ理想的な現金化を実現するために、業者の見分け方や高換金率の商品なんかを見ていこう。

信頼できる業者を選ばないとトラブルに巻き込まれるケースも

現金化は、実店舗を持つ金券ショップで行うタイプオンライン取引限定の無店舗業者を利用するタイプがありますが、オンライン取引の業者の方が高換金率な傾向にあります。

オンライン取引では、

  • 業者の指定商品を利用者が代理購入し売却する買取方式か、
  • 業者から商品購入しキャッシュバックで現金を受け取るキャッシュバック方式

現金化します。

どちらの方法も、基本的に無店舗型なので悪徳業者を利用すると、商品だけ取り上げられたり、約束の金額より低い額しか振り込まれないなどのトラブルになるリスクがあります。

しかし、実店舗型の金券ショップが運営するオンライン取引の利用や、信頼できる現金化業者の最新情報を確認し、現金化を行うことで、悪徳業者に引っかかるリスクは避けられます。

どの商品で「金欠やばい」の状況を解決するのが効率的?

買取方式で現金化を行う場合は、どの商品を利用して現金化を行うかで、効率的に「金欠やばい!」という状況を対処できるかどうかが決まります。

現在、高い換金率で現金を手に入れられる商品として、広く現金化に活用されているのが、Amazonギフト券・iTunesカード・Google Playギフト券などの電子ギフト券です。

業者指定の商品購入を行う現金化でも、ほとんどの業者が電子ギフト券を指定しますが、業者の在庫状態で、どのカードのいくらの券面が指定されるかが変化します。

現在効率的に「金欠やばい!」の状況に対処できる商品は、電子ギフト券ですので、電子ギフト券を安く手に入れられれば、現金化効率が、さらに向上すると言えるでしょう。

現金化がバレると「金欠やばい!」より深刻な状況に陥る可能性も!

現金化がバレると「金欠やばい!」より深刻な状況に陥る可能性も!
高換金率の電子ギフト券を利用した現金化で、効果的に「金欠やばい!」というピンチから脱出できますが、現金化は絶対にカード会社に突き止められないよう行う必要があります。

既にふれたとおり、現金化は違法行為ではないもののカード会社の利用規約違反になるので、現金化を突き止められると「金欠やばい!」という状況よりヤバい状況に陥ります。

電子ギフト券を利用した現金化なら、限りなく電子ギフト券の券面額に近い現金を手に入れられるんだな。この方法で「金欠やばい!」って頭を抱えなくてすみそうだよ。
おいおい、安心しすぎだぞ!
現金化っていうのはノーリスクではないから注意してな。
ええぇ!そうなの?
現金化って、悪徳業者以外にリスクあるのかよ?
カード会社に現金化がバレると、「金欠やばい!」なんて言ってられないくらい、ヤバい状況になるから確認しておこう。
カード会社も怖いのかよ!
なんでっ!どうしてっ?教えてぇ!
カード会社に現金化がバレると、「金欠やばい!」なんて言ってられないくらい、ヤバい状況になるから確認しておこう。

換金率の高い商品はカード会社がマークしている

利用規約で、現金化を禁止しているカード会社は、自社発行のカードが、現金化に利用されていないかをカード会員の利用履歴をチェックしながら監視しています。

特に、換金率が高い商品として、現金化に利用されるケースが多い、電子ギフト券新幹線回数券は、購入を自動検知するシステムを利用しながら徹底的にチェックしています。

常識的な通常使用での購入であれば問題ありませんが、「金欠やばい!」という状況で、大量に商品購入し、現金化するとカード会社にマークされ、利用履歴が徹底的に調査されます。

カード会社が、現金化をしていると判断した場合は「利用規約違反」として、カード利用停止や強制退会、利用額の一括返済などが求められ「金欠やばい!」の状況が悪化します。

さらに強制退会の情報は、他のカード会社にも共有されるので、カード利用停止が連鎖し「金欠やばい!」の状況より、さらにヤバい状況に陥る可能性があります。

大量購入・連続購入など不自然な購入は控えるべき

カード会社に現金化を突き止められ「金欠やばい!」の状況より、さらにヤバい状況に陥らないためには、大量購入や連続購入などの不自然なカード利用を避ける必要があります。

複数のカードを持っている場合は、それぞれのカードで現金化を行いながら「金欠やばい!」の状況から脱出することをおすすめします。

融資サービスの利用同様、クレジットカード現金化計画的に利用することが、効果的に現金化で「金欠やばい!」という状況を脱出する秘訣だと言えるでしょう。

現金化で「金欠やばい!」を効果的に解決する賢い利用方法とは?

現金化で「金欠やばい!」を効果的に解決する賢い利用方法とは?
キャッシング枠が、利用上限に達していても、無金利で現金を手に入れられる現金化は「金欠やばい!」の効果的な解決方法ですが、高換金率の業者や商品で賢く利用したいものです。

また万一、カード会社から現金化を疑われると、「金欠やばい!」より遥かに深刻な事態となる可能性があるので、上手な対処方法なども身に着けておくべきでしょう。

理想的な現金化の実現は「正確な最新情報をより多く掴んでおくこと」が非常に重要となり、情報収集なしで、現金化を行うのは、リスクの高い行為と言っても過言ではありません。

俺LOVE現金化は、換金率の高い商品や信頼できる業者情報、より安全で効果的な現金化の方法など、現金化に必要となる有益情報をを紹介する専門サイトです。

現金化で「金欠やばい!」を効果的に解決するためには、現金化情報サイト「俺LOVE現金化」で、現金化をあらゆる角度から調査・分析するのが、賢い利用方法だと言えます。

俺LOVE現金化をフル活用して、安全かつ効果的な現金化で現金を手に入れて、「金欠やばい!」の状況をスマートに解決してくださいね。