クレジットカードの審査が落ちる理由とは?対策を考えて確率を上げよう

クレジットカード 審査

ライター:こうじ

「クレジットカードを持ちたい」と思う方もいるでしょう。

クレジットカードを持っているならオンラインによる決済はもちろん、ポイント付与や優待サービスなど、いろいろな特典を得ることができるので、カード利用以外にも期待することができます。

ただ、クレジットカードは申込みをすれば確実に取得できるわけではなく審査を通過しなくては、発行してもらえません

今回の記事では、審査を通過できるように取り組んでいくうえで、「なぜ審査に落ちるの?」と疑問を感じた方のために「審査」について詳しく解説していきます。

クレジットカードの審査に落ちてしまう理由とは?

クレジットカードの審査に落ちてしまう理由とは?

クレジットカードを取得するには審査に受かる必要があるが、審査に落ちてしまうことは多いのか?
カード会社によって審査基準は違うけど、確実に受かる保証はないね
どんな理由で審査に落ちてしまうことがあるんだ?
審査に落ちる理由はいろいろあるから内容を紹介しよう

クレジットカードの審査に落ちる理由は1つではなく複数あります。
自分がどれかに当てはまっているなら落ちてしまうリスクが高くなるので確認しておきましょう。

返済能力が低いと判断された場合

返済能力が低いと判断されたならクレジットカード審査に落ちてしまうこともあります。
クレジットカードの審査には職業や年収、勤続年数などが考慮されます。
カード会社がいろいろな項目で申込み者の審査を行うのは返済能力を確認するためです。

クレジットカードは利用した時点で即日払いされるのではなく、期限までに支払いを行えれば良いのでカード会社が一定期間お金を貸し出している状態となっています。
もし、期日が来たときに返済することができないようなら、カード会社はお金の回収ができないので貸し倒れになるリスクがあり、金額が大きいなら最悪倒産してしまうことになるでしょう。

そのため、カード会社はリスク回避のために年収や職業、勤続年数などを確認して「返済能力が乏しい」と判断したなら審査を落とします。

もし、勤続年数が1年に満たない場合や収入がわずかな金額であればカード会社の審査で落ちてしまう可能性は高いです。
審査に落ちたときは収入アップや勤続年数が経ってから申込みするようにしましょう。
クレジットカードの審査では年収や職場、勤続年数などが重視されるんだな
もし自分に何も落ち度がない中で審査に落ちてしまうなら、返済能力の問題が大きいだろうね

過去に金融事故を起こしている

過去に金融事故を起こしている
過去に金融事故を起こしているようなら、クレジットカードの審査は落ちてしまうことが予想できます。
カード会社がクレジットカードを発行するのは、しっかりと期日になればお金を返済してくれる人です。
カード会社は相手を信用してクレジットカードの発行を行うので、信用できない人であれば審査の時点で落としてしまいます。

金融事故の例
  • 他のクレジットカードやローンの支払いで延滞や遅延を行った経歴がある
  • 携帯料金の支払いの延滞
  • 借金を返済せず自己破産や個人再生を行った過去がある

などです。
基本的に返済の滞納や遅延などが発覚すれば、信用できないのでカード会社はクレジットカードの発行は行いません。

(図解)クレジットカード会社にとって信用できない人とは?

特に、自己破産や個人再生を行うと、金融庁に登録されて5年ほど残るため、クレジットカードの発行は行えないと考えておくのがいいでしょう。
携帯電話やクレジットカードの滞納などもヒストリーに情報が残ってしまいカード審査のときは大きなマイナスポイントとなります。

金融事故の記録が残っている間は、クレジットカードの審査を通過するのは厳しいので、明記しておきましょう。
金融事故を起こすとクレジットカードの審査は厳しいんだな
滞納や遅延などは審査の際のマイナスポイントになるから注意すべきだね

短期間で何回も申込みを行う

短期間で何回も申込みを行っているなら、クレジットカードの審査に受けるのは難しいでしょう。
クレジットカードの審査に落ちた際に、「このブランドのクレジットカードが欲しい」と思い、直ぐに申込みをすることもあるかもしれません。
ただ、落ちた直ぐに申込みをしてもカード会社の審査基準が変わっているわけではありません。

クレジットカードの審査に落ちることは何か原因があり、何回申込みをしても結果は変わらないと言えます。
クレジットカードの申込み情報は大体6ヶ月ほど残ると言われています。
そのため、審査に落ちた後は最低半年間は待っておかないと、申込みをしても再度落ちる可能性が高いです。

申込み情報が消えた後はカード会社も再度入念に審査をするので審査通過できる可能性は短期間の時よりも上がるはずです。
もし、審査に落ちてしまったなら1度お休みして再度申込みしましょう。

短期間でクレジットカードを何回も申込みしても通過できるわけではないんだな
クレジットカードの審査で落ちてしまったなら、最低半年間は待ってから再度申込みを行うようにしよう

クレジットカードを発行するのは初めての方

クレジットカードを発行するのは初めての方
クレジットカードを発行するのが初めての方も審査を通過しにくい部分があります。
クレジットカードを1回も使用したことがないようならヒストリーに何も記載されていない状態であり「スーパーホワイト」と言われます。

初めてクレジットカードの発行を考える人でも年齢が若いなら、カード会社も考慮してくれますが、もし年齢が高い状態であれば審査に引っかかることがあります。
年齢が高くてクレジットカードを発行するのが初めてなら、カード会社は「今までクレジットカードを利用しなかったのは理由があるからでは?」と感じるからです。

特に、自己破産などをしている場合は個人信用情報はスーパーホワイトとなるため、何も記録が残っていない状態になります。
そのため、カード会社としても年齢が高い中でカード発行が記録上初めてになるなら、信用という点で疑ってしまい審査の時点で落としてしまうこともあります。

年齢が高い人で初めてクレジットカードの審査を行うようなら、クレジットカードヒストリーがあった方が不信感を持たれにくいです。
消費者金融向けのクレジットカードだと審査に通過しやすいので考えてみましょう。

クレジットカードを初めて作成するときに、年齢が高いと不信感を持たれることもあるんだな
ヒストリーも何もないスーパーホワイトの状態だと自己破産などを疑われることもあるから、何も問題ないなら若いうちに1枚のクレジットカードを持っておくのがいいね

年収の3分の1位上に借金がある場合

年収の3分の1以上に借金がある場合
クレジットカードの発行では、利用者の借金についても審査の対象になります。
利用者の借金を確認するのは、賃金業法において利用者の年収の3分の1を超えて貸付を行ってはいけないことが定められているからです。

そのため、年収の3分の1をすでに借金している人は法律上貸付を行えないので、カード会社も審査の際に落としてしまう可能性が高いです。
クレジットカードのショッピング枠は総量規制の範囲外になっていますが、金融機関などを利用してすでに借金がある人は年収3分の1を満たしていなくてもカード会社は「リスクが高い利用者」と見ます。

(図解)リスクが高い利用者

借金があることでクレジットカードの発行はかなり不利になるので、

借金を返済できるようなら0にしてから申込みを行う方が審査の通過率は高くなるでしょう。

もし、借金がある状態でもクレジットカードの発行を行いたいなら銀行系カードは審査が厳しいので、別の柔軟なカード会社での申込みを行うようにしてください。

クレジットカードは借金が3分の1以上あるなら法律的に発行できないようだな
すでに借金がある人や年収3分の1以上借金がある人は、返済をしてからクレジットカードの審査を行うのがいいね

在籍確認できない

クレジットカードの審査では、勤務先の情報が正しいのか在籍確認を行うことがあります。
勤務先の情報は、お金を返済してくれるのか見極める重要な基準に定められているので、カード会社にとっても大事です。

そのため、在籍確認として申込み社が記載している勤務先に電話をかけて記載されている情報が本当なのか確認を行います。

ただ、在籍確認を行うときに

  • 番号の書き方に問題があって確認を取ることができなかったときは、勤務先の在籍を保証できなかったため審査に落ちてしまう
  • 自分の勤務先にカード会社から電話がかかってきても電話に出ることができなかった場合
  • 会社の代表者番号などを記載してしまった場合

も、受付の方が把握しておらず確認できないこともあるでしょう。

会社の情報が本当でも在籍確認ができないようなら、カード会社からの信頼を得られず審査に影響が生じます。
そのため、確実に在籍確認を取ることができるように、自分が勤務していて電話に出られる時間帯を、カード申込みするときに記載するようにしましょう。

他の人に電話に出られると誤解が生じてしまうこともあるためです。
また勤務先の情報が間違っていないか申込みのときに再度確認して在籍確認を行える状態にしておきましょう。

クレジットカードの審査では在籍確認も重要なポイントになるんだな
在籍確認を取ることができないなら勤務先の証明にならないから、カード会社として審査を通過させることが難しくなるね。
入力情報などはミスが出ないように確認しよう

誤った情報で申込み

クレジットカードの申込みをするときに、入力ミスを行うと審査に落ちてしまうこともあります。
記載した情報に嘘があったときは、カード会社は申込み者として信用することができません。

嘘の情報が記載されていると分かった時点で、カード会社は審査のときに直ぐに落としてしまうことでしょう。

そのため、嘘の情報は記載しないように注意する必要があります。
例えば、自分の情報をよく見せようとして年収を通常よりも高い金額で記載したり、アルバイトなのに正社員として記載して申込みをするなどです。

カード会社は勤務先は在籍確認を行いますし、年収に関しても調査すれば分かる部分もあるので、嘘の情報は絶対に記載しないようにすべきです。

また、故意ではなくても記載情報に誤りがある場合はカード会社に不審感を持たれることになるため、提出する前に再度見直しをして情報が誤っていないか確認をしましょう。

クレジットカードの申込み情報で嘘の内容を記載するなら、カード会社からの信用を失ってしまうことになるんだな
申込み情報は正確に記載して間違いがないか確認をすることも大事だね

クレジットカードの審査に落ちた場合はどうすべき?

クレジットカードの審査に落ちた場合はどうすべき?

クレジットカードの申込み情報で嘘の内容を記載するなら、カード会社からの信用を失ってしまうことになるんだな
申込み情報は正確に記載して間違いがないか確認をすることも大事だね
クレジットカードの審査に落ちてしまった場合はどうすればいいんだ?
クレジットカードの審査に落ちたなら落ちた原因によって対策を立てることができるけど、今すぐにできないこともあるね
そんな場合にも対策はあるのか?
クレジットカードの審査に落ちた際の対策はいろいろあるから、自分の状況に応じた行動を取るのがいいね

クレジットカードの審査に落ちてしまった際は対策を練ることが大事です。
どのような対策を行うことができるのか内容を紹介しましょう。

キャッシング枠を0にして申込みをしてみる

クレジットカードの申込みをするときに、キャッシング枠を0にするのは1つの対策方法です。
クレジットカードの申込みをするときに、他のカードでリボ払いやキャッシングをして利用金額が年収の3分の1ほどになっているなら、法律上カード審査を通過することができません。

リボ払いやキャッシングはカード会社から見て借金となるので、他のカード利用の状況を確認すると直ぐにバレてしまいます。
カード利用の借金であれば、利用残高が減ったときや一括返済にすることで解決するのが1番良いですが、申込みカードのキャッシング枠を0にすることで借金ができない状態になるので、カード会社の審査も通過しやすくなります。

キャッシング枠を0にするとカード会社からお金を借りることはできなくなりますが、クレジットカードの特典は利用できますし、ショッピング枠なら借金にならないので利用が可能です。
クレジットカードによる借金がある人はキャッシング枠0を考えてみましょう。

クレジットカードのキャッシング枠を0にするならカードによる借金ができない状態になるから審査通過しやすくなるんだな
リボ払いなども借金扱いになるから、クレジットカードを複数持っている人は対策として考えることができるね

延滞しているものがあれば支払いを行う

クレジットカードの申込みをするときに延滞しているものがあるなら、先に支払いをしておくことが大事です。
クレジットカードの申込みをするときに、期日までに支払いを行わずに未払いになっている状態なら、カード会社は返済の点で信用を置くことができないので、審査の時点で落としてしまいます。

そのため、クレジットカードや携帯料金などで延滞しているものがあるなら、まずは支払いを済ませて自分のクレヒスを良くしておくことが大事です。

クレジットカードの支払い延滞は短期間であれば、そこまで大きな問題とならず、審査に影響されることはありません。
口座にお金の振込みを忘れていたことなどもあるため、延長していることに気付いた時点で直ぐに支払いを行うのが得策です。

短期間での延滞なら支払いをして1ヶ月待てば信用情報が更新されているでしょう。
ただ、長期間延滞をするなど悪質な場合は返済記録が2年残ってしまい、クレジットカードの審査の点で不利になってしまいます。

カード会社と返済の点で揉めてしまうとブラックリスト入りして長い期間信用情報に傷が付くことになるので、早めに支払いは済ませるようにしましょう。

クレジットカードの申込みをするときに延滞しているものがあれば早めに支払いを済ませることだな
延滞しても直ぐに支払いを済ませるなら審査に影響は出ないから、早めに解決するのがいいね

難易度の低いカードに申込みをする

クレジットカードの審査に落ちてしまったなら、難易度の低いカードでの申込みを検討すべきです。
クレジットカードはカード会社によってステータス性や審査基準に違いがあります。

特典内容が豊富なクレジットカードやポイント還元率が高いクレジットカードの場合、審査基準が高く設定されていることが多いため、年収や職種、また初めてクレジットカードを申込みする人は、発光が難しいです。
例えば、ランクの高いゴールドやプラチナ、また年会費が高いクレジットカードは難易度が高いクレジットカードとなっています。

そのため、収入や初めてのカード申込みをするなら、一般カードから申込みをしてみること、または年会費が無料や安いカードで申込みをしてみることがおすすめです。
楽天カードやJCBカードなどはクレジットカードの審査があまり厳しくないと言われています。

ランクの高いクレジットカードの申込みをしたい場合、まずはクレジットカードを利用してクレヒスを積み重ねることで、審査を通過しやすくすることもできるため、カード選びも注意しておきましょう。

クレジットカードの審査は難易度が高いほど通過が難しくなるんだな
ゴールドやプラチナなどランクの高いクレジットカードは審査基準が当然厳しいから、落ちてしまったならランクを下げるなど、別のカードに申込みを切り替えよう

デビッドカードやプリペイドカードを利用する

クレジットカードの審査に落ちたなら、デビッドカードやプリペイドカードへの申込みを検討することもできます。
クレジットカードの審査に落ちてしまうなら、カード払いやオンライン決済を行うことができず、不便に感じてしまうこともあるでしょう。

とくにブラックリストに載っている人であれば、記録が消えるのに5年ほどの時間が必要になることもあるので、尚クレジットカードを持つことが厳しいです。
ただ、デビッドカードやプリペイドカードなら、審査に落ちてしまう人はブラックリスト入りの人も発行することが可能です。

デビッドカードは銀行と紐付けして、支払いを済ませた後は速攻で引き落としが行われます。
プリペイドカードはチャージ金額をした金額分のみの支払いになるため、どちらもお金を借りるのではなく自分の持っているお金から支払いを行います。

クレジットカードのような特典やキャッシングなどはありまんが、決済として利用は可能であり、申込みすればほぼ誰でも作成可能なので考えてみましょう。

審査に落ちてしまう人はデビッドカードやプリペイドカードもおすすめだな
デビッドカードやプリペイドカードは申込みをすればカード発行が行えるから、ヒストリーに関係なく作成できるね

クレジットカードの審査に落ちたなら状況を考えてみよう

クレジットカードの審査に落ちてしまうのは必ず理由があります。
落ちたときは、まず理由を考えて対策を講じることで次の審査を通過しやすくできます。
慌てずに自己分析をしてクレジットカードの審査に備えるようにしましょう。