クレジットカードの利用明細書が届かない理由とは?対処法も紹介

クレジットカード 利用明細書

ライター:こうじ

クレジットカードを利用しているなら利用明細書が欲しい人もいるでしょう。

クレジットカードの利用明細書が自宅に届くことで、自分の利用金額を確認でき資金計画を立てることができます。

お金の管理をするためにクレジットカードの利用明細書はとても大事です。

ただ、クレジットカードの利用明細書が届かないなら「なぜ届かないのだろう?」と疑問を感じる人もいるでしょう。

クレジットカードの利用明細書が届かない理由について内容を紹介します。

クレジットカードの利用明細書はいつ頃届くのか?

クレジットカードの利用明細書はいつ頃届くのか?

クレジットカードの毎月の代金の利用明細書っていつ頃来るんだ?
利用明細書は毎回決まった日に送付されるとは限らないよ
いつ頃送られてくるのか分からないなら、不安になるんじゃないか?
そうだね。だからクレジットカードの利用明細書に関しては送付の基礎知識について知っておくことが大事だね

クレジットカードの利用明細書は同じ時期に送られてくるわけではありません。

そのため、利用明細書の届く日について以下のポイントを確認しておくようにしましょう。
(図解)クレジットカードの利用明細はいつ届く?

支払日によって利用明細書は届く日が異なる

クレジットカードの利用明細書は、どのクレジットカードでも同じ時期に届くわけではありません。

カード会社は各カードの締め日に利用金額を集計して請求金額を確定し、支払日に自分の登録している口座から利用分を引き落とされます。

そして、クレジットカードの利用明細書は締め日から支払日までの間に発行されるため、各カード会社の設定によって利用明細書が届く日は違います

例えば

支払日と利用明細書の関係
  • 10日が締め日の場合であれば、その月の20日前後に利用明細書が発行されて翌月の1〜3日ほどに支払い
  • 15日が締め日の場合であれば、月末に利用明細書が送られてきて支払い日は5〜10日ほど

クレジットカードを複数持っている方なら、利用明細書が届く日が違うことで混乱してしまうこともあるかもしれません。

ただ、締め日と支払い日が分かっていれば、その間に利用明細書が届くと計算できるので、ある程度どの日に届くのか予想する事は可能です。

クレジットカードのそれぞれの情報を確認しておきましょう。

クレジットカードの締め日と支払い日の間に利用明細書は届くんだな
各カード会社によって締め日と支払い日は違うから確認しておこう

利用明細書は支払い日の1〜2週間前に届くのが普通

クレジットカードの利用明細書は支払い日の1〜2週間前に届くのが普通です。

支払い日までにカード会社は利用金額の精算をして利用者に明細書を届けなければいけないので、支払い日前日や1〜3日前などの期間に送ることはありません。

そのため、利用明細書が届く日を確認したいなら支払い日を先に確認して逆算することがおすすめです。

例えば、10日が支払日なら、26日〜3日ほどに利用明細書が届くことになります。

ただ、利用明細書が届く日は断定することは難しく、予想を考えることしかできません。

下記の理由などにより多少利用明細書が届く日はズレてしまうことがあるからです。

利用明細書が届く日がズレる要因

  • カード会社の算定状況
  • 休日を挟むこと
  • 郵便事情

カード会社もクレジットカード利用明細書の到着日に関して正確な日付を記載していないので、届く日がはっきりしているわけではありません

ただ、何もトラブルが無ければ自宅に毎月クレジットカードの利用明細書は届くはずです。

クレジットカードの利用明細書は、大体支払い日の1〜2週間前には利用明細書は届くんだな
利用明細書は郵便事情があるから、はっきりと利用明細書に◯日到着とは記載できないんだ。そのため正確な日付はわからないよ

クレジットカードの利用明細書が届かない原因とは?

クレジットカードの利用明細書が届かない原因とは?

クレジットカードの明細書は届かないことってあるのか?
クレジットカードの利用状況によっては利用明細書が届かないこともあるよ?
どんな状況だとクレジットカードの明細書が届かないことがあるんだ?
クレジットカードが届かない理由は4つほどあるから紹介しよう

クレジットカードの明細書は、利用状況や自分の情報変更などがあったときに届かないことがあります。

どのような状況だと届かなくなるのか原因について紹介しましょう。

クレジットカードの利用をしていないとき

クレジットカードの利用明細書は使用した金額を利用者にお知らせします。

そのため、全くクレジットカードを使用せず0円の状態であればカード会社は記載することが無いので利用明細書を発行する必要が無くなります。

もし、1ヶ月間クレジットカードの使用がない状態であれば利用明細書が届くことはないので確認しておくことが大事です。

ただ、キャッシングなど毎月返済するお金が発生しているなら利用明細書は届きます。

キャッシングなどの返済はクレジットカードから毎月支払われているため、利用明細書に記載する必要があるからです。

さらに、毎月約定されている金額だけでなく、追加返済も記載されるので、その点も確認しておくことが大事です。

もし、キャッシングなどの返済理由もなく、使用した経歴もないならクレジットカードの利用明細書が自宅に届くことはありません。

使用した記憶が無いなら届かなくても問題ないはずなので、そのまま放置しておくようにしましょう。

クレジットカードは使用していなければ利用明細書が届くことはないんだな
キャッシングなどの返済などがな限り利用明細書の記載は必要ないからね。また年会費も記載する必要はないから徴収としたとしても利用明細書は届かないよ

ハガキで届くこともある

クレジットカードの利用明細書は封書ではなくハガキで届くこともあります。

明細書と聞くと、カード会社の名前が記載された封書で届くと思いがちですが、カード会社によってはハガキを利用していることもあります。

そのため、固定観念で封書だと思っていると、ハガキを見落としてしまい、実際には届いているのに「届いていない」と勘違いしてしまうこともあります。

もし、クレジットカードを使用した覚えがあるのに利用明細書が届いていないなら、ハガキが無かったか探してみましょう。

どうしても利用明細の記載があるハガキが見つからないなら、カード会社に問い合わせをすることで再発行して送付してくれます。

ただ、カード会社によってはオンラインによるデータでの利用明細書も構築しているため、再発行ではなくオンライン上で確認するように言われることもあります

利用明細書の固定観念に注意しておきましょう。

クレジットカードの利用明細書は封書ではなくハガキで届くことがあるんだな
万が一利用明細書が届かなくても再度カード会社に連絡すれば、ハガキで送付してくれるところが多いから安心してください。

自分の住所変更をしていなかった

利用明細書が送付されるのは登録してある住所です。

そのため、住所が間違えていたり、以前住んでいた住所から変更していなかったりするなら、利用明細書が届きません。

クレジットカードの発行のときに自宅ではなく勤務先を指定した場合は利用明細書は自宅ではなく仕事場に届きます。

そのため、自分の登録してある住所が今の自宅なのか確認しておくことが大事です。

もし違っているなら住所変更することで自宅に利用明細書が届くはずです。

また、クレジットカードの利用明細書は住所が違うと転居先に届かず、カード会社に返却されてしまいます。

カード会社に利用明細書が返却されるなら信用が損なわれてしまうこともあり、最悪の場合はカードの利用停止に繋がることもあります。

そのため、利用明細書が届かないなら住所登録を確認して間違えているならできるだけ早く変更することが大事です。

住所が間違えているならクレジットカードの利用明細書は届かないから確認してみる必要があるな
住所が間違えて明細書がカード会社に返却されると信用が落ちることもあるから、住所確認は大事だね

WEB明細に変更していた

クレジットカードの利用明細書が届かない理由としてWEB明細に登録済みがあります。

WEB明細はインターネットで自分のクレジットカードの利用履歴を見ることができ、いつでもマイページにログインすることで確認することが可能です。

ただ、WEB明細書に切り替えてしまうと紙による明細書は郵送されなくなります。

そのため、自分がWEB明細書に切り替えていないか確認してみることが大事です。

そして、WEB明細書に切り替えるのは自分が知らない内に切り替わっていることがあります。

WEB明細書への切り替えは、クレジットカードをインターネットで入会申込みしたときに会員サイトへの登録とWEB明細書の登録について記載されています。

つまり、カードを申込みするときに「WEB明細書の利用」のチェック部分に印があるなら、自動的にWEB明細書での登録となります

もし、紙での明細書が欲しいなら申込みするときに「WEB明細書の利用」に印が入っていないか確認してみてください。

クレジットカードの明細書がWEBになっていれば紙で郵送されることはないようだな
WEBと紙の明細書の切り替えはいつでも行うことができるよ。ただ、WEB明細書の方が年会費が安くなることもあるから、カード会社の情報を確認して決定しよう

利用金額を確実に確認したいならWEBの明細書に切り替える

利用金額を確実に確認したいならWEBの明細書に切り替える

クレジットカードの明細書が届かない理由はいろいろあるから面倒だな
クレジットカードの利用明細書を確実に受け取りたいならWEB明細書に切り替えた方がいいね
WEB明細書だとインターネットで毎月確認できるから届かないことはないもんな
そうだね。まだWEB明細書だとメリットもあるから切り替えした方がお得になることもあるんだよね

クレジットカードの利用明細書が紙のままだと住所変更を忘れていたり、ハガキで郵送されていたのに捨ててしまったりして、しっかり受け取れないこともあります。

そのため、確実に利用明細書を届けて欲しいならWEBの明細書に切り替えることがおすすめです。また、WEB明細書だと以下のようなメリットもあるので、ぜひ切り替えを考えてみましょう。

(図解)WEB明細書にする3つのメリット

年会費が安くなることも

紙からWEB明細書に切り替えるなら確実に届くことはもちろんですが、年会費を安くできることもあります。

クレジットカードの年会費をWEB明細書に切り替えるだけで年会費を安くできるならカード利用者は費用負担を軽減できます。

例えば、三井住友カードであればWEB明細書の利用によって年会費が550円もオフにすることができ、さらにリボ払いに登録することで年会費を無料にできる特典もあります。

紙のままだと年会費を安くすることはできず、何年も利用しているなら金額負担の差が開いてきます。

もちろん、紙の方が明細書の確認しやすいなら、無理に切り替える必要はありません。

ただ、カード会社がWEB明細書による特典を用意しているなら、切り替えて年会費の削減を考えてみましょう。

WEB明細書に切り替えるだけで年会費が安くなるなら、かなりお得だな
年会費の分は紙の場合は利用明細書に記載されていないこともあるから、WEBにした方が資金管理はしやすくなるね

ポイント還元率が上がることもある

WEB明細書に切り替えるなら、カード会社によってポイントの還元率がアップすることがあります。

クレジットカードにはポイント付与サービスがあり、利用した分だけポイントとして還元されます。

ただ、ポイント還元は大体0.1〜0.5%ほどであり、還元率は高くありません。

そのため、WEB明細書に切り替えるだけでポイント還元率がアップするなら、それはかなりお得と言えます。

例えば、TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOであればWEB明細への切り替えで還元率が0.5%もアップするサービスを実施しています。

WEB明細書に切り替えるだけでポイント還元率がアップするなら紙のままにしておくよりも、効果的にポイントを得ることができます。

ポイント還元率アップサービスがあるならWEB明細書に切り替えるようにしまししょう。

WEB明細書に切り替えることでポイント還元率がアップすることもあるんだな
還元率がアップするなら1回の使用でもポイントが変わってくるから貯めやすくなるね

いつでも閲覧することができる

クレジットカードをWEB利用明細書に変更するなら、いつでも閲覧して利用履歴を確認することができます。

WEB利用明細書であれば24時間いつでもマイページにログインすることで、自分が利用した金額を確認することができます。

さらに請求金額が確定される前に利用明細書を確認することができるので、

  • 自分がクレジットカードで使い過ぎていないか
  • 不正利用されていないのか

を事前に確認することができます。

閲覧履歴はずっとデータとして残っているので、その月の利用履歴だけでなく1ヶ月、3ヶ月前の利用履歴も確認することができます。

そのため、資金の流れや管理も行いやすいです。

紙の明細書の場合、期日が来なければ確認できないので事前にお金の流れや何に使ったのか使用金額を確認することができません。

その点WEB明細書であれば自由に確認することができるため、メリットが大きいと言えます。

クレジットカードをWEB明細書に切り替えるなら、いつでも自由に履歴の確認を行えるな
金額が確定される前に利用履歴が分かるのが、紙の明細書とは違う点だね

利用明細書やクレジットカードが届かない場合はカード会社に連絡しよう

利用明細書やクレジットカードが届かない場合はカード会社に連絡しよう
利用明細書やクレジットカードなどが届かない場合は、カード会社に連絡するようにしましょう。

自分で設定は登録内容を見直した際に何も問題がないようであれば、カード会社に連絡した方が届かない原因を確認することができます。

クレジットカードの場合も新規で申込みしたときや更新などで新しいクレジットカードが届くはずなのに届かないなら、いつまでも使用することができません。

利用明細書やクレジットカードが届かない期間が長くなると、それだけ資金の確認や使用に悪影響が出てしまいます。

上記で紹介下内容を確認しても届かないという事態になっているようであれば、カード会社に連絡して原因を質問してみるのが早いので、直ぐに自分のカード会社への連絡も1つの方法として覚えておきましょう。

クレジットカードや利用明細書が届かないようならカード会社に連絡するのが1番早そうだな
カード会社の連絡先はカードに記載されているから、事前に確認してみよう

届かない場合は落ち着いて対処しよう

クレジットカードの利用明細書が届かない場合は落ち着いて対処するようにしましょう。

上記で紹介したことが原因で利用明細書が届かないことになっていないか確認し、分からないようであればカード会社に連絡するようにしてみましょう。