無料と有料どちらが有利?クレジットカード年会費の仕組みやお得なカードの選び方とは?

クレジットカード年会費

ライター:こうじ

ポイント還元率や加盟店の多さと共に、年会費支払いの有無や年会費の価格などもクレジットカードを選ぶ際の重要なチェックポイントになるのではないでしょうか?

年会費が発生するカードと無料のカードはどちらもショッピングとキャッシングで利用できますし、有料会員の利用限度額が特別優遇されるわけでもありません。

年会費無料のほうがお得なカードのように感じますが、年会費を支払ってクレジットカードを利用する有料会員数が決して少なくないのも事実です。

この記事では、年会費を支払ってクレジットカード利用するのと無料で利用するのではどのような違いが生じるのか、どちらのほうがお得になるのかなど年会費の仕組みをご紹介します。

有料・無料・条件付き無料などさまざまなタイプがあるクレジットカードの年会費とは?

有料・無料・条件付き無料などさまざまなタイプがあるクレジットカードの年会費とは?
クレジットカードを利用するのにはカード会社の会員になる必要がありますが、以前は年会費を支払って会員資格を保つ有料会員での登録が一般的でした。

しかし年会費無料のカードや条件付きで年会費が無料になるカードが登場し、クレジットカードが身近なものになりカードの普及を後押ししたのも事実です。

クレジットカードで年会費が必要なものや無料のもの、一定条件をクリアすれば無料で利用できるものがあるよな?有料と無料ではカード機能とか利用条件に違いがあるの?
いや、年会費が有料のカードも無料のカードもカード機能に違いはないから、どちらも同じようにショッピングやキャッシングで利用できるけど。
カードの機能が同じなら年会費無料のカードのほうが断然お得ってことだよな?有料会員になるとなんかメリットあるの?カードのステイタスが高くなるとかなのか?
確かに一般会員は年会費無料でプレミアム会員は有料という傾向にあるといえるね。だけど無料会員より有料会員のほうがより多くの特典を得られるのも事実なんだ。
そうなの?「より多くの特典が得られる」ってちょっと魅力的な響きなんだけど!もうちょっと具体的により多くの特典について教えてくれよ!
まぁまぁ、より多くの特典の前にまず「クレジットカードの年会費とはどんなものなのか?」という年会費の存在や基本的な仕組みについて確認していこう。

クレジットカードの年会費は利用資格である会員資格を保つために発生する料金

クレジットカードを利用するためにはカードを発行する会社に利用申込して、カード会社の審査を通過する必要があり審査通過すればカード会員の資格を得られます。

以前は会員資格を保つために年会費を支払うのが一般的でしたが、クレジットカードの普及を推し進めるために年会費無料のカードや条件付き無料のカードが登場しました。

年会費無料のカードには永年無料のものや初年度無料のものがあり、条件付き無料のものは年間〇〇万円以上のカード利用で年会費が無料になるものが主流だと言えるでしょう。

年会費を支払う有料会員に発行するカードと無料会員に発行するカードに搭載される機能は同じなので、無料会員でもカードを利用してショッピングやキャッシングを行えます。

また付帯保険やカード利用に応じたポイント還元など、クレジットカード利用のメリットになる機能は無料会員向けのカードにも実装されています。

年会費無料で会員資格を保てる無料会員の制度は利用者にとって魅力的だと言えますが、年会費を支払ってクレジットカードを利用する有料会員も決して少なくないのが実状です。

これは有料会員には会員ステイタスが高いハイステイタスカードが発行されるのが理由で、ステイタスが高い会員に対してより多くの特典が提供されています。

年会費が発生するクレジットカードは会員ステイタスが高い傾向にある

現在クレジットカードの年会費は一般会員は無料、ステイタスの高い会員は有料になる傾向が高く、年会費を支払う有料会員にはハイステイタスなカードが発行されると言えます。

カードの国際ブランドやカード会社によって違いはあるものの、通常クレジットカードは会員ステイタスに応じて次の4ランクでカードが発行されます。

カード発行のランク別表
  • 一般会員:一般カード
  • ゴールド会員:ゴールドカード
  • プラチナ会員:プラチナカード
  • スーパープレミアム会員:ブラックカード

ハイステイタス会員になるゴールド以上の会員資格を得るためには、各ステイタスに応じた年会費の支払いが求められ年会費の価格は数万~数十万円と幅があります。

国内で最も高額な年会費になるのはアメリカンエキスプレスのセンチュリオンカードで、券面が黒いブラックカードの年会費は税抜き35万円なので支払額は385,000円です。

40万円近い年会費を毎年支払って手に入れるカードと永年無料で利用できるカードでは維持コストが大きく異なりますが、ショッピングやキャッシングのカード機能は同じです。

ハイステイタスカードは一定以上の収入やカード利用のある会員に発行され利用限度額は一般カードより高額ですが、一般カード同様審査で収入に応じた限度額が設定されます。

どちらがよりお得?クレジットカードの有料会員と無料会員の違いとは

どちらがよりお得?クレジットカードの有料会員と無料会員の違いとは
多くの一般カードが年会費無料で利用できる一方で、年会費を支払ってステイタスの高いクレジットカードを利用する有料会員も多数存在します。

どちらのカードも基本的な機能は同じですが、年会費を支払うことでより多くの特典を得れらるのがハイステイタスカードが選ばれる大きな理由だと言えるでしょう。

なるほどな。俺の持ってるカードは永年無料だから年会費を支払う必要はないんだけど、年間幾ら以上の利用で年会費無料のカードなんかも確かに見かけるもんな。
そうだな。一般カードでは年会費永年無料や初年度無料、条件付き無料のカードが一般的になりつつあるのが実情だと言えるな。しかし年会費を支払う有料会員も少なくはないぞ。
それがさっき言ってた「より多くの特典が得られる」ってことに繋がるんだな?つまりハイステイタスカードには一般カードより手厚い特典が用意されているってことなのか?
そういうこと。カード機能が同じで特典も同じなら、誰も年会費払ってまでクレジットカードを利用しようなんて考えないだろう。手厚い特典を利用したくて有料会員になるんだ。
だって数千~数万円の年会費が発生するんだろう?驚きの40万円近い年会費が必要なカードもあるわけじゃん!ハイステイタスカードってそんなに特典が違うの?
そりゃそうだろ!支払った年会費に見合う特典が用意されてるんだ。よく言うだろ「金持ちほど財布の紐が難い」って、年会費の金額に応じたさまざまな特典が用意されてるんだ。

年会費の有無は意外と大きな違いに繋がる!クレジットカードの特典の違いとは

年会費無料の一般カードと年会費が発生するハイステイタスカードに実装されているカード機能に違いはありませんが、カードに付帯する特典には大きな開きが存在します。

利用額に応じたポイントが還元されるポイントプログラムに対応するクレジットカードが一般的で、年会費無料の一般カードもポイントプログラムに対応しています。

しかし一般カードよりハイステイタスカードのポイント還元率が高い傾向にあるので、効果的にポイントを貯めたい場合は年会費を払ったほうがお得なケースもあります。

クレジットカードで航空会社が提供するポイントプログラムのマイルを貯める陸マイラーも、一般カードよりハイステイタスカードのほうが効果的にマイルを貯められます。

またメインカードに付帯する家族カードやETCカードの発行も一般カードは有料でハイステイタスカードは無料のケースが多いと言えます。

クレジットカードを紛失・盗難した場合のサポートデスクは一般カードもフリーダイアルで利用できますが、その他のサポートデスクは有料ダイアルで繋がりにくいのが実状です。

ハイステイタスカードの専用サポートデスクはフリーダイアルで会員数が少ないので繋がりやすく、ステイタスによって秘書サービスのコンシェルジュが用意されています。

ハイステイタスカードには空港ラウンジの無料使用権が付帯するものが多く、このサービスが目的で年会費を支払いハイステイタスカードを利用する会員も少なくありません。

一般カードでは空港ラウンジを無料使用することができないので、空港ラウンジの無料使用権は一般カードとハイステイタスカードの最も象徴的な相違点だと言えるでしょう。

補償内容が大きく異なる!年会費の有無で異なるクレジットカード付帯保険とは?

クレジットカードには

  • 盗難保険
  • ショッピング保険
  • 国内海外旅行保険
  • 航空機遅延保険
  • キャンセル保険
  • ゴルフ保険

などが付帯するものも存在します。

多くの一般カードには盗難保険・ショッピング保険・国内海外旅行保険が付帯していますが、航空機遅延保険やキャンセル保険、ゴルフ保険などは付帯しないと言えます。

一般カードに付帯するショッピング保険・国内海外旅行保険も、ハイステイタスカードと比較すると補償範囲が次に挙げるように見劣りしてしまいます。

一般カードとハイステータスカードの違い

  • ショッピング保険:一般カード(上限100万)・ハイステイタスカード(上限500万)
  • 国内海外旅行保険:一般カード(上限200万)・ハイステイタスカード(上限1,000万)

一般カードのショッピング保険は海外利用のみ対応のものが多いのに対し、ハイステイタスカードは国内外の利用に対応しています。

また旅行保険は一般カードは海外旅行のみ対応の利用付帯が多いのに対し、ハイステイタスカードは国内外対応の自動付帯で補償対象に家族が含まれるのも珍しくありません。

年会費の有無でクレジットカードの付帯保険の補償内容は大きく異なるので、海外旅行の頻度が高い利用者は年会費を支払ってハイステイタスカードを手に入れると安心です。

無料・有料どちらがお得?クレジットカードの年会費は支払うべきなのか

無料・有料どちらがお得?クレジットカードの年会費は支払うべきなのか
カードの基本機能が同じであれば年会費が永年無料の一般カードでも十分だと考えられますが、充実した特典が用意されているハイステイタスカードも魅力です。

どちらのタイプのクレジットカードを利用するのがお得なのかが気になるところなので、年会費が無料・有料ではどちらのクレジットカードを選ぶべきなのかを考えます。

うわぁ、年会費が永年無料で利用できる一般カードはコスト負担なしで魅力的だけど、ハイステイタスカードの充実した特典も捨てがたいよな!どっちがお得なんだろう?
そうだな。「経済的負担なしで利用するか?年会費を支払って充実した特典を利用するか?」はクレジットカード選びの際に十分に考慮すべき点だと言えるよな。
だけど。40万円の年会費を負担するのはちょっと厳しいなぁ。特典で年40万円を取り返せる自信がないわ。
大丈夫。キミでは絶対手に入れられないスーパープレミアムカードだから、40万円の年会費負担の心配なんて無駄骨だから心配するな。
確かにな。カード会社から送られてくるのは利用明細請求書と時々督促状くらいのもんだから、間違ってもインビテーションなんか俺には届かないよな。
ハハハッ、良く判ってるじゃん。だけど利用頻度によって年会費が無料の一般カードとハイステイタスカードを選び分けるのは重要だから一応は確認しておこうか。

利用頻度が低い利用者ならクレジットカードは年会費無料の一般カードで十分

ハイステータスカードと比べると、年会費無料の一般カードに用意された特典の内容は見劣りしますが、カードの利用頻度が低い場合は一般カードで十分事足りると言えます。

基本機能がハイステイタスカードと同じクレジットカードを年会費を負担することなく利用でき、利用額に応じたポイント還元を受けられるのは高く評価できます。

このことから

クレジットカードの利用頻度と旅行の頻度が高くない場合は、年会費が永年無料の一般カードのなかからポイント還元率の高いカードを選ぶことをおすすめ

します。

カード利用頻度・旅行頻度が高ければ年会費を払うハイステイタスカードがおすすめ

充実した特典が用意されていることがハイステイタスカードの魅力ですが、カード利用頻度・旅行頻度が高くないとせっかくの特典を活用できません。

しかしカード利用頻度・旅行頻度が高い場合は特典の利用で年会費の経済的負担を取り戻したうえに、海外旅行などのクオリティを向上させることもできます。

搭乗までの時間を空港ラウンジでリラックスしながら過ごしたいビジネスパーソンなどは、年会費を支払ってハイステイタスカードを手に入れることをおすすめします。

カード利用頻度・旅行頻度・年会費額を検討し最適なクレジットカードを選び出そう!

カード利用頻度・旅行頻度・年会費額を検討し最適なクレジットカードを選び出そう!
クレジットカードの基本機能であるショッピング機能とキャッシング機能は年会費負担の有無に関わらず、カードに実装されています。

どのクレジットカードを利用するかはカード利用頻度・旅行頻度・年会費額を検討したうえで決定すると、最適なクレジットカードを選びを実現することできます。

上手なカード選びには各種カード情報を参考にする必要があり、「俺LOVE現金化」の公開情報の活用がおすすめです。

「俺LOVE現金化」は現金化専門情報サイトですが、現金化情報以外にもクレジットカードの各種情報の調査を行い公開していますのでフル活用して上手なカード選びを実現してくださいね!