pasmoの残高を現金化する方法を徹底解説!払い戻しと業者の利用はどちらがおすすめ?

現金化 pasmo

ライター:たける

普段、公共交通機関に乗らない人はpasmoを使うこともないでしょう。
しかし、pasmoは電車やバスを使わなくてもコンビニ等で電子マネーとして使えるなど、日常で幅広く使えるカードです。

pasmoの残高を現金化する手段もいくつかあり、返金を利用した方法現金化業者の利用で効率的に換金できます。

そこで、今回の記事ではpasmoの特長や手元のpasmoカードの残高を現金化する方法を解説します。

残高を現金化できるpasmoとは?

残高を現金化できるpasmoとは?
pasmoは他の電子マネーに無い独自のシステムがあり、それを理解した上で現金化を検討することが重要です。
すでにカードを所有している人も残高をどう扱えばよいのか改めて説明しましょう。

pasmoを別のカードに変更する予定なんだが、余った残高はどうすればいいいんだ?
今後、カードを使わない予定の人は、払い戻しのシステムを利用して返金してもらえばOKなんだ。
そして、pasmoにはカードが3種類あって、それぞれ返金の仕方が異なるぞ
じゃあ、pasmoを持っていれば誰でも現金化できるって事か?
その通りだ。
払い戻しの返金を利用する時は、まず所持しているカードがどの種類に当たるのかを知る必要があるんだ。

pasmoの概要について

pasmoは、鉄道・電車やバスなどの運賃の支払いを切符の代わりにできる交通系電子マネーです。

PASMOのカードを入手して、お金をチャージすることで残高が増えます。
それを改札機でタッチして、スムーズに運賃を支払えます。

PASMOの特徴

Suicaと相互性のあるのが特徴で、pasmoが対象とする関東を中心とした地域だけでなく、Suicaが使える交通機関や現在では全国の交通(鉄道やバス)の要所で幅広く使うことができます。

また、コンビニや量販店などで現金の代わりに支払いが可能なキャッシュレス決済の機能も付帯しているなど、電子マネーとしての役割を交通機関だけに限定していないことも使い勝手の良いところです。

pasmoは残高を現金化できる?

最初に、結論としてpasmoはチャージ残高を現金化できます。
電子マネーの中でも返金ができる珍しいタイプのカードとして知られているのです。

通常は、電子マネーを返金しようとしても一度チャージした金額を現金として取り出すことはできないと断られてしまいます。
電子マネーの所持カードを解約した場合も同じで、残高が残っているとむしろ中身が消滅してしまうので注意が必要なくらいです。

それとは対照的に、pasmoでは解約をして返金ができるのです。

カードには3つの種類がある!

カードには3つの種類がある!
pasmoのカードには大きく分けて3つの種類があります。

返金を含めた現金化をする場合、どの種類のカードを所持しているかによって、返金や現金化の要領も少し変わってくるので、カードの特長について押さえましょう。

俺は「記名PASMO」を持っているけど、他にも種類があるのか?
実は「記名PASMO」のほかにあと2つ、「無記名PASMO」と「PASMO定期券」がある。
その3つは何が違うんだ?
「記名PASMO」は「無記名PASMO」に個人情報を登録していること、「PASMO定期券」は「記名PASMO」に定期券を付帯していることで名称が変わるんだ。
チャージと支払いのシステムは結局のところ同じなんだ。この3種類の中で、「記名PASMO」に含まれるカードとして、クレジットカードと一体化した「一体型PASMO」と呼ばれるカードもあるぞ。
  1. 「無記名PASMO」
  2. 個人情報のない無記名のpasmoカードです。
    小児用が存在せず、大人料金で精算されるカードで、紛失時などに再発行することができません。

    入手に手間がなく、切符の購入の代わりにpasmoを使いたい、家族で使いたいという場合に最適なカードです。
    現金化する場合、手間要らずで解約による返金ができるのも特長です。

  3. 「記名PASMO」
  4. 個人情報(名前・性別・生年月日・電話番号)を発券時に入力して発行されるpasmoカードのことです。
    手数料を支払うことで再発行が可能です。

    利用には登録した人物だけが利用できるという制約があります。
    解約による返金時に公的な本人確認証を提示する必要があります。

  5. 「PASMO定期券」
  6. 通勤・通学の定期として使えるタイプのpasmoカードです。
    「記名PASMO」の機能も備えているので、定期の区間外でも使うことができて、運賃の精算も可能なのが特長です。

    現金化としては、返金の際に定期券の返金と記名PASMOの残高返金のどちらか、あるいは両方に対応しています。
    定期だけを解約することもできるので、記名PASMOを残して使い続けることもできます。

また、②や③に+α(クレジットカード)の「一体型PASMO」があります。
いわゆる、チャージ機能が同時についてくるクレジットカード機能付きpasmoカードのことです。

気軽に発券できる「無記名PASMO」とは異なり、申込書と必要書類を用意した上で、審査に通らないと発行できません。
ただし、pasmoそのものをクレジットカードとしての役割を持つので、チャージを活用した電子マネーで商品購入による現金化に使いやすいのがポイントです。

pasmoをキャッシュレス決済に使うメリット

コンビニなどで電子マネー決済としても使えるpasmoは、運賃支払いと買い物を一緒にできるという点でメリットがあります。

pasmoは運賃と買い物の両方に対応しているので、いつも電車やバスを使って仕事先やショッピングに出かける人にはメリットが大きいでしょう。
そして、解約しても構わない人にとっては、現金化におけるベストな方法です。

返金を利用した現金化に向いていない人

しかし、pasmoを普段使いにしている方は、カードを手放さなければならず、クレジットカードでチャージをする場合は、特にもう一度カードの発行に手間がかかるので、返金を利用した現金化にはあまり向いていません。

後ほど説明する通り、多少の手数料やロスが生じても他の現金化の方法が必要でしょう。

チャージするときの方法(2パターン)は?

pasmoのチャージには2つのパターンがあります。

1つは、鉄道やバスの自動券売機や運賃機でチャージする方法です。

もう1つは、クレジットカードをオートチャージに設定して、一定金額以下になった際に指定の金額をチャージする方法です。

なお、「一体型PASMO」は自動券売機でクイックチャージできるが、「記名PASMO」などの通常のカードではできないので、こちらは特殊なパターンです。

現金化や返金の対象となる残高の特長や仕組み!

現金化や返金の対象となる残高の特長や仕組み!

pasmoが返金を通して現金化できることは分かったが、そもそも残高って何だ?
オートチャージや残高上限があって、現金化に使いたいからとカードを購入した人はよくわからないと思う。
残高は、電子マネーの業界で「SF」と呼ばれる。
プリペイドカードでいうところの残金のことだ。

残金に1,000円が残っていれば、電車で1,000円の区間まで移動できる運賃の支払いができる。
それに電車やバス以外にも、コンビニで1,000円分の買い物もできるんだ。
300円の運賃を払えば、残りの700円はコンビニや取扱店で買い物ができるという認識だな

じゃあ、pasmo現金化でよく耳にするオートチャージを利用するってのはどういうことなんだ?
pasmoには、クレジットカードからオートチャージできる仕組みが備わっていて、オートチャージを申し込めば改札などで自動的にチャージを受けられるんだ。
決して、ネットから手続きしてチャージできる訳ではないことに気をつけよう。
現金化のために残高をチャージするには、改札をタッチするしかない。

ただし、1つだけ例外があって、一体型はクイックチャージを自動券売機で手続きできる。
どちらにしても、駅や改札まで足を運んでチャージされる状況を自分で作る必要があるから、少し手間がかかるんだ。

残高とは何か?

pasmoのカードで電車の運賃や買い物の費用を支払うとき、残高が利用されます。
その辺の電子マネーと残高の意味は大きな違いがありません。

残高0円のところに現金で1,000円チャージすれば、その後の残高は1,000円です。
そこから300円運賃で使用すれば、残りの残高は700円のように、チャージと使用を繰り返すことで残高は使うたびに変化します。

残高=「SF」

上記の電子マネーにおける残高のことを広義で「SF」(Stored Fare「ストアードフェア」の略)と呼びます。
SFは、ICカード内にチャージされた運賃の支払いに使える残高のことを指します。

pasmoはSFのみ返金不可!

pasmoカードを普段から使っていて、チャージして使ってみたけれど2,000円だけ余ってしまったという場合に、SF(残高)のみの返金ができません。

残額だけの払い戻しは不可、つまり、返金には解約してカードを渡すこと(デポジットの返却)が前提としてあり、残金だけの払い戻しでカードの継続利用をしたい場合は払い戻しできないと決まっているのです。

そして、「残高の返金=解約」として扱われます。

残高が貯まりやすいオートチャージの仕組み

残高が貯まりやすいオートチャージの仕組み
残高を気にして利用するのが面倒という人によく使われているのがpasmoのオートチャージです。

オートチャージとは、電子マネーの機能に見られるサービスのことで、一定金額を残高が下回ると、システムが勝手に判断してクレジットカードから決済を行い、チャージする仕組みのことです。
オートチャージは仕組みが難しそうだけど、どうすれば現金化に使えるんだ?
まずは仕組みを理解して、残高をクレジットカードで決済していることを念頭において、現金化するんだ。
そのためには、どうしたら新たにオートチャージされるかを知っておく必要があるんだ。
一定の金額を下回るとチャージされるみたいだけど、その基準はどこで決まるんだ?
下回る金額のことを「実行判定金額」、チャージする金額を「実行金額」としているんだ。

例えば、2,000円(実行判定金額)を下回ったら3,000円(実行金額)をチャージする設定にしたとしよう。
すると、2,000円以下のときに特定の改札を通過すると自動で3,000円の残高を足すぞ。
pasmoの場合、オートチャージするために改札機を通して1,000円~10,000円のチャージ設定が行えるんだ。

オートチャージに紐付けできるクレジットカード(パスタウンカード)が十数種類のみに指定されているので、どんなクレジットカードでも使えるわけではなく、決済できるのは、「小田急ポイントクレジットカード」「横浜交通hama-eco card」など種類が交通に関連しているカードが多いでしょう。

以下はpasmoが公式に挙げているサービスで対象となるクレジットカードです。

PASMOのオートチャージサービスに使えるクレジットカード

  • 京急プレミアポイントカード
  • パスタウンカード(JCB)
  • 小田急ポイントクレジットカード
  • 京王パスポートカード
  • 相鉄カード
  • 京成カード
  • TOKYU CARD
  • SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン
  • 東武カード
  • Tokyo Metro To Me CARD
  • Shonan Card
  • 横浜交通hama-eco card

また、オートチャージには上に挙げた対象クレジットカードでpasmoのカードと別々に所有する場合だけでなく、一体型もオートチャージできるカードです。

この2種類のクレジットカードでオートチャージを申し込めば自動でチャージを実行します。

ポイントを貯める

pasmoにはメトポに登録を行うことで同時にポイントを貯めることができるサービスもあります。

それだけでなく、チャージでクレジットカードにポイントを貯めるなど、残高以外の部分を還元することで現金化できるでしょう。

pasmoを現金化できる4つの手法

pasmoを現金化できる4つの手法
pasmoには現金化をするときに4つの方法があります。
それぞれの手段に応じてメリットやデメリットがあり、それらを見極めて利用することが大切です。

pasmoの残高を返金できることは分かった。
でも、返金以外にも現金化の方法が存在するみたいだが、どんな手段があるんだ?
全部で4つの方法があるんだ。
先に取り上げた「払い戻し(返金)」以外にも、「現金化業者の残高買取によるキャッシュバック」やお店での「返品」、「商品の転売」などがあるんだ。

4つの方法から現金化しやすいものを選ぶ!

pasmoは返金や転売などを通して現金化することができる数少ない電子マネーのカードです。
4つの方法について確認しましょう。

4つの方法とメリットやデメリット

  • 1.返金
  • pasmoの特長を生かして、残高をカードごと解約して返金してもらう方法です。

    • 返金のメリット
    • 手数料などが一切かからないのがメリットです。
      残高1,500円なら1,500円+デポジット500円の合計2,000円(手数料0円)が返金されます。
      最初に支払った入手費用の500円がデポジットとして残高にプラスされて返却されるのもpasmoで返金するときだけの特長です。

    • 返金のデメリット
    • ただし、一度解約してしまうとそのカードは回収されて使えないので、再度発行する必要があるところがデメリットです。

払い戻しによる返金だとpasmoを手放す必要があるから、繰り返し現金化に使いたいんだが、他に方法は無いのか?
払い戻し以外でこれから紹介する3つの方法がそれだ。
繰り返しpasmoを現金化するには、残高を使って買い物をして「返品」や「転売」をするか、あるいはクレジットカードからチャージして、現金化業者などに残高を決済してもらいキャッシュバックを受ける方法があるんだ。
ちなみに、どの方法が一番おすすめなんだ?
どれが一番と決めるのではなく、自分が現金化に求める条件によって、繰り返しなら現金化業者、カードを手放すなら返金などシチュエーションによって選んで使うんだ。

確かに効率は払い戻しが一番だ。
転売は一番効率が悪い。
現金化業者も手数料がとられて換金率が下がる。

しかし、どの方法にもメリットやデメリットがあって、一概には言えないんだ。

  • 2.購入後の返品
  • 現金化の手法として電子マネーで稀に使われるのが返品による方法です。
    一度商品を購入して、その商品をpasmoで支払い、返金は現金でしてもらうもので、電子マネーに返金できないという隙を付いた方法です。

    • 返品のデメリット
    • ただし、金額の大きなものでないと難しく、そもそもチャージできる残高がそれほど高くないため、手間と負担のかかる方法です。

    現金化業者の中には、電子マネーを専門として、pasmo決済を用意したサイトで支払いをさせて現金に換金するところがあるので、手動ではなく業者に自動で現金化をしてもらうという選択肢もあります。

返品は面倒そうだから、ギフト券を購入するというのはどうだろう?
ギフト券の換金業者に売れば現金化できそうだけど?
pasmoなどの電子マネーは、ギフト券は購入できないことがほとんどなんだ。
換金したくてもギフト券を購入できないのでは、現金化できる可能性は少ないな。
一部の通販ではそれも可能だが、公式サイトでアマゾン券などの有名で換金率の高いギフト券はまず買えないんだ。
  • 3.公式以外の通販サイトでギフト券をpasmo支払いで購入する
  • アマゾンギフト券など換金できる方法を使うのも手です。
    pasmoの支払い方法を可能としているECサイト(通販)やフリマ・オークションサイトでギフト券を購入して、換金する方法など裏技が存在します。

    • ギフト券をpasmo支払いで購入するデメリット
    • ただし、難点としてギフト券がほとんどの場合電子マネー決済できず、購入できない可能性が高いことです。

      アマゾンでは、電子マネーとしてpasmoの決済をアマゾンギフト券購入に使えないので、一部のサイトを除いて公式通販などではギフト券を買えません。

pasmoでギフト券を購入する方法は存在するものの、確実にはギフト券を手に入れられません。

したがって、次で紹介する転売の方が現金化としては再現性があるでしょう。

  • 4.購入商品の転売
  • pasmoはお店での買い物に決済として使えるため、商品を購入してそれを転売することで現金化する方法があります。

    • 転売のメリット
    • 返金と比べると繰り返しの現金化には向いていると言えます。

    • 転売のメリット
    • ただし、換金率の高い商品でなければ転売の際にロスが生じるため、その分だけ手数料や転売の売買額のロスによる負担が生じることがネックです。

確かに。
転売をすると新品で買うよりも売り値が下がるから、残高から現金化できるのはその一部しかないな。
1万円の商品を買ったとしても、5,000円にしかならないんじゃ意味ない気がする。
それで現金化になるのか?
換金性の高い商品や市場の商品需要を見極めて売る必要があるな。
そうしないと7割~半額、場合によってはそれ以下の値段でしか売れないこともある。

バイヤーとしての判断が必要など、現金化の中で難度が高い方法だな。
確実に7割以上現金化したいなら現金化業者に頼った方がよさそうだ。

一度だけ現金化をするならば返金のほうが優れているのに対し、繰り返し現金化する場合には転売や現金化業者を使っての決済(指定商品購入)による現金化が有効です。

状況や場面によって現金化手段の最適な選択肢を選ぶ必要があるでしょう。

pasmoのカードを売ることはできない!

pasmoカードがオークションやフリマサイトで売られていることがあるが、実際はメルカリなどの売買は出品禁止物に指定されているので、直接売るのは難しいのが実情です。

出品されているカードは規約に違反している可能性が高く、売られているからとチャージされたカードを直接売って現金化する方法は、リスクこそあれメリットはありません。

デポジットの500円より多少高く売れたとしても同じです。
カードを直に売るくらいであれば、返金の手続きをしたほうが無難でしょう。

払い戻しの方法・手順

払い戻しの方法・手順

さっそく返金に行きたいんだが、pasmoの払い戻しはどうやればいいんだ?
規定の手順で手続きする必要がある。
まずはpasmoを手に駅の窓口に行くのが早いんだ。
pasmoだけもっていくのか?他に必要な物は無いのか?
他には、「記名PASMO」なら公的書類が必要だ。
デポジット(500円返金)もカードの種類によって違うんだ。
一体型にはデポジットは無いぞ

解約・払い戻しの手順は?

pasmoを払い戻す時の流れは決まっていて、基本は駅などの窓口に行って、払い戻しを申請します。
手順を確認しましょう。

PASMO解約・払い戻しの手順

  1. pasmoを持って近くの駅の事務・窓口やバス営業所に足を運ぶ
  2. 書類に必要事項を記入して、「記名PASMO」等は公的書類(身分証)を提示
  3. 返金を受ける
  4. 領収書をもらう

デポジットの扱いがカードにより異なる!

方法や必要事項はカードの種類によって詳細が異なります。

例えば、PASMO定期券は返金の対象が「PASMO定期券」「記名PASMO」の2つ存在します。
また、一体型では、デポジットがなく、カードの返却もありません。

現金化の手順

繰り返し現金化してpasmoは普段使いたい人は、残高を現金化する方法が現金化業者による残高買取です。

まずは、pasmoがOKな業者を選んで、優良なところで現金化できるように探してみましょう。

PASMO解約・払い戻しの手順

  1. pasmoに対応した現金化業者を探す
  2. 申し込んで、手続きに進む
  3. 特定のサイトでpasmoによる決済を行う
  4. 決済の確認を待つ
  5. 銀行口座に換金率や手続きを引いた金額が振り込まれる
クレジットカードの現金化やギフト券買取とあまり変わらないんだな。
現金化でどの電子マネーを使えるかという部分が違うだけで、キャッシュバックの利用や残高買取など仕組みは同じなんだ。
現金化業者は安全なのか?
業者の中には優良な業者と悪徳業者がいるから、現金化業者の見極めは他の電子マネーやカードと同様にしっかりとしなくちゃ行けない。
上手く優良業者を見つけられれば、継続的に安心して現金化を行うことが可能なんだ。

pasmoは返金や現金化業者で手続きするのが簡単で効率的!

pasmoは返金や現金化業者で手続きするのが簡単で効率的!
電子マネーの中でもpasmoは残高を現金に戻せるという希少な交通系カードです。

現金化する場合は返品や転売の方法よりもそのままカードを解約する返金の方法を使いましょう。

あるいは、決済方法を用意している現金化業者のキャッシュバックによる方法で現金化してもらうのが手間がなく面倒な売却作業なども必要ないので、確実に現金化するなら業者に申し込むのがおすすめです。