請求書買取でのファクタリング!広告業界限定ファクターのペイブリッジとは?

ファクタリングペイブリッジ

ライター:のぼる

広告業界は広告代理店・広告プロダクション・印刷業などで構成され大手企業からフリーランスの個人事業主まで多彩な事業規模で支えられています。

特にグラフィックデザイナーやWEBデザイナー、コピーライター・カメラマン・イラストレーターなどはフリーランスの個人事業主率が高い傾向にあると言えるでしょう。

クリエイターと呼ばれ一般的には華やかなイメージがありますが、請求書発行から入金まで2~3ヶ月かかるのが珍しくないので資金繰りが大変な業界という側面も存在します

今回の記事では、広告業界限定で請求書買取の形でのファクタリングとも言える支払い代理サービスを提供し、広告業界の資金繰りをサポートを行うファクターのペイブリッジをご紹介します。

請求書買取で資金調達をサポート!広告業界限定ファクターのペイブリッジとは?

請求書買取で資金調達をサポート!広告業界限定ファクターのペイブリッジとは?
グラフィックやWEBデザイナー、コピーライター・カメラマン・イラストレーターなどに代表されるフリーランスのクリエイターは華やかなイメージが持たれがちです。

また花形業界と言っても過言ではない広告業界は就職希望者が殺到する傾向が強く、広告業界でキャリアを積み個人事業主として独立するケースは珍しくありません

しかし華やかなイメージとは裏腹に請求書発行から入金まで2~3ヶ月かかるのがザラにあるのが広告業界で、生き残るための資金繰りに追われるクリエイターは少なくありません

クリエイターって呼ばれる仕事があるよな。自分の創造力を仕事にできるクリエイティブな仕事ってなんか格好良いよな!俺も憧れられるようなクリエイターに転身しようかな?
転身ってこれから始めるの?悪いことは言わないから、やめとけ!近くでよ~く観察してる俺の目から見ても、キミにはクリエイティブな印象が全くないから。
なにこの言われよう!いくら友達だからって、ちょっと酷くないかい?ひょっとしたら奥深くで眠ってる才能が目を覚ますかも知れないじゃん!ちょっとくらい可能性あるだろ?
まぁまぁ、そりゃ可能性が全くないとは言い切れないけど、華やかなイメージがあるから希望者が多くて競争が大変らしいぞ。広告業界とかは資金繰りも大変みたいだしな。
えっ!資金繰りが大変なの?クリエイティブな仕事って金回りも良いようなイメージなんだけど、なんか俺の持つクリエイターイメージと違うんだけど。なんで?
確かに有名になれば金回りも悪くないかも知れないけど、多くはフリーランスの個人事業主で請求書発行から入金まで2~3ヶ月ってのがザラって業界だから生き残るの大変だよ。

広告業界限定の請求書買取で資金調達をサポートするペイブリッジとは?

広告業界限定の請求書買取で資金調達をサポートするペイブリッジとは?
ペイブリッジは広告業界限定で請求書買取を行う形のファクタリングで資金調達をサポートするファクターです。

業界慣例で請求書発行から入金までに2~3ヶ月かかるのがザラにある広告業界で生き残るため、資金繰りに追われる中小零細企業や個人事業主をサポートしています。

公式サイトで確認できるペイブリッジの企業概要は次表のとおりです。

会社名株式会社トップマネジメント・屋号:PAY BRIDGE(ペイブリッジ)
所在地東京都千代田区鍛冶町1-4-3竹内ビル2F
電話番号03-3526-2005・フリーダイヤル0120-36-2005
公式サイトhttps://www.t-pb.com/
設立年月2009年4月
取引方法非公開
取引速度最短1日~
営業時間非公開
資本金5,000万円
事業内容ファクタリング業務|経理・財務・経営に関するコンサルティング業務|企業経営上の各種リスクの調査・分析の委託並びにリスクの評価及びリスク回避の相談の受託業務|担保不動産の調査及び評価業務

運営母体の株式会社トップマネジメントは累計買取高100億円を誇る大手ファクターで、ペイブリッジはトップマネジメントの広告業界専門セクションだと言えます。

公式サイト内では取引方法と営業時間が非公表ですが、今回の調査で二社間取引と三社間取引を09:00~19:00(平日)で提供していることが確認できました。

広告業界限定でペイブリッジが提供する資金調達手段の請求書買取りとは?

ペイブリッジは請求書買取りでの資金繰りを掲げていますが、実際には保有する売掛債権を譲渡・売却して現金に置き換えるファクタリングの債権取引を行って資金調達します

広告業界はフリーランスの個人事業主が多いので、経理の知識が乏しくても判りやすいよう直感的にイメージしやすい「請求書買取り」という表現を選んだと考えられます。

またファクタリングを提供するファクターの多くが個人事業主の利用に対応していませんが、フリーランスの個人事業主が多い広告業界限定なので個人事業主も利用できます

請求書買取りによるペイブリッジのファクタリングの利用申込から資金調達完了までの流れは次のとおりです。

ファクタリングの利用利用申込から資金調達完了までの流れ
  1. 問い合わせ:公式サイト問い合わせメーラーやフリーダイヤルから
  2. 利用申込:公式サイト申込フォームやフリーダイヤル・FAXなどから
  3. 申込確認:担当者からの電話によるヒアリング調査あり
  4. 審査・面談:ペイブリッジ社内で(所要約30分)
  5. 債権譲渡契約締結
  6. 資金調達完了

図解:ペイブリッジのファクタリングの流れ

調査で確認できたペイブリッジのファクタリングの申込フォームで入力が求められる情報は次のとおりです。

申込フォームで入力が求められる情報
  • メールアドレス
  • 会社名(屋号)
  • 会社代表者名(ふりがな共)
  • 会社住所
  • 請求書の枚数
  • 連絡先(携帯電話可)
  • 連絡可能な時間帯(複数回答可)

公式サイト内では審査の必要書類が公表されていませんが、通常ファクタリングでは次に挙げる書類の提出が求められます

  • 商業登記簿謄本と印鑑証明書
  • 代表者の身分証明書と住民票
  • 決算報告書のコピー
  • 取引に使用する債権の取引先との基本契約書
  • 取引履歴書類(取引先からの入金履歴が確認できる通帳)
  • 成因資料(発注書・納品書・請求書など)

ペイブリッジは請求書買取りでの資金調達を掲げているので、上記の取引に使用する債権の取引先との基本契約書や成因資料発注書・納品書)が省略されると考えられます。

公式サイト内では請求書買取りによるファクタリングでは、請求書に記載額の最大95%を現金に置き換えることができると公表されているので最少手数料率は5%になります

調査の結果ペイブリッジでは0.5~12.5%の手数料率を目安に、請求書買取りによるファクタリングを提供していることが確認できました。

取引債権の上下限額も公表されていませんが取引事例のなかで、160~740万円の取引が行われていることが確認できました。

またフリーランスの個人事業者の利用に力を入れていることから取引債権の下限額は30万円、上限額は2~3,000万円に設定されているのではないかと推測できます。

広告業界限定の請求書買取りで資金調達をサポートするペイブリッジのスコアは?

広告業界限定の請求書買取りで資金調達をサポートするペイブリッジのスコアは?
累計買取高100億円を誇る大手ファクターのトップマネジメントが運営し、広告業界限定の請求書買取りでのファクタリングを提供するのがペイブリッジです。

業界慣例で請求書発行から入金まで時間がかかる傾向にある広告業界を支える、フリーランスの個人事業主や中小・零細規模の会社の資金調達のサポートを行っています。

請求書の買取りで資金調達できるペイブリッジは、厳しい生存競争のなかで生き残りをかけた資金繰りの必要に迫られた利用者にとって非常に心強い存在だと言えるでしょう。

しかし利用価値の高い優良ファクターに位置付けるのには、満たすべき複数の要件をペイブリッジが満たす必要があるのでスコアリングで判定します。

クリエーターって華やかなイメージがあるけど、業界慣例で請求書発行から入金まで時間がかかる広告業界で生き残るのは大変そうだな。多分俺じゃ無理だわ。
諦めるのはやっ!まぁ、身の丈に合った選択をしないと大失敗するリスクがあるからな。悪いこっちゃないと思うよ。クリエイティブ力はもちろん資金繰りも下手そうだもんな。
なにっ!俺がクリエイターを諦めた理由は自分のクリエイティブ力に一抹の不安を覚えたからだよ!資金繰りはペイブリッジ利用すれば問題ないだろう?
まぁな、たしかにペイブリッジは広告業界限定のファクターだから、業界関係者なら法人でも個人でも利用できるのは確かだな。
だろう?個人事業主のファクタリング利用ハードルが高いなかで、フリーランスが多く活躍する広告業界だからこその素晴らしい対応だよな!ペイブリッジって!ステキッ!
確かに請求書買取りって形で個人事業主の利用に対応してるのは評価できるけど、利用価値の高い優良ファクターは他にも満たすべき要件があるからペイブリッジを見てみよう。

理想的な資金調達を実現するファクターに求められる要件とは?

理想的な資金調達を実現するファクターに求められる要件とは?
広告業界限定で請求書買取りで資金調達をサポートするペイブリッジは魅力的ですが、優良ファクターが満たすべき要件をバランスよく満たしているかが気になります。

利用価値の高い優良ファクターが満たすべき要件は次に挙げる6つ要件なので、ペイブリッジがどのようなバランスでスコアを満たせるのかを確認します。

利用価値の高い優良ファクターが満たすべき要件
  1. 業者手数料の妥当性
  2. 取引債権の上下限額
  3. 資金調達までの所要日数
  4. ファクターの信頼性
  5. 契約内容の妥当性
  6. 個人事業主の利用の可否

業者手数料の妥当性

評価基準とスコア値評価基準について
業者手数料の妥当性
(30点)
ファクタリングの取引方式は売掛先に債権譲渡通知を行う三社間取引と債権譲渡通知を行わず利用者とファクターのみで取引する二社間取引に分類でき、取引方法によって手数料が異なります。

ファクタリングの手数料は業者が自由に設定できますが、手数料相場は、三社間取引は取引債権額の1~9%、二社間取引は10~30%が目安になります

目安額より手数料が高いファクターでは効率的な資金調達が難しく、安すぎる場合はトラブルに巻き込まれるリスクの高い悪徳業者の可能性もあるので手数料は重要ポイントだと言えます。

資金調達効率は手数料に大きく影響される点や悪徳業者を見極めるヒントになる点を考慮し、業者手数料の妥当性のスコアは満点30点でスコアリングします。

評価基準とスコア値 評価基準について

公式サイトで最大95%での買取りと表示していますが、ペイブリッジの手数料率目安は0.5~12.5%であることが調査で確認できました。

一般的な手数料率は三社間取引は1~9%、二社間取引は10~30%であることを考慮すれば、ペイブリッジの手数料率は決して高くないと判断できます。

また最短1日での資金調達完了を強調していることから、二社間取引を得意にしていることが推測できますが、二社間取引の手数料率上限が12.5%であれば破格だと言えます。

しかし公式サイト内での公開情報が非常に乏しいことや広告業界限定ファクタリング名のが影響するのか、ペイブリッジの請求書買取りの実体が掴みにくいもの事実です。

手数料率はファクタリングでの資金繰り効率に直接影響するので、公開情報が乏しいのはマイナス材料だと言えます

運営母体のトップマネジメントが累計買取高100億円を誇る大手ファクターである点は評価できますが、大手ファクターだからこそ情報公開するべきだと言えるでしょう。

こういった背景からペイブリッジの業者手数料の妥当性のスコアリングは27点のスコアになります。

取引債権の上下限額

評価基準とスコア値評価基準について
取引債権の上下限額(10点)債権取引に存在する不確定要素はファクターが負担するリスクとなるので、1度の取引で多くの利益を得られる高額債権が好まれる傾向にあり少額の売掛債権の取引に対応していないケースも存在します。

しかしファクタリング手数料は決して少額ではなく、ファクタリングでの資金調達を繰り返すことは保有資産を目減りさせることを意味するので必要額を調達したいものです。

取引債権の上下限額が広いファクターを利用することで、より柔軟な資金調達の実現が期待できると考えられます

必要額を効率的に資金調達できるファクターであるかを示す、取引債権の上下限額のスコアは満点10点でスコアリングします。

取引債権の上下限額は非公開ですが今回の調査で160~740万円の取引が確認できたことや、運営母体を考慮すると取引債権の下限額は30万円、上限額は2~3,000万円に設定されているのではないかと推測できます。

広告業界では突発的な資金ショート対策や融資までのつなぎ資金調達に活用されるケースが多いので、ペイブリッジは小回りの利くファクターだと考えられます

しかしやはり公開情報が乏しすぎることを考慮するとペイブリッジの取引債権の上下限額のスコアリングは7点でスコアせざるを得ません。

資金調達までの所要日数

評価基準とスコア値評価基準について
評価基準について理想的な資金調達手段の条件には、「必要に迫られた資金調達を迅速に完了させられる」という要件が含まれると言えます。

資金調達までの所要日数の目安は三社間取引は1~2週間、二社間取引は即日~3日間が目安になり突発的な資金調達には二社間取引が適しています。

資金調達までの所要日数はファクターによって異なるので、資金調達速度が早い業者は利用価値が高いと捉えることができますが、通常調達スピードに大差がないので資金調達までの所要日数のスコアは満点5点でスコアリングします。

ペイブリッジは最短1日での資金調達を掲げていますが、社内での面談が必要なため千代田区のペイブリッジまで足を運ぶ必要があります。

東京近郊に住んでいる場合は問題ありませんが居住地が遠方の場合は、利用ハードルが高いファクターだと言えるでしょう

これらを考慮するとペイブリッジの資金調達までの所要日数のスコアリングは3点のスコアとなります。

ファクターの信頼性

評価基準とスコア値評価基準について
ファクターの信頼性(30点)融資のように金融庁の監督下にあるわけではないファクタリングは参入障壁が低く、債権取引を装った違法融資を持ちかける悪徳業者が存在するのも事実です。

ファクターの公式サイト内で企業概要を確認できますが社名や所在地、メールアドレスだけなど情報量が少ない業者は利用を控えるべき悪徳業者である可能性が高い傾向にあります

また事業継続期間が長いファクターは多くの顧客に利用されている優良業者であると考えられるので、ファクターの信頼性は公開情報量や創業年数などから図ります

悪徳業者を利用してしまうと理想的な資金調達の実現はおろか、トラブルに巻き込まれかねないのでファクターの信頼性は重要視する必要がありスコアは満点30点でスコアリングします。

ファクタリングは比較的新しい資金調達手段なので、2009年4月創業のペイブリッジは老舗ファクターに位置付けられ事業運営が長いのはプラス材料になります。

また運営母体のトップマネジメントが累計買取高100億円を誇る大手ファクターなのは、高く評価できると言えるでしょう。

通信会社の審査があるフリーダイヤルを設置している点もプラス材料ですが、公開情報が乏しすぎるのがマイナスです。

これらを考慮するとペイブリッジのファクターの信頼性のスコアリングは27点のスコアになります。

契約内容の妥当性

評価基準とスコア値評価基準について
契約内容の妥当性(20点)ファクタリングは無担保・無保証人・無金利・無返済で利用でき、譲渡債権が回収不能になっても買戻しが求められない償還請求権なしのノンリコースでの取引が一般的です。

また売掛債権は無形資産なので債権譲渡の事実が確認し難く、二社間取引では債権譲渡登記を行うのが一般的なファクタリングの契約内容です。

悪徳業者はこれらのファクタリングの基本的な取引ルールを無視した取引を持ちかけるので、契約内容の妥当性が疑われる業者の利用は見送るべきだと考えられます。

資産である売掛債権の譲渡・売却で資金調達するファクタリングでは契約内容の妥当性は重視すべき要件なのでスコアは満点20点でスコアリングします。

請求書買取りで資金調達できるのがペイブリッジですが、これは売掛債権を取引するファクタリングに該当します。

経営母体が大手ファクターであることから、ノンリコースや債権譲渡登記ありの二社間取引が行われていると推測できペイブリッジの契約内容の妥当性は期待できます。

またフリーランスが活躍する広告業界限定のファクタリングなので、個人事業主の利用に対応した契約を行っているのも高く評価できます。

しかしやはり公開情報が乏しいうえに創業から10年以上経過していても取引実績が5,000以上という点はマイナス材料になると言わざるを得ません。

このような条件を考慮するとペイブリッジの契約内容の妥当性のスコアリングは17点のスコアとなります。

個人事業主の利用の可否

評価基準とスコア値評価基準について
個人事業主の利用の可否
(5点)
中小・零細規模の会社の倒産防止に効果があるとしてファクタリングは、経済産業省が推奨し普及を後押しする資金調達です。

しかし一般的に個人事業者が資金調達にファクタリングを利用するのは困難なのが実状で、基本的にファクタリングは法人向けの資金調達手段に位置付けられているのも事実です。

起業ブームや個人事業主としての独立が一般的になり、ファクタリングの普及と共にた個人事業主に対応するファクターも登場していますが、現状では少数派なので個人事業主の利用の可否のスコアは満点5点でスコアリングします。

多くのフリーランスが活躍する広告業界限定のファクタリングなのでペイブリッジは、法人でもフリーランスの個人事業主でも利用できます

公式サイトでは個人事業主の利用について明確に公表しているので、資金調達の必要に迫られた個人事業主の資金調達に安心して活用できます。

個人事業主の資金調達に対応するファクターはまだ少数派なのが実状であることから、ペイブリッジの個人事業主の利用の可否のスコアリングは満点の5点でスコアできます。

広告業界限定の請求書買取りでの資金調達を提供するペイブリッジのスコア結果は?

広告業界限定の請求書買取りでの資金調達を提供するペイブリッジのスコア結果は?
広告業界に特化した請求書買取りでのファクタリングを提供するファクターのペイブリッジのスコアリング結果は、トータルスコア86点になりました。

図解:ペイブリッジのスコア

トータルスコア86点となったペイブリッジのスコアと、スコア判定の決め手となった判定要素は次表で判りやすくご確認頂けます。

スコア要件ペイブリッジの判定要素スコア
業者手数料の妥当性一般的な相場が三社間1~9%、二社間10~30%なのを考慮すれば、手数料率目安0.5~12.5%の手数料率は妥当だと言えるが公開情報が乏しいのがマイナス材料。30点
取引債権の上下限額下限額は30万円、上限額は2~3,000万円に設定されているのではないかと推測できるが、公開情報が乏しすぎるのがマイナス材料。7点
資金調達までの
所要日数
最短1日の所要日数は一般的だが都内での面談があるので対応範囲が関東近郊に限定されると言える。3点
ファクターの信頼性2009年4月創業の老舗ファクターで運営母体が大手ファクターなのは高く評価でき、通信会社の審査があるフリーダイヤル設置もプラス材料だが公開情報が乏しすぎる。27点
契約内容の妥当性運営母体が大手ファクターであることから契約内容の妥当性は期待できるが公開情報が乏しく、創業から10年以上経過していても取引実績が5,000以上という点はマイナス材料17点
個人事業主の
利用の可否
多くのフリーランスが活躍する広告業界限定のファクタリングで少数派な傾向にある個人事業主の資金調達に対応している点は評価できる。5点

ファクター情報が充実した俺LOVE現金化の利用が優良ファクター選択のポイント!

ファクタリングを利用した資金調達は急速に普及したため、ファクタリングの仕組みや正確なファクター情報が不足していると言わざるを得ず優良ファクター選定は困難です

俺LOVE現金化は現金化専門情報サイトのノウハウを駆使して何十社ものファクターを調査し、独自基準のスコアリングで利用価値の高い優良ファクターの判定を行っています。

広告業界限定ファクターのペイブリッジとは?

  • 資金繰りに追われる中小零細企業や個人事業主をサポート
  • 請求書買取りでの資金繰りをしている
  • スコアリングを行った結果、トータルスコア86点

調査した情報と「俺LOVE現金化」の独自基準のスコアリングを参考に、ぜひ利用価値の高い優良ファクターを選定して理想的な資金調達を実現してください