プリペイドカードの現金化の方法とは?

現金化 プリペイドカード

ライター:たける

○○payなどを利用して後払い現金化を利用する方が増えてきましたが、プリペイドカードでも同じような現金化はできるのでしょうか?

今回は、プリペイドカードについて知識をつけるだけでなく、メリット・デメリットなどもご紹介していきたいと思います。

プリペイドカードとは?

現金化で重要なのは、プリペイドカードです。

このプリペイドカードはさまざまな企業が提供している使い捨てのカードでその企業が展開している店舗やネットショッピングでのみ利用ができます。

プリペイドカードの種類には図書カードQUOカードなどがあります。

図書カードは本屋などで利用できるカードで、コンビニではQUOカードの利用ができます。

企業が提供しているプリペイドカードはAppleのiTunesカードがあり、AmazonのAmazonギフトカードなんかもあります。

これらのカードは基本決まったお店でしか利用ができないので、アマゾンギフト券を楽天市場で使用しようとしても使えないので注意が必要です。

日本で有名なのはニンテンドープリペイドLINEのLINEプリペイドです。

日本国内でしか使えないものもあるので、現金化にする際には注意が必要です。

また、プリペイドカードにはチャージができる機能もあるので、あらかじめ現金をチャージして使うこともできます。

もし、チャージ金額が足りなくなったらまたチャージして利用もできるので、おすすめです。

そして、サービスを提供している会社によってはポイントのシステムなんかもあります。

ドコモのプリペイドカードのdカードではdカードを支払い時に提示すると、ポイントがチャージされるのでポイントを集めている人には必須なカードで、発行も特にお金がかからないうというメリットがあります。

そして、プリペイドカードの反対にクレジットカードがあります。

これらを比較すると、クレジットカードでは審査が必要になりますが、プリペイドカードでは審査などの手続きが一切必要ありません。

そして、プリペイドカードはその場で作成して持ち歩くことのできるカードなので、万が一紛失しても、クレジットカードほどのダメージは受けません。

そして、クレジットカードでは年会費などの費用がかかりますが、プリペイドカードでは年会費などのお金が一切かからないで作成できるというポイントがあります。

商品の購入時の支払いもクレジットカードのように口座からではなく、そのカードにチャージされていた金額が引き落とされるので、問題ありません。

利用の範囲も金額が決まっているクレジットカードとは違いプリペイドカードはチャージされ残高内でお金のやり取りが発生するので、使いすぎなどの問題も発生しないので、気にしないで使えます。

プリペイドカードって結構無理して使っている人が多いかも!
プリペイドカードは無理して使わなくても、業者が簡単に現金化してくれるのでおすすめだぞ。現金化の方法も業者によって異なるけど、運が良ければ即日で振り込んでくれる業者もあるね!

プリペイドカードのメリットとは?

プリペイドカードのメリットとは?
プリペイドカードのメリットは多くあります。

一つは審査の必要が無いというのがあります。

クレジットカードでは信用会社の審査が必要になり、過去に滞納などが多い人はクレジットカード自体の発行ができません。

しかし、プリペイドカードなら過去に料金を滞納している人でも簡単に作れます。

そのため、学生なんかは簡単にクレジットカードを作ることができないので、プリペイドカードから発行してポイントを貯めています。

プリペイドカードの他のメリットは年齢制限がないというのがあります。

クレジットカードでは作成に年齢制限がありますが、プリペイドカードならば誰でも発行ができるのと、そのポイントカードは実際のお買い物でも使えるので、学生でもポイントを貯められます。

クレジットカードは発行に年齢の制限があるので、注意が必要です。

そして、プリペイドカードは安全性が高いというメリットがあります。

クレジットカードだと、紛失してしまった場合、すぐにカード会社に連絡してカードの利用停止が必要になります。

しかし、プリペイドカードならば落としてしまってもクレジットカードほどの危険はありません。

そして、安全性で考えると、プリペイドカードはチャージしなければ使うことができないので、自分のミスによる使いすぎなどの問題を回避できます。

また、プリペイドカードにはポイントの仕組みがあります。そのため、カードを発行すればポイントを獲得でき、利用することでさらにお得な買い物ができます。

還元率はカードの会社にによって異なります。

2倍の金額をもらえるお店やそれ以下のお店とお店の名前によって大きく変化します。

そして、子供のいる家庭では、このプリペイドカードに金額をチャージして、こどもに使わせることで、プリペイドカードの仕組みを理解するのとこれからの社会に順応できる人材になります。

プリペイドカードになれるだけでんなく、お金の勉強にもなります。

どのくらいの買い物をしたらお金が取られていくのか?何倍の時にポイントをどのぐらい獲得するのかなど、お子さんにとってもメリットな特徴は多くあります。

プリペイドカードなどのサービスはこれからもっと人気になってくるので、目が話せません。

プリペイドカードにもいくつかメリットはあるんだね
プリペイドカードのメリットは多くあって、クレジットカードの作成とも迷う人が多くいます。

プリペイドカードのデメリット

プリペイドカードのデメリット
プリペイドカードのデメリットはいくつかあります。

特にプリペイドカードは大人にとってはかなり不利で、プリペイドカードの利用できる範囲は限られているので、海外旅行では役に立たないカードです。

これから世界共通のプリペイドカードが発行されたらプリペイドカードでの行動範囲が広がるので、おすすめです。

最近、このプリペイドカードの他にバンドルカードというカードが発行されています。

このカードは学生の間で人気で、学生でも利用できるクレジットカードで有名です。

このバンドルカードはVISAが発行しているので、海外でも使えることもあります。

特に大学生になればある程度のクレジットカードやバンドルカードは発行できますが、高校生のうちは、クレジットカードの発行ができないため、プリペイドカードでコツコツ貯めるのがおすすめです。

クレジットカードでは後払いシステムなどのサービスがありますが、プリペエイドカードには搭載されていません。

そのため、お金がないと使うこともできません。

そして、プリペイドカードはお金に余裕がないと使えないというデータがあります。

プリペイドカードの場合は先払いになっているので注意が必要です。

また、プリペイドカードにはポイントのシステムなどが搭載されているケースがほとんどですが、そのポイントにも有効期限があります。

そのため、有効期限を忘れていてせっかくためたポイントを使わないで無駄にしてしまう人も多くいるので注意が必要です。

ポイントの還元率が他のクレジットカードと比較して低いというデメリットがあります。

そのため、ポイントを中心的に稼ぎたい人にはクレジットカードでの支払いでポイントを貯めるのをおすすめします。

そして、プリペイドカードは海外ではまったく利用できないというケースもあります。

そのため、海外でも利用が簡単にできるクレジットカードの利用がおすすめです。

もしも、プリペイドカードを海外で利用したいと考えている人はあらかじめ、自分のカードがプリペイドカードなのかなどのチェックやお金がどのくらいチャージされているのか、重要です。

クレジットカードにはある海外の保険や現地でのATMで現金を下ろすなどの機能がプリペイドカードには搭載されていないので、利用する際には注意が必要です。

そして、プリペイドカードのポイントを現金化する際には、本当に必要なのかなどのチェックが必要になります。

もしも重要なポイントでつかってしまったら勿体ないので注意が無料期間必要です。

デメリットも多いのね
特に大型の支払いができないという問題があるので、そこはネックだね。

プリペイドカードはキャッスレスに最適

プリペイドカードはキャッスレスに最適
プリペイドカードはキャッシュレスにとって最適で、さまざまな特徴があります。

審査の必要がなく、作成できるのもポイントです。

クレジットカードの返済に困っている人は多くいます。

そして、次から簡単にクレジットカードの発行ができなくなるなどの問題が発生します。

しかし、プリペイドカードがあれば、ポイントがどんどんたまっていき現金化するにもおすすめです。

プリペイドカードはチャージした金額分、購入した金額分だけ利用ができます。

そのため、使いすぎで後から大量の請求が来ることもないので、お金にそこまで気にしないで使えます。

そして、不正に利用されるのも少ないです。

クレジットカードではそのようなインターネットなどによる攻撃で不正に利用されることはありますが、プリペイドカードではそこまでリスクが高くないので、もし不正に使われてもそこまで大きな問題にはつながりません。

しかし、落としてしまったなどの場合は他の人に全額を使われてしまうケースが多いので注意が必要です。

プリペイドカードなら作るのも楽で気持ちが軽いのと、使うのも簡単に使えます。

クレジットカードだと後からどんどん請求が高まってくるので支払うのが嫌になるケースも多くあります。

キャッシュレスなので、現金を持ち歩く必要がないなどのプラスになることしかないのでおすすめです。

そして、カードなので持ち運びにも困ることなく、現金を一切持たなくなります。

もしも、発行してみて、使い方が自分に合っていなくて、使わなくても年会費が無料なケースがほとんどなので、そこまで利用で不安になる必要もありません。

国際カードがついているカードならば店頭やネットショッピングでも使えるので、人気です。

プリペイドカードなど、普段支払いで使わないので、ポイントとして貯めているのを現金化にして、少しでも自分のお金のためにするのは便利でお得なサービスです。

しかし、サイトによって換金率もことなってくるので注意が必要です。

キャッシュレスってこれから主流になるよね
キャッシュレスはプリペイドカードやクレジットカードで支払いをすることを指しているそ!

プリペイドカードの現金化ってするべき?

プリペイドカードの現金化ってするべき?
プリペイドカードの現金化ってするべきなのか疑問を持っている人は多くいます。

実際、もったいなく感じてしまう人もいれば、どんどん使ってしまいたいと考えている人も多くいます。

よくある意見としてあるのが、プリペイドカードの有効期限が切れてしまって利用できないというケースがよくあります。

これは、そのプリペイドカードが利用できるお店で欲しいのもがなくて、使い忘れてしまったというケースがほとんどです。

そうなる前に、プリペイドカードで貯めたポイントは現金化にしてしまうのがおすすめです。

プリペイドカードの現金化の方法
  • 金券ショップで売却する
  • オークションでの出店
  • 現金化業者を利用したサービス

プリペイドカードの現金化は3つの方法があります。

一つは金券ショップで売却するという方法です。

この方法は一番楽な方法でもあり、換金率は95%のものもあれば90%と割と高い換金率でもあるので、おすすめです。

さらに、金券ショップではほとんどトラブルが起きることもないので、安全に取引ができるサービスとして考えても問題ありません。

他の方法にオークションでの出店があります。

この場合はトラブルがよくあるので、注意が必要です。

しかし、換金率は97%ぐらいで取引されていることが多いので、かなり元をとることもできます。

さらに、プレミアのついている金券の場合はもっと換金率が100%以上というケースもあるので、運でもありますが、オークションで一発千金の確率もあります。

しかし、オークションなので、自分が考えていた金額よりも落ちた金額で購入されるケースもあるので、リスクが高いこともわすれてはいけません。

最後は現金化業者を利用したサービスがあります。

このサービスなら仕事で忙しい人でも簡単にプリペイドカードの換金ができます。

基本はお店で換金することがほとんどですが、サラリーマンでお店に行っている余裕がない人はインターネットでの取引で進めるのが人気です。

インターネットでの取引ならプリペイドカードを送るだけで、口座にお金が振り込まれています。

換金率は93%とそこまで高くはないですが、早く現金化したい人や普段お店に行く余裕がない人には人気のサービスで。

このようにプリペイドカードの現金化には多くのサービスがあります。

プリペイドカードはイベントやその他のことで頻繁に貰えることがあります。

実際のところは多くの人が現金をもらえたらと考えているのが事実です。

現金が業者の買取ボブというサービスでは、主にAmazonギフト券やiTunesカード、グーグルプレイカードの3つのカードで現金化の対応をしています。

他にも図書券などのプリペイドカードは多くあるので、必要なくて現金に変えたいと考えている人には現金化がおすすめです。

そして、一番怖いのが、いつのまにかプリペイドカードが使えなくなっていたというケースです。

有効期限が過ぎてからでは、換金するのも難しくなるので、注意が必要です。

そのためにも、必要ないとかんじたらすぐにでも現金化にするのをおすすめします。

プリペイドカードを使った現金化の方法っていっぱいあるね。
金券のプリペイドカードの他にもチャージ式で使っていたプリペイドカードの現金化も業者によっては対応しているので、かなり便利だぞ!

一度チャージした金額は現金化できない?

一度チャージした金額は現金化できない?
一度電子マネーにチャージしてしまったお金は現金化できないと思っている人は多くいますが、dポイントのプリペイドカードやauウォレットのカードの残高を現金にして手に戻すことは可能です。

しかし、換金率があるので、残高分全部は戻せないので、注意が必要です。

このように、現金化に特化した業者は多くあり、早いところだと即日で現金化してくれるなど、サービスによって大きく異なります。

特に人気なのがネットを使った現金化で、自分の情報を登録して、口座番号を入力して現金化の手続きをすると振り込まれています。

しかし、業者によっては詐欺のようなサービスもいくつかあるので注意が必要です。

d払いのテクニックとして、dポイントカードを利用したポイントの獲得があります。

このシステムを利用すれば、普段の買い物でd払いだけをするのではなく、dポイントカードも提示することで、ポイントを溜められなかったお店でもためられるようになります。

このプリペイドのdポイントカードは、誰でも発行ができるので、d払いで払う予定じゃなくても、プリペイドdポイントカードの提示がおすすめです。

また、プリペイドのポイントカードの他にも、クレジットカード機能付きのdカードもあります。

これは通常のdポイントカードよりも倍のポイントを入手でき、あす。

そして、ギフト券の換金もスムーズに進められます。

10000円分のギフトをd払いする際に、5000ポイントも利用できたら実際に支払う金額は5000円になるので、かなりポイントを使ったテクニックはおすすめです。

これらのdカードプリペイドやクレジットカードは作り方も簡単で、プリペイドは特に手続きの必要がありませんが、dカードのクレジットカードの発行になると、審査などが必要になります。

これらクレジットカードの審査はそこまで基準は高くないですが、延滞などが過去に多くあると、発行できないので注意が必要です。

そういう人にはプリペイドカードの発行がおすすめなので、プリペイドカードを使用して現金化させるのがおすすめです。

その際には、業者の換金率も気にしての現金化がおすすめです。

業者によっては換金率が高い業者もあるので、自分が現金化させたいプリペイドカードの換金率をチェックしてからの手続きをおすすめします。

現金化上級者になるとさらに現金化できるお金が増えるね。
dポイントはもちろん、ほとんどのキャリアがプリペイドカードを発行しているぞ!そのカードのポイントを現金化させたらかなりのお金が手に入るね!

まとめ

プリペイドカードは多くの種類があります。

換金率はそのプリペイドカードの価値によって大きく異なるので、自分のプリペイドカードがどのくらいの価値なのか、知っておく必要があります。

iTunesカードやAmazonギフト券をはじめ、多くのプリペイドカードがあり、イベントなどで配布されたが、使い道に困っている人は多いです。

そんな時、多くの人がそのプリペイドカードを現金化できたらと考えている人は多いです。

しかし、具体的な換金の方法がわからないと現金化はできませんね。

現金化の業者も多いので、どの業者を選ぶべきなのか、どの現金化方法で現金にするべきなのか迷ってしまいます。

現金化の方法はプリペイドカードを売るという金券ショップでの売却や、オークションに出品してプリペイドカードを落札してもらう現金化業者でインターネットで手続きして現金を振り込んでもらうなどの方法があります。

この記事を読めばプリペイドカードの現金化は簡単にできるので、チェックは必須です。