2001年創業の老舗ファクター!安定した資金調達を提供する三共サービスとは?

ファクタリング三共サービス

ライター:のぼる

欧米から1970年頃に日本へ伝わった資金調達手段がファクタリングですが、国内の商習慣とマッチしなかったことから普及には時間がかかりました。

1998年の債権譲渡特例法施行や2005年の債権譲渡登記制度の改正で徐々に普及し始め、2020年の民法改正で債権譲渡制限特例が解除されたことで今後一層の普及が見込めます。

三共サービスはファクタリングが未だポピュラーではなかった2001年に創業したファクターで、20年以上もファクタリングでの資金調達を提供し続ける老舗ファクターです。

今回の記事では、国内のファクタリング創成期から現在に至るまで利用者ニーズに対応する形のファクタリングで、資金調達をサポートし続ける老舗ファクターの三共サービスをご紹介します。

ファクタリング創成期から資金調達に対応し続ける老舗!三共サービスとは?

ファクタリング創成期から資金調達に対応し続ける老舗!三共サービスとは?
ファクタリングは今でこそ理想的な資金調達手段として知られていますが、1970年の登場から2000年代初頭までの約30数年間はマイナーな資金調達手段だったのが実状です。

そんななかファクタリングの有効性にいち早く着目し、2001年からファクタリングでの資金調達に対応してきた老舗ファクターが三共サービスです。

ファクタリングって1970年ごろには日本に上陸してたんだよな?それで本格的に普及し始めたのが2000年代初頭だろ?なんで30年近く普及しなかったんだろう?
あぁ、ファクタリング自体は14~16世紀に英国で考案され17世紀に活性化した後に20世紀初頭の米国で発展して1970年頃に日本に上陸したんだ。
14~16世紀って400~600年前ってことなの?凄いなイギリス人!しかしなんで上陸と共に国内で普及しなかったんだろう?歴史的にも日本人はイギリスの文化好きなのにな。
まぁ、今でも日本は世界でも珍しい現金主義が強い国だって言われるけど、当時国内には独特な商習慣が存在したんだ。
グローバリズムが叫ばれ始めて普及が始まったと言えるな。
政府が法改正なんかで後押ししてようやく普及し始めたのか?そして2020年の民法改正で債権譲渡制限特例が解除されたから、今後益々の活性化が期待できるって流れなの?
そういうこと。
政府推奨の資金調達手段として国が後押ししてるからな。
そんな状況をいち早く見越して2001年からファクタリングを提供している三共サービスを見ていこう。

20年以上の業績を持つ老舗ファクター!2001年創業の三共サービスとは?

まだファクタリングが一般的に知られていなかった2001年に創業し、いち早くファクタリングでの資金調達の提供を開始し現在に至る老舗ファクターが三共サービスです。

20年以上の間ファクタリングで利用者の資金調達ニーズに応え続けてきた三共サービスの歴史は、ファクタリングが普及した現在でも高く評価できると言えるでしょう。

公式サイトで確認できる三共サービスの企業概要は次表のとおりです。

会社名株式会社三共サービス
所在地千代田区神田須田町1-24-6 ACN神田須田町ビル3階
電話番号03-3830-0919・フリーダイヤル0120-43-4140
公式サイトhttps://sankyo-fs.jp/
設立年月2001年7月
取引方法二社間取引・三社間取引
取引速度翌日~1週間
営業時間09:30〜19:00(平日)
資本金1,000万円
事業内容ファクタリング事業・コンサルティング事業

三共サービスは二社間取引か三社間取引で売掛債権を資金に置き換え資金調達を行える、ファクタリングの基本に忠実な取引で資金調達をサポートしています。

また三共サービスでは一般企業の資金調達以外に、医療機関向けの医療報酬ファクタリングや介護施設向けの介護報酬ファクタリングの取扱いも行っています。

老舗ファクター三共サービスの20年以上提供を続けるファクタリングとは?

オーソドックスな取引で行われる三共サービスのファクタリングの利用の流れは次に挙げるとおりです。

  1. 電話かメールで相談申込
  2. 担当者間らの電話連絡で5分程度の簡単なヒアリング
  3. ヒアリングで打ち合わせた必要書類をメールやFAXで提出
  4. 審査(通常1~2時間)
  5. 取引条件・見積りを提案し契約日時を決定
  6. 債権譲渡契約締結
  7. 資金調達完了

三共サービスファクタリングの流れ

取引債権の属性や支払いサイト、売掛先の事業内容などで変化するものの、取引条件・見積り提示までの平均時間は約2時間です。

公式サイトでは最短翌日の資金調達が公開されていますが、今回の調査では二社間取引で即日の資金調達を実現したケースを確認しました。

しかし基本に忠実なファクタリングを提供しているので、翌日に資金調達が完了すると捉えることをおすすめしますし、残念ながら個人事業主の資金調達には対応していません。

公式サイト内で手数料率の表示は二社間取引5%~・三社間取引1.5%~ですが、二社間5~10%・三社間1.5~5.0%が現実的な手数料率であることが調査で確認できました。

また三共サービスのファクタリングは留保金の設定を行って取引されるので、債権額全額が取引対象にはなりません。

留保金設定を行う三共サービスのファクタリングでは、債権額の次の料率を資金に置き換えることができます。

  • 二社間取引50~80%
  • 三社間取引80~95%

仮に100万円の債権を三共サービスの二社間ファクタリングで手数料率8%で取引すると、25万円が留保され75万円-8%(6万円)=69万円となります。

100万円の債権取引で69万円を資金に置き換えられたので換金率は69%になりますが、無事売掛金が回収できれば留保金の25万円は利用者に返還されます。

このため最終的に100万円の売掛債権から94万円の資金を得ることになるので、実質換金率は94%になります。

実際の二社間取引では債権譲渡登記費用や事務手数料などの諸経費が利用者負担となりますが、留保金設定することでより多くの資金を得られます。

三共サービスの事務手数料

事務手数料の目安額は100万円までは1万円で、その後100万円刻みに1万円ずつ増額し500万円の取引では5万円の事務手数料が発生します。

しかし初回取引に限って三共サービスを手数料無料で利用できるのは、利用者にとって大きな魅力であり嬉しい特典だと言えるでしょう。

また他業者を利用中で三共サービスに乗り換えを行うと手数料率が平均10%ディスカウントされる乗り換えキャンペーンを頻繁に行っているのも魅力だと言えます。

設定する手数料率を抑え留保金設定でさらに効率的に資金調達できる三共サービスのファクタリングは50~3,000万円の中小規模の資金調達に対応しています。

基本に忠実な三共サービスは譲渡債権が回収不能になっても、利用者が買戻す必要のない償還請求権無しのノンリコースで取引されるので安心して利用できると言えるでしょう。

20年以上の業歴で30~3,000万円の資金調達を提供する三共サービスのスコアは?

20年以上の業歴で30~3,000万円の資金調達を提供する三共サービスのスコアは?
国内のファクタリング創成期と言える2001年の創業から20年間以上もファクタリングでの資金調達を提供し続けている老舗ファクターが三共サービスです。

長い業歴はもちろん業界最安値とも言える手数料率を設定し、50~3,000万円の資金調達を提供し多くの利用者の資金繰りをサポートする魅力的なファクターだと言えます。

しかし利用価値の高い優良ファクターに位置付けるのには、満たすべき複数の要件を満たす必要があるので三共サービスをスコアリングで判定します。

凄いねぇ、20年間ファクタリング一筋ってことだよな。
まさにファクタリングのエキスパートと呼ぶにふさわしい頼りになるファクターだよな。
三共サービスって。
そうだな。
老舗ファクターらしく基本に忠実なファクタリングの提供での確実な資金繰りサポートには定評があると言えるだろうし、長い業歴は高く評価できるよな。
ホントだよな。
だけど個人事業主の資金調達に対応してないってのは今の時代にマッチしてないんじゃないのか?基本に忠実なのは大切だけど柔軟性も重要だと思うんだけどな。
確かにフリーランスとして起業する個人事業主が増加傾向にあるから、個人事業主への対応は十分検討すべき要件だと言えるだろうな。
あと資金調達速度もな。
そうそう、最短翌日なんて悠長なこと言ってると新興ファクターに立場を取って代わられる可能性もあるからな。
ファクタリング戦国時代の現代じゃ下剋上もあり得るよな。
まぁ、20年以上の業歴は伊達じゃないからその心配はないだろう。
歴史ある三共サービスが利用価値の高い優良ファクターなのかをスコアリングしながら確認していこう。

理想的に資金調達を行える優良ファクターに求められる満たすべき複数の要件とは?

理想的に資金調達を行える優良ファクターに求められる満たすべき複数の要件とは?
20年間以上も30~3,000万円の中小規模の資金繰りをファクタリングでサポートする老舗ファクターの存在は評価するに値しますし、利用者にとって魅力的だと言えるでしょう。

しかし魅力的なファクターと利用価値のある優良ファクターは異なるので、優良ファクターが満たすべき次に挙げる6つの要件を三共サービスが満たしているか確認します。

優良ファクターが満たすべき要件

  • 業者手数料の妥当性
  • 取引債権の上下限額
  • 資金調達までの所要日数
  • ファクターの信頼性
  • 契約内容の妥当性
  • 個人事業主の利用の可否

業者手数料の妥当性

評価基準とスコア値評価基準について
業者手数料の妥当性
(30点)
ファクタリングの取引方式は売掛先に債権譲渡通知を行う三社間取引と債権譲渡通知を行わず利用者とファクターのみで取引する二社間取引に分類でき、取引方法によって手数料が異なります。

ファクタリングの手数料は業者が自由に設定できますが、手数料相場は、三社間取引は取引債権額の1~9%、二社間取引は10~30%が目安になります。

目安額より手数料が高いファクターでは効率的な資金調達が難しく、安すぎる場合はトラブルに巻き込まれるリスクの高い悪徳業者の可能性もあるので手数料は重要ポイントだと言えます。

資金調達効率は手数料に大きく影響される点や悪徳業者を見極めるヒントになる点を考慮し、業者手数料の妥当性のスコアは満点30点でスコアリングします。

公式サイトでは二社間取引5%~三社間取引1.5%~の表示がありますが、これはそれぞれの取引方法の最大値であり現実的な取引の参考値にはならないと捉えるべきです。

今回の調査で現実的な手数料率は二社間5~10%三社間1.5~5.0%であることが確認できました。

一般的な手数料率の相場は二社間取引10~30%三社間取引1~9%なので、三共サービスの手数料率は相場と比較しても定額に抑えられていると言えるでしょう。

二社間取引では債権譲渡登記費用や事務手数料などの諸経費が利用者負担となるので、取引時の換金率は既述の利用率より低下します。

また三共サービスは留保金設定を行うのでファクタリングで資金に置き換えられるのは二社間取引50~80%・三社間取引80~95%となるので注意が必要です。

しかし留保金設定では無事売掛金を回収できれば留保金は利用者に還元されるので、実質換金率を大きく向上させられるのが留保金設定の魅力だと言えます。

これらを考慮すると三共サービスの業者手数料の妥当性のスコアリングは満点の30点でスコアできます。

取引債権の上下限額

評価基準とスコア値評価基準について
取引債権の上下限額(10点)債権取引に存在する不確定要素はファクターが負担するリスクとなるので、1度の取引で多くの利益を得られる高額債権が好まれる傾向にあり少額の売掛債権の取引に対応していないケースも存在します。

しかしファクタリング手数料は決して少額ではなく、ファクタリングでの資金調達を繰り返すことは保有資産を目減りさせることを意味するので必要額を調達したいものです。

取引債権の上下限額が広いファクターを利用することで、より柔軟な資金調達の実現が期待できると考えられます。

必要額を効率的に資金調達できるファクターであるかを示す、取引債権の上下限額のスコアは満点10点でスコアリングします。

三共サービスの取引債権の上下限額は、30~3,000万円と比較的幅広く設定され、中小規模の資金調達に十分対応できるものだと判断することができます。

50万円の下限額なら突発的な資金ショートや資金借入までの繋ぎ資金調達に利用しやすいと言えますし、3,000万円の上限額であれば中規模の資金調達にも対応できます。

比較的利用ニーズが高い中小規模の資金調達に対応できる上下限額設定は評価でき、三共サービスの取引債権の上下限額のスコアリングは満点の10点でスコアできます。

資金調達までの所要日数

評価基準とスコア値評価基準について
資金調達までの所要日数(5点)理想的な資金調達手段の条件には、「必要に迫られた資金調達を迅速に完了させられる」という要件が含まれると言えます。

資金調達までの所要日数の目安は三社間取引は1~2週間、二社間取引は即日~3日間が目安になり突発的な資金調達には二社間取引が適しています。

資金調達までの所要日数はファクターによって異なるので、資金調達速度が早い業者は利用価値が高いと捉えることができますが、通常調達スピードに大差がないので資金調達までの所要日数のスコアは満点5点でスコアリングします。

資金調達速度は効率的な資金繰りの条件の1つですが、三共サービスの資金調達期間は公称最短翌日で資金調達に2日間で対応していることになります。

現在は完全オンライン手続きを採用し、最短2~3時間での資金調達に対応するファクターも存在するので最短翌日や2日間の商龍速度ではスピード感に劣ると感じます。

今回の調査で不備のない書類で二社間取引を利用すれば、申込から数時間で資金調達を完了できることが確認できましたが原則2日間なので注意が必要です。

これらを考慮すると三共サービスは若干資金調達速度に劣ると考えられ、資金調達までの所要日数のスコアリングは残念ながら2点のスコアになります。

ファクターの信頼性

評価基準とスコア値評価基準について
ファクターの信頼性(30点)融資のように金融庁の監督下にあるわけではないファクタリングは参入障壁が低く、債権取引を装った違法融資を持ちかける悪徳業者が存在するのも事実です。

ファクターの公式サイト内で企業概要を確認できますが社名や所在地、メールアドレスだけなど情報量が少ない業者は利用を控えるべき悪徳業者である可能性が高い傾向にあります。

また事業継続期間が長いファクターは多くの顧客に利用されている優良業者であると考えられるので、ファクターの信頼性は公開情報量創業年数などから図ります。

悪徳業者を利用してしまうと理想的な資金調達の実現はおろか、トラブルに巻き込まれかねないのでファクターの信頼性は重要視する必要がありスコアは満点30点でスコアリングします。

2001年創業の三共サービスは、文字どおり老舗ファクターだと言え業歴的には全く問題がありませんし、基本に忠実な手堅いファクタリング取引も好感を持てるものだと言えます。

通信会社の審査があるフリーダイヤル設置もプラス材料なので、三共サービスのファクターの信頼性のスコアリングは満点の30点でスコアできます。

契約内容の妥当性

評価基準とスコア値評価基準について
契約内容の妥当性(20点)ファクタリングは無担保・無保証人・無金利・無返済で利用でき、譲渡債権が回収不能になっても買戻しが求められない償還請求権なしのノンリコースでの取引が一般的です。

また売掛債権は無形資産なので債権譲渡の事実が確認し難く、二社間取引では債権譲渡登記を行うのが一般的なファクタリングの契約内容です。

悪徳業者はこれらのファクタリングの基本的な取引ルールを無視した取引を持ちかけるので、契約内容の妥当性が疑われる業者の利用は見送るべきだと考えられます。

資産である売掛債権の譲渡・売却で資金調達するファクタリングでは契約内容の妥当性は重視すべき要件なのでスコアは満点20点でスコアリングします。

ファクタリングの基本に忠実な取引を提供しているのが三共サービスの特徴だと言え、教科書どおりと言っても過言ではない契約内容には文句の付けようがないと言えます。

ノンリコースでの取引や債権譲渡登記も適切に対応しているうえ、留保金設定することでファクターのリスクヘッジと取引の実質換金率を向上させているのも評価できます。

これらの条件を考慮すると三共サービスの契約内容の妥当性のスコアリングは満点の20点でスコアできます。

個人事業主の利用の可否

評価基準とスコア値評価基準について
個人事業主の利用の可否
(5点)
中小・零細規模の会社の倒産防止に効果があるとしてファクタリングは、経済産業省が推奨し普及を後押しする資金調達です。

しかし一般的に個人事業者が資金調達にファクタリングを利用するのは困難なのが実状で、基本的にファクタリングは法人向けの資金調達手段に位置付けられているのも事実です。

起業ブームや個人事業主としての独立が一般的になり、ファクタリングの普及と共にた個人事業主に対応するファクターも登場していますが、現状では少数派なので個人事業主の利用の可否のスコアは満点5点でスコアリングします。

屋号を持たずに活動する個人事業者が利用できるファクターは非常に限定的で、個人事業者がファクタリングで資金調達するハードルは決して低くないのが実状だと言えます。

三共サービスは公式サイトで個人事業主の利用に対応していないことを明確に公表し、資金調達の必要に迫られた個人事業主の資金調達には対応していません。

個人事業主の資金調達に対応するファクターは少数派なのが実状ですが、現時点での三共サービスの運営方針では個人事業主の利用の可否のスコアリングは0点のスコアです。

20年以上の業歴を持つ老舗ファクター三共サービスのスコア判定の結果は?

20年以上の業歴を持つ老舗ファクター三共サービスのスコア判定の結果は?
50~3,000万円の資金調達を20年以上提供し続けている老舗ファクターの三共サービスのスコアリング結果は、トータルスコア92点になりました。

三共サービスのスコア

トータルスコアが92点となった三共サービスのスコア詳細と、スコア判定の決め手となった判定要素は次表で判りやすくご確認頂けます。

スコア要件三共サービスの判定要素スコア
業者手数料の妥当性公表値の二社間取引5%~・三社間取引1.5%~は各取引方法の最高値で現実的ではないが調査で確認した二社間5~10%・三社間1.5~5.0%業界最安値で評価できる。30点
取引債権の上下限額取引債権の上下限額が50万~3,000万円比較的幅広い資金調達に対応できるのは評価できる。10点
資金調達までの
所要日数
公称最短翌日・2日間ではスピード感に劣る、調査で条件によっては数時間で資金調達できるのが確認できたが注意が必要。2点
ファクターの信頼性2001年創業で業歴的には文句の付けようがなく、基本に忠実な手堅い取引やフリーダイヤル設定は評価できる。30点
契約内容の妥当性基本に忠実な取引は文句の付けようがなく、ノンリコースでの取引や債権譲渡登記の対応も適切で留保金設定も高く評価できる。20点
個人事業主の
利用の可否
公式サイトで個人事業主の利用に対応していないことを明確に公表し、実際に個人事業主の資金調達には対応していないので個人事業主の利用の可否は評価できない。0点

優良ファクターでの理想的な資金調達実現には俺LOVE現金化の掲載情報フル活用が効果的!

20年の業歴で老舗ファクターに位置付けられるほどファクタリングの歴史は新しく、仕組みやファクター情報は慢性的に不足しています。

このため優良ファクターを見極める判断材料が乏しく、優良ファクターを利用して理想的な資金調達を実演するのは非常に困難なのが実状です。

現金化専門情報サイト「俺LOVE現金化」は培ってきた調査力を駆使して何十社ものファクター調査を行い、独自基準のスコアリングで優良ファクターなのか判定しています。

優良ファクターを利用して理想的な資金調達を実現するためには「俺LOVE現金化」の調査情報と独自基準のスコアリングをフル活用することが効果的でおすすめです。