ファクタリングで最適な資金繰りを実現!知っておきたいキャッシュフローとは?

ファクタリング キャッシュフロー

ライター:のぼる

キャッシュフローが資金の流れを指すことは比較的イメージしやすいものですが、キャッシュフローの悪化や健全化はどのような基準で判断するのかは掴みづらいと言えます。

ファクタリング資産のオフバランス化とキャッシュフロー健全化を両立できる理想的な資金調達手段ですが、判断基準を知らないと必要以上の資金繰りに追われてしまいます。

ファクタリングで最適な資金繰りを実現するために掴んでおきたいのが、キャッシュフローとは何か、その悪化と健全化の判断基準などを紐解きながら具体的に解説していきます。

資金の流れを示すキャッシュフローは経営状態に大きく影響する重要ポイント!

資金の流れを示すキャッシュフローは経営状態に大きく影響する重要ポイント!
会社経営に欠かせないのが円滑な資金の流れで、重要な資金の流れはキャッシュフローで表されるのでキャッシュフローの把握は経営の重要ポイントになります。

売掛金が発生する商取引では正確なキャッシュフローを掴み難いのも事実ですが、キャッシュフローを正確に掴んでおかないと業績好調でも資金繰りに追われる事態に陥ります。

資産のオフバランス化とキャッシュフロー健全化を両立できるファクタリングって、本当に理想的な資金調達手段だよな。
急速に普及する理由が良く判るよ、うん。
そうだな。
だけど手数料が発生するから必要以上に利用すると資産が目減りするから、必要な額を最適に現金に置き換えるのが上手なファクタリングの利用法だな。
えっ?
発生した売掛債権を次々に流動性の高い現金に置き換えればキャッシュフローが良くなるんじゃないの?
使い過ぎは注意ってことなのか?
なに言ってんの?
キャッシュフローを健全化できる必要額を現金に置き換えるのが、効果的な資金繰りだろう。
と言うかキャッシュフローの悪化と健全化の判断基準判ってる?
ドキリッ!
いやキャッシュフローが資金の流れってところまでは掴んでるんだけど、実はキャッシュフローの正確な意味やどんな基準で悪化と健全化を判断するのかはまだ・・・。
ハハハッ!
それじゃキャッシュフローが健全化しても必要以上に資金繰りに追われて、逆に資金繰り効率が悪くなるぞ。
キャッシュフローの基本的知識から確認していこうか。

キャッシュインとキャッシュアウトを繋ぐ資金の流れのキャッシュフローとは?

商取引で得られるキャッシュインと仕入れや諸経費として出費するキャッシュアウトを繋ぐ、資金の流れを表すキャッシュフローは会社経営に大きく影響する重要な指標です。

基本的なキャッシュフローは「キャッシュイン-キャッシュアウト」で表せますが、一般的な商取引は掛売で行われるので正確なキャッシュフローを掴むのが困難になります。

正確なキャッシュフローを掴んでいないと業績好調で売上良好なのに運転資金が枯渇し、最悪の場合黒字倒産する可能性もあるのでキャッシュフローの把握が重要視されます。

会社の経営状態の確認は貸借対照表損益計算書でもできますが、この財務指標では発生時に資産計上しても支払い期日まで事業資金に転換できない売掛債権が含まれます。

業績が順調でも売上の大部分を売掛金が占めるケースでは、売掛金を回収するキャッシュインと仕入れ代金などのキャッシュアウトのタイミングが悪いと経営が圧迫されます。

そこで事業資金に転換できる資金の状態を知るのに効果を発揮するのが、キャッシュフロー計算書貸借対照表や損益計算書と共に財務三表に位置付けられています。

流動性の悪い厄介な資産の売掛債権がキャッシュフローを悪化させる

会社の資産と聞くと土地や建物などの不動産や車両や設備などの動産、内部留保した現金などがイメージできますが、売掛金を回収する権利である売掛債権も資産に含まれます。

しかし売掛債権は支払い期日まで事業資金へ転換できず、業績順調でも売上の大部分を売掛金が占めていると経営が圧迫され資金繰りの必要に迫られます。

業績好調でも資金繰りに追われる状態は資金の流れが滞っていることを意味し、キャッシュフローが悪化した状態に陥っていると言えます。

保有する売掛債権を譲渡・売却して現金に置き換えるファクタリングは、売掛債権を支払い期日の前に流動性の高い現金に置き換えることでキャッシュフローを健全化します。

しかしファクタリングで発生する手数料の分は資産が目減りするのも事実ですので、如何にして最適なファクタリングで必要額を調達するかが重要となります。

これには財務三表である貸借対照表・損益計算書・キャッシュフロー計算書をフル活用する必要があるので、次項で財務三表からの財務指標の読み取り方を判りやすく解説します。

財務三表のなかで最も正確なキャッシュフローが把握できる財務指標とは?

財務三表のなかで最も正確なキャッシュフローが把握できる財務指標とは?
融資の審査などで会社を評価する際は、貸借対照表・損益計算書・キャッシュフロー計算書の財務指標が活用されますが、それぞれから読み取れる経営状態の情報は異なります。

それぞれどのような財務指標を示すものなのかや最も正確にキャッシュフローを把握する方法などを紐解きながら判りやすく解説します。

資金の流れを指すのがキャッシュフローと言うことだよな。
ここまでは俺もイメージできるんだけど、さらに踏み込むとなると難しい話になるから踏み込めないんだよな。
まあまあ、始める前からそんな弱音を吐くなよ。
お金の出入りとその流れを表しているだけだと思えばお小遣い帳が詳しくなったようなもんだから心配するな。
詳しいお小遣い帳って!
そんな簡単なもんじゃないだろう?
だって会社の経営状態を表す書類だぞ!
専門的な勉強をしなくちゃ理解できない難しい書類だろ?
いやいや、そんな苦手意識持ってるから理解できるもんも頭に入ってこないんだよ。
基本的にはお金が入って出ていく記録を付けてるだけだから大丈夫だって。
本当かよ?
自慢じゃないけど算数は一番苦手な科目だったんだからな。
得意なのは体育と給食だったけど。
あー、難しい話より早く給食の時間来ないかなぁ。
はいはい、現実逃避はその辺にしてね。
とにかくキャッシュフローを掴むために活用すべき財務三表と最も正確にキャッシュフローを把握する方法なんかを確認していくよ!

財務三表ではどのような会社の経営状態が表されているのか?

業績好調でも運転資金が枯渇するのはキャッシュフローが悪化しているのが原因なので、正確なキャッシュフローを掴むことは非常に重要になります。

一般的に会社の経営状況は貸借対照表損益計算書から読み取れると言われていますが、実は貸借対照表や損益計算書では正確なキャッシュフローを読み取ることはできません。

  • 貸借対照表
  • 貸借対照表は会社の資産状況を表す財務指標で会社の安全性を確認できるので、融資の審査などで重要視されますが、資産がどのような属性であるのかを知ることができません。

    このため借入資金で資金調達すると総資産の増加は確認できますが、融資を受けたことで資産が増加していることを読み取ることはできないのでキャッシュフローが読めません。

  • 損益計算書
  • 損益計算書は商取引でどれだけの利益と損失(負債)が発生したかを確認でき、経営成績を読み取れるのでやはり融資の審査などの会社の評価に欠かせない財務指標です。

    しかし、収益から諸経費を差し引いた利益を読むことはできても、資金の流れであるキャッシュフローを読めません。

そこで、補完書類のキャッシュフロー計算書が活用されます。

株式公開した企業には投資家が経営状態を正確に把握するために金融商品取引法でキャッシュフロー計算書作成が義務付けられますが、非公開企業や個人事業主には必要ありません。

しかし資金の流れをより具体的に掴むためにキャッシュフロー計算書は非常に効果的なので、作成義務のない非公開企業や個人事業主も活用するべき書類だと言えるでしょう。

キャッシュフロー計算書から読み取るべき資金の流れとは?

キャッシュフロー計算書では具体的にどのような資金の流れが読み取れるのかを判りやすい例で紹介すると次のとおりです。

100万円の商品を仕入れて150万円で売却すると50万円の利益が発生しますが、仕入れ代金支払いより売掛金の支払い期日が遅いとそれまで100万円は立替えになります。

業績順調で売上が増加してもその分仕入れ代金も増加するので、キャッシュフローが悪化し資金繰りが苦しくなります。

この資金の流れは貸借対照表や損益計算書からは読み取れないので、キャッシュフロー計算書を作成していないと売上はあるのに運転資金がないと言う状態になってしまいます。

ファクタリングはなぜ理想的な資金調達手段と言われるのか?

ファクタリングはなぜ理想的な資金調達手段と言われるのか?
以前は融資や手形割引が一般的な資金調達手段として利用されていましたが、民法改正で2005年に債権譲渡禁止特約が解除されたことで急速にファクタリングが普及しました。

資産のオフバランス化とキャッシュフロー健全化が行えるファクタリングは、中小企業の倒産を防止できる理想的な資金調達手段として経済産業省中小企業庁が推奨しています。

キャッシュフローが悪化すると業績が良くても資金繰りに追われる事態に陥るのか。
資金の流れを正確に掴んでおくのは円滑な経営に欠かせない重要事項なんだな。
そうだよ、せっかく業績好調なのに資金繰りに躓いて、黒字倒産なんてことになったら泣くに泣けないだろう。
だからキャッシュフローを健全化できる資金調達が必要なんだ。
そこでファクタリングが高く評価されているってわけだな。
でもどうしてファクタリングが融資や手形割引より効率的な資金調達手段に位置付けられているんだろう?
なんで?
そりゃ、ファクタリングが保有資産の処分で現金を手に入れられて資産のオフバランス化とキャッシュフロー健全化を両立できるってのが一番大きいと言えるだろうな。
キャッシュフローが健全である必要は良く判ったけど、なんでファクタリングで資産のオフバランス化ができるんだ?
あとどの基準でキャッシュフローの悪化を判断するんだ?
そうだな、ファクタリングが理想的な資金調達手段と言われる理由や、どのタイミングでキャッシュフローが悪化したと判断するべきなのかを確認しておこう。

ファクタリングで資産をオフバランス化するメリットとは?

融資や手形割引でも事業資金を調達することはできますが、現在は利用メリットの多いファクタリングを利用するケースが急増しているのが実状です。

融資とファクタリング

融資を利用した借入資金で資金調達すると、バランスシートと呼ばれる貸借対照表の総資産が増加することは既にふれましたが、総資産増加は会社の評価を下げる原因になります。

借入資金で総資産が増加するとバランスシート上の総資産利益率と自己資本比率が低下するのが、総資産の増加で会社の評価が下がる理由です。

既に保有している資産の売掛債権を譲渡・売却するファクタリングは、バランスシート上の総資産を増加させずに資金繰りが行えるので資産のオフバランス化が行えます。

手形割引とファクタリング

また保有する資産の手形を現金化する手形割引はファクタリングに似た資金調達手段ですが、割引した手形が不渡りになると利用者に買戻し義務が発生します。

買戻し義務である償還請求権はウィズリコースと呼ばれますが、ファクタリングは譲渡債権が回収不能になっても買戻し義務のない償還請求権なしのノンリコースで取引します。

債権と共に回収不能リスクも譲渡できるファクタリングは取引後に負債を追うリスクがないことから、手形割引より安心して利用できるのも理想的と言われる理由だと言えます。

ファクタリングで資金調達すべきキャッシュフロー悪化の判断基準は?

ファクタリングで資金調達すべきキャッシュフロー悪化の判断基準は?
ファクタリングでの資金調達が効率的と言っても、キャッシュフローが健全な状態であれば資金繰りを行う必要はなく、通常どおり売掛債権を回収するべきだと言えます。

しかしキャッシュフローが悪化して資金繰りが苦しいと感じるのであれば、厄介な資産である売掛債権は積極的に現金に置き換えるべきだと言えるでしょう。

また次に挙げる状況で突発的にキャッシュフローが悪化するケースも存在します。

  • 業績急上昇による仕入れ額の急増
  • 納品商品の大量返品の発生
  • 売掛金回収が不能となる
  • 融資の審査落ち
  • 業績急上昇による仕入れ額の急増
  • 納品商品の大量返品の発生
  • 売掛金回収が不能となる
  • 融資の審査落ち

このような状況では、スピーディーに現金化できるファクタリングで資金繰りするべきです。

業績急上昇による仕入れ額の急増

業績の急上昇は喜ぶべきことですが、取引先の支払い条件によっては急増する仕入れ額の支払いに追われ、キャッシュフローが悪化するリスクがあります。

嬉しい悲鳴と言えますが資金繰りに躓くと黒字倒産に繋がるので、業績が急上昇した場合はファクタリングで資金繰りを行いキャッシュフローの悪化を回避する必要があります。

納品商品の大量返品の発生

既に納品済みの商品の大量返品が発生し仕入れ先に返品できない場合は、返品された商品が不良在庫となりキャッシュフローが悪化して早急な資金繰りが必要になります。

融資では突発的な資金繰りを行うのは非常に困難なので、現金化スピードの早いファクタリングでの資金調達が効果的だと言えます。

売掛金回収が不能となる

売掛先の倒産などで売掛金が未回収となるリスクが存在するのも、売掛債権が厄介な資産と言われる理由の1つですが、実際に回収不能になるとキャッシュフローは悪化します。

他の売掛債権を現金化することでキャッシュフロー悪化を阻止できますし、事前にノンリコースのファクタリングで譲渡・売却すれば回収不能リスクからも解放されます。

融資の審査落ち

事業資金のなかで設備投資など長期間の返済が効果的なものも存在しますが、設備投資を進めている段階で融資の審査落ちするとキャッシュフローは悪化します。

早急な資金調達が必要となるので調達速度の早いファクタリングで資金調達することで、悪化したキャッシュフローを改善することが期待できます。

最も重要なのはキャッシュフローを悪化させず健全な状態を保つこと!

最も重要なのはキャッシュフローを悪化させず健全な状態を保つこと!
キャッシュフローの悪化は経営状態の悪化を意味するので、資金繰りが苦しいと感じた場合は積極的に厄介な資産をファクタリングで現金に置き換えるべきだといえます。

しかしキャッシュフローを悪化させないことが最も重要なことであるのは言うまでもないので、主なキャッシュフロー悪化の原因を確認しておきます。

なるほど会社の経営っていうのは、本当に色々難しいことをクリアしていく必要があるんだな。
漠然と経営者に憧れてても実態を知ると経営なんかしたくなくなるよな。
ハハハッ、そりゃ確かになんとなく経営者になれば大金が手に入るような気がするかもしれないけど「経営者は孤独」ともいうから、そんなに羨ましがるもんでもないかもな。
だけど一国一城の主になるっていうのはロマンだからなぁ。
憧れるよなやっぱり、経営者になってバリバリ稼ぎたいって野心がないと言ったら嘘になるしな。
そうなの?
けど大変だぞ。
キャッシュフローの管理なんかできるのかい?
資金繰りに失敗して万一倒産したら天国から地獄へ真っ逆さまだぞ、マジで。
そう言うなよ。
キャッシュフローを健全に保つことができれば、天国に居続けられるってことじゃないの?
なんかキャッシュフローを悪化させない方法ってないの?
そんな誰もが望む魔法みたいなのはないに決まってるだろう!
ん、待てよ、キャッシュフローの改善策を活用すればある程度は効果が得られるだろうから確認してみよう。

資金の流れの改善策はキャッシュフロー悪化の予防策に活用できる

既に悪化したキャッシュフローは、まずファクタリングで資金調達を行い資金の流れを改善する必要がありますが、以下のようなキャッシュフローの改善策はキャッシュフロー悪化の予防策に活用できます。

効果的なキャッシュフローの改善策

  • 売掛金を減らす
  • 買掛金を増やす
  • キャッシュインとキャッシュアウトのバランスを取る

以下のように売掛金と買掛金の支払いサイトを上手く調整することができれば、キャッシュインとキャッシュアウトのバランスを取ることができるので、キャッシュフローを改善する効果が期待できます。

  • 既に保有している売掛債権を現金に置き換える
  • 積極的にファクタリングで流動性の高い現金に置き換えて、資金繰りを行うことはもちろん重要です。

  • 新たに発生する売掛金を減らす
    • 現金取引率を増やす
    • 前受け金を受け取れるようにする
    • 支払いサイトが長ければ一部現金で取引する

    上記のように、新たに発生する売掛金を減らしてキャッシュフローを改善させられる方法を活用すれば、キャッシュフロー悪化の予防も行えます。

  • 買掛金を増やす
  • 仕入れも支払い条件を掛売にして買掛金にすることは、キャッシュフローの改善に高い効果を得られますので、積極的に仕入れ先に交渉してみるべきでしょう。

キャッシュフローは資金の流入と流出の流れなので、このバランスを調整できればキャッシュフロー悪化を予防することが可能です。

必要に迫られた資金繰りはファクタリングのフル活用で乗り切ろう!

一度資金の流れが滞り始めると連鎖反応のようにみるみるキャッシュフローが悪化し始めるので、キャッシュフローの悪化を感じた場合は早急な対応が求められます。

キャッシュフロー悪化の原因となる売掛債権は、ファクタリングで積極的に現金に置き換えてキャッシュアウトを途切れさせないことが重要になります。

会社にとってキャッシュフローは人体を循環する血流のような存在なので、キャッシュフロー管理は厳重に行ってくださいね。

ファクタリングでのキャッシュフロー改善の参考には俺LOVE現金化が効果的

ファクタリングでのキャッシュフロー改善の参考には俺LOVE現金化が効果的
ファクタリングでの資金調達は効率的ですが、悪徳業者の存在や取引方法の選択ミスなどで資金繰り効率が低下する可能性があるもの事実です。

キャッシュフロー健全化を急ぐためには確実な資金繰りの実現が必要ですので、事前にファクタリングの情報を収集することが重要になってきます。

現金化専門情報サイト「俺LOVE現金化」は取引方法などファクタリングの基本情報から手数料相場や信頼できるファクタリング業者の最新情報などを公開しています。

「俺LOVE現金化」の掲載情報をフル活用して失敗が許されないファクタリングでの資金調達の準備を進めてみてはいかがでしょうか?