絶対避けたい審査落ち!資金調達成功のためのファクタリング審査の攻略法とは?

ファクタリング 審査

ライター:のぼる

保有資産の1つである売掛債権を譲渡・売却し現金に置き換えるファクタリングは、融資のように総資産を増やさず流動性の低い厄介な資産を処分できる新しい資金調達手段です。

資産のオフバランス化とキャッシュフロー改善を同時に行えることから急速に普及していますが、利用の際は業者の審査を通過する必要があります。

売掛債権を譲渡・売却するので融資と違い返済が発生しませんので、「資産の譲渡・売却になぜ審査が必要なのか?」と感じる方も少なくないのではないでしょうか?

しかし取引する売掛債権は現金とは違い「売掛金を回収できる権利」なので、未回収リスクなどの不確定要素が存在し、売掛金を支払う会社の支払い能力の審査が必要になります。

ファクタリングは理想的な資金調達ですが、審査落ちして資金繰りに躓いてしまうと、最悪の場合は黒字倒産のリスクもあるのでファクタリングの審査や攻略法を紹介します。

売掛債権を譲渡・売却し現金に置き換えるファクタリングは理想的資金調達手段

売掛債権を譲渡・売却し現金に置き換えるファクタリングは理想的資金調達手段
ファクタリングが普及するまでの主な資金調達手段は融資を受ける方法でしたが、担保や保証人の設定や審査が厳しい、会社の総資産が増えるなどのデメリットがありました。

ファクタリングは融資とは違い無担保・無保証人で利用できるうえ、譲渡・売却で資産のオフバランス化とキャッシュフロー改善を実現できる理想的な資金調達手段です。

しかしファクタリングの利用は借入審査よりは厳しくないものの審査があり、審査落ちすると資金調達ができないのも事実です。

ファクタリングで売掛債権を譲渡・売却すると会社の経営状態改善が推し進められるって本当なの?
ファクタリングって単純に資金調達できるだけなんじゃないの?
あぁ、資産のオフバランス化ね。
融資を受けると会社の総資産が大きくなるけどファクタリングは資産を譲渡・売却するから総資産を増やさず資金調達できるんだ。
会社の総資産が増えるのは喜ばしいことなんじゃないのか?
俺だったら自分が経営する会社の資産が増えるとウハウハしちゃうけどな。
資産増加は喜ぶべきことじゃないのか?
資産の種類がポイントなんだよ。
借入だと総資産利益率(ROA)と自己資本比率が低下するから、総資産が増えても結果的に会社の評価を下げてしまうんだ。
資産を譲渡・売却するファクタリングは会社の評価を下げずに資金調達できるってこと?
会社の評価を下げずに償還請求権なしのノンリコースで資産処分できるんなら最高だな。
そう、だからファクタリングが急速に普及してるんだけど、ノンリコース取引だからこそ利用には審査が必要になるんだ。
ファクタリングに審査が必要な具体的な理由を見てみよう。

資産の譲渡・売却で現金化するファクタリングに審査が必要な理由とは?

ファクタリングは売掛債権を譲渡・売却して資金調達を行いますが、取引する売掛債権は「未払いの売掛金を回収する権利」なので未回収リスクが不確定要素として存在します。

ファクタリングは取引債権が回収できなくなった場合でも、利用者が買い戻す必要のない償還請求権なしのノンリコースで契約するので不確定要素は業者のリスクになります。

二社間取引での着服リスクも

また債権譲渡を売掛金を支払う会社に通知しない二社間取引では、利用者と業者が回収業務委託契約を結び利用者が売掛金を回収して業者へ支払うので着服リスクも発生します。

このため二社間取引は法務局で債権譲渡登記手続きを行って取引するのが一般的ですが、着服リスクの少ない利用者と確実な取引を行いたいのが業者の本音だと言えるでしょう。

このような背景から資産である売掛債権の譲渡・売約を行うファクタリングでも審査が行われ、審査落ちした場合は残念ながらその業者を利用して資金調達することはできません。

1社の審査で審査落ちしてもファクタリングで資金調達するチャンスは残っている!

現在は銀行や信販会社、事業用ローン会社や消費者金融などさまざまな金融機関が事業用資金融資サービスを提供していますが、これらのサービスは信用取引に位置付けられます。

国内で行われる全ての信用取引情報は国内3つの信用情報機関に登録され各金融機関の間で共有されますが、登録情報には審査申し込み審査結果も含まれます。

このため融資審査に落ちると審査落ち情報が共有され、他の金融機関でも審査落ちする可能性が非常に高くなりますので融資では審査落ちが及ぼす影響が小さくありません。

しかしファクタリングは債権譲渡や資産売却として扱われるので、利用しても信用情報機関へ登録されることがなく審査落ちの情報が共有されることもありません。

国内にはファクタリング業会団体の「日本ファクタリング業協会」が存在し、多くの業者が加盟していますが情報共有していないので審査落ちしても他業者の利用は可能です。

審査落ち回避にはファクタリング業者の審査基準を知るのが効果的!

審査落ち回避にはファクタリング業者の審査基準を知るのが効果的!
ファクタリングが非常に魅力的な資金調達手段なのは間違いのない事実だと言えますが、審査があるので万一希望業者で審査落ちすると資金調達計画の見直しが必要になります。

希望業者で理想的な資金調達を実現するために審査落ちは絶対回避したいものですが、「どのような基準で審査が行われるのか?」を知らなければ対策を打てないのが実状です。

確かに売掛債権はあくまで売掛金を回収できる権利で、現金みたいに流動性が高くない早く処分したい厄介な資産だからファクタリングが魅力的なんだよな。
業者は大変だけど。
そうだな。
ノンリコースでの取引は利用者にとって都合の良い反面、業者は負担するリスクが高くなるから取引の安全性や確実性を高めるために取引前に審査をしたくなるよな。
あー判る判る。
回収不能債権を何とか現金にしたくてファクタリングに持ち込む確信犯も居るだろうけど、その分業者はしっかり対策してるんじゃないの?
確かに債権譲渡登記や未回収リスクに応じた手数料などで対策はしているけど、トラブルを未然に回避することが重要だからな、業者としては。
だから融資でもないのに審査をするんだろ?
だけど万一にも審査落ちすると資金調達計画が予定通り進められなくって利用者が大変な思いをするだろう?
融資審査みたいに審査落ち情報は共有されないから他業者の審査を受け直せば良いけど、審査落ちせず予定通りの資金調達を実現するために審査のポイントを確認しておこうか。

審査落ち回避に効果的!掴んでおくべきファクタリングの審査基準とは?

ファクタリングは、保有資産を譲渡・売却する取引なので信用取引ではなく、審査落ち情報を共有されませんが、予定通りの資金調達のためには審査基準を掴むことが効果的です。

業者によって審査基準が異なるので絶対的な審査基準は存在しませんし、審査基準も公表されていませんが一般的なファクタリング審査では次に挙げる要件の調査で審査します。

ファクタリング審査における主な要件

  • 売掛金を支払う会社の信用度
  • ファクタリングを利用する会社の信用度
  • 取引する売掛債権が存在するかどうか
  • 売掛金の回収期日までの期間
  • 継続取引の可能性など売掛債権の属性
  • 利用者の事業規模と取引債権のバランス
  • 取引額に見込める業者利益

売掛金を支払う会社の信用度

売掛債権は売掛金を回収する権利ですので、ファクタリングで最も重要視されるのが売掛金を支払う会社の経営状況などの信用性で、この要件のスコアが低いと審査落ちします。

売掛金を支払う会社の事業規模は大きい方が信用度が高く審査落ちリスクが下がりますが、小さな会社でも帳簿で期日どおりの支払い履歴を確認できれば問題ありません。

取引履歴客先からの入金履歴が判る帳簿の作成はファクタリング審査のポイントになり、帳簿なしは審査落ちが確実ですのでしっかりとした帳簿管理が重要です。

逆説的には利用者の業績が悪くても、売掛金を支払う会社の業績が順調であれば資金調達できるのがファクタリングの魅力であると言えます。

ファクタリングを利用する会社の信用度

ファクタリングを利用する会社の信用度
売掛金を支払う会社に債権譲渡を通知し合意を得る三社間取引では業者が直接売掛金回収を行うので重要視されませんが、二社間取引では利用者の信用度が重要視されます。

二社間取引では回収業務委託契約を結び利用者が売掛金を回収し業者に支払いますので、通常法務局に債権譲渡登記を行い契約を結びます。

しかし売掛金を支払う会社からの未回収リスク利用者の着服リスクが加わるので、利用を希望する会社経営者の人柄経営状態などが審査されます。

ファクタリングは利用申し込みの際にヒアリング調査が行われますので、真摯な態度でヒアリング調査に臨むことが審査落ちを回避する秘訣になると言えるでしょう。

取引する売掛債権が存在するかどうか

ファクタリングは売掛債権の回収期日前に現金化するサービスですので、譲渡を受け買取った売掛債権が存在しない偽物だと業者は非常に大きな金銭的ダメージを受けます。

このため注文書や受注書などの契約書類納品書控え・受取書・請求書など取引の実在を確認できる書類からファクタリングで現金化する売掛債権の存在が審査されます。

審査落ちしないためにも必ず契約書を交わし、取引の度に必要書類を交わすことがポイントになると言えるでしょう。

売掛金の回収期日までの期間

売掛金を支払う会社や利用者自身の経営状態は時間の経過で変化するので、売掛金回収期日までの期間が長過ぎると不確定要素が多いと判断され審査落ちリスクが高くなります。

一般的に売掛金回収期日までの期間が2ヶ月間以内であればファクタリングに利用でき、それ以上のものでは審査落ちの可能性が高くなります。

審査落ちせずにスケジュール通りの資金調達を実現するためには、売掛金回収期日が近い売掛債権を利用することをおすすめします。

継続取引の可能性など売掛債権の属性

ファクタリングは業者にとってリスクの低くない取引になるので、信頼できる利用者売掛金を支払う会社と安定した継続取引を希望していると言えます。

譲渡・売却する売掛債権は単発取引より継続取引されるもののほうが審査落ちの可能性を低下させることが期待できる傾向にあります。

継続取引の売掛債権を利用することで審査落ちリスクが軽減し、予定通りの資金調達が実現しやすいと言えるでしょう。

利用者の事業規模と取引債権のバランス

平均月商5,000万円の会社が1,000万円のファクタリングを希望しても不自然ではありませんが、500万円の会社が同条件の現金化を希望すると不自然だと判断されてしまいます。

ファクタリング業者にとって未回収リスクは絶対に避けたいものですので、事業規模と取引債権のバランスが悪いと審査落ちの可能性が高くなるのも事実です。

売掛債権は厄介な資産なので高額なほど早いタイミングで現金化したいものですが、事業規模とバランスが取れない債権の場合は事前に業者に相談することをおすすめします。

取引額に見込める業者利益

大手企業を相手にファクタリング取引を行う業者は信用できる優良業者だと言えますが、取引される債権額が数千万円から数億円の高額案件を取り扱う傾向にあります。

仮に実質換金率80%のファクタリングでも5,000万円なら1,000万円の業者利益が見込めますので、少額案件を持ち込んでも審査落ちする可能性が高いと考えられます。

ファクタリング取引のなかで売掛金を支払う会社利用者の事業規模は重要視されますが、業者の事業規模も資金調達成功に大きく影響する要件だと言えるでしょう。

債権額が数百万円までのファクタリングは中小規模のファクタリング業者に打診したほうが、審査落ちせず予定通りの資金調達を実現しやすいと考えられます。

ファクタリングの審査落ち回避のポイントは取引債権の不確定要素を減らすこと

売掛金を回収する権利を取引するファクタリングでは、融資の審査とは異なる観点で信用調査を行い審査が進みます。

無担保・無保証人で利用でき、返済や譲渡後に回収不能債権の買戻し義務がないファクタリングは利用者には魅力的ですが、業者のリスクは低くない取引だと言えます。

このためファクタリングの審査落ちを回避するためには、「業者が敬遠する不確定要素をいかに減らすか」がポイントとなり、完成度の高いしっかりとした書類提出が効果的です。

想定外の審査落ちで資金調達ができない!審査落ちした場合の対処法とは?

想定外の審査落ちで資金調達ができない!審査落ちした場合の対処法とは?
ファクタリングでオフバランス化とキャッシュフロー健全化を推し進めようと利用申し込みしても、想定外に審査落ちしてしまうケースは決して珍しくありません。

しかし資金繰りにはスピードが求められるので、万一審査落ちしたからと言って資金調達を諦めることはできず早急に対処法を探る必要があります。

融資の審査より厳しくないとは言ってもファクタリングもかなり細かく審査するんだな。
そりゃ決して小さくない金銭取引になる訳だから、相応の審査は必要ってもんだろう。
そうだな。
だけど正確な書類を提出することで、不確定要素を減少させられるのは良いね。
それでもファクタリングの急速な普及で審査落ちするケースが珍しくなくなってるんだ。
おいおい、審査落ちしたら資金繰りどうするんだ?
資金調達は必要なんだろ? 利用者は。
そうだな、だから審査落ちした場合の対処法を確認しておこう。

ファクタリング審査の審査落ちは珍しくない!審査落ち後の対処法が重要になる

ファクタリングが急速に普及し利用志望者の増加と共に審査落ちするケースも増加し、ファクタリングの審査落ちは決して珍しいことでなくなったと言えます。

運転資金に余裕があれば急いで資金調達する必要はありませんが、資金繰りの必要に迫られ資金調達を行うのが一般的なので審査落ちしても資金調達を諦めるわけにはいきません。

提出書類に審査落ちの原因がある場合は書類を揃え直す必要がありますが、実はその書類を他業者に提出すると審査通過したというケースが多いのも確かです。

既にふれたとおりファクタリングの審査落ちは情報共有されないので、審査落ちした提出書類をそのまま他業者に提出しても問題はありません。

利用者ニーズと業者の相性で審査落ちする事案が決して少なくないのが事実なので、提出書類の完成度に自信がある場合は他業者の審査を受けてみることをおすすめします。

審査ハードルが高くない業者は存在する!取引実績の高い業者情報は要チェック

審査ハードルが高くない業者は存在する!取引実績の高い業者情報は要チェック
ひと口にファクタリングと言っても民法で定められた債権譲渡や財産売却の取引で現金化が行われるため、審査基準が曖昧で審査ハードルは業者によって大きく異なります。

薄利多売でファクタリングを行う業者は審査ハードルが高くないと言えますので、審査落ちせず予定通りの資金調達を実現するのには業者の取引実績を確認するのが効果的です。

俺LOVE現金化は全国各地のファクタリング業者の調査を進めながら、信頼できる優良業者情報を公開する現金化専門情報サイトです。

俺LOVE現金化は利用価値の高い情報を掲載し続けますので是非フル活用してファクタリングで理想的な資金調達を実現してください。