ファクタリングでトラブル!弁護士に介入依頼すべきトラブル事例や回避法を大解説

ファクタリング トラブル

ライター:のぼる

経営者にとって頭痛の種となる流動性の低い厄介な資産の売掛債権を譲渡や売却で現金化できるファクタリングは、非常に魅力的な資金調達手段として急速に普及しています。

しかし希望どおりの現金化が行えないケースや想定外のトラブルに巻き込まれ、解決のために弁護士に介入を依頼しなければならないケースなどが発生しているのも事実です。

今回の記事では、トラブル回避のために軽微なものから弁護士の介入なしでは解決が難しい深刻なトラブルまで、ファクタリングに関係するトラブル事例を紹介しながら効果的な解決法を紹介していきたいと思います。

売掛債権を現金に置き換えるファクタリングのシステムとは?

不動産や車両、現金などはイメージしやすい資産ですが、売掛金を回収する権利の売掛債権も資産として計上する必要がある無形資産に該当します。

資産と言っても売掛債権は現金とは違い事業資金に転換できるのが売掛金の支払い期日以降になるので、経営者の頭痛の種となる流動性の低い資産だと言えます。

売掛債権を譲渡・売却で処分し支払い期日前に現金化できるファクタリングは、資産のオフバランス化とキャッシュフロー健全化ができる資金調達手段として急速に普及しています。

借入なしで資金調達できるファクタリングの利用者数が急増してるみたいだけど、借入しないっていうのはそんなに意味があるの?借りられるなら借りれば良いと思うんだけど。
借入れるとバランスシートと呼ばれる「貸借対照表(B/S)」に計上する必要があって、会社の総資産が増えるんだよ。総資産が増えるのは避けたいのが経営者の本音だからな。
総資産が増えるのは事業規模が拡大してるってことを意味するんじゃないの?経営者なのになんで総資産が増えるのを避けたいって考えるんだよ?喜ぶべきことじゃないの?
借入で総資産が増えると総資産利益率(ROA)と自己資本比率が低くなって、会社の評価が低下するんだ。あとキャッシュフロー悪化の原因になる売掛債権も厄介な資産だな。
売掛債権って未納の売掛金の回収権のことだよな。取り決めた支払い期日には売掛金が回収できるんだから、資金繰りに行き詰まってないんであれば別に厄介でもないじゃない?
売掛債権は流動性が低いからキャッシュフローを悪化させるし、黒字倒産の原因になりかねないから最近はファクタリングで支払い期日前に現金化するケースが増えてるんだよ。

ファクタリングの民法で定める債権譲渡や資産売却のシステムとは?

ファクタリングの民法で定める債権譲渡や資産売却のシステムとは?
資金調達手段として従来から広く利用されてきたのが金融機関から融資を受ける借入での資金調達ですが、バランスシート上の総資産が大きくなる欠点がありました。

資産のなかで流動性が低い売掛債権を譲渡・売却することで現金化できるファクタリングは、資産のオフバランス化を行えるとして2005年以降急速に普及した資金調達手段です。

また支払い期日まで事業資金へ転換できない売掛債権を、支払い期日前により流動性の高い現金に置き換えてキャッシュフローを健全化できることも普及の後押しをしています。

債権取引が利用者と業者のみで行われる二社間取引と、売掛金を支払う会社に債権取引を通達し合意を得て取引する三社間取引のどちらかでファクタリングは行われます。

債権取引は消費税非課税の金融取引に該当するので、ファクタリング手数料や発生する諸経費には消費税がかからないのもファクタリングの特徴です。

さらにファクタリングは譲渡債権が万一回収不能になっても、買戻し義務がない償還請求権なしのノンリコースで取引するので、債権と共に売掛金未回収リスクも譲渡できます。

借入ではないファクタリングは無担保・無保証人・無金利で返済義務のない取引

債権取引で現金を手に入れるファクタリングは無担保・無保証人・無金利で利用できるうえ、融資のように返済義務が発生することがありません

金融機関から融資を受ける場合は借入額に応じた担保設定が求められ保証人も必要になり取りますし、決めた返済期間内に借入元本と発生する利息の返済義務が生じます。

また融資を受けるために厳しい審査を通過する必要があり、特に金融機関からの直接融資を受けるプロパー融資を実現するハードルは決して低くないのが実状です。

ファクタリングでも譲渡債権の未回収リスクを低下させるために審査が行われますが、融資審査のハードルよりは低い傾向にあり実現の可能性が高い資金調達手段だと言えます。

ファクタリングの審査は売掛金を支払う会社の業績や過去の支払い履歴などが重視され、業績が振るわない利用希望者でも取引先の信用で利用できることも珍しくありません。

ただし二社間取引は利用者と業者間で回収業務委託契約を結び、売掛金回収を利用者が行うので信用調査や審査対象として利用者自身も重視されます

融資ではないことからファクタリングは金融庁から貸金業者の認可を受けていなくても取扱いが行えるので、現在非常に多くの業者がファクタリング市場に参入しています。

これはファクタリング活性化に貢献している反面、悪徳業者に対する参入障壁が低いことに繋がっていてファクタリング利用でトラブルに巻き込まれるケースも発生しています。

理想的に資金調達できるファクタリングも利用を誤るとトラブルに繋がる!

理想的に資金調達できるファクタリングも利用を誤るとトラブルに繋がる!
無担保・無保証人・無金利で返済義務や消費税が発生せず、資産のオフバランス化とキャッシュフロー健全化が行えるファクタリングは非常に魅力的だと言えるでしょう。

しかしシステムの盲点を突く形で参入障壁が低いファクタリング市場に紛れ混む、悪徳業者の存在などから利用を誤るとトラブルに巻き込まれるリスクが潜むのも事実です。

なるほど、債権取引のシステムを理解することで、なんでファクタリングが理想的な資金調達手段だと言われているかが良く判ったよ。しかし悪徳業者も存在するんだな。
そう貸金業者の認可を受けずに債権取引を取り扱えるのが悪徳業者には魅力的なんだろうな。それに貸金業法・出資法・利息制限法の適用範囲外なのも影響しているぞ。
そうか利息が発生しないってことは、ファクタリングは貸金業法・出資法・利息制限法の適用範囲外になるんだ!ということは手数料は青天井ってことなのか?
正式なファクタリング業者は常識的な手数料で現金化しているけど、悪徳業者じゃ利用額の100%のファクタリング手数料が発生した事例も存在するから恐ろしい話だよな。
手数料が利用額の100%って!意味が分からないんですけど、どういうお話なんでしょうか?余りにも恐ろしい話過ぎて既に遥かに僕の理解の範囲を超えてしまいましたが…。
そりゃ、君、言い難い話だけどファクタリングしても1銭も手に入らないって話ですよ。それ以外も弁護士の介入なしでは解決が難しいのもあるからトラブル事案を見ていこう。

ファクタリングのトラブルは業者原因と利用者原因に分類できる

ファクタリングは多くの法的規制を受ける融資とは違い、貸金業の認可のない業者でも取り扱えるため悪徳業者が紛れ混みやすいのが実状だと言えます。

また手数料に対する規制が行われていないことが、効率的な資金調達を行うどころか金銭トラブルに巻き込まれる原因となっているのも事実です。

弁護士の介入なしには解決が難しい深刻なトラブルも存在するファクタリングのトラブルは、業者原因で発生するものと利用者原因のものがあるので各事例を紹介します。

業者原因で発生するファクタリングのトラブルとは?

業者原因で発生するファクタリングのトラブルとは?
正式なファクタリングを取り扱う業者ではなく、ウッカリ悪徳業者を引き当てて巻き込まれるのが業者原因で発生するトラブルで、業者原因のトラブルとして

悪徳業者の原因トラブル
  • 本来不必要な担保や保証人・保証金を要求する
  • 法外な手数料を要求する
  • 契約書を発行しない・契約内容と取引内容が異なる
  • 売掛金を支払う取引先に勝手に債権譲渡通知を行う
  • 違法な行き過ぎた取り立てを行う

などが挙げられ、早急な解決のために弁護士の介入が必要となるケースも発生してます。

本来不必要な担保や保証人・保証金を要求する

融資ではない正式なファクタリングは無担保・無保証人で利用できますが、悪徳業者を引き当ててしまい契約時に担保や保証人・保証金を要求されるトラブルが発生しています。

正式なファクタリングはノンリコースの債権取引なので、担保や保証人・保証金が必要になるのは債権担保融資となり金融庁から認可を受けた貸金業者しか取り扱えません。

担保や保証人・保証金を要求するのはファクタリングを装った、違法融資を行う悪徳業者である可能性が非常に強いと考えられます。

法外な手数料を要求する

ファクタリングは融資ではないので利息制限法が適用されませんが、正式なファクタリングの手数料は二社間取引で20~30%三社間取引で1~9%が目安になります。

しかしこれは業者利益と未回収リスク負担から算出した掛け目率と呼ばれるもので、取引の際にはこれ以外に事務手数料などの諸経費の負担が発生します。

未回収リスクに加え利用の着服リスクが生じる二社間取引では、債権譲渡登記が行われ費用は利用者負担なので実質換金率は債権額の65~70%程度が一般的です。

悪徳業者が利息制限法が適用されないことを利用して、法外な手数料を要求するトラブルが発生してます。

契約書を発行しない・契約内容と取引内容が異なる

契約書を発行しない・契約内容と取引内容が異なる
正式なファクタリングで交わす契約は債権譲渡契約ですが、契約書を発行せず口約束だけの債権取引を要求するトラブルが発生してます。

口約束では約束した換金率での現金化が期待できないことはもちろん、債権取引ではなく金銭消費貸借契約の取引として貸付に変更されるトラブルに繋がることが予想できます。

また契約時に取り決めた手数料より遥かに高額な手数料が請求されるトラブルも発生していますが、契約書が存在しなければ取り決め額を証明できない事態に陥ります。

契約書を交わした場合でも契約内容を無断で一方的に変更する、非常に悪質なトラブルも存在し被害が発生しています。

売掛金を支払う取引先に勝手に債権譲渡通知を行う

取引先に知られず資金調達するため割高な手数料で二社間取引契約しても、未回収リスクを下げるため勝手に売掛金を支払う会社に債権譲渡通知を行うトラブルも発生してます。

未回収リスクが高い二社間取引は三社間取引より手数料が割高なのは、正式な債権取引も同様ですが、悪徳業者は割高な手数料を取ったうえに本来自社が負うリスクを回避します。

債権譲渡が通知されたことで取引先の信用を失い、最悪の場合取引停止トラブルに繋がってしまいますが、悪質業者が自社利益のため利用者との契約を変更する事例は存在します。

違法な行き過ぎた取り立てを行う

ファクタリングは買戻し義務がない償還請求権なしのノンリコース取引なので、売掛金が回収不能となった場合のリスクは債権を譲り受けた業者が負うことになります。

二社間取引は利用者が売掛金の回収を行いますが、売掛先の会社から売掛金が支払われないにも関わらずしつこい取り立てが行われるトラブルが存在します。

また三社間取引の場合でも売掛先や債権を譲渡した利用者に対して、行き過ぎた取り立てが行われるトラブルも発生しています。

利用者原因で発生するファクタリングのトラブルとは?

利用者原因で発生するファクタリングのトラブルとは?
ファクタリングでのトラブルは業者原因だけで発生するものではなく利用者原因で発生するものもあり、利用者原因のトラブルの場合は業者から訴えられるケースも存在します。

利用者原因のトラブルとして

利用者原因のトラブル
  • 二社間取引で利用者が回収する売掛金の着服
  • 売掛債権の多重譲渡
  • 虚偽申告での利用申し込み

などが挙げられ、業者から訴えられた場合は弁護士に依頼してトラブルを処理する事態に陥るのも珍しくありません。

二社間取引で利用者が回収する売掛金の着服

売掛金を支払う会社に通知せずに債権取引を行う二社間取引では回収業務委託を結び、利用者が通常どおり売掛金を回収した後に業者への支払いを行います。

未回収リスクに利用者の着服リスクが加わるので、法務局で債権譲渡登記を行うため三社間取引より手数料が割高になりますが売掛金着服は実際に発生しています。

ファクタリングのノンリコースは債務者が原因の回収不能には適用され、利用者の着服には適用されないので業務上横領や詐欺罪で刑事告訴されるトラブルも発生しています。

売掛債権の多重譲渡

債権担保融資の場合は1つの債権を担保に複数の融資を受けられますが、債権の譲渡・売却を行うファクタリングは1つの債権で1件の契約しかできません。

債権譲渡登記を行っても1つの債権が複数のファクタリングに利用される二重譲渡や多重譲渡のトラブルが発生しています。

売掛債権は無形資産なので譲渡・売却の事実が突き止められ難いと感じますが、最終的に多重譲渡が突き止められ詐欺罪で告訴されるトラブルも発生してます。

虚偽申告での利用申し込み

ファクタリング審査通過のためや未回収リスクの大きさに影響される手数料を抑えるため、虚偽の経営状態を申告して利用申し込みするケースが存在します。

ファクタリングでの売掛債権の譲渡・売却は民法で定める債権譲渡や資産売却に該当する取引ですので、虚偽申告で利用すると詐欺罪が適用されるリスクが発生します。

また告訴されないケースでも虚偽申告が突き止められると通常の取引を継続させるのが非常に困難となり、深刻なトラブルに繋がる可能性が高くなります。

ファクタリングでトラブルが発生した場合は弁護士に介入を依頼するべき?

ファクタリングでトラブルが発生した場合は弁護士に介入を依頼するべき?

売掛債権の譲渡・売却を行うファクタリングは金融取引の1つですので、トラブルは金銭トラブルとなり発生すると解決が非常に困難な傾向にあると言えます。

業者原因の場合は利用者が不当な不利益を被る事態に陥りますし、利用者原因の場合は業者から刑事告訴される可能性が高いと捉えるべきでしょう。

金銭トラブルって最も巻き込まれたくない種類のトラブルだよな。業者原因で不当な不利益なんか被りたくないし、ましてや自分が原因で刑事告訴なんかもまっぴらゴメンだよな。
そうだよな。金銭トラブルって物凄くドロドロした泥仕合になるイメージがあるもんな。しかも海千山千の業者相手のトラブルなんか絶対巻き込まれたくないのが普通だよな。
そうだよ。行き過ぎた取り立てなんか想像するだけで涙目になりそうだよな。でもうっかり万一にも巻き込まれちゃった場合はどうやって解決するのが一番良いんだろう?
そりゃ、大枚叩いて法律の専門家である弁護士に介入してもらうのが、一番手っ取り早くて確実な方法だと言えるんじゃないの?やっぱり。
弁護士かぁ、弁護士費用って物凄く高くつきそうな予感しかしないんだけど。悪徳業者にゴリゴリ詰められるよりは経済的負担が大きくても弁護士に依頼するほうが良いよな。
まぁな。自分で解決できる可能性もなくはないけど専門家に介入してもらったほうが結果的に安くつくと思うぞ。弁護士にトラブル解決を依頼するとどうなのかを確認していこう。

弁護士にファクタリングでのトラブル解決を依頼するメリットとは?

うっかり悪徳業者を利用してしまい業者原因のトラブルに巻き込まれた場合や、利用者原因のトラブルを引き起こしてしまった場合のトラブル解決は決して簡単ではありません。

しかしどちらのケースもトラブルが長引くほど事態は悪化していくものなので、ダメージを最小限に抑えるために発生したトラブルは早急に解決するべきだと言えます。

法律の専門家である弁護士に解決を依頼し、トラブルに介入させることで次に挙げるメリットが発生するのでトラブル解決は弁護士に依頼するべきだと言えます。

弁護士に依頼するメリット
  • 業者との交渉代行が可能で行き過ぎた取り立てから解放される
  • 法外な手数料の減額・分割交渉や過払い金を返金請求できるケースも
  • 和解合意書類など専門書類作成や債権譲渡登記などの法手続きの代行可能

業者との交渉代行が可能で行き過ぎた取り立てから解放される

弁護士に介入してもらうと交渉窓口が弁護士になるので、依頼者が直接交渉する必要がなくなり違法性がある行き過ぎた取り立てから解放されます。

弁護士に介入してもらっても利用者に取り立てがくる場合は、弁護士が警察に通報するなどで、依頼者保護を行うので安心した生活を取り戻せます。

法知識が乏しい状態で交渉するより、弁護士に交渉してもらうことで希望に近い解決が期待できます。

法外な手数料の減額・分割交渉や過払い金を返金請求できるケースも

法外な手数料の減額・分割交渉や過払い金を返金請求できるケースも
ファクタリング手数料を規制する法律は存在しませんが、法外な手数料が要求されるものが貸金業に該当すると判断されるケースも存在します。

法解釈を武器に交渉することで手数料の減額や分割交渉が行えますし、既に支払ったものも過払い分として返金請求できるケースが存在します。

和解合意書類など専門書類作成や債権譲渡登記などの法手続きの代行可能

法的拘束力がある和解合意書類の作成や債権譲渡登記の変更などの法手続きも弁護士は対応するので、書類作成や法手続きを法律の専門家に依頼することができます。

気になる弁護士費用の目安額や依頼すべき弁護士像とは?

弁護士費用と聞くと驚くほど高額なイメージがありますが、訴訟にならなければ驚くほど高額というわけではないので安心してください。

3ヶ月の任意交渉対応という形で弁護士にトラブルへの介入を依頼した場合の弁護士費用の目安は業者1社に付き10万円になっています。

但し、弁護士が業者に出向いて交渉する場合や法務局に出向いて手続きする場合は別途1時間あたり3万円の出張日当が発生するので注意が必要です。

ファクタリングのトラブルに介入してもらうべき弁護士像は、ファクタリングをはじめとする金融トラブルの知識を持つ弁護士ですので相談時に率直に切り出してみるべきです。

弁護士の介入が必要なトラブルは正確な情報収集で回避できる

弁護士の介入が必要なトラブルは正確な情報収集で回避できる
ファクタリングで万が一トラブルに巻き込まれた場合は弁護士に介入してもらうのが効果的ですが、トラブルを事前に回避することが最も重要だと言えます。

取引システムなど最低限の知識を得ておくことやファクタリングの最新譲渡法を正確に掴んでおくことで、厄介な金融トラブルを回避できる可能性が飛躍的に高まります

ファクタリングでのトラブルとは?

  • 業者原因と利用者原因に分類される
  • システムの盲点を突く悪徳業者の存在
  • 利用者原因のトラブルの場合は業者から訴えられるケースも
  • トラブル解決は弁護士に依頼するべき

あらゆる現金化を取り扱う現金化専門情報サイト「俺LOVE現金化」ではファクタリングの基礎知識から取引方法、最新情報などを徹底取材して公開しています。

ファクタリングの仕組みなどをより理解することでトラブルを回避できることもあるので、こちらの記事も併せて読んでみてください。

売掛債権現金化でキャッシュフロー健全化を実現するファクタリングとは?

ファクタリングの流れやメリットなどを分かりやすく紹介しているので、参考になればうれしいです。