ジャパンマネジメントは来店不要・簡単審査のファクタリングを提供!

ファクタリングジャパンマネジメント

ライター:のぼる

東京と福岡に拠点を置きLINE対応のフットワークの軽い来店不要の簡単審査で、全国各地の資金調達にスピード対応しているファクターがジャパンマネジメントです。

創業から約5年でありながら、希望入金率95%で93%もの他社からの乗り換え率や97%の継続取引率を誇る、非常に魅力的なファクターだと言えるでしょう。

今回は、そんな多彩なファクタリングに対応し、幅広い利用ニーズに柔軟に応じながら各種資金調達のサポートを行っているジャパンマネジメントをご紹介します。

来店不要・簡単審査で全国各地の資金調達をサポートするジャパンマネジメントとは?

来店不要・簡単審査で全国各地の資金調達をサポートするジャパンマネジメントとは?
2016年創業のジャパンマネジメントは比較的新しいファクターに位置付けられますが、LINE対応を含めた24時間受付で来店不要・簡単審査のスピード対応を行っています。

東京と福岡から全国対応での資金調達サポートを行い、希望入金率95%他社からの乗り換え率93%と継続取引率97%を実現する新進気鋭のファクターだと言えます。

なんかファクター調査してると意外と福岡拠点のファクターが多い気がするんだけど、福岡ってファクタリング激戦地なのか?
確かに大都市ではあるけど地方都市だよな?
そうだな。
東京の拠点で関東・東北・中部エリアをケアして福岡の拠点で九州・中国・四国・関西・近畿エリアをケアするファクターが少なくないからな。
そうなの? だから福岡に拠点を置くファクターが多いのか!
だけどどっちも守備範囲が広くて顧客管理が大変そうだよな。
出張多いとご当地グルメ楽しめそうだけどな。
はははっ、確かにそうかもね。
だけど今はオンライン申込で何処を拠点にしても全国対応できる時代だからな。
ご当地グルメ楽しめる出張が意外と多いかもよ。
やっぱり! いいなぁ、そうなんだろうな。
確かにオンライン申込で全国対応するファクターも多いよな。
インターネット網の普及で国内の情報格差が解消されたって言えるもんな。
確かにそうだな。
だからオンライン申込をいかに効果的に活用できるか重要になるんだろうな。
ネットを活用して東京と福岡から全国対応するジャパンマネジメントを見ていこう。

オンライン申込と来店不要の簡単審査で全国対応するジャパンマネジメントとは?

ジャパンマネジメントはオンライン申込と来店不要の簡単審査をフル活用して、東京と福岡から全国の資金繰りに柔軟に対応しているファクターです。

創業から5年余りですが希望入金率95%のスピード対応で、93%もの他社からの乗換率と97%の継続取引率を実現する新進気鋭のファクターだと言えるでしょう。

公式サイトで確認できるジャパンマネジメントの企業概要は次表のとおりです。

会社名屋号:ジャパンマネジメント・運営:株式会社ラインオフィスサービス
所在地福岡オフィス:福岡市中央区赤坂1丁目14-22センチュリー赤坂門ビル8F
東京オフィス:文京区本郷3-37-8 本郷春木町ビル
電話番号福岡オフィス:092-722-6313・フリーダイヤル:0120-258-076
公式サイトhttps://japan-management.com/
設立年月2016年6月
取引方法二社間取引・三社間取引
取引速度最短即日~
営業時間営業時間
資本金非公開
事業内容資金調達支援:ファクタリング業務・在庫買取|経営コンサルティング
店舗開業支援:ウェブコンサルティング・マーケティングリサーチ

公式サイト内では一般的な会社向けの一括ファクタリングと医療機関向けの医療報酬ファクタリング、介護施設向けの介護報酬ファクタリングの取扱いが公表されています。

今回の調査では民法改正での譲渡禁止特約の廃止で、クレジット債権も取扱えるようになり大手ECサイトに出品する個人事業主向けの対応を行っていることが確認できました。

オンライン申込で全国対応するジャパンマネジメントのファクタリングとは?

ジャパンマネジメントに利用申込すると全国出張に対応する担当者が利用者を尋ね、来店不要の簡単審査で手続きを行えます。

手続きが完了すれば20~5,000万円の資金調達を、最短即日のスピード対応で完了させられるケースも珍しくありません。

公式サイト内では4ステップで手続完了と表示されていますが、今回の調査で確認できた利用申し込みから資金調達完了までの流れは次に挙げるとおりです。

利用申込から資金調達完了までの流れ

  1. 利用申込:公式サイト無料相談フォームやフリーダイヤルから
  2. 仮審査:利用内容確認後担当者から連絡(りヒアリングや必要書類打ち合わせ)
  3. 必要書類提出・本審査:利用者がジャパンマネジメントを訪問又は担当者の出張
  4. 見積り提示:買取額に納得できれば契約へ
  5. 債権譲渡契約締結
  6. 資金調達完了

他業者の二社間取引では債権譲渡登記手続き完了後に資金調達完了となるケースもありますが、スピード対応のジャパンマネジメントは登記前の支払いに対応しています。

二社間取引では資金調達完了後に利用者が売掛金を回収し、回収資金をジャパンマネジメントに支払って取引が完了します。

ジャパンマネジメントの利用申込時の必要書類

利用申込時の必要書類は原則は以下ですが、臨機応変に柔軟な対応で手続きを行えます。

  • 利用申込書
  • 代表者の身分証明証
  • 取引債権の請求書や発注書
  • 決算報告書
  • 納税証明書

あらかじめ必要書類が揃っていれば、利用申し込み当日に債権譲渡契約を結び、即日資金調達完了の可能性があるので、必要書類はあらかじめ揃えておくことをおすすめします。

ジャパンマネジメントのファクタリングは一部NPO法人などの非営利団体は利用できないケースがあるものの、一般法人や個人事業主であれば原則利用できます。

ジャパンマネジメントのファクタリングは二社間・三社間共に譲渡債権が回収不能になっても利用者が買戻す必要のないノンリコースで取引します。

また二社間取引の登記手続きは、利用者が希望しない場合は手数料率を上げたり留保金設定を行うなどで登記留保での取引にも柔軟に対応しています。

肝心なジャパンマネジメントのファクタリング手数料は?

必要書類に不備がなければ法人・個人事業主を問わず最短即日で20~5,000万円の資金調達を行えるジャパンマネジメントのファクタリングですが手数料が気になります。

公式サイト内ではジャパンマネジメントの手数料は、「三社間取引3~10%、二社間取引10~20%がおおよその相場」と表示されています。

ファクタリング手数料は取引内容や取引債権の額面・属性・支払いサイト、売掛先や利用者の審査スコアによって変化します。

今回の調査で三社間取引は5%前後、二社間取引は10%前後であることが確認できました。

来店不要の簡単審査と柔軟な対応で全国対応するジャパンマネジメントのスコアは?

来店不要の簡単審査と柔軟な対応で全国対応するジャパンマネジメントのスコアは?
来店不要の簡単審査と柔軟な対応で20~5,000万円の資金調達を最短即日完了できる魅力的なファクタリングを東京と福岡の二拠点で提供するのがジャパンマネジメントです。

法人のみならず、ファクタリング利用のハードルが高い個人事業主の資金調達にも対応しているジャパンマネジメントは、非常に魅力的なファクターだと言えるでしょう。

しかし利用価値の高い優良ファクターに位置付けるのには、満たすべき複数の要件を満たす必要があるのでジャパンマネジメントをスコアリングで判定します。

なるほど24時間受付の公式サイト問い合わせフォームから利用申し込みすれば、全国出張対応だから来店不要の簡単審査でジャパンマネジメントを利用できるんだな。
便利!
そうだな。
だけど全国出張対応だから完全オンライン手続きのファクターを利用するより安心感はあると言えるな。
特に初めての利用の場合は助かるんじゃないのか?
そうだよな。
完全オンライン手続きだとどんなファクターなのかが判り難いから、大切な資産である売掛債権を安心して託せる信頼できるファクターかどうかが心配だもんな。
まぁな。
だけど情報社会の現在はオンライン会議アプリを駆使してオンライン面談に対応するファクターも存在するからスピード感はそっちの方が有利だと言えるかもな。
あ~話題のZoom対応って奴だろう?
なんか嫌じゃない?
俺はアナログと言われてもやっぱり取引相手と直接顔を合わせるジャパンマネジメントの方が安心できる派だなぁ。
まぁ、こればっかりは好みの問題だからな。
乗換率93%で継続取引率97%が魅力的なジャパンマネジメントは、優良ファクターが満たすべき要件を満たしているかを見てみよう。

理想的に資金調達を行える優良ファクターに求められる満たすべき複数の要件とは?

来店不要の簡単審査と柔軟な対応来店で全国対応するジャパンマネジメントは魅力的ですが、優良ファクターが満たすべき要件をバランスよく満たしているかが気になります。

利用価値の高い優良ファクターが満たすべき要件は次に挙げる6つの要件なので、ジャパンマネジメントがどのようなバランスでスコアを満たせるのかを確認します。

ファクターに求められる要件

  1. 業者手数料の妥当性
  2. 取引債権の上下限額
  3. 資金調達までの所要日数
  4. ファクターの信頼性
  5. 契約内容の妥当性
  6. 個人事業主の利用の可否

業者手数料の妥当性

評価基準とスコア値評価基準について
業者手数料の妥当性
(30点)
ファクタリングの取引方式は売掛先に債権譲渡通知を行う三社間取引債権譲渡通知を行わず利用者とファクターのみで取引する二社間取引かに分類でき、取引方法によって手数料が異なります。

ファクタリングの手数料は業者が自由に設定できますが、手数料相場は存在し三社間取引は取引債権額の1~9%、二社間取引は10~30%が目安になります。

目安額より手数料が高いファクターでは効率的な資金調達が難しく、安すぎる場合はトラブルに巻き込まれるリスクの高い悪徳業者の可能性もあるので手数料は重要ポイントだと言えます。

資金調達効率は手数料に大きく影響される点悪徳業者を見極めるヒントになる点を考慮し、業者手数料の妥当性のスコアは満点30点でスコアリングします。

トップ・マネジメントの業者手数料の妥当性

手数料は取引内容や取引債権の属性、売掛先や利用者の審査スコアで変化しますが、トップ・マネジメントの公式サイトで公表されている手数料率は三社間取引3~10%、二社間取引10~20%です。

一般的な手数料率の相場は三社間取引は1~9%、二社間取引が10~30%なので、公表されている料率でも妥当な手数料率だと言えます。

今回の調査では三社間取引は5%前後、二社間取引は10%前後であることが確認できたので、こちらの料率であればお得に資金調達できるファクターだと言えます。

しかし利用者が負担する二社間取引の債権譲渡登記費用や債権取引契約書の印紙代、出張費の詳細が公表されていないのはマイナス材料となります。

これらを考慮するとトップ・マネジメントの業者手数料の妥当性のスコアリングは27点のスコアになります。

取引債権の上下限額

評価基準とスコア値評価基準について
取引債権の上下限額(10点)債権取引に存在する不確定要素はファクターが負担するリスクとなるので、1度の取引で多くの利益を得られる高額債権が好まれる傾向にあり少額の売掛債権の取引に対応していないケースも存在します。

しかしファクタリング手数料は決して少額ではなく、ファクタリングでの資金調達を繰り返すことは保有資産を目減りさせることを意味するので必要額を調達したいものです。

取引債権の上下限額が広いファクターを利用することで、より柔軟な資金調達の実現が期待できると考えられます。

必要額を効率的に資金調達できるファクターであるかを示す、取引債権の上下限額のスコアは満点10点でスコアリングします。

ジャパンマネジメントの取引債権の上下限額

ジャパンマネジメントのファクタリングでの取引債権の上下限額は、20~5,000万円と比較的幅広いレンジで設定されています。

ファクタリングは突発的な資金ショート処理や融資が下りるまでのつなぎ資金の調達に活用されるケースが多い傾向にあるのでこの金額は十分妥当な額だと判断できます。

特に下限額20万円の設定は少額の資金繰りを行う個人事業主や中小・零細規模企業が利用しやすいので、取引債権の上下限額のスコアリングは満点の10点でスコアできます。

資金調達までの所要日数

評価基準とスコア値評価基準について
資金調達までの所要日数(5点)理想的な資金調達手段の条件には、「必要に迫られた資金調達を迅速に完了させられる」という要件が含まれると言えます。

資金調達までの所要日数の目安は三社間取引は1~2週間、二社間取引は即日~3日間が目安になり突発的な資金調達には二社間取引が適しています。

資金調達までの所要日数はファクターによって異なるので、資金調達速度が早い業者は利用価値が高いと捉えることができますが、通常調達スピードに大差がないので資金調達までの所要日数のスコアは満点5点でスコアリングします。

ジャパンマネジメントの資金調達までの所要日数

ジャパンマネジメントが最短1日での資金調達を掲げているのは、社内や出張での面談が必要となることが影響していると言えるでしょう。

大切な資産である売掛債権を取引するので、対面面談での取引の方が安心できるのはメリットだと言えますが、調達速度が効率的な資金調達の重要なポイントなのも事実です。

現在はZoomやFaceTime、Google Meetを利用したオンライン面談に対応しているファクターも存在するので、対面の面談は効率的ではないとも考えられます。

これらを考慮するとジャパンマネジメントの資金調達までの所要日数のスコアリングは、残念ながら3点のスコアになります。

ファクターの信頼性

評価基準とスコア値評価基準について
ファクターの信頼性(30点)融資のように金融庁の監督下にあるわけではないファクタリングは参入障壁が低く、債権取引を装った違法融資を持ちかける悪徳業者が存在するのも事実です。

ファクターの公式サイト内で企業概要を確認できますが社名や所在地、メールアドレスだけなど情報量が少ない業者は利用を控えるべき悪徳業者である可能性が高い傾向にあります。

また事業継続期間が長いファクターは多くの顧客に利用されている優良業者であると考えられるので、ファクターの信頼性は公開情報量や創業年数などから図ります。

悪徳業者を利用してしまうと理想的な資金調達の実現はおろか、トラブルに巻き込まれかねないのでファクターの信頼性は重要視する必要がありスコアは満点30点でスコアリングします。

ジャパンマネジメントのファクターの信頼性

ファクタリングは比較的新しい資金調達手段なので、2016年創業のジャパンマネジメントの業歴は特に問題ないと考えられます。

また東京と福岡の二拠点で活動している事業規模はジャパンマネジメントのファクターとしての信頼性にプラスに働くと言えるでしょう。

公式サイト内の公開情報は若干薄さを感じるものの、丁寧な造りでファクタリングの仕組みを解説している点なども評価に値すると言えます。

通信会社の審査があるフリーダイヤル設置もプラス材料なので、ジャパンマネジメントのファクターの信頼性のスコアリングは満点の30点でスコアできます。

契約内容の妥当性

評価基準とスコア値評価基準について
契約内容の妥当性(20点)ファクタリングは無担保・無保証人・無金利・無返済で利用でき、譲渡債権が回収不能になっても買戻しが求められない償還請求権なしのノンリコースでの取引が一般的です。

また売掛債権は無形資産なので債権譲渡の事実が確認し難く、二社間取引では債権譲渡登記を行うのが一般的なファクタリングの契約内容です。

悪徳業者はこれらのファクタリングの基本的な取引ルールを無視した取引を持ちかけるので、契約内容の妥当性が疑われる業者の利用は見送るべきだと考えられます。

資産である売掛債権の譲渡・売却で資金調達するファクタリングでは契約内容の妥当性は重視すべき要件なのでスコアは満点20点でスコアリングします。

ジャパンマネジメントの契約内容の妥当性

ジャパンマネジメントは公式サイト内でノンリコースの取引を行うことや、二社間取引では原則債権譲渡登記を行うことを公表しています。

ノンリコース取引や債権譲渡登記はファクタリングの特徴だと言える重要な要件なので、そこにふれているのは評価できます。

しかし、二社間取引の登記手続きを利用者が希望しない場合は手数料率を上げたり留保金設定を行うなどで登記留保での取引にも対応しており、その詳細が調査しなければ確認できない点はマイナス材料だと言えるでしょう。

これらの条件を考慮するとジャパンマネジメントの契約内容の妥当性のスコアリングは17点でのコアになります。

個人事業主の利用の可否

評価基準とスコア値評価基準について
個人事業主の利用の可否
(5点)
中小・零細規模の会社の倒産防止に効果があるとしてファクタリングは、経済産業省が推奨し普及を後押しする資金調達です。

しかし一般的に個人事業者が資金調達にファクタリングを利用するのは困難なのが実状で、基本的にファクタリングは法人向けの資金調達手段に位置付けられているのも事実です。

起業ブームや個人事業主としての独立が一般的になり、ファクタリングの普及と共に個人事業主に対応するファクターも登場していますが、現状では少数派なので個人事業主の利用の可否のスコアは満点5点でスコアリングします。

ジャパンマネジメントの個人事業主の利用の可否

屋号を持たずに活動する個人事業者が利用できるファクターは非常に限定的なため、個人事業者にとってファクタリングの利用ハードルは決して低くないのが実状だと言えます。

ジャパンマネジメントは公式サイトで個人事業主の利用に対応していていることを明確に公表し、資金調達の必要に迫られた個人事業主の資金調達に対応しています。

個人事業主の資金調達に対応するファクターは、まだ少数派なのが実状なのでジャパンマネジメントの個人事業主の利用の可否のスコアリングは満点の5点でスコアできます。

来店不要の簡単審査と柔軟対応なファクターのジャパンマネジメントのスコア結果は?

来店不要の簡単審査と柔軟対応なファクターのジャパンマネジメントのスコア結果は?
来店不要の簡単審査と柔軟な対応で東京と福岡から全国をサポートするファクターのジャパンマネジメントのスコアリング結果は、トータルスコア92点になりました。

トータルスコアが92点となったジャパンマネジメントのスコア詳細と、スコア判定の決め手となった判定要素は次表で判りやすくご確認頂けます。

スコア要件ジャパンマネジメントの判定要素スコア
業者手数料の妥当性一般的な相場が三社間1~9%、二社間10~30%なのに対し、公表する三社間取引3~10%、二社間取引10~20%の手数料率目安は妥当、調査値の三社間取引は5%前後、二社間取引は10%前後であれば評価できるが、債権譲渡登記費用や債権取引契約書の印紙代、出張費の詳細が非公表なのはマイナス材料。27点
取引債権の上下限額取引債権の上下限額が20~5,000万円と比較的幅広いレンジで設定されているのは評価できる。10点
資金調達までの所要日数公称最短即日だがオンライン面談で調達速度の速いファクターも存在するので、直接面談は非効率と考えられる。3点
ファクターの信頼性2016年創業の業歴は特に問題なく、東京と福岡の二拠点で活動している事業規模や丁寧な造りの公式サイト、フリーダイヤル設置もプラス材料となる。30点
契約内容の妥当性ノンリコース取引や二社間取引で債権譲渡登記が行われる点は評価できるが、利用者が希望すれば登記を留保した取引の詳細が調査しなければ確認できない点はマイナス材料。17点
個人事業主の利用の可否公式サイトで個人事業主の利用への対応を明確に公表し、資金調達の必要に迫られた個人事業主の資金調達に対応している点は評価できる。5点

俺LOVE現金化の充実したファクター情報の活用で優良ファクターの利用が可能に!

急速に普及しているもののまだ新しい資金調達手段のファクタリングに対する情報は不足しているのが現状で、優良ファクターを見極め利用するのは困難です。

現金化専門情報サイトの俺LOVE現金化では調査を行った何十社ものファクター情報を、独自基準のスコアリングで判定しどこが利用価値の高い優良ファクターなのかを公開しています。

「俺LOVE現金化」の調査情報と独自基準のスコアリングを参考に、ぜひ利用価値の高い優良ファクターを選定して理想的な資金調達を実現してください。